SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5


スポンサードリンク





フルスペックPolaris11コア(リネームなのでPolaris21が正式名称らしい)を採用するAMD Radeon RX 560搭載グラフィックボードから、補助電源不要な省電力モデルとしてリリースされた「SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5(型番:SA-RX560-4GD50​01)」を前モデルのRX 460や競合のGTX 1050 Tiと徹底比較レビューします。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_06999

公式ページ:http://www.ask-corp.jp/products/sapphire/graphicsboard/radeon-rx-560/sapphire-pulse-radeon-rx-560-4g-gddr5.html
RX 560 SPPHAIRRE







SAPPHIRE PULSE RX 560 4G レビュー目次


1.SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gの外観
2.SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gの検証機材セットアップ
3.SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gのゲーム性能
4.SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gの温度・消費電力
5.倍速補完機能「AMD Fluid Motion」の効果と使い方
6.SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gのレビューまとめ



SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gの外観

早速、SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5をチェックしてきます。
段ボールのうちパッケージ内にエアパッキン付き静電防止ビニールに包まれるた状態で収められるという一般的な形式でグラフィックボードは保護されていました。付属品はマニュアル、ドライバCDなどです。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07000
グラフィックボードのGPUクーラー外装には保護フィルムが貼られていました。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07001

SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gの外観は次のようになっています。プラスチック製の黒色のGPUクーラー外装には製品名の”PULSE”通り電気信号を模した赤色のラインが描かれています。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07003
SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gのボード長はエントリー帯のグラフィックボードとしては長めで200mm超の全長210mmとなっています。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07005
GPUクーラーは2スロット占有で補助電源は必要ありません。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07009
RX 460グラフィックボードの中でもボード長が比較的長めなGIGABYTE RX 460 WINDFORCE OC 4GBと比較してもボード長が長めであることがわかります。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07010
グラフィックボード右端の部分に注目してみると基板上にはほぼ何も実装されておらずクーラー外装の中身もスカスカです。この部分はカットして欲しいです。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07007
グラフィックボード背面にはバックプレートは装着されておらず基盤がむき出しでした。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07011
ビデオ出力端子には半透明青色の保護カバーが装着されています。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07004
SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gのビデオ出力はHDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×1、DVI-D×1の3系統です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07008
GIGABYTE RX 460 WINDFORCE OC 4GBでは実際のリンク速度PCI-E3.0x8に対して基板のPCI-E端子の金属端子実装はx16サイズでしたが、SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gでは実際のリンク速度に合わせてx8サイズまでの実装に変更が加えられています。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07006
グラフィックボードの重量はGIGABYTE RX 460 WINDFORCE OC 4GBが429ですが、SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gも429gでサイズにこそ差があるものの重量は同じでした。
RX 560_wtRX 460_wt






SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gの検証機材

外観やハードのチェックはこのあたりにして早速、SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5を検証用の機材に組み込みました。テストベンチ機の構成は次のようになっています。
テストベンチ機の構成

ベンチ機1
SAPPHIRE PULSE RX 560 4G レビュー_05001
ベンチ機2
SAPPHIRE PULSE RX 560 4G レビュー_04619
OS Windows10 64bit Home

CPU

i7 7700K
Core/Cache:5.0/4.8GHz, 1.300V
殻割り&クマメタル化(レビュー
i7 7700K
Core/Cache:5.0/4.8GHz, 1.300V
殻割り&クマメタル化(レビュー
M/B ASRock Z270 SuperCarrier
レビュー)(BIOS:1, 2
ASUS ROG
MAXIMUS IX FORMULA
レビュー
メインメモリ Corsair Dominator Platinum
Special Edition
DDR4 8GB*4=32GB (レビュー
G.Skill TridentZ
DDR4 8GB*4=32GB
システムストレージ
Crucial MX300 SATA M.2 SSD 1TBCT1050MX300SSD4 Intel SSD 540シリーズ
SATA M.2 SSD 240GB
電源ユニット
Corsair RM650i
レビュー
Corsair HX1200i
レビュー
PCケース/
ベンチ板
STREACOM BC1 (レビュー
Cooler Master
MASTERCASE MAKER 5t
レビュー

SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07016

SAPPHIRE PULSE RX 560 4GはフルスペックGPUになってコア数がRX 460の894から1024へ増えています。SAPPHIRE PULSE RX 560 4GのコアクロックはGIGABYTE RX 460 WINDFORCE OC 4GBの1212MHzとほぼ等しい1216MHzとなっています。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5_gpuzGIGABYETE RX 460 WINDFORCE OC 4GB_gpuz

SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gは製品公式ページで「消費電力:75W以下(GPUのみで45W)」?と表記されており、実際に製品をチェックしてみると、MSI AfterBunerのパワーリミット設定にて最大で+75%の設定が可能でした。のちほど消費電力に関する検証で解説しますがPL+75%に設定することで他の補助電源なしTDP75Wグラフィックボードの消費電力に近づくのでデフォルトでは推定45Wでパワーリミットが設定されているようです。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5_ab




SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gのゲーム性能

SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5の性能を測るべく各種ベンチマークを実行しました。性能比較には「ZOTAC GTX 1050 Ti OC Edition」、「GIGABYTE RX 460 WINDFORCE OC 4GB」、「ZOTAC GTX 950 LowPower」、「ELSA GeForce GTX 750 Ti SP 2GB」を使用しました。
比較サンプル_GTX 1050 Ti ZOTAC OC比較サンプル_RX 460比較サンプル_GTX 950比較サンプル_GTX 750 Ti


まずFFXIV 紅蓮のリベレーター ベンチマークのフルHD・高品質でSAPPHIRE PULSE RX 560 4Gのスコアは5700程度となりました。AMD Radeon一般にですが、NVIDIA GeForceと比較してFF14ではパフォーマンスが出ないので、FF14目的でエントリークラスGPUを購入するということであればRX 560は適さないと思います。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_ff14
なおFF14ベンチではスコアが1万を超えたあたりからFPSが上がりすぎてCPUベンチの傾向が強くなりグラフィックボードの性能比較ベンチとしてはあまり使えなくなってくるので注意してください。FFXIV 紅蓮のリベレーター ベンチマークについては個別記事で詳しく紹介しています。


FireStrikeとFireStrike Extremeのベンチマーク比較になります。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_bench_fs

FireStrike Extreme
SAPPHIRE PULSE
RX 560 4G
5633 2462
GTX 1050 Ti 7966 3744
RX 460 4GB 5647 2468
GTX 950 LP 5764 2685
GTX 750 Ti 4459 2072

3DMarkの最新DirectX12ベンチマーク「TimeSpy」の性能比較となります。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_bench_ts

TimeSpy Asyncなし 性能伸び率
SAPPHIRE PULSE
RX 560 4G
1756 1690 104%
GTX 1050 Ti 2395 2282 105%
RX 460 4GB 1702 1634 104%
GTX 950 LP 1685 1693 100%
GTX 750 Ti 1235 1240 100%


続いて実ゲームを用いたベンチマークになります。解像度はフルHDについて行っており、同一のグラフィック設定で同一のシーンについて平均FPSを比較しました。 

ベンチマーク測定を行ったタイトルは、Assassin's Creed Syndicate(低設定プリセット)、Battlefield 1(高設定プリセット)、DARK SOULS III(高設定プリセット)、The Division(中設定プリセット)、For Honor(高設定プリセット)、Ghost Recon Wildlands(中設定プリセット)、Mirrors Edge Catalyst(中設定プリセット)、NieR: Automata(解像度1600×900、中設定プリセット)、Rise of the Tomb Raider(DX12、中設定、AAなし)、Titanfall 2グラフィック設定)、WatchDogs_2(中設定プリセット)、The Witcher3グラフィック設定)、Gears of War 4(中設定プリセット)、OverWatch(ウルトラ設定プリセット)以上の14タイトルです。


Assassin's Creed Syndicate(低設定プリセット)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_acs

Battlefield 1(高設定プリセット)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_bf1

DARK SOULS III(高設定プリセット、60FPS上限)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_das3

The Division(中設定プリセット)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_div

For Honor(高設定プリセット)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_fh

Ghost Recon Wildlands(中設定プリセット)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_gr

Mirrors Edge Catalyst(中設定プリセット)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_mec

NieR: Automata(解像度1600×900、中設定プリセット、60FPS上限)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_na

