PS4 ProをHDDからSSDに換装して速度比較。換装の手順も紹介


スポンサードリンク





11月10日に発売となった「プレイステーション 4 Pro」(PlayStation4 Pro、型番:CUH-7000シリーズ)」が早速、届いたのでストレージにHDD搭載時とSSD搭載時でロード時間など速度を比較してみました。ついでにストレージの換装とシステムの再インストール方法も紹介します。

公式アップデートヘルプ:http://www.jp.playstation.com/ps4/update/index.html
ストレージ換装の公式マニュアル
DSC01646DSC01647


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon.co.jpで詳細情報を見る
SONY公式通販



PS4 ProのSSD換装でどれくらい高速化する?

PS4 Proにデフォルトで搭載されているHDDと換装したSSDで、PS4のシステム起動時間とゲーム(FF15体験版のチャプター1のロード時間、アンチャ―テッドのニューゲームから捜査開始まで)の時間を比較してみました。
起動時間は順当に30%ほど高速化しており、FF15体験版では70%超の高速化となりました。ただアンチャーテッドについては今回の測定ではあまりロード時間に差が出ませんでした。
ゲームの種類やシーンなどストレージアクセスの種類によってSSD換装の恩恵には差がありそうです。
SSD-HDD比較

比較時の動画は次のようになっています。FF15体験版の比較内容についてはこちらの記事をご覧ください。




副次効果としてHDDと違ってSSDには機械的に駆動する部分がないのでロード中の騒音が減りました。
1478773242



ゲームの各種ロード時間についてはゲームタイトルやシーン(ニューゲームのロードや死亡時のコンテニューなど)によってSSD換装による恩恵は異なるようですが、SSDに変えて遅くなるということはありませんし、FF15のように倍近いスピードアップを狙えるものもあります。HDDと違って機械的に駆動する部分がないのでSSDに換装することでHDDが高速回転する時の重低音ノイズがなくなるというメリットもあります。コアなPS4 Proユーザーで予算が許すのならSSDへの換装を行う価値は十分あると思います。




PS4 Proへの換装におすすめなSSD

PS4 Proへの換装におすすめなSSDを紹介しておきます。
SATA SSDについては現状でSATA3.0の速度規格の上限まで性能が達しているのでどのメーカーのものでも性能に差はほとんどありません。唯一、MLC型とTLC型を比較した場合に、廉価なTLC SSDでは巨大ファイル連続書き込み時の速度低下という欠点がありますが、PS4ではそういうアクセスは発生しないので無視してOKです。

国内でも大容量1TB(960GB)のSATA3.0対応SSDが2.5万円で購入できるようになっています。PS4の用途であれば廉価なTLC SSDを容量重視で選択すると良いと思います。あまりゲームのインストール数が多くないのであれば500GBのSSDでも大丈夫かもしれません。
製品を挙げるとすれば17年後半の最新SSDで「SanDisk SSD Ultra 3D」がおすすめです。
SanDisk SSD Ultra 3D 1TB SDSSDH3-1T00-J25
SanDisk
Amazon.co.jpで詳細情報を見る

「SanDisk SSD Ultra 3D」については詳細なレビュー記事も公開中です。
大容量の書込でも遅くならない「SanDisk SSD Ultra 3D 2TB」をレビュー
SanDisk SSD Ultra 3D 2TB


1050GBで若干容量が大きめの「Crucial MX300 1TB CT1050MX300SSD1」でもいいと思います。




PS4 Proのストレージ換装前にバックアップ等の準備

システムの再インストールとアップデートはPS4公式サイトでは同じページで説明されています。PS4とPS4 Proのシステムイメージは共通のようなのでPS4 Proユーザーも下記のサイトからDLすればOKです。
公式アップデートヘルプ:http://www.jp.playstation.com/ps4/update/index.html

システムの再インストールや現在のストレージに保管されているセーブデータ等のバックアップにはUSBメモリが必要になるので各自で事前にUSBメモリを用意しておいてください。
システムイメージのサイズが1GBに加えて、バックアップファイルは「設定ー本体ストレージ管理」からアプリケーション以外の項目のサイズを参考にして、その合計から用意するUSBメモリの容量を選ぶといいと思います。
amarec (20161110-205035)

インストール用のイメージファイルはアップデート用と再インストール用とで異なるので注意してください。再インストール用のイメージファイルは途中の「アップデート」タブを選んでください。<公式サイトへ
1478732883

再インストール用のファイルをダウンロードしたら、USBメモリに「PS4」という名前のフォルダを作成して、その中に「UPDATE」というフォルダを作成します。ダウンロードしたファイルを「UPDATE」のフォルダにコピーしたら再インストール用のUSBメモリの準備は完了です。
1478732859

続いて現在のPS4のセーブデータなどをUSBメモリへバックアップします。
「設定」ー「システム」ー「バックアップ・復元」の順番に移動してUSBメモリへ各種データをバックアップしてください。
amarec (20161110-205015)
amarec (20161110-205008)
amarec (20161110-204954)



PS4 Proのストレージを交換

バックアップとUSBメモリの準備が完了したら、PS4 ProのHDDをSSDへ換装します。
まずはストレージカバーを外します。本体を横置き状態でカバーの右端を手前に引っ張ります。
DSC01648
ストレージカバーが外れたらプラスドライバーを使ってストレージトレイの固定を外します。
DSC01649
ネジを外すとストレージトレイは簡単に引き抜けます。
DSC01672
両サイドの4つのネジでストレージは固定されているので外してSSDに換装します。ストレージトレイには2.5インチサイズであれば厚さ7mmと9mmのどちらでも搭載可能です。
DSC01674
DSC01673

あとはストレージトレイを取り出したのと逆の手順で元に戻せば完了です。


PS4 Proのシステム再インストールと復元

ストレージをSSDに換装し終えたら、PS4のシステムを再インストールします。再インストールの手順は公式サイトでも紹介されているように非常に簡単です。
1478733180
システムの再インストールのためPS4 Pro本体にシステムイメージの入ったUSBメモリとPS4コンロトーラーをUSB接続でつなぎます。
DSC01678

公式サイトでは7秒電源スイッチを押し続けるとあったのですが、上手く起動しませんでした。普通に起動したらちゃんとインストール画面が表示されたのでこの辺りは臨機応変にお願いします。
DSC01675
ここまで来ればあとは画面の指示に従ってポチポチ進めていけばシステムの再インストール完了です。
DSC01676
DSC01677
DSC01679

以上でPS4 ProをHDDからSSDに換装完了です。




PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon.co.jpで詳細情報を見る
SONY公式通販

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)


関連記事

4K/60FPS/HDRのパススルー&録画対応「AVerMedia Live Gamer 4K」をレビュー
AVerMedia Live Gamer 4K

4K/HDRや240FPSのパススルー対応「AVerMedia Live Gamer Ultra」をレビュー
AVerMedia Live Gamer ULTRA

4K/60FPS対応ビデオキャプチャ「Elgato Game Capture 4K60 Pro」をレビュー
Elgato Game Capture 4K60 Pro

PS4 Pro&PC HDRのベストパートナー「LG 32UD99-W」をレビュー
LG 32UD99-W

6万円で買えるHDR対応31.5インチ4K液晶モニタ「BenQ EW3270U」をレビュー
BenQ EW3270U



(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!