爆速の悪魔 「NVIDIA TITAN Xp」をレビュー


スポンサードリンク





フルスペックGP102コアとGTX 1080 Tiよりも高速&大容量な12GB GDDR5X VRAMを搭載し、「TITANより速いTiは存在しない!」と世界中の廃エンド自作erを混乱に陥れた爆速の悪魔「NVIDIA TITAN Xp」を北米NVIDIA公式通販から個人輸入して国内発売(があるのか?)に先駆けてゲットしたので早速、レビューしていきます。
NVIDIA TITAN Xp review06270


なお管理人のGTX 10XXシリーズ遍歴。

 16年5月末:GTX 1080が発売、GTX 1080 FEを2つ購入
→16年6月:GTX 1080 FEを水冷化
→16年7月:公式SLI HBが水冷FEでは使えないので、1080 STRIXを水冷SLI
16年8月:TITAN X Pascalが発売、2つ購入して水冷化
  (半年ほど間があく)
17年3月:GTX 1080 Tiが発売、GTX 1080 Ti FEを2つ購入
→17年4月:GTX 1080 Ti オリファンモデルが解禁、STRIXやAORUSをレビュー用に購入
17年4月:NVIDIA TITAN Xpが発売、錯乱しつつ2つ購入
NVIDIA TITAN Xp review06285

TITAN Xpの”p”がPascalのpじゃなくて、親指を下に向けるあのジェスチャーに見えるぜ……。




NVIDIA TITAN Xp レビュー目次


1.NVIDIA TITAN Xpの外観
2.NVIDIA TITAN Xpの検証機材セットアップ
3.NVIDIA TITAN Xpのゲーム性能
4.NVIDIA TITAN Xpの温度・消費電力

5.NVIDIA TITAN Xpのレビューまとめ

おまけ.NVIDIA TITAN Xpを個人輸入する方法



NVIDIA TITAN Xpの外観

早速、NVIDIA TITAN Xpを開封していきます。
梱包はNVIDIAのGTX 10XXシリーズ公式リファレンスモデルと同じ高級感のある化粧箱です。「p」がなければTITAN X Pascalと外観はほぼ同じです。
NVIDIA TITAN Xp review06271
上蓋を外すと縦向きに収められた「NVIDIA TITAN Xp」が登場します。
NVIDIA TITAN Xp review06272
付属品はマニュアル類ととDP→DVI-D変換ケーブルでした。
NVIDIA TITAN Xp review06279

梱包や付属品のチェックは簡単に済ませて、グラフィックボード本体を見ていきます。
とはいえ基本的にNVIDIA TITAN XpはTITAN X Pascalと全く同じ外観になっています。GPUクーラーはポリゴンをイメージしたダイヤモンドカットなデザインで、GTX 1080 Ti Founders Editionのブラックバージョンです。どっちがTITAN Xpかわかるかな?
NVIDIA TITAN Xp review06274
従来のNVIDIAリファレンスグラフィックボード同様に外排気のブロアーファン採用です。
NVIDIA TITAN Xp review06277
補助電源の端子数はTITAN X Pascal同様に8PIN*6PINです。ロゴ部分には「TITAN Xp」ではなく「TITAN X」と刻まれています。GPUクーラーのサイドにはLEDイルミネーションを備えたブランドカラーの緑色で「GEFORCE GTX」のロゴがあります。NVIDIAが公式にTITANは「GEFORCE GTX」じゃないと公言しているのでいい加減に側面のロゴは「TITAN」に変えて欲しいです。
NVIDIA TITAN Xp review06276
ビデオ出力はGTX 1080 Ti Founders Editionと同じくDVI-Dが廃止されて、HDMI2.0×1とDisplayPort1.4×3の4基が実装されています。
NVIDIA TITAN Xp review06275
バックプレートも装備していますが、基板保護のみで放熱面では貢献していません。
NVIDIA TITAN Xp review06278



