NieR Automata_top


スポンサードリンク





3月18日にはれて発売となったオープンワールドアクションRPG「NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版」が快適にプレイが可能なグラフィックボードやCPUなどのPCスペックを紹介します。
NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版のCPU/グラフィックボード別ベンチマークや推奨動作環境をチェックしつつNVIDIA GTX10XXシリーズやAMD RX 4XXシリーズなど今後の新発売ゲームにも幅広く対応できそうな最新GPUに的を絞って「NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版」が快適にプレイ可能なおすすめグラフィックボードやCPUなどを紹介していこうと思います。

販売ページ:http://store.steampowered.com/app/524220/
ベンチマーク:http://gamegpu.com/rpg/%D1%80%D0%BE%D0%BB%D0%B5%D0%B2%D1%8B%D0%B5/nier-automata-test-gpu


【注意】Radeon環境はドライバがクラッシュするらしいのでアプデ待ちの模様。
  あとフルスクリーンバグがあるらしい。管理人は未遭遇。
  具体的な症状がよくわからないので知ってる人がいたら教えて欲しいです。



グラフィックボードやゲーム用BTO PCの一般的な選び方についてはこちらの記事でも紹介しています。
2017年のおすすめグラボまとめ。予算・性能別で比較。各社AIBモデルの選び方
dc501eeb

2017年のおすすめBTO PCまとめ。予算・性能別で比較。カスタマイズ指南もdf2ca223-s


NieR: Automata 推奨動作環境や日本語対応について

NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版の推奨動作環境が公開されています。
NieR: AutomataをフルHDでプレイする場合の推奨グラフィックボードはGTX 980やR9 390Xとなっているので、2017年現在の現行最新GPUからはGTX 1060やRX 470/480が推奨に該当しています。
NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版 推奨動作環境

最小動作環境
(解像度:1280×720)
推奨動作環境
(解像度:1920×1080)
CPU Intel Core i3 2100
AMD A8-6500
Intel Core i5 4670
AMD A10-7850K
GPU NVIDIA® GeForce GTX 770
AMD Radeon R9 270X
(2GB VRAM以上)
NVIDIA GeForce GTX 980
AMD Radeon R9 380X
(4GB VRAM以上)
RAM 4GB
8GB
ストレージ 空き容量50GB以上
OS
WINDOWS 7,8,8.1,10 (64-bit必須)

NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版は日本語音声&字幕&UIが完備です。
NieRAutomata_2017_03_18_01_44_28_680
グラフィック設定にはLow、Medium、Highの3つのプリセットがあり、Highプリセットで個別の画質設定が全て最大になります。
NieRAutomata_2017_03_18_01_45_50_269
フレームレートについては最大60FPSのロックがかかっており、イベントシーンは30FPSロックです。
NieRAutomata_2017_03_18_02_41_59_617
NieRAutomata_2017_03_18_01_45_50_269
ウルトラワイド解像度についてはイベントシーン(プリレンダ)とメニュー画面が16:9で横伸びになるものの、戦闘などのゲームシーンでは正常に21:9で表示されます。
NieRAutomata_2017_03_18_01_45_17_480
ゲームシーンは21:9で正常。
1489779371
作業がかなり面倒で時間がかかりますが、こちらで(大雑把に)紹介している方法を使ってプリレンダムービーを21:9の黒帯あり動画に変換することでプリレンダイベントを正常に表示できます。



ShadowPlayの録画が正常に行えないのがちょっと不便。
あと一部オブジェクトのテクスチャがPS1か、ってくらい貧相なのが悲しい。
NieRAutomata_2017_03_18_09_15_07_092


SLIは公式にサポートされていませんが、Rise of the Tomb RaiderのSLIプロファイルを使用することでSLIが動作するようです。安定性については確認中だそうな。
ソース:http://steamcommunity.com/app/524220/discussions/0/135511913383478013/
動画:https://www.youtube.com/watch?v=hw9dhRvwmGY

SLIプロファイルの手動設定には「NVIDIA Inspector」が必要なので下のURLから落としてください。
http://www.guru3d.com/files-details/nvidia-inspector-download.html
落としたら解凍してソフトを起動します。赤いところをクリックしてください。赤く囲ったところに「NieR: Automata」を入力してプロファイルを開いてください。赤く囲ったところに「NieR: Automata」を入力してプロファイルを開いき、「0x080002F5」をsli bitsに入力します。 (下画像はサンプルなので画像内の入力値は無視してください。)
2


NieR: Automata グラボ別ベンチマーク比較

NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版のグラフィックボード別ベンチマークの結果をチェックしていきます。

