おすすめBTO PCまとめ


スポンサードリンク





定番のミドルクラスGPUであるNVIDIA GeForce GTX 1060やAMD Radeon RX 580/570から、史上最速のRTX 2080 Tiをはじめとする最新のハイエンドGPUであるNVIDIA GeForce RTX 20XXシリーズまで、最新グラフィックボードを搭載したゲーミングBTO PCについてオススメなモデルを予算やスペックから比較して紹介します。また当記事では単純におすすめゲーミングBTO PCを紹介するだけでなく、記事を読めば読者が自分に合った2019年最新のゲーミングBTO PCが選べるようになるカスタマイズ指南も行います。
おすすめBTO PCまとめ

BTO PC(BTO パソコン)のサポート面はどうなの?と気になる人もいるかもしれませんが、実際のところは実ユーザーにしかわからないことなので当記事では言及しません。ただ当サイトでもよく紹介する「サイコム」「TSUKUMO」「PCショップアーク」「ドスパラ」「パソコン工房」「マウスコンピューター」あたりの大手BTO PCメーカーであればそうそう変なことはないはずです。ともあれ当記事を読んでBTO PCを選んでからサポートについてググっても遅くはないと思います。



目次


0-a.おすすめなBTO PCの選び方-まずはグラボから
0-b.おすすめなBTO PCの選び方-詳細スペックの決め方
0-c.ハイエンドGPUなら簡易水冷グラボモデルがおすすめ
0-d.BTO PCメーカー別の簡易比較と特集記事

1.フルHDのPCゲームにおすすめなBTO PC (GTX 1060、RX 580/570)
2.フルHD・最高画質や高解像度におすすめなBTO PC (GTX 1070/1070Ti)
3.型落ち特価でお得かもしれない前世代ハイエンドGPU搭載BTO PC

4.フルHD・最高画質や高解像度におすすめなBTO PC (RTX 2060)
5.旧世代からの買い替えに最適なRTX 2070搭載のBTO PC
6.レイトレーシング対応 次世代ハイエンドRTX 2080搭載のおすすめBTO PC
7.史上最速 RTX 2080 Ti 搭載のおすすめBTO PC
8.予算度外視 RTX 2080 Ti SLI 搭載の最強BTO PC


付録.当サイトで公開中のBTO PCレビュー記事




おすすめなBTO PCの選び方-まずはグラボから

PCゲーム用のBTO PCを選択する時にまず最初に注目すべきは”グラフィックボード”です。
グラフィックボードの選択でPCゲームの快適さが9割がた決まると言っても過言ではないくらい重要なパーツになっていますし、グラフィックボードを選択してからその他のパーツを選択するのがゲーム用BTO PCを選ぶ定石です。


グラフィックボードについては詳しい話は次の記事で説明していますが、今回はこの記事から要点のみを掻い摘んで説明します。各種ゲーム別のおすすめグラボについてはこちらを参考にしてください。
おすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
グラフィックボードのレビュー記事一覧へ

おすすめグラボまとめ

下の表は現行最新グラフィックボードの性能や予算についてGPU別BTO PCの早見表になっています。上位に上がるほど性能が高く、価格も高価になっています。PCゲーム向けBTO PCの選び方の基本は緑色太字で強調した5バリエーションと考えればOKです。
NVIDIA RTX 20 NVIDIA GTX 10
AMD グラフィック 価格
RTX 2080 Ti
SLI(マルチGPU)
<紹介記事>
GTX 1080 Ti
SLI(マルチGPU)
紹介記事

4K/120FPS -万円~
RTX 2080 Ti
紹介記事


UWQHD・最高
4K/60FPS+
30.0万円~
RTX 2080
紹介記事
GTX 1080 Ti
紹介記事

UWQHD・最高
4K
24.0万円~
RTX 2070
紹介記事
GTX 1080
紹介記事
RX Vega 64
WQHD・最高
VIVE Pro対応
20.0万円~
RTX 2060
紹介記事
GTX 1070 / Ti
紹介記事
RX Vega 56 フルHD・最高
WQHD・高
16.0万円~

GTX 1060
3/6GB

紹介記事
RX 580/570
4/8GB

フルHD・高
VR HMD対応
12.0万円~

GTX 1050 Ti
GTX 1050
紹介記事
RX 560
2/4GB
FF14 入門
E-Sports
10.0万円~
「グラフィック」の項目は最新の高画質PCゲームがこの解像度でこのグラフィック設定なら快適に(60FPS程度で安定して)遊べるという大体の指標です。