NVIDIA TITAN Xpの検証機材

外観やハードのチェックはこのあたりにして早速、NVIDIA TITAN Xpを検証用の機材に組み込みました。テストベンチ機の構成は次のようになっています。
テストベンチ機の構成
ベンチ機1
NVIDIA TITAN Xp レビュー_05001
ベンチ機2
NVIDIA TITAN Xp レビュー_04619
OS Windows10 64bit Home

CPU

i7 7700K
Core/Cache:5.0/4.8GHz, 1.300V
殻割り&クマメタル化(レビュー
i7 7700K
Core/Cache:4.8/4.6GHz, 1.260V
殻割り&クマメタル化(レビュー
M/B ASRock Z270 SuperCarrier
レビュー)(BIOS:1, 2
ASUS ROG
MAXIMUS IX FORMULA
レビュー
メインメモリ Corsair Dominator Platinum
Special Edition
DDR4 8GB*4=32GB (レビュー
G.Skill TridentZ
DDR4 8GB*4=32GB
システムストレージ
Crucial MX300 SATA M.2 SSD 1TBCT1050MX300SSD4 Intel SSD 540シリーズ
SATA M.2 SSD 240GB
電源ユニット
Corsair RM650i
レビュー
Corsair HX1200i
レビュー
PCケース/
ベンチ板
STREACOM BC1 (レビュー
Cooler Master
MASTERCASE MAKER 5t
レビュー

NVIDIA TITAN Xp review06282


NVIDIA TITAN Xpでは昨年発売のTITAN X Pascalや今年3月発売のGTX 1080 Tiと同じくGP102を採用したグラフィックボードですが、3840CUDAコアのフルスペックGP102が採用されているのが一番のポイントです。ベースクロックこそGTX 1080 Tiよりもやや低いものの、ブーストクロックはGTX 1080 Tiと同じく1582MHzです。加えてVRAMもTITAN X Pascal同様に12GBのGDDR5Xを搭載しており、バス幅は384bitに据え置かれ、GTX 1080 Tiで採用された11.0Gbpsの高速GDDR5Xを超える11.4Gbpsでメモリ帯域はGTX 1080 Tiよりも10%以上高速な548GB/sを実現しています。
これらの製品スペックからもわかるように「NVIDIA TITAN Xp」はTITANブランドの名に恥じぬNVIDIAの一般向け最強グラフィックボードとなっています。
NVIDIA TITAN Xp 詳細スペック比較
GPU名 NVIDIA TITAN Xp GTX 1080 Ti
GTX 1080
コードネーム GP102 GP102 GP104-400
製造プロセス 16nm FinFET 16nm FinFET 16nm FinFET
コア数 3840 3584 2560
TMUs 240 224 160
ROPs 96 88 64
ベースクロック 1426MHz 1481 MHz 1607 MHz
ブーストクロック 1582MHz 1582 MHz 1733 MHz
メモリ 12GB GDDR5X 11GB GDDR5X 8GB GDDR5X
バス幅 384-bit 352-bit 256-bit
有効メモリクロック 11400 MHz 11000 MHz 10000 MHz
メモリ帯域 548GB/s 484 GB/s 320 GB/s
補助電源 8PIN+6PIN 8PIN+6PIN~ 8PIN~
TDP 250W 250W 180W
発売日 17年4月6日 17年3月11日 16年5月27日
価格 1200ドル 699ドル~
499ドル~

NVIDIA TITAN Xp_gpu-zNVIDIA TITAN Xp_OC1


ちなみにTITAN XpのOC耐性についてですが、2つ購入したTITAN Xpのうち、1つはコアクロック+180MHz、もう1つはコアクロック+200MHzで動作して、メモリクロックについてはどちらも+500MHzで問題なく動作しました。コアクロック+200MHz、メモリクロック+500MHzでFireStrike Extremeのグラフィックスコアが16400ほどになります。
1492315677
コアクロックについては+150MHz盛りで実働ブーストクロックが2.0GHzを超えるかどうかくらいになるのでGTX 1080 Ti FEとほぼ同じような動作になっています。メモリクロックについてはGTX 1080 Tiと比較してデフォルトでも200MHz高く設定されているので合計700MHz程度高いメモリクロックで動作することを考えると、GTX 1080 TiよりもメモリOC耐性は高いように感じます。