Rise of the Tomb Raider(DX12、中設定、AAなし)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_rottr

Titanfall 2グラフィック設定)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_tf2

WatchDogs_2(中設定プリセット)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_wd2

The Witcher3グラフィック設定)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_wit3

Gears of War 4(中設定プリセット)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_xgw4

OverWatch(ウルトラ設定プリセット)のベンチマーク結果です。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_game_xow


SAPPHIRE PULSE RX 560 4G、ZOTAC GTX 1050 Ti OC、GIGABYTE RX 460 WINDFORCE OC 4GB 、ZOTAC GTX 950 LowPower、ELSA GeForce GTX 750 Ti SP 2GBの5種類について実ゲーム性能の比率の平均を出したところ、RX 560は補助電源なしエントリーGPUの中でも高いシェアを誇ったGTX 750 Tiよりも30%以上高速という結果がでています。一方で現行の競合GPUであるGTX 1050 Tiと比較すると30%程度劣ります。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_pefsum

なおRX 560の省電力モデルであるSAPPHIRE PULSE RX 560 4Gはパワーリミットで消費電力に制限がかかっているため、コア数の増加に対して前モデルのRX 460と比較して性能に差が出ていませんが、チューニングソフトからPL+75%の設定を行い、パワーリミットを解除すると+10%ほど性能が向上します。
デフォルトではFireStrikeのグラフィックスコアが5600程度ですが、パワーリミット+75%とすることで下のようにグラフィックスコアが6100程度まで上昇しています。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_PL75FS



SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gの温度・消費電力

SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5の負荷時のGPU温度とファンノイズを検証しました
温度とファンノイズの検証負荷としてはFireStrike Extreme ストレステスト、比較対象には前世代GPUのGIGABYTE RX 460 WINDFORCE OC 4GBを使用しました。

SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gではストレステスト中のGPUコア温度は最大64度、ファン回転数もファン始動時に一時的に高い数値をとりますが次第に安定して950RPM程度となりました。省電力グラフィックボードなのでGPU温度とファン回転数ともに低くなっています。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_temp
SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gはセミファンレス機能が採用されておりGPU温度が50度を上回るまでGPUクーラーの冷却ファンが停止しています。

ストレステスト中のGPUコアクロックを見ると、SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gは仕様値1216MHzよりも低いコアクロックで変動して平均1082MHzとなっており、コアクロックがほぼ同じ仕様値のGIGABYTE RX 460 WINDFORCE OC 4GBよりも低い値をとっています。SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gはパワーリミットがかかっており、チューニングソフトでPL+75%に設定すると仕様値の1216MHzに張り付いて動作しました。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_clock


【消費電力の小さいエントリー帯グラボなので実働長時間負荷テストとサーモグラフィは割愛します】


SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gを含めていくつかのグラフィックボードについてサウンドレベルメーターを利用してゲーム負荷時のノイズレベルを測定・比較しました。ノイズレベルの測定には「サンワダイレクト 400-TST901A」を使用しています。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G review_07017
電源OFF時の騒音値は33~35dBです。目安として40dBを超えたあたりからファンノイズがはっきりと聞こえるようになり、45dB前後で煩く感じます。50dBを超えてくるとヘッドホンをしていても煩く感じます。同じ騒音値でも不快に感じたり感じなかったりと音の性質にもよるので注意してください。

ノイズレベルの測定結果は次のようになっています。
SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gのファンノイズは39.3dBでした。補助電源不要な省電力グラフィックボードなので冷却にも余裕がありファンノイズが問題になることはないはずです。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_noise

SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gの消費電力と瞬間的な最大電源負荷を測定しました。
測定には電源ユニット「Corsair RM650i」のCorsair Linkによる電力ログ機能を用いてコンセントからの出力ではなく変換ロスを差し引いた純粋な検証システム全体への入力電力をチェックしています。また測定負荷にFireStrike Extreme ストレステストを使用して、”平均値を消費電力”、”最大値を瞬間的な最大電源負荷”としました。測定結果は次のようになっています。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_power
同検証環境においてSAPPHIRE PULSE RX 560 4Gの消費電力は110W、瞬間的な最大電源負荷は131Wでした。同じく補助電源が不要なTDP75WのGTX 1050 TiやTDP65WのRX 460 4GBよりも低い消費電力を示しています。
一方でMSI AfterBunrerなどGPUチューニングソフトからパワーリミットを操作して+75%に設定すると上で解説したようにコアクロックが仕様値の1216MHzに張り付いて、他の補助電源不要なGPUと同程度の消費電力となります。