ゲーム向けのBTO PCの選び方をものすごく簡単に説明すると上の早見表のようになっています。
エントリー向けGPUのGTX 1050 TiやRX 560搭載BTO PCはOverWatchのようなE-Sports系ゲームやFF14のようなMMO RPGなど比較的軽量なPCゲームに対応可能です。ある種の最低水準なので、グラフィックボードの性能に詳しくない初心者向けの選択肢ではないように思います。
RTX 2080 TiやGTX 1080 TiでマルチGPU(SLI)を搭載したモデルはかなり例外的な製品なので、上で書いたようにPCゲーム向けBTO PCの選び方は早見表の中で太字で強調した5つのバリエーションと考えればOKです。

ちなみに当サイトで推奨する4つのバリエーション中では最下位になっているGTX 1060やRX 580/570について、PCゲームグラフィックス性能が微妙なのか?というとそんなことは全くありません。例えば国内でも人気の根強いファイナルファンタジー14 紅蓮のリベレーターのベンチマークスコアはどちらもフルHDの最高品質で10000を超えており、比較表のグラフィック項目でも書いたように、GTX 1060とRX 580/570は「フルHDの高画質設定」であれば最新の高画質PCゲームを快適に(平均60FPSで)プレイ可能な性能を備えています。
FF14storm_GTX1060FF14storm_RX480
ミドルクラスGPUのGeForce GTX 1060について、その他の有名な高画質PCゲーム各種のフルHD・高画質設定におけるベンチマーク結果が次のようになっています。ゲームメーカーもユーザーシェアの高いミドルクラスGPUに合わせて、フルHD解像度・高画質プリセットが快適に動作するように開発・最適化してくるので、ゲーミングPC用のグラフィックボードとしてはGTX 1060やRX 580を最低水準に合わせておけば間違いありません。
game_GTX1060
ベンチマーク測定を行ったタイトルは、The Division(プリセット:高)、Grand Theft Auto Vグラフィック設定)、Assassin's Creed Syndicate(プリセット:高)、Mirrors Edge Catalyst(プリセット:最高)、The Witcher3グラフィック設定)、Dark Souls III(最高設定)、Deus Ex: Mankind Divided(DX11、High設定、AAなし)、Rise of the Tomb Raider(高設定、FXAA、DX12)、BattleField1(最高設定、DX11)、TitanFall2グラフィック設定)、Gears of War 4(最高設定)以上の11タイトルです。

NVIDIA GeForce GTX 1060やAMD RADEON RX 580/570搭載のBTO PCであれば最新の高画質PCゲームでもフルHD解像度、高画質設定で60FPSで安定してプレイ可能です。
40195bfb5990b5326c984985
8ebcceea99228bbbb52da1ab

ゲーム公式の推奨動作環境やGPU別・CPU別ベンチマークを参考にした解像度・グラフィック設定別のおすすめのグラフィックボードやCPUについては個別にまとめ記事を公開中です。
ゲーム別おすすめGPU&CPUまとめ記事の一覧へ
ゲーム別おすすめGPU&CPUまとめ記事


NVIDIAAMDのどちらのGPUを選べばいいかについてですが、上の表でいくと横並びにした競合製品の比較では、
NVIDIAのほうがユーザーシェアが高くゲーム開発元も優先して最適化する傾向があるため、既存のPCゲームの多くでは若干性能が高いのと、プレイ動画録画機能の「ShadowPlay」の動作が軽くて非常に優秀です。国内シェアも高いためBTO PCメーカー各社のラインナップも豊富で選択肢の幅が広いです。
AMDはまだ採用タイトルは少ないですが最新APIのDX12ゲームではNVIDIAよりも若干性能が高く、NVIDIAの競合GPU比で価格もやや安くなっています。またNVIDIA Shadow Playと遜色ない軽量さのプレイ動画録画機能「AMD ReLive」や動画の倍速補完機能「AMD Fluid Motion」(紹介記事)など付加価値的ソフトウェア機能が充実しているので、マルチメディアに楽しむユーザーにはおすすめかもしれません。


上の説明を読んで予算や必要な性能に合わせてグラフィックボードを選択したと思いますが、ここまでくれば後は簡単な流れ作業です。



おすすめなBTO PCの選び方-詳細スペックの決め方

続いてグラフィックボード以外の構成パーツの選び方を紹介していきます。
一口に○○グラフィックボード搭載BTO PC(BTO パソコン)と言ってもCPUやストレージなど多くの構成パーツにはBTO PCメーカー各社で違いがあり、それが各BTO PCの価格の違いに直結しています。
そのためググった時によく出てくる”BTO PCの価格比較”をうたうもので、各メーカーのデフォルト価格を載せているだけのサイトはほぼ当てになりません。
(全部とは言いませんが、BTO PCでカスタマイズしないユーザー以外にはほぼ意味がないと思います)

