外付けグラボユニットを比較まとめ


スポンサードリンク





昨年発売した「Razer Core」に続いて17年に入ってからは「Powercolor Devil Box」「AKiTiO Node」、「ASUS ROG XG Station 2」など発売の相次いでいる、モバイルPCやNUCをハイエンドデスクトップゲーミング環境に変える外付けグラフィックボードユニットはどれが買いなのか比較してみました。


外付けグラボユニットの接続規格

外付けグラフィックボードユニットの標準接続規格は搭載PCはやや限られるもののUSB3.1 Type-Cと同コネクタでPC向けの一般規格で汎用性のある「Thunderbolt3」が採用されています。
 USB3.1搭載→Thunderbolt3対応

 Thunderbolt3対応→USB3.1対応
上のようにThunderbolt3が接続帯域の広い上位になっているので間違えないように注意してください。
1487988310


外付けグラボユニットの性能と消費電力

外付けグラボユニットで使用するGPUの性能は概ね使用しているGPUの1つ下のモデルをデスクトップPCで使っているのと同じかそれを少し超える程度の性能になると考えてください。
外付けグラフィックボードユニットを使用した場合のグラフィックボードの性能については、グラフィックボードを通常のデスクトップPCで使用した場合の70~90%程度のパフォーマンスを発揮できます。GTX 1070を外付けグラボユニットで使用すると1つ下の下位モデルとなるGTX 1060を少し超える程度の性能を発揮できています。
razercore_fs

また外付けグラボユニットの消費電力については製品自体やUSBなど接続機器にもよりますが、基本的にグラフィックボード単体の消費電力とほぼ同じです。GTX 1070を使用すると150~160W程度になります。
Screenshot_20160803-144242


外付けグラボユニットの比較表

外付けグラボユニットの基本について簡単に紹介も終わったので本題の比較に入ります。
17年2月現在、発売or仕様の発表されている外付けグラボユニットについて比較表にまとめました。
外付けグラボユニット比較表 (17年2月)







ASUS ROG
XG Station 2
4b46f242-s
紹介記事
PowerColor
Devil Box
DSC03837
(レビュー予定)
Razer Core
562e346c-s
レビュー
AKiTiO Node
95e3b15d-s
紹介記事
筐体寸法 長さ 45 cm 40 cm 34 cm 43 cm
高さ 28 cm 24 cm 22 cm 23 cm
16 cm 17 cm 11 cm 15 cm
グラボ
寸法
長さ 31.2 cm 31.2 cm 31.2 cm 31.2 cm

高さ


14 cm以上
STRIX 搭載可能


14 cm
PCIブラケット
と同じ高さまで

15.2 cm
PCIブラケット
と同じ高さまで
17 cm
2スロット 3スロット 2スロット 2スロット
電源ユニット COMPWARE
CPS-6811-2A1

ソース
SeaSonic
SS-500L1U

250W以下は
ファンレス

Enhance
ENH-2350

SFX電源
電源容量 600 W 500 W 500 W 400 W
グラボへの出力 500 W 375 W 375 W 300 W
モバイルへの
給電能力
100 W 60 W 60 W -
ケース搭載
冷却ファン
(〇:外せる)
80mm ×3 (〇) 120mm ×1 (〇)
92mm ×1 (〇)
80mm ×2 (〇)
92mm ×1 (〇)
120mm ×1
接続 TB3
1 1 1 1
有線LAN
1 1 1 -
USB USB3.0 TypeA×4
(USB2.0 TypeB)
USB3.0 TypeA
リア×3, フロント×1
USB3.0 TypeC×1
USB3.0 TypeA×4 -
SATA - SATA3.0 ×1
ストレージ対応

- -
DP - - - -
価格 7.2万円 5.9万円 6.6万円 4.9万円


後日詳細なレビュー予定ですが、今のところ管理人的には、「SATA3.0によるストレージ拡張に対応」、「電源ユニットがSeaSonic製で250W以下ファンレス動作」、「5.9万円で比較的安価」な「PowerColor DEVIL BOX」が一番おすすめです。ただしデザインは一番安っぽいかも。




外付けグラボと組み合わせるのがおすすめなグラボ

外付けグラボユニットでは前述のとおりデスクトップ環境よりも1モデル下がる性能になるのでGPUの選択としてはGTX 1070以上がおすすめです。
また外付けグラボユニットユニットに搭載するグラフィックボードでは長さ方向のクリアランスは問題ないのですが、高さ方向に干渉する場合が多いです。

DSC01277DSC01275

「Razer Core」「Powercolor Devil Box」「AKiTiO Node」で使用するグラフィックボードについては、PCIブラケットと同じ背の高さのグラフィックボードを推奨します。


「ASUS ROG XG Station 2」については素直にROG STRIXでいいと思います。





(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!