Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum


スポンサードリンク





256カラー対応RGB LEDイルミネーションリング搭載冷却ファンを採用し、変換効率92%以上となるPlatinum認証取得、電源容量850Wのハイパフォーマンス電源ユニット「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum (型番:PS-TPG-0850F1FAPJ-1)」のレビュー用サンプルをメーカーよりご提供いただけたのでレビューしていきます。Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumは電源ユニットとしての基本的な高スペックに加えて、高品質・高寿命な日本製105℃キャパシタ採用、物理スイッチによるファンレス機能やLEDイルミネーションの制御、10年間の長期新品交換保証など充実の内容ながら製品販売価格が1.9万円ほどとコストパフォーマンスも優れた電源ユニットです。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00618_DxO

代理店公式ページ:https://www.ask-corp.jp/products/thermaltake/~/toughpower-grand-rgb-platinum.html
製品公式ページ:Toughpower Grand RGB 850W Platinum (型番:PS-TPG-0850F1FAPJ-1)
Toughpower Grand RGB Platinum_p1

「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」のモジュラー端子/ケーブル構成
種類 コネクタ数 ケーブル
数量 x 長さ
(1本のコネクタ数)
Toughpower Grand RGB 850W Platinum_mc
ATX
20/24 PIN
1  1 x 600 mm
CPU/EPS
8(4+4) PIN
2  2 x 650 mm
PCIE
8(6+2) PIN
6
 3 x 500 + 150 mm (2)
SATA 12  3 x 500 + 150 + 150 + 150 mm (4)
Peripheral 4
 1 x 500 + 150 + 150 + 150 mm (4)
Floppy 1  1 x 150 mm


Thermaltake Toughpower Grand RGB Platinumシリーズには今回レビューする850Wモデル以外にも1050Wモデル「Toughpower Grand RGB 1050W Platinum (型番:PS-TPG-1050F1FAPJ-1)」や1200Wモデル「Toughpower Grand RGB 1200W Platinum (型番:PS-TPG-1200F1FAPJ-1)」もラインナップされています。1.9万円の850Wモデルだけでなく、1050Wモデルは2.1万円、1200Wモデルは2.4万円と上位モデルもコストパフォーマンスに優れているのでシリーズ全体通しておすすめな電源ユニットです。







Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum レビュー目次


1.Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの梱包・付属品
2.Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの外観
3.Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumのケーブルや電源端子について
4.Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumのイルミネーション操作について
5.Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの負荷別のファンノイズについて
6.Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumのレビューまとめ




Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの梱包・付属品

早速パッケージを開封してThermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの外観や付属品をチェックしていきます。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00619_DxO
パッケージを開くとまずは電源ユニットの多言語マニュアルや保証書が入っていました。その下には左側にスポンジのスペーサーで安置された電源ユニットが、右側にはビニール袋と専用ナイロンバッグの中にACケーブルやモジュラーケーブル各種が入っていました。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00620_DxO
スポンジスペーサーの蓋を外すと不織布のスリーブで保護された電源ユニットが安置されていました。各種プラグインケーブルが収められた専用ナイロンバッグといい高級感のある梱包です。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00621_DxO
電源ユニットの仕様が書かれた多言語マニュアルや保証書がビニール袋にまとめられています。プラグインケーブル以外の付属品としては固定ネジとケーブルタイとACケーブルです。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00622_DxO



Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの外観

「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」本体をチェックしていきます。
Toughpower Grand RGB 850W Platinumは1.9万円程度のミドルハイクラスな電源ユニットですが、緩衝材には高級モデル同様にスポンジスペーサーが使用されています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00623_DxO
高級電源はベロア布袋で保護されているものも多いですが、Toughpower Grand RGB 850W Platinumは不織布のスリーブで保護されていました。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00624_DxO
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの電源ユニット本体は次のようになっています。多機能上位モデルToughpower iRGB PLUS Platinumシリーズ同様に、スチール製の電源ユニット外装は粒度の小さいシボ塗装でブラック一色となっており、側面の製品シールも万人受けするブラックです。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00625_DxO
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00626_DxO
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00627_DxO
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00629_DxO
電源ファンの吸気面、背面の排気面だけでなく側面にも通気スリットが開いているのがToughpower Grand RGB 850W Platinumの外観としては特徴的です。電源ユニット側面のスリットは、セミファンレス機能に関連して通気性を上げるためエアスリットを増やしているという理由に加えて、冷却ファンに備わっているRGB LEDリングの発光を魅せるための役割も果たします。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00630_DxO
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumは電源容量850Wでメインストリーム向け電源としては比較的大容量ですが変換効率92%のPlatinum認証の低発熱を活かして奥行はコンパクトな160mmとなっています。上位の1050Wモデルも奥行160mm、1200Wは奥行180mmで容量に対してコンパクトなのでかなり使い勝手のいいシリーズだと思います。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00631_DxO

Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの電源ユニット冷却ファンには最近の電源ユニットのトレンド通りに140mm角の冷却ファンが採用されています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00632_DxO
冷却ファンには256色の発光カラーに対応したRGB LEDリングを搭載する「Thermaltake Riing 14 LED RGB 256 Colors Fan」が採用され、AC端子側に配置された物理スイッチによって、RGBカラーサイクルに加えて、静的発光(赤、青、緑、白)と消灯から発光パターンを選択できます。
Toughpower Grand RGB Platinum (6)
「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」に搭載されているRiing 14 LED RGB 256 Colors Fanは電源ユニット冷却ファンとしては現在主流な140mmサイズで、800~1400RPMのファン回転数で動作する静音ファンとなっています。Riing 14 LED RGB 256 Colors Fanは、大風量・高静圧を生み出す7枚の独自デザインのファンブレード「Concentrated Compression Blade」、エアフローを中央に集中させ静圧の向上や軸ブレによるノイズの低減が期待できるフレーム構造「Wind Blocker Frame」、回転抵抗を低減させ高寿命・高静音性を実現する「ハイドロリックベアリング(Hydraulic Bearing)」が採用されており、ラジエーター向けにも最適化されているので空間が狭く静圧が要求される電源ユニット用冷却ファンとしても最適な冷却ファンです。
Riing 14 LED RGB 256 Colors Fan_tech_1Riing 14 LED RGB 256 Colors Fan_tech_2
「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」を含めてThermaltake Toughpower Grand RGB  PlatinumシリーズではPlatinum認証の非常に優れた変換効率を生かして負荷率40%以下の低負荷時にファンの回転を停止させる「Smart Zero Fan Mode」に対応しており、AC端子側に配置された物理スイッチによって「Smart Zero Fan Mode」のON/OFFを切り替えることができます。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00640_DxO
各モデルに対して入力電力が850Wモデルは340W以下、1050Wモデルは420W以下、1200Wモデルでは480W以下であれば「Smart Zero Fan Mode」において冷却ファンを完全に停止させることができます。電源の負荷状況に応じて回転数を制御することが可能なため静音PCの構築にも最適です。
Toughpower Grand RGB 850W Platinum_szf

Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W PlatinumはATX24PINからPCIE補助電源まで全てのケーブルが着脱可能なフルプラグイン式になっているので環境に合わせて使用するケーブルが選択できます。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00633_DxO
ACコンセントケーブルは国内のPC関連でよく使われる3PINタイプの端子になっています。コンセントからの電力供給を簡単にカットできるロッカー型ハードウェアスイッチが付いています。排気用の背面エアスリットもほぼ全体に及び大きく取られているので上面の吸気スリットや側面エアスリットと合わせて通気性も十分です。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00634_DxO
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W PlatinumはPCI-E補助電源やEPS電源など12V電源出力がシングルレーン最大70.83Aとパワフルな電源ユニットです。Skylake-X Core i9やAMD Ryzen ThreadripperのOC環境ではCPUへ電力供給を行うEPS端子だけでも20A以上の出力を要求することもありますが、シングルレーン70.83Aの出力が可能なThermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumなら安定した電力供給が可能な容量を備えています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00641_DxO
「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」などToughpower Grand RGB Platinumシリーズは1次側と2次側ともに高品質・高信頼性な日本製105℃コンデンサを100%採用することによりシステムの安定性、信頼性を向上させています。PFC & LLC Digital Control Boardによって少ないパーツでコンパクトにより高い変換効率を実現しています。
Toughpower Grand RGB Platinum (11)Toughpower Grand RGB Platinum (12)
厳しい部品選定と出力テストを実施することにより、±2%以下の優れた電圧制御を実現。また、30mV以下の低リップルノイズを実現しており、ハイエンド構成のシステムでも安定して動作させることが可能です。
Toughpower Grand RGB Platinum (9)Toughpower Grand RGB Platinum (10)
電源ユニットの重量も確認してみたところ標準的なATX電源の「Corsair RM650i」が1666g、「Seasonic PRIME Ultra 850 Titanium SSR-850TR」が2037gに対して、「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」は1936gでした。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00642_DxOSeasonic PRIME Ultra 850 Titanium SSR-850TR review_03388Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review



Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumのケーブルや電源端子について

「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」に実装されている電源コネクタの種類やケーブル長についてチェックしていきます。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumのプラグインケーブルは製品パッケージ内の電源ユニット本体右側に収められていた専用ナイロンバッグの中に入っています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00644_DxO
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumで使用するプラグインケーブルはいずれも省スペースで取り回しに優れたフラットきしめん型ケーブルになっています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04289

Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W PlatinumのATX24PINケーブルは標準的なミドルタワーPCケースに幅広く対応可能な600mmのフラットきしめん型ケーブルが採用されています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04297

PCI-E補助電源とEPS電源のケーブルは見分けるのが面倒ですが、付属のケーブルではコネクタの側面に「PCIe」と「CPU」と表記されて、自作PC初心者にもわかりやすくなっています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04303
Intel Skylake-X Core i9に対応するX299マザーボードやAMD Ryzen Threadripperに対応するX399マザーボードなどエンスー向け高性能マザーボードではEPS電源として8+4PINや8PIN×2を要求するものもありますが、Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W PlatinumではEPS 8ピン端子は2基搭載されているので問題なく対応可能です。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04304
2本のEPS端子プラグインケーブルはどちらもケーブル長650mmです。一方はEPS端子が8PIN固定ですが、もう一方は4+4PINで分離可能になっています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04302
4+4PINに分離可能なコネクタは4PINコネクタ間にロックピンも用意されているので取り扱いも簡単になっています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04300Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04301


Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumに付属するPCI-E補助電源ケーブルは8PINからもう1つの8PINが分岐するケーブルです。8PINコネクタはいずれも6+2PINに分離可能なタイプです。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04309
PCI-E補助電源ケーブルのケーブル長は全長650mm(500 + 150 mm)で、同種のケーブルが3本付属しています。Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumは電源容量が850WなのでGeForce GTX 1080 TiやRadeon RX Vega 64などハイエンドGPUを2つ使用したマルチGPUとなると電源容量が比較的ギリギリになりますが、コネクタ数的にはマルチGPUにも対応が可能です。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04308
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04307
EPS電源ケーブルとPCI-E補助電源ケーブルは電源ユニット側の8PINコネクタを使用しますが、Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumには8PINプラグイン端子が4つしかありません。EPS電源ケーブルが2本とPCI-E補助電源ケーブルが3本で8PINプラグイン端子5基分のケーブルがありますが、うち1本は排他利用になります。マルチGPUを組まない限り基本的に問題ありませんが念のため注意してください。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00633a_DxO
ちなみに容量上位モデルの1050W(左)と1200W(右)では8PINプラグイン端子が850Wよりも1基多い5基が実装されていますが、付属するPCI-E補助電源ケーブルが1本増えるので、やはりEPS電源ケーブルとPCI-E補助電源ケーブルのうち1本が排他利用になります。
Toughpower Grand RGB 1050W Platinum_mcToughpower Grand RGB 1200W Platinum_mc

SATA電源ケーブルは全長950mm(500 + 150 + 150 + 150mm)で4コネクタのケーブルです。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04311
同種のSATA電源ケーブルが4本付属するのでSATA端子は12基使用可能となっており多数のHDDストレージを搭載するようなサーバー機用の電源としても使用できます。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04310
4PINペリフェラル電源ケーブルは全長950mm(500 + 150 + 150 + 150mm)で4PINペリフェラル端子が4つあります。ケーブルは1本のみ付属します。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04312
ほぼディスコンですがフロッピー端子の変換ケーブルも付属します。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_09058



Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumのイルミネーション操作について

Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの冷却ファンには256カラー対応RGB LEDリングを搭載した冷却ファン「Thermaltake Riing 14 LED RGB 256 Colors Fan」が採用されています。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00656
このLEDイルミネーションはAC端子側に配置されたスイッチによって発光カラー・パターンを変更でき、スイッチを押すごとに、「カラーサイクル」、「静的発光(赤)」、「静的発光(緑)」、「静的発光(青)」、「静的発光(白)」、「消灯」に順番に切り替わります。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00637_DxO

Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00647Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00648
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00649Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00650



多機能上位モデル「Toughpower iRGB PLUS Platinum」シリーズは12球アドレッサブルLEDリングですが、「Toughpower Grand RGB Platinum」シリーズは通常のRGB LEDリングなのでLEDイルミネーションの豪華さを求めるのであれば「Toughpower iRGB PLUS Platinum」を検討してもいいと思います。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00658_DxOThermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_04321



Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの負荷別のファンノイズについて

Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumの負荷に対する冷却ファンの動作をチェックしてみました。

検証機材は次のようになっています。
テストベンチ機の構成
OS Windows10 Home 64bit

CPU

Intel Core i7 7700K
Core/Cache:5.0/4.8GHz, 1.300V
殻割り&クマメタル化(レビュー
M/B ASRock Z270 SuperCarrier
レビュー
メインメモリ Corsair Dominator Platinum
Special Edition
DDR4 8GB*4=32GB (レビュー
3200MHz, 14-16-16-36-CR2
システムストレージ
Crucial MX300 SATA M.2 SSD
 1TBCT1050MX300SSD4
PCケース/
ベンチ板
STREACOM BC1 (レビュー

Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00659

上記のベンチ機でグラフィックボードをGTX 1050 Ti、GTX 1060、GTX 1070、GTX 1080、GTX 1080 Ti、RX Vega 64、GTX 1080 Ti SLIなどに変えてそれぞれについて消費電力と負荷時の電源ファンのファンノイズを測定しました。測定負荷にはFireStrike Extremeグラフィックテスト1を15分以上ループさせています。

消費電力の測定にはBluetooth接続でスマホから消費電力を見れるワットチェッカーを使用して、電源ユニットの変換損を含めたシステム全体の消費電力をチェックしています。なお同ワットチェッカーでは消費電力は1秒ごとにW単位で表示されますが、平均的な数値になっており実際の瞬間最大値はさらに高い値を取っている場合があります。記事中では表示値からおおよその平均を取って表記しますが、実際には+100Wから+200Wの瞬間的な負荷が発生することがあるので注意してください。
11cfe5dbScreenshot_20170319-222709

サウンドレベルメーターを利用してゲーム負荷時のノイズレベルを測定・比較しています。ノイズレベルの測定には「サンワダイレクト 400-TST901A」を使用しています。電源OFF時の騒音値は33~35dBです。目安として40dBを超えたあたりからファンノイズがはっきりと聞こえるようになり、45dB前後で煩く感じます。50dBを超えてくるとヘッドホンをしていても煩く感じます。同じ騒音値でも不快に感じたり感じなかったりとファンノイズが不快に感じるかどうかは音の性質にもよるので注意してください。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00662
またベンチ機のCPUクーラーやグラフィックボードから出るファンノイズについては吸音材の板を使用して電源ユニット本体のファンノイズ測定への影響を下げています。非負荷時にグラフィックボードのファン回転数を負荷時の最大値に固定してもサウンドレベルメーターが35~36dBしか示さないのでこれらの影響は基本的に無視して問題ありません。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00660

消費電力とファンノイズの測定結果は次のようになりました。
「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」のファンノイズについては標準動作モードの場合、電源負荷が500W未満であればノイズレベルが40dB以下となるので静音運用が可能です。シングルグラフィックボードの環境であれば基本的に心配はありませんが、600Wを超えてくるとファンノイズが45dB以上になるので、500W未満の環境で使用するのがおすすめです。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum_noise_1
システム 消費電力 Smart Zero Fan Mode Normal Mode
アイドル 60 34.2(ファン停止) 35.9
GTX 1050 Ti 120
GTX 1060 200
GTX 1070 230
GTX 1080 260
GTX 1080 OC 300
GTX 1080 Ti 325 34.2 / 59.8
36.2
GTX 1080 Ti OC
350 - 36.6

400
37.8

500
40.1
GTX 1080 Ti SLI
630
44.3

ちなみに「Toughpower Grand RGB 850W Platinum(標準モード)」と多機能上位モデル「Toughpower iRGB PLUS 850W Platinum(サイレントモード)」のファンノイズを比較すると電力負荷400Wまではほぼ似たようなファンノイズですが、500Wを超えたあたりからGrand RGBのほうがファンノイズが大きくなるので、Intel Core i9やAMD Ryzen Threadripperなどエンスー向けGPUを組み合わせるのであれば、500W以上の電源負荷でも静音性の高いiRGB PLUSのほうがいいかもしれません。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum_noise_2