とりあえずGTX 1080 Tiで4K、High設定でプレイしてみましたが60FPSは維持できませんでした。
NieRAutomata_2017_03_18_02_10_00_066



UWQHDについてはGTX 1080 Tiなら快適にプレイ可能です。


GTX 1060で試したところフルHD・High設定では45~50FPS程度になってしまいましたが、アンチエイリアスを切るなどグラフィック設定を少し調整することでフルHDで60FPSを達成できました。


GTX 1070で試したところフルHD・High設定で60FPSを維持できました。もっと重いシーンがあるかもしれませんがGTX 1070ならフルHD・High設定で概ね快適にプレイできるはずです。


GTX 1080で試したところWQHD・High設定では50~60FPSで変動しました。60FPSに張り付かせたい場合はアンチエイリアスなどを切る方がいいと思います。フルHD・High設定なら余裕で60FPS貼り付き可能です。フルHD・High設定で万全を期すならGTX 1080以上がおすすめです。



NieR: Automata PC版については、VRAMを大量に使用するようなのでGTX 1060やRX 480/470などミドル帯のグラフィックボードを選択する場合はVRAM容量の大きい上位モデルを選択するのが無難です。
na_vram


NieR: Automata CPU別ベンチマーク比較

NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版のCPU別のベンチマーク(CPUボトルネック)比較をチェックしていきます。

NieR: Automata PC版についてはCPU別ベンチマーク比較を見る限りではCPUボトルネックは気にしなくてOKですね。
na_prozna_intel

NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版については幅広くPCゲームに対応可能なi5 7500等のi5 CPUがコスパが高いと思います。
最近はi7縛りのゲームも増えてきてはいるので予算に余裕があるならi7 7700かi7 7700Kもおすすめです。

ベンチマークではシステムメモリ使用量は8GB以下に収まっていますが、ゲーム用PCのシステムメモリは16GB積んでおくのがおすすめです。
na_ram2

自作PCや換装用のメモリについては国内ではメモリの取り扱いが最大で、コストを抑えた構成で安価なものから、独自ヒートシンク搭載や高クロックOCの高価なものまでDDR4メモリを幅広いバリエーションで揃えたPCショップアークで探すのがおすすめです。<紹介記事><PCショップアークでDDR4メモリを見る





NieR: Automata PC版のフルHDにおすすめなグラボ

NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版をフルHDで快適に遊ぶということなら、国内で3.0万円程度で購入できるGTX1060、RX 480を選択するのがコスパが高いと思います。NieR: Automata PC版はVRAM使用量の大きいゲームなのでGTX 1060なら6GB版、RX 480なら8GB版がおすすめです。
既存のDX11ゲームで競合よりも高い性能を発揮し消費電力が低いGTX 1060、倍速補完機能「AMD Fuluid Motion」で動画も快適になるRX 480、RX 470については好みで選べばOKです。

・GTX 1060販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X
・RX 480販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X
・RX 470販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X


いくつかピックアップすると、
3.2万円で若干高額になりますが、冷却性能と静音性に優れたMSI RX 480 8GB GsmingXやMSI GTX 1060 6GB GamingXがおすすめです。


GTX 1060については当サイトでもレビューしているEVGA GTX 1060 SCがショート基板でコンパクトかつ静音性・冷却性に優れたクーラーを搭載しているので非常におすすめです。6GB版は3.0万円、3GB版は2.5万円で購入可能になっています。
<できる!個人輸入 ② アメリカ Amazon(通称:米尼)の使い方>



GTX 1060やRX 480についてはこちらの記事でもまとめています。
【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボ。GTX 1080、GTX 1070、GTX 1060 3/6GBのまとめ
国内Amazon&米尼やPCパーツショップで販売中のGTX 1060を総まとめ
国内AmazonやPCショップで販売中のRX 480を総まとめ


NieR: Automata PC版のフルHD・高画質設定におすすめなグラボ

NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版をフルHD・高画質設定で快適に遊びつつ、今後発売されるゲームを見据えて高性能なグラボを購入するならGTX1070がおすすめです。
オリファンモデルも国内外の在庫は潤沢になっており、GTX1070は国内で4万円半ばで購入できる性能と考えるとかなりお得感があります。VRAMも8GBとGTX980tiの6GBよりも多くなっているので今後VRAMを大量に消費するゲームが出てきても対応可能で、次世代アーキのPascalはDirectX12との相性もいいのも魅力です。

