Skylake-X&X299マザーボードのOCガイド


スポンサードリンク





10コア20スレッドの「Core i9 7900X」などIntelの最新エンスー向けCPUであるSkyLake-XとX299マザーボード環境におけるオーバークロックの方法について簡単にご紹介します。
Skylake-X&X299マザーボードのOCガイド_1

管理人も殻割りクマメタル化したi9 7900Xで4.8GHz, 1.260VにOCしてみました。この石は1.290Vかけた時、5.0GHzで起動、4.9GHzでCinebenchクリアが限界でした(BSODではなくCineやx264がエラーでクラッシュするのでコア電圧以外に何か追加の設定が必要なのかも)。 石の個体差にもよりますが、かなりの当たり石だと1.290Vで5.0GHz回るようです。
1500197850



なおオーバークロックはメーカー保証外の行為であり製品の破損やデータの消失もすべて自己責任となります。オーバークロック検証時は最小構成(CPU、マザーボード、メモリ、システムストレージ、グラフィックボード)以外は基本的にすべて外し、可能ならOC検証用のシステムストレージを用意するなど細心の注意を払ってください。



i9 7900XのオーバークロックQ&A

OC設定の方法について解説する前に、Core i9 7900XなどSkyLake-X CPUをオーバークロックする上で必要な予備知識をQ&A形式で大まかにご紹介します。

Q0:Skylake-XはFIVR採用?
A0:電圧設定の予備知識としてIntel SkyLake-X CPUでは統合電圧レギュレータ(FIVR)が
   CPU上に実装されており、マザーボードのVRMから供給されるCPU全体への電圧を源泉にして、
   CPU各コアやメッシュなど個別のユニットに対して異なる電圧レールで電力が供給されます。
  CPU全体への電圧(1.800~1.900V程度)とCPUコア電圧(1.000~1.300V程度)は似た名前で
  別の設定項目として用意されているので電圧設定を行う際は間違えないように注意して下さい

Intel-FIVR


Q1:i9 7900Xはソルダリングじゃなくてグリスなの?
A1:グリスです。
i9 7900CのOC耐性_3

Q2:i9 7900Xは手動でOC(DC)しない場合、CPUクーラーはどうすればいいの?
A2:ほぼ全てのマザーボードでデフォルト設定は負荷時全コア4.0GHz、消費電力200W程度なので、
   240サイズ以上の簡易水冷CPUクーラーが推奨です。
補足:ASUSとASRockのM/Bはデフォルト設定の場合、
    i9 7900Xの仕様値通り140W制限下で動作するので空冷や120サイズ簡易水冷で運用可能です。
    以下、動作確認済みマザーボードです。
    ASUS X299 Prime Deluxe、ASUS ROG STRIX X299-E GAMING
    ASRock X299 Taichi、ASRock Fatal1ty X299 Professional Gaming i9

Q3:空冷や120サイズ簡易水冷では運用できないの?
A3:BIOSから短期間電力制限を行うことでi7 6950X定格より高速な状態で運用できます。(記事
i9 7900CのOC耐性_2

Q4:グリスのままどれくらいOCできるの?
A4:i9 7900Xでは1.200Vで安定する周波数なら280か360サイズの簡易水冷でギリギリ運用できます
   一例として4.6GHzまでOCして動画のエンコードでも安定しました
i9 7900CのOC耐性_1

Q5:i9 7900XのOC耐性には当たりはずれがある?
A5:たぶんあります。
   管理人はコア電圧1.200Vで回るコアクロックを参考にしていますが、
   手持ちのサンプルで4.4GHzの石と4.6GHzの石があります。

Q6:i9 7900Xは殻割りできるの?
A6:PCB基板端やダイ周辺の実装があるため難易度が高いですが殻割りツールによって可能です。
   汐見板金からSkyLake-X対応殻割りツール「Delid Master」が発売予定です。
【一家に1台】汐見板金の国産殻割りツール「Delid Master」をレビュー!
Delid Master

Q7:殻割りするとどれくらいOCできるの?
A7:大型簡易水冷や本格水冷環境で1.260~1.300Vまでコア電圧を盛っても冷やせるようになります。
   i9 7900Xで4.8~5.0GHzを目指すなら殻割りクマメタル化は必須です。

Q8:X299マザーボードのVRM温度は大丈夫なの?
A8:10コアi9 7900Xでも各M/Bデフォルト値の4.0GHzなら温度は高くなりますがたぶん大丈夫です。
   ただし4.2GHz以上を狙っていく場合はスポットクーラー必須です。
   VRM電源温度が120度を超えてくるとCPUコアクロックが強制的に下げられます。
   がっつりOCする場合はVRM周りも水冷化したいところ(記事
DSC08050DSC08051

Q9:キャッシュはOCできるの?
A9:Skylake-Xではメッシュクロックと呼ばれますが、定格2.4GHzからOC可能です。
   メッシュ電圧は定格で0.950V前後ですが、目安として1.200V前後に盛ると3.2GHzまでOC可能です。

Q10:キャッシュをOCするとCPU温度はどうなるの?
A10:メッシュ電圧はコア電圧と別の設定値として用意されており
   メッシュ電圧を盛るとコア電圧とは独立にCPU温度に影響します。

