Ghost Recon
 ウルトラが重すぎる時は「ターフエフェクト:オフ」と「ゴッドレイ:オン」でかなり改善される。
 車で移動時にカクツク時は草木の品質をウルトラから下げると吉。



スポンサードリンク





3月8日発売となるミリタリーシューターゲーム「Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands(ゴーストリコン ワイルドランズ) PC版」が快適にプレイが可能なグラフィックボードやCPUを紹介します。
Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)のベンチマークや推奨動作環境をチェックしつつNVIDIA GTX10XXシリーズやAMD RX 4XXシリーズなど今後の新発売ゲームにも幅広く対応できそうな最新GPUに的を絞って「Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ) PC版」が快適にプレイ可能なおすすめグラフィックボードやCPUなどを紹介していこうと思います。

Steam販売ページ:http://store.steampowered.com/app/460930/
ベンチマーク(製品版):
http://gamegpu.com/action-/-fps-/-tps/ghost-recon-wildlands-test-gpu
https://www.techpowerup.com/reviews/Performance_Analysis/Ghost_Recon_Wildlands/5.html


グラフィックボードやゲーム用BTO PCの一般的な選び方についてはこちらの記事でも紹介しています。
2017年のおすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
dc501eeb

2017年のおすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南もdf2ca223-s


Ghost Recon Wildlands 推奨動作環境や日本語対応について

Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)の推奨動作環境が公開されています。Ghost Recon WildlandsについてはマルチGPUのうちNVIDIA SLIは使用できました。AMD CrossFireXについては不明。
Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ) 推奨動作環境
最小動作環境 推奨動作環境
CPU Intel Core i5-2400S @ 2.5GHz
AMD FX-4320 @ 4GHz
Intel Core i7-3770 @ 3.5GHz
 AMD FX-8350 @ 4 GHz
GPU NVIDIA GTX660
AMD R9 270X
(2GB VRAM以上)
NVIDIA GTX 970 / GTX 1060
AMD R9 390 / RX480
(4GB VRAM以上)
RAM 6GB
8GB
ストレージ 50GB
OS
WINDOWS 7,8,8.1,10 (64-bit必須)

Ghost Recon Wildlandsは日本語音声&字幕&UIが完備です。
GRW_2017_02_24_07_41_04_759


グラフィック設定については、低、標準、高い、非常に高い、ウルトラの5つのプリセットが存在します。
ウルトラプリセットは個別の画質設定を全て最大にした最高画質設定になっています。
GRW_2017_02_24_07_42_21_562
フルHD・ウルトラ画質のVRAM使用量はは4.5GB程度になるようです。
GRW_2017_02_24_07_42_45_709
ウルトラワイド解像度と60FPSオーバーにも対応しています。
GRW_2017_02_24_07_43_56_040

ウルトラ設定についてですが、「ターフエフェクト:オン」と「ゴッドレイ:エンハンスド」の2項目の負荷がかなり重いです。ターフエフェクトを切って、ゴッドレイ:オンに変更するだけでかなり快適になります。また車で爆走時に引っかかりを覚える場合は草木の品質を「非常に高い」以下の設定に下げてください。ウルトラは平均で見ると差が小さいですがスタッタ―が発生しやすいようです。
GRW_2017_03_07_09_53_27_142

この変更をすればTITAN X Pascal SLIで序盤の荒野ですがUWQHDでも70~80FPS程度で安定しました。


ターフエフェクトの比較はこちら。地面の雑草がいい感じになるのですがクッソ重い。
ターフエフェクト:オフ
ターフエフェクト:オン
ゴッドレイの比較がこちら。
ゴッドレイ:オン
ゴッドレイ:エンハンスド






Ghost Recon Wildlands グラボ別ベンチマーク比較

Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)のグラフィックボード別ベンチマーク(beta版)の結果をチェックしていきます。

gamegpuとtechpowerupではGhost Recon Wildlandsのゲーム内ベンチマーク機能を利用してのベンチマーク測定されています。このベンチマークは実際のプレイよりも軽いので注意してください。管理人が序盤をプレイした感じでは最初のミッションで車に乗って移動する場面がかなり重かったので、管理人のFPS検証ではそのシーンを使用しています。



まずはフルHD解像度の「非常に高い」と「ウルトラ」画質プリセットによるベンチマーク結果です。
フルHD・ウルトラ設定においては現行最高性能のGTX 1080のみが平均60FPSをオーバーできるというかなり厳しいことになっています。現行最新のミドル帯グラフィックボードであるGTX 1060やRX 480・470が推奨動作環境に挙げられていますが、最高設定を快適にプレイするには荷が重いようです。ただ「非常に高い」にプリセットを下げるとGTX 1060やRX 480/470でもFPSがかなり改善されます。
1080_veryhigh1080_ultra
管理人がGTX 1070を使用して検証してみたところ、GTX 1070であれば「非常に高い」の画質プリセットでテクスチャをウルトラに上げるなど+αした画質設定で快適にプレイできそうでした。

