DeskMini GTXRX「ASRock DeskMini GTX/RX Series」用のCoffeeLake-S CPU対応Z370チップセット搭載MicroSTXマザーボード「ASRock Z370M-STX MXM」がCES2018で展示中



スポンサードリンク





MXM型グラフィックボードを搭載可能なマイクロフォームファクタMicroSTXのベアボーンPC「ASRock DeskMini GTX/RX Series」用のCoffeeLake-S CPU対応Z370チップセット搭載MicroSTXマザーボード「ASRock Z370M-STX MXM」がCES2018で展示中です。
「ASRock Z370M-STX MXM」では6コア12スレッドCPUのCore i7 8700等に対応すべくVRM電源は5+1フェーズに増強され、DDR4メモリのオーバークロックについては最大4000MHzまで対応、ACアダプタからのDC入力についてはB250版Deskmini GTX 1080で対応済みの19V/270Wに加えて、将来的には8コアCPUにも対応できるよう19V/310Wに拡張が予定されているようです。あとリアI/O端子について「ASRock B250M-STX MXM」ではUSB3.0が2基のみでしたが、「ASRock Z370M-STX MXM」では4基に増え、USB接続機器と地味に干渉しがちだったDC端子がリアI/Oの中央から端に移動しています。
細かく色々と改良が施されていて「ASRock Z370M-STX MXM」はかなりいい感じです。B250版はメモリが2400MHzまでしか対応していないのでZ370板が欲しい……。

あとTDP65WまでのRyzen CPUを使用可能なMicroSTXサイズAM4マザーボードも開発中だそうな。ただ今のところ難航している模様。

ソース:https://smallformfactor.net/news/asrock-ces-2018
Z370 Micro-STX (1)
Z370 Micro-STX (2)



CES 2018の関連記事一覧へ
CES 2018



プレスリリース:https://www.asrock.com/news/index.asp?iD=3888
ASRock DeskMini GTXRX Series Z370

「ASRock DeskMini GTX/RX Series」はグラフィックボードに最高でMXMカード版のGTX 1080を選択可能となっており、下位モデルにはGTX 1070やGTX 1060もランナップされています。ACアダプタ駆動となっておりGTX 1080版の場合は270W(12V、19A)のものを使用するようです。メモリスロットはモバイルやNUCで採用されているSO-DIMM型スロットが2基で最大32GBのメモリを搭載可能です。ストレージとしてはSATA6G端子2つに加えて、NVMe接続のM.2スロット2基とSATA接続のM.2スロット1基が設置されており、計5機のストレージを搭載可能です。無線LAN用のE-Key型M.2スロットも設置されています。有線LANは標準搭載でコントローラーは定評のあるIntel製です。
「ASRock DeskMini GTX 1080」をレビュー
「ASRock DeskMini GTX 1080」をレビュー

GTX 1060搭載で容積2.7LのスーパーコンパクトPC「GALLERIA Mini 1060」をレビュー
GALLERIA Mini 1060



製品公式ページ:https://www.asrock.com/nettop/intel/DeskMini%20GTXRX/index.asp
1504241645
DeskMini GTXRX(L1)DeskMini GTXRX(L3)DeskMini GTXRX(L2)
DeskMini GTXRX(L4)DeskMini GTXRX(L5)
STX-Spec
1504241702
1504241750



Micro-STXの関連記事一覧へ
Micro-STXの関連記事一覧へ



関連記事

RX Vega M搭載NUC「NUC8i7HVK」をレビュー
Intel NUC8i7HVK

手の平にハイエンドPCを! 「MAGNUS EN1070 / EN1060」を比較レビュー
EN1070_EN1060s



(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!