そこでどうするのかというと先ほどグラフィックボード別で大まかな価格帯を選んだので、次はCPU」「メモリ」「電源容量」「ストレージ」「マザーボード」のBTO PCの主要な5パーツに注目します。これら5つの適切な選び方さえ知っていれば各自でカスタマイズすれば簡単にリアルタイムな価格比較もできて自分にとって一番コスパが高くおすすめなBTO PCを選択可能になります。

  • CPUについては大別して、メインストリーム向けで安価なCPUとしてIntel 第7~第9世代Core-S(第7世代KabyLake-S、第8世代CoffeeLake-S、第9世代CoffeeLake Refresh-S)とAMD 第2世代Ryzen、クリエイターなどエンスー向けで高価なCPUとしてIntel 第9世代Core-XAMD Ryzen Threadripperの4つがあります。
    当記事中では18年後半以降主流なIntel 第8世代or第9世代Core-S CPU(Core i5 8500、Core i7 8700K、Core i9 9900Kなど)をメインに取り扱います。Intel製のメインストリーム向けCPUは長年主流な製品ということもあって基本的に安定しているので、初心者はまずここから始めるのを推奨します。


    6コア6スレッドのCore i5(8500や9600K)は6コア12スレッド/8コア8スレッドのCore i7(8700や9700K)と比べてもPCゲームが目的であれば大きな性能差はありません。コスパを優先するならCore i5、144Hzや240Hzなどハイリフレッシュレートなゲーミングモニタを使用する環境でCPUボトルネックを確実に避けたいならCore i7、もしくは高画質プレイ動画の録画・配信・編集もするならさらに上位のCore i9を選べばいいと思います。CPU型番の添え字については基本的に”K”なしのCPUで問題ありません。
  • システムメモリゲーム用途なら16GBあれば十分です。8GBでは足りない場合もあるので16GB以上を推奨します。メモリ枚数は合計容量が同じなら4枚でなくて2枚でOK。
  • 電源容量はグラフィックボードにも依存しますがシングルグラフィックボード環境であれば500~700W以上なら十分です。変換効率は予算が許すならGold認証以上を選ぶと静音性の高い電源になる可能性が高くなります。
  • システムストレージ(WindowsOSをインストールするストレージ)は必ずHDDではなくSSDを選んでください。HDDよりも容量単価は上がりますが実際に体感できるレベルでSSDのほうがキビキビ動きます。Windows10をインストールするシステムストレージのサイズは240GB以上であればOKです。
    ゲーム用ストレージもSSDで容量は可能なら960GB、少なくても480GBが望ましいです。480GB以上のSSDは1.2万円程度でパーツのみを購入できるので各自でBTO PC購入後に増設してもかまいません。
  • マザーボードは「Z370」とか「H370」とかチップセット名だけでなくASUS Prime H370-Aのように市販のマザーボード名が記載されている or 市販のマザーボードを選択できるBTO PCが推奨です。市販のマザボであれば専用のマニュアルも存在しますし、何かトラブルがあってもググって解決法を見つけるのが容易になります。マザボメーカーは日本語マニュアルが一番しっかりしていてユーザー数の多いASUSを選ぶのが鉄板ですが、機能的にはMSIやASRockのマザーボードでも十分です。

    なおIntel第8世代CoffeeLake-S CPUを搭載するBTO PCではマザーボードのチップセットがZ370、H370、B360、H310の4種類がありますが、Core i7 8700KなどK付きCPUと組み合わせる場合を除けば、基本的には
    H370チップセットなど安価な下位チップセットでも問題ありません。

以上の5項目さえ守ればそうそうハズレを引くことはないはずです。あと、これからゲーム用PCを購入するならOSはWindows10 Home 64bitの一択です。


上の箇条書きでは要点をかなりざっくりと紹介しましたが、SSDや電源ユニットなどBTO PCを選択する上で主要なパーツについては、個別のまとめ記事も公開しているので予備知識としても参考にしてください。
おすすめSSDまとめ。QLC/TLC/MLCやNVMe/SATA3.0など最新SSD事情を解説
SSDレビュー記事の一覧へ

自作PC電源ユニット(PSU)の徹底解説とおすすめ電源の選び方
自作PC電源ユニット(PSU)の徹底解説とおすすめ電源の選び方

おすすめの自作PCマザーボードを徹底解説
おすすめマザーボード


ちなみに上のグラボ別早見表では下の表の基本パーツ構成にして大まかに価格を比較しました。
価格比較用のパーツ構成
OS Windows10 Home
CPU Core i7 8700 (or Core i5 8500)
メモリ 16GB (8GB*2)
グラフィックボード 早見表別
システムストレージ SSD 240GB
データストレージ なし(実際の購入に際しては
480GB以上のSSDが推奨)
電源 500~700W、Gold