GTX 1080についても確認してみましたが、車上でも60FPS前後の維持を目指すなら「ターフエフェクト:オフ」と「ゴッドレイ:オン」などの調整が必要でした。



続いてWQHD解像度のベンチマーク結果です。
WQHDについては「非常に高い」プリセットであればGTX 1080以上のグラフィックボードで快適にプレイできそうです。ウルトラはベンチではTXPで60FPSが出ていますが実際はマルチGPUが必要かと。
1440_veryhigh1440_ultra

最後に4K解像度のベンチマーク結果です。
4KやUWQHD解像度になってくると「非常に高い」画質プリセットであっても、GTX 1080やTitan X PascalのSLIが必要になってきます。
2160_veryhigh2160_ultra
UWQHD解像度についてはTITAN X Pascal SLIで試したところ、ウルトラプリセットから『草木の設定:非常に高い、ターフエフェクト:オフ、ゴッドレイ:オン』のように画質設定を下げることでそれなりに快適になりました。



GTX 1060やRX 480/470などミドル帯の場合はGPU性能的に画質設定を「非常に高い(VeryHigh)」に下げざるを得ません。そのためGTX 1060 3GBなどのVRAM容量が小さい方のモデルでも問題なさそうなのですが、実際にプレイしてみるとUWQHDの「非常に高い+α」な設定でもVRAM使用量が8GBを超えてきます。Ghost Recon WildlandsはVRAMを非常に多く使用するゲームなのでミドル帯GPUではVRAM容量の多いモデルを選ぶのが無難です。
vram
1488966395




Ghost Recon WildlandsCPU別ベンチマーク比較

Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)のCPU別のベンチマーク(CPUボトルネック)比較をチェックしていきます。
Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)についてはGPUへの要求は高いですが、60FPSターゲットにおいてはCPUボトルネックは気にしなくてOKですね。
r_pr_usr_intel

Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)についてはCPUの縛りは全くないようなので、幅広くPCゲームに対応可能なi5 7500等のi5 CPUがコスパが高いと思います。
最近はi7縛りのゲームも増えてきてはいるので予算に余裕があるならi7 7700かi7 7700Kもおすすめです。

Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)についてはシステムメモリの使用量は8GBを超えています。ゲーム用PCのシステムメモリは16GB積んでおくのがおすすめです。
sr_ram2

自作PCや換装用のメモリについては国内ではメモリの取り扱いが最大で、コストを抑えた構成で安価なものから、独自のヒートシンクや高周波数で高価なものまでDDR4メモリを幅広いバリエーションで揃えたPCショップアークで探すのがおすすめです。<紹介記事><PCショップアークでDDR4メモリを見る





Ghost Recon WildlandsのフルHDにおすすめなグラボ

Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)をフルHDで快適に遊ぶということなら、国内で3.0~3.5万円程度で購入できるGTX1060、RX 480を選択するのがコスパが高いと思います。Ghost Recon WildlandsはVRAM使用量の大きいゲームなのでGTX 1060なら6GB版、RX 480なら8GB版がおすすめです。
既存のDX11ゲームで競合よりも高い性能を発揮し消費電力が低いGTX 1060、倍速補完機能「AMD Fuluid Motion」で動画も快適になるRX 480、RX 470については好みで選べばOKです。

・GTX 1060販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X
・RX 480販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X
・RX 470販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X


いくつかピックアップすると、
3.2万円で若干高額になりますが、冷却性能と静音性に優れたMSI RX 480 8GB GsmingXやMSI GTX 1060 6GB GamingXがおすすめです。


GTX 1060については当サイトでもレビューしているEVGA GTX 1060 SCがショート基板でコンパクトかつ静音性・冷却性に優れたクーラーを搭載しているので非常におすすめです。6GB版は3.0万円、3GB版は2.5万円で購入可能になっています。
<できる!個人輸入 ② アメリカ Amazon(通称:米尼)の使い方>



GTX 1060やRX 480についてはこちらの記事でもまとめています。
【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボ。GTX 1080、GTX 1070、GTX 1060 3/6GBのまとめ
国内Amazon&米尼やPCパーツショップで販売中のGTX 1060を総まとめ
国内AmazonやPCショップで販売中のRX 480を総まとめ


Ghost Recon WildlandsのフルHD・高画質設定におすすめなグラボ

Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)をフルHD・高画質設定で快適に遊びつつ、今後発売されるゲームを見据えて高性能なグラボを購入するならGTX1070がおすすめです。
オリファンモデルも国内外の在庫は潤沢になっており、GTX1070は国内で5.0万円で性能から考えるとかなりお得感があります。VRAMも8GBとGTX980tiの6GBよりも多くなっているので今後VRAMを大量に消費するゲームが出てきても対応可能で、次世代アーキのPascalはDirectX12との相性もいいのも魅力です。