倍速補完機能「AMD Fluid Motion」の効果と使い方

AMD Radeonグラフィックボード限定で使用可能な動画フレーム倍速補完機能「AMD Fluid Motion」を実際に試してみました。「AMD Fluid Motion」は映画やアニメなどの各種動画で幅広く採用されている24FPSや30FPSの動画を60FPSに補完する機能で、高性能TVに搭載される”倍速機能”と同じことをグラフィックボードで行っています。

サンプルに動画を2つ用意しました。1つ目の動画はわかりにくいですが、Fluid Motionによって若干動画がヌルヌルになっています。


2つ目のように同じような画像が大きくスクロールしていくシーンでは倍速補完の効果は絶大になっています。カクカク感が気にならない動画よりもオリジナルで気になる動画でより効果を発揮するようです。


ちなみにRX 460とi7 6700Kの環境でFluid Motion使用時と非使用時のGPU温度(最大)、GPU使用率(平均)、CPU使用率(平均)は次のようになりました。GPU使用率は大きくなっていますがファンノイズが煩くなるほどGPU温度は上がらないので、GPU性能が比較的低いエントリー帯のRX 560やRX 460でもFluid Motion使用に伴うハード面での弊害は特にないようです。
RX460GIGA_fm


AMD Fluid Motionの利用には同機能に対応したビデオ(DVD、BD、動画ファイル)プレイヤーが必要で、市販のソフトウェアで正式に対応しているプレーヤーは「PowerDVD」となっています。

ただし市販品でなくても「Media Player Classic - Homecinema(以下、MPC HC)」というフリーソフトの動画プレイヤーと、同じくフリーで公開されているプラグイン等を使用することでAMD Fluid Motionを利用可能なので実際に試してみました。
AMD Fluid Motionを使うのに必要なフリーソフトは「Media Player Classic - Homecinema」、「Bluesky Frame Rate Converter」の2つになります。各ソフトをリンク先からダウンロードしてください。管理人はMPC HCは圧縮ファイル版、「Bluesky Frame Rate Converter」はインストール版を使用しました。

各種ソフトのインストールや解凍が完了したら、まず「Bluesky Frame Rate Converter」の設定を行います。こちらは次の画像のように各項目が設定されていれば問題ありません。(後ほどもしも動画が60FPS化されない場合は「AFMサポートを初期化する」を選んで再起動すると正常に動作するかも)
Fluid Motionの使い方 (1)
続いて「MPC HC」の設定を行います。メニューの表示から最下部にあるオプションを選択します。
Fluid Motionの使い方 (2)
オプション画面が表示されるので、左側メニューから「外部フィルタ」を選択して、右側のフィルタ追加を選び,、リストから「Bluesky Frame Rate Converter」を登録します。
Fluid Motionの使い方 (3)
追加した後は「フィルタを追加」の下の部分で「優先する」選択してください。
Fluid Motionの使い方 (4)
最後にRadeon設定から「AMD Fluid Motion」を有効化すれば設定完了です。
Fluid Motionの使い方 (5)
AMD Fluid Motionを利用する準備は完了です。「MPC HC」で動画ファイルやDVD、BDを再生すると60FPS化されると思います。60FPS化の確認には「MPC HC」メニューの「表示-統計情報」でボトムに詳細情報が各種表示できてフレームレートも書かれているのでここで確認可能です。
Fluid Motionの使い方 (6)

60FPS化が上手くいかない場合はMPC HCを再起動したり、上で書いたように「Bluesky Frame Rate Converter」から「AFMサポートを初期化する」を選んで再起動すると正常に動作するかもしれないので試してみてください。
あと動画ファイルについては対応できるものとできないものがあるようで管理人が試しただけでもFraps取ったaviファイルが60FPS化できず、そのファイルを「つんでれんこ」というソフトでエンコードしたファイルは24FPS化できました。