NVIDIA TITAN Xpのゲーム性能

NVIDIA TITAN Xpの性能を測るべく各種ベンチマークを実行しました。性能比較には「GTX 1080 Ti Founders Edition」「EVGA GTX 1080 SC2」「GIGABYTE GTX 1070 ITX OC」を使用しました。
比較サンプル_GTX 1080 Ti FE比較サンプル_EVGA GTX 1080 SC比較サンプル_GIGABYTE GTX 1070 ITX OC


まずはFF14ベンチのフルHD・最高品質のスコアは同検証環境で軽く2万を超えました。
NVIDIA TITAN Xp_ff14
FF14ベンチではスコアが1万を超えたあたりからFPSが上がりすぎてCPUベンチの傾向が強くなりグラボの性能比較ベンチとしてはあまり使えなくなってくるので注意してください。

FireStrikeとFireStrike Extremeのベンチマーク比較になります。
NVIDIA TITAN Xp_bench_fs

FireStrike Extreme Ultra
NVIDIA
TITAN Xp
29785 14655 7282
GTX 1080 Ti FE 27758 13686 6739
GTX 1080 OC 22463 10715 5323
GTX 1070 OC 18211 8697 4307

3DMarkの最新DirectX12ベンチマーク「TimeSpy」の性能比較となります。
NVIDIA TITAN Xp_bench_ts

TimeSpy Asyncなし 性能伸び率
NVIDIA
TITAN Xp
10046 9345 106%
GTX1080 Ti FE 9345 8797 107%
GTX 1080 OC 7382 7047 105%
GTX 1070 OC 5884 5657 104%



続いて実ゲームを用いたベンチマークになります。解像度はフルHD、WQHD、ウルトラワイドQHD(UWQHD, 3440*1440)の3種類について行っており、同一のグラフィック設定で同一のシーンについて平均FPSを比較しました。

ベンチマーク測定を行ったタイトルは、Assassin's Creed Syndicateグラフィック設定)、Battlefield 1(最高設定プリセット)、The Divisionグラフィック設定)、For Honor(超高設定プリセット)、Ghost Recon Wildlandsグラフィック設定)、Mirrors Edge Catalyst(ハイパー設定プリセット)、Rise of the Tomb Raiderグラフィック設定)、Titanfall 2グラフィック設定)、WatchDogs_2(最高設定プリセット)、The Witcher3グラフィック設定)、Gears of War 4(最高設定プリセット、UWQHDではなく4K解像度)以上の11タイトルです。

Assassin's Creed Syndicateグラフィック設定)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_acs

Battlefield 1(最高設定プリセット)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_bf1

The Divisionグラフィック設定)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_div

For Honor(超高設定プリセット)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_fh

Ghost Recon Wildlandsグラフィック設定)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_gr

Mirrors Edge Catalyst(ハイパー設定プリセット)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_mec

Rise of the Tomb Raiderグラフィック設定)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_rottr

Titanfall 2グラフィック設定)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_tf2

WatchDogs_2(最高設定プリセット)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_wd2

The Witcher3グラフィック設定)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_wit3

Gears of War 4(最高設定プリセット、UWQHDではなく4K解像度)のベンチマーク結果です。
NVIDIA TITAN Xp_game_x_gw4


NVIDIA TITAN Xp、GTX 1080 Ti FE、GTX 1080 OC、GTX 1070 OCの4種類について実ゲーム性能の比率の平均を出したところ、NVIDIA TITAN XpはGTX 1080よりも30%以上高速という結果になりました。FPSが上がりすぎてCPUボトルネックの影響が出始めるフルHDに対して、60FPS前後に近づいていく超高解像度でより高いパフォーマンスを発揮できます。
NVIDIA TITAN Xp_pef_sum




