AMD Ryzen Threadripper 1950X 定格のコアクロックと消費電力


スポンサードリンク





OSのインストールやら検証ソフトウェアのセットアップやらでAMD Ryzen Threadripper関連の検証機材の準備が概ね整ったので簡単にAMD Ryzen Threadripper 1950Xのコアクロックと消費電力について測定してみました。

検証機材は次のようになっています。
テストベンチ機の構成
CPU AMD Ryzen ThreadRipper 1950X
16コア32スレッド 定格全コア同時3.6GHz
CPUクーラー NZXT KRAKEN X62
280サイズ簡易水冷 (レビュー
メインメモリ
G.Skill Trident Z RGB
F4-3866C18Q-32GTZR
DDR4 8GB*4=32GB (レビュー
マザーボード ASRock X399 Taichi
(レビュー予定)
ビデオカード MSI GeForce GT 1030 2GH LP OC
ファンレス (レビュー
システムストレージ
Samsung 850 PRO 256GB (レビュー
OS Windows10 64bit Home
電源ユニット Corsair RM650i (レビュー

DSC09275

まずはコアクロックについて、AMD Ryzen Threadripper 1950Xの仕様値ではベース3.4GHz、ブースト4.0GHz、XFR4.2GHzとなっていましたが、動画のエンコードなどで全コアに十分負荷がかかる状態では3.5~3.6GHzが上限となりました。コアクロックが細かく変動しているので動作倍率の上限は電力で決まっており180Wあたりで制限がかかるようです。負荷にもよりますが重めの作業で3.5~3.6GHz動作と見積もっていいと思います。負荷の軽い動作であれば4.0GHzで動くのでWindowsの起動などシングルが重要な用途でも問題ありません。
1502439017
システム全体への入力電力(変換損なし)ですが、動画のエンコード時でCPU別の消費電力比較は次のようになっています。基本的にAMD公式の評価キットレビューと同じ結果です。i9 7900XについてはASUS/ASRockとGIGABYTE/MSIのマザーボードでデフォルト動作が異なるので両方載せています。
AMD Ryzen Threadripper 1950X power

1950XでCinebenchを回した様子がこちら。定格でもしっかり3000を超えてきました。速い。



以上、ざっくりとAMD Ryzen Threadripper 1950X 定格の特性でした。
DSC09259






X399 TR4 Socketマザーボード販売ページ
Amazon><TSUKUMO><PCショップアーク><ドスパラ><パソコン工房




AMD Ryzen Threadripper対応CPUクーラーについてはAsetek OEMの簡易水冷CPUクーラーはリテンションキットがCPUのリテールボックスには付属します。当サイトでレビュー記事を公開しているものでは「Fractal Design Celsius S24 / S36」や「NZXT KRAKEN X42 / X52 / X62」などがおすすめです。




最も美しい簡易水冷CPUクーラー「NZXT KRAKEN X62」をレビュー
DSC08884

Fractal Design 「Fractal Design Celsius S36」をレビュー
Fractal Design Celsius S36




(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!