当記事では価格的にもこなれているIntel 第8世代CoffeeLake-S CPUを搭載したBTO PCをメインに紹介していますが、18年10月以降、新たにIntel 第9世代CoffeeLake Refresh-S CPUを搭載したBTO PCがリリースされており、個別記事でまとめています。
Intel第9世代Core i9 9900K搭載のおすすめBTO PCを徹底比較
Intel 9th Gen Core CoffeeLake Refresh_press_top

またIntelと競合するAMD製CPUについては、メインストリーム向けCPUの第2世代Ryzenとエンスー向けCPUの第2世代Ryzen Threadripperを搭載したBTO PCを、個別記事で各社ラインナップの紹介と価格比較を行っています。
第2世代Ryzen搭載のおすすめBTO PCを徹底比較Ryzen 7 BTO PC

第2世代Ryzen Threadripper 2950X/2990WX搭載のおすすめBTO PCを徹底比較
第2世代Ryzen Threadripper 2990WX搭載のおすすめBTO PC


以上、予算・性能別のゲーム用BTO PCの選び方でした。
BTO PCを選ぶ上で必要な基礎知識は意外と多くはないので、上の内容を参考にして自分に一番合ったBTO PCを選択するのがおすすめです。




ハイエンドGPUなら簡易水冷グラボモデルがおすすめ

ゲーミングBTO PCとしてGeForce RTX 2080やGeForce RTX 2080 TiなどハイエンドクラスのGPUを搭載するPCを選択するのであれば、標準空冷モデルより若干コストが上がりますが、簡易水冷化グラフィックボードを採用したモデルが静音性が高く快適なゲームプレイ環境を構築できるのでおすすめです。
下はGTX 1080 Ti簡易水冷化モデルを使用した比較ですが、簡易水冷クーラーであればラジエーターの設置スペースを確保する必要があるものの発熱の大きいGTX 1080 TiであってもGPUコア温度は50度前後で運用が可能になります。GPUクーラーの性能差でファン回転数も小さくて済むので、簡易水冷化グラフィックボードの採用により静音性も大幅に上がります。(詳細はこちらの記事で) グラボの場合は空冷と比較して冷却性能が抜群なので高性能なGPUでは簡易水冷の導入を検討する価値は十分にあります。
グラフィックボードの簡易水冷比較DSC00345

シングルグラフィックボード環境で簡易水冷化グラフィックボードを選択可能なBTO PCとしてはサイコムからG-Master Hydroシリーズがリリースされています。
G-Master Hydroシリーズの主だった製品としてはIntel第8世代CoffeeLake-S CPU採用のPCケースのサイズ別で、高い拡張性と最新トレンドが組み合わさった新定番PCケース「Fractal Design Define R6」を採用しているミドルタワーBTO PC「G-Master Hydro Z390 II」、360サイズラジエーターの大型簡易水冷CPUクーラーを採用する上位モデル「G-Master Hydro Z390 Extreme」、同じくFractal Design製でコンパクトな「Fractal Design Define Mini C」を採用するマイクロタワーBTO PC「G-Master Hydro Z390-Mini」、Mini-ITX対応でウルトラコンパクトな「Phanteks Enthoo Evolv ITX」を採用する「G-Master Hydro Z390-ITX」などがラインナップされています。


その他にもマルチスレッド性能とコストパフォーマンスでIntel CPUを上回るAMD 第2世代Ryzen CPUを搭載する「G-Master Hydro X470A II」、10コア以上のIntel製エンスー向けCPUのCore-Xが選択可能で高画質プレイ動画の編集&配信も余裕で行える「G-Master Hydro X299 II」、Intel Core-Xよりもマルチスレッド性能でコストパフォーマンスが優秀なAMD Ryzen Threadripperを搭載した「G-Master Hydro X399A Extreme」などもラインナップされています。



当サイトでは簡易水冷グラフィックボード搭載したG-Master Hydroシリーズから簡易水冷GTX 1080を搭載する「G-Master Hydro Z170」や簡易水冷GTX 1080 Tiを搭載する「G-Master Hydro X370A」のレビュー記事を公開中です。旧モデルでもCPUとマザーボード以外はほぼ共通の仕様なので購入検討の参考になると思います。
G-Master Hydroシリーズのレビュー記事一覧へ
G-Master Hydro X370A レビュー

Core i9 9900K&簡易水冷グラボ搭載「G-Master Hydro-Z390 II」


18年12月現在、RTX 20XXシリーズに対応した製品はまだ発売されていませんが、CPUと2-WayマルチGPUを360サイズの共有ラジエーターで一括冷却するダブル水冷を採用したウルトラハイエンドなゲーミングBTO PCがマウスコンピューターではラインナップされています。
MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL_p2
Core i9 7900XとGTX 1080 Ti SLIを水冷化した「MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL」についてはマウスコンピューターからレビュー用サンプルをお借りして詳細なレビュー記事を公開しているので参考にしてください。
ダブル水冷GTX 1080 Ti SLI搭載「G-Tune MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL」をレビュー
G-Tune MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL



BTO PCメーカー別の簡易比較と特集記事

当サイトでもよく紹介するBTO PCメーカーの取り扱いモデルについて簡単な比較表を紹介しておきます。各パーツを個別に選択できるほうが管理人的には好みですが、固定のほうが価格面では優れていることが多いです。
BTO PCメーカーの特徴比較

グラフィックボードのモデル PCケース マザーボード 納期
サイコム 〇:選択可能 〇:自作向け 〇:選択可能

TSUKUMO 固定 自社オリジナル 固定
(ほぼASUS製)


ドスパラ 固定 自社オリジナル
固定
◎:
最短当日
PCショップアーク 〇:選択可能 〇:自作向け 〇:選択可能

パソコン工房 固定 △:自作向ベースのオリジナル
固定 〇:
翌日出荷オプションあり
マウスコンピューター
固定 △:自作向ベースのオリジナル 固定


TSUKUMO「G-GEAR」のおすすめゲーミングBTO PCの選び方
TSUKUMO「G-GEAR」のおすすめゲーミングBTO PCの選び方

ドスパラ「GALLERIA」のおすすめゲーミングBTO PCの選び方
ドスパラ「GALLERIA」

マウスコンピューター「G-Tune」のおすすめゲーミングBTO PCの選び方
マウスコンピューターG-Tune



フルHDのPCゲームにおすすめなBTO PC

フルHD解像度の標準画質から高画質設定でPCゲームを快適にプレイしたいユーザーには上で紹介したようにミドル帯のグラフィックボード「NVIDIA GeForce GTX 1060」や「AMD RADEON RX 580/570」を搭載したリーズナブルなBTO PCがおすすめです。

具体的にいくつかBTO PCのメーカーとモデルを上げるなら、
6コアCPUのCore i5 8500を搭載しマザーボードもASUS製で自作PC向けの一般販売品で素性の明るいものが採用され、当サイト推奨構成で比較して価格も14万円とリーズナブルな「TSUKUMO G-GEAR GA5J-B180/T」がおすすめです。


次におすすめなのは「サイコム G-Master Mace H370」です。
上のPCよりもほぼ同スペックで1~2万円ほど高くなりますが、市販のマザーボード&電源ユニットに加えて、自作PC向けケースとして評価の高いFractal design製PCケースを使っているので自作PCへの入り口としてや今後のアップグレードも見据えることができます。


あと最新高画質PCゲームやVRゲームにも対応可能なミドルクラスGPUのGeForce GTX 1060のモバイル版を搭載する容積2.7LのスーパーコンパクトゲーミングBTO PC「GALLERIA Mini 1060」がドスパラから、「G-GEAR Alpha」がTSUKUMOから発売されています。標準デスクトップ版のGTX 1060よりは性能が下がりますが、コンパクトさを重視するのであれば要チェックなゲーミングPCです。「GALLERIA Mini 1060」については詳細なレビュー記事も公開中なので参考にしてください。
GTX 1060搭載で容積2.7LのスーパーコンパクトPC「GALLERIA Mini 1060」をレビュー
GALLERIA Mini 1060


GTX 1060搭載BTO PCの価格比較についてはこちらの記事で詳細に解説しています。
フルHDゲームに最適なGTX 1060搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
GTX 1060搭載のおすすめBTO PC



フルHD・最高画質や高解像度におすすめなBTO PC

フルHD・最高設定からWQHDの高画質設定まで幅広く快適にPCゲームがプレイ可能で、グラボ単体でも5万円程度と非常にコスパの高いモデルとして「NVIDIA GeForce GTX 1070」搭載のBTO PCがおすすめです。また17年後半以降の最新ゲームはGTX 1070発売当時と比べてさらに重くなっているので、フルHD解像度・最高設定で60FPS達成に万全を期すなら+1万円ほどかかりますが上位モデルの「NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti」を搭載するBTO PCもおすすめです。

GTX 1070を搭載したグラフィックボードの性能を簡単に紹介しておきます。高画質PCゲーム各種のフルHDとWQHDの解像度におけるベンチマーク結果は次のようになっています。
NVIDIA GeForce GTX 1070であれば最新の高画質PCゲームでもフルHD解像度の最高設定を60FPSで遊んだり、高画質設定のまま120Hzなどの高リフレッシュレートでガチプレイや、WQHDの高解像度&高画質設定で60FPSで安定してプレイが可能です。
game_GTX1070
ベンチマーク測定を行ったタイトルは、The Divisionグラフィック設定)、Grand Theft Auto Vグラフィック設定)、Assassin's Creed Syndicate(最高設定、FXAA)、Mirrors Edge Catalyst(ハイパー設定)、The Witcher3(最高設定)、DARK SOULS III(最高設定)、Deus Ex: Mankind Divided(プリセット:VeryHigh、AAなし)、Rise of the Tomb Raider(DX12、最高設定、SMAA)、Battlefield 1(最高設定)、Gears of War 4(最高設定)以上の10タイトルです。