・GTX 1070販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X


とりあえずおすすめのモデルを上げるなら、高OCチューニングがなされ3連ファンで冷却性も高く、HDMI端子を2つ搭載してVR HMDへの対応も良く、ケースファン端子も搭載するASUS ROG STRIXです。
また国内でも人気の高いMSI GamingXも定評があります。
あとGIGABYTEからMini-ITX対応のショート基板GTX 1070が発売されています。サイズパフォーマンスが最強なのでハイエンドな小型PCに組み込むなら圧倒的におすすめです。当サイトでもレビュー記事を公開しています。
また米尼からの個人輸入であればドル円レート次第で4.5~4.7万円で購入できます。国内価格が下がってきているので価格面でのうま味は減ってきていますが、品質に定評のあるEVGA製グラフィックボードが国内最安値で購入できるのがメリットが大きいと思います。8PIN*1でGTX1070としては小型なEVGA GTX 1070 SC2や、オリジナル基板でOC耐性も高いEVGA GTX 1070 FTW2などが個人輸入するならおすすめです。

<できる!個人輸入 ② アメリカ Amazon(通称:米尼)の使い方>


GTX 1070についての関連記事はこちらです。
【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボ。GTX 1080、GTX 1070、GTX 1060 3/6GBのまとめ


NieR: Automata PC版の最高画質におすすめなグラボ

NieR: Automata PC版をとにかく高解像度・高画質設定で60FPS張り付きにしてヌルヌル遊びたいユーザーはGTX 1080がおすすめです。17年初頭に最高性能だったGTX 1080はGTX 1080 Tiの発売で値下がり傾向にあるのでコスパを考えると一番旬なグラフィックボードだと思います。

・GTX 1080販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X


おすすめモデルについては国内で6.5万円(1月1日現在)と圧倒的最安値な玄人志向製のオリファンモデルがおすすめです。予算が許すならASUS STRIXMSI GamingXなど国内でも評価が高くユーザーの多いモデルを選択するのもありだと思います。
1483278096


9.1万円と高額で3スロット占有の超弩級グラボですがその分だけ冷却性は高いのでZOTAC AMP EXTREMEもおすすめです。当サイトでもZOTACからサンプル提供を受けてレビューを公開しています。


GTX 1080についても米尼からの個人輸入であればドル円レート次第で7.2~7.5万円で購入できます。国内価格が下がってきているので価格面でのうま味は減ってきていますが、品質に定評のあるEVGA製グラフィックボードが国内最安値で購入できるのがメリットが大きいと思います。8PIN*1でGTX1080としてはコンパクトなEVGA GTX 1080 SC2が個人輸入するならおすすめです。

<できる!個人輸入 ② アメリカ Amazon(通称:米尼)の使い方>


GTX 1080についての関連記事はこちらです。
【できる!個人輸入】米尼でおすすめなEVGA製グラボ。GTX 1080、GTX 1070、GTX 1060 3/6GBのまとめ


史上最速! 10万円から購入可能なGTX 1080 Ti

17年3月11日に解禁となったNVIDIA GTX 10XXシリーズのナンバリングモデル最上位となる「GTX 1080 Ti」は昨年5月末にNew Kingとして鳴り物入りで登場したGTX 1080よりも30%以上高速です。昨年8月には前世代TITAN X Maxwellよりも50%以上高速というバケモノGPUとして登場したTITAN X Pascalと比較しても僅差で上回るという圧倒的な性能を誇っており、1200ドルのTITAN Xpに対して699ドルという圧倒的な安価さも兼ね備えたGTX 1080 Tiは究極のハイエンドグラフィックボードと言っても過言ではない製品です。2017年にリリースされている中で最強のGPUなので金に糸目は付けん! 高画質・高解像度・高リフレッシュレートでとにかく快適にゲームをしたいんだ!という人には迷わずおすすめです。4KやUWQHDなど1枚では足らん!という人は2枚購入してSLIを組んでください。

AIBモデルの先陣を切る「ASUS ROG STRIX GTX 1080 Ti」をレビュー
ASUS ROG STRIX GTX 1080 Ti

・GTX 1080 Ti販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X


リファレンスのFounders Editionは冷却性能が低いので、4月から発売されたGTX 1080 Tiのオリファンモデルから選択するのがおすすめです。




<できる!個人輸入 ② アメリカ Amazon(通称:米尼)の使い方>



NieR: Automata(ニーア オートマタ) PC版におすすめなBTO PC

これからPCを丸ごと新調するならこちらのBTO記事を参考にしてみてください。グラボ別でまとめているので上の内容を参考にお好みで選択してください。


フルHDゲームに最適なGTX 1060搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
7cae18ed

フルHDゲーム&動画視聴に最適なRX 480搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
b0207925-s

コスパ最強GTX1070搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
869f72ba

GTX1080搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
3ad7bd7d

史上最速! GTX 1080 Ti搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
GTX 1080 TI BTO PC





(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!