NVIDIA TITAN Xpの温度・消費電力

NVIDIA TITAN Xpの負荷時のGPU温度とファンノイズを検証しました
温度とファンノイズの検証負荷としてはFireStrike Extreme ストレステスト、比較対象にはTITAN X Pascalを使用しています。その結果は次のようになっています。
NVIDIA TITAN XpでもTITAN X Pascal同様にストレステスト開始2分程度でGPU温度は飽和して上限温度の84度に達し、ファン回転数も2500RPMを超えています。
NVIDIA TITAN Xp_temp
NVIDIA TITAN Xpのストレステスト中のGPUコアクロックはTITAN X Pascalとほぼ同じで平均1650MHzとなりました。GTX 1080 Tiと比較すると80MHzほど低い数値です。
NVIDIA TITAN Xp_clock

またベンチ機2のPCケースに組み込んでFire Strike Extreme グラフィックテスト1を1時間に渡ってループさせて実用の冷却性能を確認してみました。PCケースに入れて長時間負荷をかけると最大温度は84度で、コアロックの平均値は1600MHzでした。
NVIDIA TITAN Xp_1hour_1
また実働ストレステスト中の0分, 10分, 20分…について30秒間の平均FPSの推移をチェックしました。GPUクーラーの冷却性能の低さによって7%程度パフォーマンスが下がっていることがわかります。同じリファレンスのブロアーファンを採用しているGTX 1080 Ti Founders Editionと比較してもNVIDIA TITAN Xpはサーマルスロットリングによる性能低下の影響がさらに大きいです。
NVIDIA TITAN Xp_1hour_2

1時間のストレステスト終盤にスマホで使用できるサーモグラフィカメラ「FLIR ONE」を使用してゲーム負荷時のグラフィックボード上の各所の温度をチェックしました。
GTX 10XXシリーズの上位モデルではVRM電源部分の温度がかなり高くなりがちですが、NVIDIA TITAN Xpでは70度程度でした。リファクーラーはGPUコアの冷却こそ弱いもののVRM電源の冷却は優秀です。
NVIDIA TITAN Xp_FLIR (1)NVIDIA TITAN Xp_FLIR (2)

NVIDIA TITAN Xpを含めていくつかのグラフィックボードについてサウンドレベルメーターを利用してゲーム負荷時のノイズレベルを測定・比較しました。ノイズレベルの測定には「サンワダイレクト 400-TST901A」を使用しています。
NVIDIA TITAN Xp review06284
電源OFF時の騒音値は33~35dBです。目安として40dBを超えたあたりからファンノイズがはっきりと聞こえるようになり、45dB前後で煩く感じます。50dBを超えてくるとヘッドホンをしていても煩く感じます。同じ騒音値でも不快に感じたり感じなかったりと音の性質にもよるので注意してください。

ノイズレベルの測定結果は次のようになっています。NVIDIA TITAN XpのファンノイズはリファレンスのブロアーファンGPUクーラー相応なファンノイズでした。ファンノイズは大きくPCケースに入れていても負荷時はファンノイズがはっきり聞こえます。
NVIDIA TITAN Xp_fan

NVIDIA TITAN Xpの消費電力と瞬間的な最大電源負荷を測定しました。
測定には電源ユニット「Corsair RM650i」のCorsair Linkによる電力ログ機能を用いてコンセントからの出力ではなく変換ロスを差し引いた純粋な検証システム全体への入力電力をチェックしています。また測定負荷にFireStrike Extreme ストレステストを使用して、”平均値を消費電力”、”最大値を瞬間的な最大電源負荷”としました。測定結果は次のようになっています。
NVIDIA TITAN Xp_power
同検証環境に置いてTDP250WのNVIDIA TITAN Xpの消費電力は312Wとなり、TDPの等しいGT 1080 TiやTITAN X Pascalよりも10~15Wほど低い値が出ています。サーマルスロットリングでコアクロックに制限がかかりテスト終盤の消費電力が下がったため上のような結果になっています。テスト冒頭数分間の平均を取るとNVIDIA TITAN Xpの消費電力もGTX 1080 TiやTITAN X Pascalと同じような数値になりました。実際に瞬間最大負荷に目を向けると3者の数値は横並びになっています。