具体的にいくつかBTO PCのメーカーとモデルを上げるなら、GTX 1070やGTX 1070 Tiを搭載するPCの中でも、安価で構成パーツも高品質な「TSUKUMO G-GEAR GA5J-B180/T(Core i5 8500) / G-GEAR GA7J-E180/T(Core i7 8700)」がおすすめです。自社オリジナルのPCケースは自作er目線では微妙ですが、マザーボードが「ASUS PRIME H370-A」であったり素性が明るく品質のいいものが選ばれており、安価なモデルになっています。予算に余裕があれば電源ユニットもカスタマイズから市販製品へアップグレードすると静音性の改善が狙えます。


他社製品よりも価格は高くなっていますが、今後の拡張・増設にも備えてPCケースの使い勝手もこだわるなら「PCショップアーク CROYDON CY-IC6B36M-C」もおすすめです。



GTX 1070やGTX 1070 Ti搭載BTO PCの価格比較についてはこちらの記事で詳細に解説しています。
コスパ最強GTX1070搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!

コスパ最強GTX1070搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較

GTX 1070 Ti搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
gtx1070ti_BTO



型落ち特価でお得かもしれない前世代ハイエンドGPU搭載BTO PC

18年後半にGeForce RTX 20XXシリーズが登場するまではNVIDIA製ハイエンドGPUとして君臨していたGTX 1080とGTX 1080 Tiについては18年末以降、BTO PC各社で終売になりつつありますが、GTX 1080ならRTX 2070、GTX 1080 TiならRTX 2080と同等程度のパフォーマンスが発揮でき、型落ち特価であればお得にハイパフォーマンスなゲーミングBTO PCが購入できるかもしれません。
前言のとおり終売が近い製品なので個別モデルの紹介は割愛しますが、グラフィック性能の簡単なサマリーと各GPUを搭載した比較まとめ記事を紹介しておきます。

GTX 1080を搭載したグラフィックボードの性能を簡単に紹介しておきます。高画質PCゲーム各種についてほぼ最高設定でフルHDとWQHDをプレイした時のベンチマーク結果は次のようになっています。
NVIDIA GeForce GTX 1080は前世代のフラッグシップであるGTX 980tiやその後継となるGTX 1070よりも20%程度高性能なので、最新の高画質PCゲームのフルHD解像度・最高設定を60FPSオーバーの高リフレッシュレート液晶モニタで遊んだり、WQHD・最高設定を60FPS前後で安定してプレイしたりすることが可能です。GTX 1080はRTX 20XXシリーズと比較するとRTX 2070に近いゲーム性能になっています。
game_GTX1080
ベンチマーク測定を行ったタイトルは、The Divisionグラフィック設定)、Grand Theft Auto Vグラフィック設定)、Assassin's Creed Syndicate(最高設定、FXAA)、Mirrors Edge Catalyst(ハイパー設定)、The Witcher3(最高設定)、DARK SOULS III(最高設定)、Deus Ex: Mankind Divided(プリセット:VeryHigh、AAなし)、Rise of the Tomb Raider(DX12、最高設定、SMAA)、Battlefield 1(最高設定)、Gears of War 4(最高設定)以上の10タイトルです。

GTX1080搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GTX1080搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較


GTX 1080 Tiを搭載したグラフィックボードの性能を簡単に紹介しておきます。高画質PCゲーム各種についてほぼ最高設定でフルHDやUWQHDでプレイした時のベンチマーク結果は次のようになっています。
GTX 10XXシリーズ最上位モデル「GeForce GTX 1080 Ti」は先行して発売された下位モデルGTX 1080よりも30%以上高速なグラフィック性能を発揮しており、最新の高画質PCゲームをフルHDのハイフレームレートからUWQHDのような超高解像度まで幅広い用途に対応可能です。GTX 1080 TiはRTX 20XXシリーズと比較するとRTX 2080に近いゲーム性能になっています。
GTX 1080 Ti
ベンチマーク測定を行ったタイトルは、The Divisionグラフィック設定)、Titanfall2グラフィック設定)、Assassin's Creed Syndicate(最高設定、FXAA)、Mirrors Edge Catalyst(ハイパー設定)、The Witcher3(最高設定)、Rise of the Tomb Raider(DX12、最高設定、SMAA)、Battlefield 1(最高設定)以上の7タイトルです。


GTX 1080 Ti搭載BTO PCの価格比較についてはこちらの記事で詳細に解説しています。
史上最速! GTX 1080 Ti搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!