Q11:Skylake-XのメモリのOC耐性は?
A11:前世代Broadwell-Eでは3200MHz前後が限界でしたが、
   SkyLake-XはG.SkillやCorsairのXMP3600MHz以上の選別品を使用すれば
   比較的容易に3600MHz以上が狙えます。
   3600~3800MHzでタイミングを詰めるとRead/Writeが100GB/sの大台を突破できます。
i9 7900CのOC耐性_4

Q12:メモリOC時はVCCSA、VCCIO、PCH Voltageとか盛ったほうがいいの?
A12:3800MHzにOCしてみた限りではメモリ電圧以外はM/BにおまかせでOKでした。
    一部マザーボードのOCヒントでは盛ると安定するとも書かれているので、
    上手くいかない場合は盛ってみてください。

Q12:i9 7900XをOCするのに最適なCPUクーラーは?
A12:当サイトでレビュー記事を公開している「Fractal Design Celsius S24 / S36」や
    「NZXT KRAKEN X52 / X62」などがおすすめです。
    殻割りを行えば4.5GHz以上でも冷やせる性能があります。

Fractal Design 「Fractal Design Celsius S36」をレビュー
Fractal Design Celsius S36

最も美しい簡易水冷CPUクーラー「NZXT KRAKEN X62」をレビュー
DSC08884




マザーボード別オーバークロック方法ガイド

Skylake-Xに対応するX299マザーボードは7月現在ASUS、ASRock、GIGABYTE、MSIの4つのベンダーからリリースされています。各社上位マザーボードになるほど設定項目が細分化され詳細な設定を行えますが、かなりの上級者でもないと使わない機能も多いので同じ会社のマザーボードであれば基本的なOC設定の方法はほぼ同じと考えてOKです。
各社X299マザーボードのレビュー中でOC設定の方法については詳細に解説し、OC例も公開しているのでそれを参考に各自の環境で設定を詰めてみてください。


・ASUS

「ASUS PRIME X299-DELUXE」をレビュー:OC設定について
ASUS PRIME X299-DELUXE

「ASUS ROG STRIX X299-E GAMING」をレビュー:OC設定について
ASUS ROG STRIX X299-E GAMING

・「ASUS ROG RAMPAGE VI EXTREME」をレビュー:OC設定について 【近日公開予定】



・ASRock

「ASRock Fatal1ty X299 Professional Gaming i9」をレビュー:OC設定について
(i9 7900XのOC時はロードラインキャリブレーションをレベル2以下に設定してください。レベル1はVRM水冷orLN2極冷でないと発熱がかなり大きいので冷やすのが難しいです。)
ASRock Fatal1ty X299 Professional Gaming i9

「ASRock X299 Taichi」をレビュー:OC設定について
(i9 7900XのOC時はロードラインキャリブレーションをレベル2以下に設定してください。レベル1はVRM水冷orLN2極冷でないと発熱がかなり大きいので冷やすのが難しいです。)
ASRock X299 Taichi

・「ASRock X299 OC Formula」をレビュー:OC設定について 【近日公開予定】


・GIGABYTE

「GIGABYTE X299 AORUS Gaming 7」をレビュー:OC設定について
 (BIOS:F7IにてAviult&x264など一部のソフトでコアクロックが最大倍率に張り付かないバグあり)
GIGABYTE X299 AORUS Gaming 7

・「GIGABYTE X299 AORUS Gaming 9」をレビュー:OC設定について 【近日公開】
 (BIOS:F6IにてAviult&x264など一部のソフトでコアクロックが最大倍率に張り付かないバグあり)
GIGABYTE X299 AORUS Gaming 9


・MSI

「MSI X299 GAMING PRO CARBON AC」をレビュー:OC設定について
MSI X299 GAMING PRO CARBON AC

「MSI X299 GAMING M7 ACK」をレビュー:OC設定について
MSI X299 GAMING M7 ACK

「MSI X299M GAMING PRO CARBON AC」をレビュー:OC設定について
MSI X299M GAMING PRO CARBON AC






X299シリーズのマザーボード販売ページ   
 <Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク> 
 <PCワンズ><ドスパラ><パソコン工房> 



当サイトでSkylake-X&X299環境の検証機材として使用している以下のパーツもおすすめです。
G.Skill Trident Z RGB DDR4メモリ
G.Skill Trident Z Black DDR4メモリ Skylake-X対応
G.Skill
PCショップアーク で詳細情報を見る
ドスパラ><PCワンズ:RGB / Black







関連記事

【一家に1台】汐見板金の国産殻割りツール「Delid Master」をレビュー!
Delid Master

「Core i9 7900X」レビュー:7900Xは本当に爆熱のワッパ不良なのか?
「Core i9 7900X」レビュー:7900Xは本当に爆熱のワッパ不良なのか?

Ryzen7対抗の思わぬ伏兵!? 6コア12スレッド「Core i7 7800X」をレビュー
6コア12スレッド「Core i7 7800X」をレビュー

Intel Core-X対応X299マザーボードのレビュー記事一覧
Intel Core-X対応X299マザーボードのレビュー記事一覧




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!