NVIDIA TITAN Xp レビューまとめ

最後にフルスペックGP102コアを採用する爆速の悪魔「NVIDIA TITAN Xp」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。

良いところ
  • 最新高画質PCゲームをUWQHDなどの超高解像度で快適にプレイ可能なグラフィック性能
  • フルスペックGP102採用なのでGTX 1080 Tiよりも高速
  • DVI端子が廃止されているので水冷化で完全1スロット化可能
悪いところor注意点
  • デフォルトの空冷クーラーではサーマルスロットリングが不可避
  • 700ドルから購入可能なGTX 1080 Tiに対して、TITAN Xpは1200ドルとコスパは悪い


HBM2を採用したGP100コアは企業向けのTeslaのみで一般向けには降りてこないと思われるため、フルスペックGP102コアを採用した「NVIDIA TITAN Xp」が事実上、Pascal世代の一般ゲーマー・クリエイター向け最上位グラフィックボードとなります。製品スペックや各種ベンチマーク検証結果からもわかるように、NVIDIA TITAN XpはGTX 10XXシリーズ最上位モデルとして3月に満を持して登場したGTX 1080 Tiを上回るパフォーマンスを発揮しました。
NVIDIA TITAN Xp_pef_sum

GTX 1080 Tiと比較してNVIDIA TITAN Xpはコア数1割増&メモリ帯域1割増なので上のパフォーマンスサマリーよりももう少し性能差が出てもいいのですが、温度検証で確認した通りサーマルスロットリングが激しく発生します。場合によってはGIGABYTE AORUS Xtreme EditionやZotac AMP Extremeなどメモリクロックもオーバークロックされており高性能GPUクーラーでフルパワーの発揮できるGTX 1080 Tiオリファンモデルのほうが高速な場合もあります。もちろん静音性の観点からはGTX 1080 Tiオリファンモデルのほうが確実に優れます。NVIDIA TITAN Xpもまた水冷化必須なグラフィックボードです。
またGTX 1080 Tiはオリファンモデルを含めても700~800ドルで購入できることを考えると、率直に言って1200ドルであるTITAN Xpのコスパは悪いです。なので最強最速グラボでないとコスパは0と言い切れるような奇特な人向けの製品です。

以上を踏まえてNVIDIA TITAN Xpは基本的に水冷化必須かつGTX 1080 Tiと比較してもコスパは悪いので、性能差を考えるとGTX 1080 Tiのオリファンモデルを購入してポン付けするのが一番手っ取り早く、水冷化するにしてもGTX 1080 Ti FEを水冷化するほうがコスパは断然高いです。

とりあえず普通の人はNVIDIA TITAN Xpの存在は無視して、GTX 1080 Tiのオリファンモデルを購入すればOKというか、そちらがおすすめです。

以上、NVIDIA TITAN Xpのレビューでした。
NVIDIA TITAN Xp


さて水冷化するか。
NVIDIA TITAN Xp review06287





・GTX 1080 Ti販売ページ:   
  <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><NTT-X



余談

最後にNVIDIA TITAN Xpに関する本音というか不満についてもこの機会にぶちまけておきます。思うところはいろいろありますが、買ってしまった以上は心置きなく楽しみたいので、ここで全部ぶちまけて嫌なことは忘れてしまいます。