GTX 1080 TI BTO PC



フルHD・最高画質や高解像度におすすめなBTO PC

2019年1月15日よりに販売が解禁されたNVIDIAの次世代GPU TuringことRTX 20XXシリーズの中でミドルクラスに位置するGeForce RTX 2060は、前世代同クラスのGTX 1060を平均的に40~60%上回り、また古いゲームよりも18年や19年に登場する最新ゲームでより高速化の恩恵が受けられるので、ベストケースでは80%以上のパフォーマンスを発揮します。
前世代上位モデルのGTX 1070を10%程度上回り、次世代GPUの繋ぎとしてリプレースされたGTX 1070 Tiとほぼ同性能でありながら、100ドルも安価になってコストパフォーマンスも磨きが掛かって、19年最新のフルHD解像度PCゲーミング用グラフィックボードとしておすすめの製品です。

先行して発売された上位モデルのRTX 2080やRTX 2080 Tiと同様に、鏡面や影の表現がよりリアルになる高画質レンダリング機能「Raytracing(レイトレーシング)」やテンサーコアを使用したディープラーニング超解像機能「DLSS」など最新機能も使用できます。
RTX 2060 pefsum


RTX 2060搭載BTO PCの価格比較についてはこちらの記事で詳細に解説しています。
RTX 2060搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 2060 BTO PC_Top



旧世代からの買い替えに最適なRTX 2070搭載のBTO PC

2018年10月に販売が解禁されたNVIDIA GeForce RTX 20XXシリーズのナンバリングモデルで上から3番目の「RTX 2070」は、前世代同クラスのGTX 1070を平均で30%以上、ベストケースでは最大50%近く上回り、さらに前世代上位クラスのGTX 1080に対しても10~20%程度上回るグラフィック性能を実現しつつ、販売価格は7万円前後からなのでGTX 10XXシリーズ以前の旧世代からの買い替えに最適なグラフィックボードです。
先行して発売された上位モデルのRTX 2080やRTX 2080 Tiと同様に、鏡面や影の表現がよりリアルになる高画質レンダリング機能「Raytracing(レイトレーシング)」やテンサーコアを使用したディープラーニング超解像機能「DLSS」など最新機能も使用できます。
GeForce RTX 2070 Founders Edition_pefsum


RTX 2070搭載BTO PCの価格比較についてはこちらの記事で詳細に解説しています。
RTX 2070搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 2070搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較



レイトレーシング対応の次世代ハイエンドRTX 2080搭載のおすすめBTO PC

NVIDIA GeForce RTX 20XXシリーズのナンバリングモデルで上から2番目の「RTX 2080」は、前世代最上位GTX 1080 Tiよりも高速かつ、鏡面や影の表現がよりリアルになる次世代の高画質レンダリング機能「Raytracing(レイトレーシング)」に対応しています。
18年9月現在、コストパフォーマンス的には前世代GTX10シリーズが処分特化でお得ですが、今後のソフトウェア最適化は最新世代がメーカーから優先されますし、「Raytracing(レイトレーシング)」やテンサーコアを使用したディープラーニング超解像機能「DLSS」など最新機能も使用できるので、予算に余裕があるのであれば終売間近で特価なGTX 1080 TiよりRTX 2080を選択するのがおすすめです。上位モデルRTX 2080 Tiに比べるとコスパが高く、入手性も高いので次世代GPUの最新機能をいち早く体験したいのであれば狙い目なグラフィックボードです。
GeForce RTX 2080 Founders Edition_pefsum


RTX 2080搭載BTO PCをいくつか紹介すると、
安価で構成パーツも高品質な「G-GEAR GA7J-D181/T」がおすすめです。
自社オリジナルのPCケースは自作er目線では微妙ですが、マザーボードが「ASUS PRIME H370-A」であったり素性が明るく品質のいいものが選ばれており、安価なモデルになっています。CPUやメモリのOCもしたい場合はZ390チップセット採用モデル「G-GEAR GA9J-G181/ZT」もラインナップされています。


BTO PCショップのサイコムからは「NVIDIA GeForce RTX 2080」を同社が独自に簡易水冷化したグラフィックボードを搭載したモデルが販売されています。Intel第9世代CPUと簡易水冷化グラフィックボードの鉄板なゲーミングPCの組み合わせが可能な「G-Master Hydro Z390 II」は、一般的なRTX 2080搭載BTO PCよりも数万円ほど割高になってしまいますが、静音性に優れるので当サイト的にも一押しなRTX 2080搭載BTO PCです。
Core i9 9900K&簡易水冷グラボ搭載「G-Master Hydro-Z390 II」