AMD Fluid Motionによる倍速補完機能自体は非常に有用だと思うのですが、使用準備がやや面倒だったりするのでAMDにはぜひ純正のAMD Fluid Motion対応プレーヤーを公開してもらいたいなと思いました。



SAPPHIRE PULSE RX 560 4G レビューまとめ

最後に「SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5(型番:SA-RX560-4GD50​01)」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。

良いところ
  • 軽量なe-スポーツ系PCゲームを快適にプレイ可能な性能
  • 倍速補完機能「AMD FluidMotion」でアニメなどの動画視聴も快適に
  • セミファンレス採用でアイドル時も静か
  • 補助電源不要な省電力モデルでRX 460やGTX 1050 Tiよりも低消費電力
  • 1万円台のエントリー向け価格帯
悪いところor注意点
  • パワーリミットのため一般的なRX 560よりグラフィック性能が10~15%ほど低い
  • ボード長は200mm超と若干長い(無駄に長い……)

AMDの次世代GPUにおいてエントリーモデルに当たるRadeon RX 560は「OverWatch」のようなe-Sports系の軽量なPCゲームやFF14のようなMMO RPGであれば対応可能なGPU性能があり、エントリー向け低価格GPUと考えれば妥当な性能です。ただし近年の高画質PCゲームを遊ぶことを視野入れる場合、競合製品のGTX 1050 Tiよりも性能が劣るので、快適さを求めるなら競合のGTX 1050 Tiか上位モデルのRX 570やRX 580を選んだほうがいいかもしれません。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G_pefsum
AMD Radeon RX 560にはNVIDIA製GPUにはない特徴として動画の倍速補完機能「AMD Fluid Motion」が利用できるという強みがあります。高画質PCゲームユーザーがメインになるミドル~ハイエンドのグラフィックボードでは忘れられがちな機能ですが、軽いPCゲームと動画がメインとなるエントリー帯GPUでは倍速補完機能「AMD Fluid Motion」の存在感は非常に大きく感じます。
またGPU純正のプレイ動画録画機能としてはNVIDIAのShadow Playが軽量で有名でしたが、AMDから16年後半にリリースされた純正のプレイ動画録画機能「Radeon ReLive」はShadow Playと遜色ない軽量動作を実現しており、e-Sports系PCゲームのプレイ動画配信などにも最適です。

エントリー帯としては競合製品にグラフィック性能で劣るものの、倍速補完機能「AMD Fluid Motion」やプレイ動画機能「Radeon ReLive」などエントリー帯でこそ光る付加価値的機能もあるので、軽いPCゲームだけでなく動画鑑賞などマルチメディアに楽しむエントリーユーザーにとってRX 560は魅力的な製品です。


そんなRX 560を搭載するグラフィックボードとして今回レビューしたSAPPHIRE PULSE RX 560 4Gは補助電源不要な省電力モデルとなっており、パワーリミットで推定45Wの制限がかかっているので、本来のRX 560グラフィックボードより省電力性能は勝るものの、グラフィック性能が10~15%程度低くなっています。MSI AfterBunrerなどグラフィックボードのチューニングソフトでパワーリミットをデフォルトから最大75Wまで簡単に変更可能ですが、SAPPHIRE PULSE RX 560 4Gのデフォルト性能はカット版のRX 460と大差ないのでこの点は注意が必要です。

「SAPPHIRE PULSE RX 560 4G」をエントリー帯のGPUとしてまとめると、e-Sport系PCゲームには十分ですがGTX 1050 Tiよりも低いグラフィック性能に対して、「AMD Fluid Motion」などの付加価値的機能と、RX 460やGTX 1050 Tiより低い消費電力にどれだけ魅力を感じるか次第、そんなグラフィックボードだと思います。


以上、SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5のレビューでした。
SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5





関連記事

Fluid Motionの入門機 「GIGABYTE RX 460 WINDFORCE OC 4GB」をレビュー
倍速補完Fluid Motionの入門に最適「GIGABYTE  RX 460 4GB」をレビュー

初の1スロットサイズ「ELSA GTX 1050 Ti 4GB SP」をレビュー
ELSA GTX 1050 Ti 4GB SP

FF14やe-Sports入門に最適な「ZOTAC GTX 1050 Ti OC Edition」をレビュー
「ZOTAC GTX 1050 Ti OC Edition」をレビュー




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!