・GTX 1070販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X


とりあえずおすすめのモデルを上げるなら、高OCチューニングがなされ3連ファンで冷却性も高く、HDMI端子を2つ搭載してVR HMDへの対応も良く、ケースファン端子も搭載するASUS ROG STRIXです。
また国内でも人気の高いMSI GamingXも定評があります。
あとGIGABYTEからMini-ITX対応のショート基板GTX 1070が発売されています。サイズパフォーマンスが最強なのでハイエンドな小型PCに組み込むなら圧倒的におすすめです。当サイトでもレビュー記事を公開しています。

また米尼からの個人輸入であればドル円レート次第で4.5~4.7万円で購入できます。国内価格が下がってきているので価格面でのうま味は減ってきていますが、品質に定評のあるEVGA製グラフィックボードが国内最安値で購入できるのがメリットが大きいと思います。8PIN*1でGTX1070としては小型なEVGA GTX 1070 SC2や、オリジナル基板でOC耐性も高いEVGA GTX 1070 FTW2などが個人輸入するならおすすめです。

<できる!個人輸入 ② アメリカ Amazon(通称:米尼)の使い方>


GTX 1070についての関連記事はこちらです。
【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボ。GTX 1080、GTX 1070、GTX 1060 3/6GBのまとめ


Ghost Recon Wildlandsの最高画質におすすめなグラボ

Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)をとにかく高解像度・最高画質・高リフレッシュレートでヌルヌル遊びたいユーザーはGTX 1080の一択だと思います。1枚で足りない場合は2枚でSLIを組んでください。

・GTX 1080販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X


おすすめモデルについては、国内で7.4万円(12月10日現在)と圧倒的最安値でクーラーの性能も高いZOTAC GTX 1080 AMP EDITIONがおすすめです。
1476376380
ただグラボサイズが大きいのと補助電源に8PIN*2を要求するのでその点だけは注意してください。
予算が許すならASUS STRIXMSI GamingXなど国内でも評価が高くユーザーの多いモデルを選択するのもありだと思います。

GTX 1080についても米尼からの個人輸入であればドル円レート次第で7.2~7.5万円で購入できます。国内価格が下がってきているので価格面でのうま味は減ってきていますが、品質に定評のあるEVGA製グラフィックボードが国内最安値で購入できるのがメリットが大きいと思います。8PIN*1でGTX1080としてはコンパクトなEVGA GTX 1080 SC2が個人輸入するならおすすめです。

<できる!個人輸入 ② アメリカ Amazon(通称:米尼)の使い方>


GTX 1080についての関連記事はこちらです。
【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボ。GTX 1080、GTX 1070、GTX 1060 3/6GBのまとめ


史上最速! 10万円から購入可能なGTX 1080 Ti

17年3月11日に解禁となったNVIDIA GTX 10XXシリーズのナンバリングモデル最上位となる「GTX 1080 Ti」は昨年5月末にNew Kingとして鳴り物入りで登場したGTX 1080よりも30%以上高速です。昨年8月には前世代TITAN X Maxwellよりも50%以上高速というバケモノGPUとして登場したTITAN X Pascalと比較しても僅差で上回るという圧倒的な性能を誇っており、1200ドルのTITAN X Pascalに対して699ドルという圧倒的な安価さも兼ね備えたGTX 1080 Tiは究極のハイエンドグラフィックボードと言っても過言ではない製品です。2017年にリリースされている中で最強のGPUなので金に糸目は付けん! 高画質・高解像度・高リフレッシュレートでとにかく快適にゲームをしたいんだ!という人には迷わずおすすめです。4KやUWQHDなど1枚では足らん!という人はSLI対応のゲームなら2枚購入してSLIを組んでください。

10シリーズ最速「GTX 1080 Ti Founders Edition」をレビュー
DSC05359

・GTX 1080 Ti販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X




Ghost Recon Wildlands(ゴースト リコン ワイルドランズ)におすすめなBTO PC

これからPCを丸ごと新調するならこちらのBTO記事を参考にしてみてください。グラボ別でまとめているので上の内容を参考にお好みで選択してください。


フルHDゲームに最適なGTX 1060搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
7cae18ed

フルHDゲーム&動画視聴に最適なRX 480搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
b0207925-s

コスパ最強GTX1070搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
869f72ba

GTX1080搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
3ad7bd7d

史上最速! GTX 1080 Ti搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
GTX 1080 TI BTO PC

GTX 1080 Ti SLI搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
GTX 1080 TI BTO PC



(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!