RTX 2080搭載BTO PCの価格比較についてはこちらの記事で詳細に解説しています。
RTX 2080搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
NVIDIA GeForce RTX 2080 BTO PC



史上最速 RTX 2080 Ti 搭載のおすすめBTO PC

18年10月に販売が解禁されたNVIDIA GeForce RTX 20XXシリーズのナンバリング最上位モデル「RTX 2080 Ti」は、前世代最上位GTX 1080 Tiよりも35%以上も高速な18年現在最も高速なグラフィックボードで、鏡面や影の表現がよりリアルになる次世代の高画質レンダリング機能「Raytracing(レイトレーシング)」に対応しています。
国内価格が16万円~20万円と非常に高価でコストパフォーマンスに難があり,、供給状態も品薄で入手性も悪いですが、予算に糸目を付けず、18年もしくは今後19年にも発売される最新PCゲームを4Kなどの超高解像度かつ最高画質設定でプレイしたい人にはおすすめです。「Raytracing(レイトレーシング)」やテンサーコアを使用したディープラーニング超解像機能「DLSS」など最新機能も使用できます。
GeForce RTX 2080 Ti Founders Edition_pefsum


RTX 2080 Ti搭載BTO PCの価格比較についてはこちらの記事で詳細に解説しています。
史上最速! RTX 2080 Ti搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti BTO PC



予算度外視 RTX 2080 Ti SLI 搭載の最強BTO PC

4KやUWQHDなどの高解像度でゲームをプレイするためにRTX 2080やRTX 2080 Tiなどハイエンドグラフィックボード1枚では足らん!という人は同GPUを2枚でSLI構成のBTO PCを購入してください。RTX 2080 Ti NVLink SLIであればASUS ROG SWIFT PG27UQやAcer Predator X27など4K/120Hz/G-Sync HDRに対応する18年現在至高のゲーミングモニタの実力を遺憾なく発揮できます。
プレイするゲームによってスケーリングは異なりますが、シングルグラフィックボード時と比較してNVIDIA製GPUのマルチGPU機能SLIでは概ね150%から180%のパフォーマンスが期待できます。
RTX 2080 Ti NVLink SLI_pefsum

RTX 2080 TiとRTX 2080のNVLink SLI性能については詳細レビューを公開中なので、詳しくはこちらを参考にしてください。
RTX 2080 TiとRTX 2080のNVLink SLI性能をベンチマーク比較
RTX 2080 Ti NVLink SLI

今のところRTX 2080やRTX 2080 TiのマルチGPUを搭載したBTO PCは限られているので、特におすすめの機種はというと挙げるのが難しいというのが本音です。

マルチGPUでは冷却ファンの正面にもう1台のグラフィックボードがくる上段の冷却が難しくなる傾向があるので、上で紹介している簡易水冷グラボ搭載「サイコム G-Master Hydro」シリーズをベースに各自で2代目のグラフィックボードを増設するというのが、BTO PCという枠組みからは外れてしまいますが、個人的には今のところ一番おすすめです。
Core i9 9900K&簡易水冷グラボ搭載「G-Master Hydro-Z390 II」



GTX 1080 Ti SLIを搭載した製品ですが、マウスコンピューターからはCPUとGPUを360サイズの共有ラジエーターで一括冷却するダブル水冷を採用した17年最強のゲーミングBTO PC「MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL」が発売されています。冷却性能は非常に優れているので、これのRTX 2080 Ti SLI版が発売されれば間違いなく鉄板な機種似なると思います。
MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL_p2
「MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL」についてはマウスコンピューターからレビュー用サンプルをお借りして詳細なレビュー記事を公開しているので参考にしてください。
ダブル水冷GTX 1080 Ti SLI搭載「G-Tune MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL」をレビュー
G-Tune MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL




当サイトで公開中のBTO PCレビュー記事

ダブル水冷GTX 1080 Ti SLI搭載「G-Tune MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL」をレビュー
G-Tune MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL

「GALLERIA VZ-X i9-7980XE搭載モデル」BTO PCをレビュー
GALLERIA VZ-X i9-7980XE搭載モデル

Ryzen CPU&簡易水冷グラボ搭載「G-Master Hydro X370A」をレビュー
G-Master Hydro X370A レビュー

簡易水冷TITAN X Pascal&i7 6950X搭載「G-Master Hydro-X99II」 レビュー
1479685989

激冷え簡易水冷GTX 1080搭載のBTO PC「G-Master Hydro Z170」 レビュー
df2ca223-s

GTX 1060搭載で容積2.7LのスーパーコンパクトPC「GALLERIA Mini 1060」をレビュー
GALLERIA Mini 1060

TVラックにも収納可能なGTX 1070搭載スリムPC「GALLERIA SF」をレビュー




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!