管理人のNVIDIA TITAN Xpに対する感情は、おそらくNVIDIAのハイエンドGPUを追い続けているユーザーの中では好意的な方だと思いますが、それでも正直なところかなり複雑です。
Pascalアーキの最大CUDAコア数が3800程度との情報がすでに当時からあったこともあり、New Kingの冠とともに登場したGTX 1080が数か月でTITAN X Pascalに王座をとってかわられたことは、「早すぎ!」という思いはあっても熱狂を帯びた驚愕でした。
しかしながら、TITAN X Pascalよりも高速なGTX 1080 Tiをリリースして1月も経たないうちに、フルスペックGP102を採用したTITAN Xpを発売するというのは、NVIDIAのハイエンドグラボを追いかけている自作erを舐めていると受け取られても仕方ないと思います。
「なぜMaxwell世代同様に、最初からフルスペックでTITANを出さなかったのか?」
TITAN Xpの存在に対する困惑や不満はこの疑問に尽きると思いますし、最初からフルスペックで出せよ、と怒りを覚えるユーザーが少なからず存在することは想像に難くありません。

表題の煽り文句である「爆速の悪魔」も、獣(Gaming Beast)どころではない悪魔的(圧倒的)な性能だという賛辞とともに、ハイエンドグラボを追い続けているユーザーを馬鹿にするかのようにあまりにも短いスパンで最上位を交代させ続けるNVIDIAの所行を代表する「ユーザーに悪夢を見させる存在」というネガティブな意味も込めました。
次世代TITANでは悪魔の再来とならないことを心から祈りたいです。



GTX 1080 Ti 関連記事

AIBモデルの先陣を切る「ASUS ROG STRIX GTX 1080 Ti」をレビュー
ASUS ROG STRIX GTX 1080 Ti

狙うはGTX1080Ti最速!「GIGABYTE AORUS GTX 1080 Ti Xtreme Edition」をレビュー
GTX 1080 Ti GIGABYTE AORUS Xtreme

定格2GHz越え超弩級グラボ「ZOTAC GTX 1080 Ti AMP Extreme」をレビュー
定格2GHz越え超弩級グラボ「ZOTAC GTX 1080 Ti AMP Extreme」をレビュー

GTX 1080 Ti Founders Editionを水冷化で40度運用を狙え!!
GTX 1080 Ti Founders Editionを水冷化

史上最速! GTX 1080 Ti搭載のおすすめBTO PCを徹底比較!
GTX 1080 TI BTO PC



NVIDIA TITAN Xpの個人輸入の仕方

NVIDIA TITAN Xpは北米のNVIDIA公式通販から転送サービス経由で個人輸入可能です。
いきなりTITAN Xpを購入するのが不安な人はまず最初に40ドルで購入できるHB SLIブリッジだけを購入して実際に注文~転送までを試すのがおすすめです。


転送サービスの使い方はこちらをご覧ください。
できる!個人輸入 ④ 国内直送してくれないショップでの購入方法。転送サービスの使い方。

NVIDIA公式通販の支払いについては管理人が試した限りでは三井住友VISAと楽天銀行VISAデビットの2つのカードで購入できました。10万円を超える海外通販の場合、そういう買い物が初めてだとカード会社のセキュリティに引っかかるかもしれないので事前にカード会社に連絡を入れておくといいかも。

次回からの注文が楽になるので注文時にアカウントを作るのがおすすめです。
1470835431

発送先、支払住所ともに転送サービスの倉庫の住所を入力します。

14708354741470835483

注文を進めると「住所間違ってね?」と言われますが下のように自分が入力したものを使うと選択すればOKです。2回ほど聞かれますが同じように繰り返します。
1470835820
あとはポチポチクリックしていけば注文完了です。

メールは注文直後の確認メールと出荷完了時のメールの2通が届きます。NVIDIA公式通販は発送が速いので、日本時間で前日に注文すれば翌日の午前7時から8時くらいに出荷メールが届きます。このメールに追跡番号が記載してあるので、メールが届いてからスピアネットで転送依頼を行います。
14701543631470180332

転送依頼の方法はスピアネットのマイページにログインして下画像のようにすればOKです。
14701807121470180887
スピアネットの倉庫に商品が到着すると転送料案内メールが届くので支払いを行えば翌日には出荷されます。あとは着弾を待つのみです。
14703775741470377589

あと受取時にタイタンさん1個につき6300円の消費税を支払う必要があるのでそこだけ注意。




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!