続いて「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」のセミファンレス機能Smart Zero Fan Modeについて検証してみた結果について紹介します。
「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」の公式サイトで発表されているSmart Zero Fan Mode時のファンレス動作可能な閾値は340Wなので、それを超えないように320W前後の負荷を長時間かけてみました。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00670
今回の検証では30分程度負荷をかけ続けると、内部温度に関するセーフティ機能が働くのか、電源ユニット冷却ファンがフル回転になって内部の冷却を始めました。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00671
サーモグラフィーで電源ユニットの内部温度をチェックしてみたところ、セーフティ機能が働いて電源ユニット冷却ファンがフル回転し始める直前の内部温度は、外部から確認できる範囲においてせいぜい70度前後でした。
Toughpower Grand RGB 850W Platinum_FLIR_max_1Toughpower Grand RGB 850W Platinum_FLIR_max_2
一方で冷却ファンが停止した直後の温度は60度前後でした。サーモグラフィーによる検証では冷却ファンの動作前後でせいぜい10度程度の差しかないので、確認できる範囲内にはセーフティ機能のトリガーとなっている部位はなさそうです。
Toughpower Grand RGB 850W Platinum_FLIR_min_1Toughpower Grand RGB 850W Platinum_FLIR_min_2
以前、「Thermaltake Toughpower iRGB PLUS 850W Platinum」を検証した際に同様の負荷を3時間以上に渡ってかけ続けても、ファンがフル回転するような動作は確認できなかったので、「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」のSmart Zero Fan Modeに特有の動作のようです。
Thermaltake Toughpower iRGB PLUS 850W Platinum_ZeroFan Stress

セミファンレス動作において消費電力の閾値だけでなく、特定の内部温度をトリガーにして動作するセーフティ機能が組み込まれていること自体は安全性の観点で評価できますが、いきなりフル回転になるという仕様はダメだと思います。「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」については標準モードでも十分に静音性は高く、標準モードであれば600W以上の高負荷でもフル回転の動作は発生しないので、Smart Zero Fan Modeを使用せず、常時ファンが動作する標準モードでの運用がおすすめです。



Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumのレビューまとめ

最後に「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum (型番:PS-TPG-0850F1FAPJ-1)」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。

良いところ
  • 電源容量850W、変換効率92%以上のPlatinum認証取得のハイエンド電源ユニット
  • +12Vは70.83Aのシングルレーン出力
  • プラグインケーブルは全て取り回しに優れたフラットきしめん型ケーブル
  • Smart Zero Fan Modeでは負荷40%、入力電力340W以下でファンレス動作に対応
  • 冷却ファンはCore i7 7700K&GTX 1080 Ti SLI環境でも抜群の静音性
  • RGB LEDリング搭載ファンを冷却ファンとして採用、スイッチでライティング制御可能
  • 10年間の長期新品交換保証
  • 上記通りの高スペックながら1.9万円ほどとコストパフォーマンスも優秀
悪いところor注意点
  • EPS電源ケーブルとPCI-E補助電源ケーブルのうち1本は排他利用になる
  • Smart Zero Fan Modeで温度セーフティ機能が動作するとファンがフル回転になる

「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」は、50%負荷時の変換効率が92%以上のPlatinum認証取得、メインストリーム向けハイスペック環境に最適な電源容量850W、取り回しに優れたフラットきしめん型ケーブルによるフルプラグイン式、10年間新品交換保証など自作PC向けハイパフォーマンス電源ユニットとして完全に隙の無い構成です。
Thermaltakeの17年以前の電源ユニットは配色が割とカラフルで人を選ぶ印象でしたが、「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」は、先行して発売されたThermaltake Toughpower iRGB PLUS Platinumシリーズ同様に、万人受けするブラックに変わっているのでデザインで躊躇することもありません。256カラー対応RGB LEDリングを搭載した冷却ファンが採用されており、電源ユニットの正面や側面のエアスリットから零れる光も綺麗なので魅せる自作PCの構成パーツとしても最適な電源ユニットです。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00625_DxOThermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum review_00653

「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」のファンノイズについては電力負荷500W未満の環境であればノイズレベルも40dB未満なので、GTX 1080 TiやRadeon RX Vega 64などハイエンドグラフィックボードとCore i7 8700KやRyzen 7 2700Xなどメインストリーム向け最上位CPUの組み合わせでも、優れた静音性を維持したままで運用が可能です。
40%以下でファンレス動作可能な「Smart Zero Fan Mode」については、仕様値通り確かに340Wの電源負荷(入力電力)を閾値としてファンレス動作が可能でしたが、ファンレス動作時の温度セーフティ機能の仕様がダメで、温度セーフティ機能が動作すると、ソース温度が一定値を下回るまでファンがフル回転してしまいます。「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」は常時ファンが動作する通常モードでも静音性は非常に優秀なので、Smart Zero Fan Modeを使用せず通常モードで運用するのがおすすめです。
ファンレス機能ONで運用したい場合は多機能上位モデルのThermaltake Toughpower iRGB PLUS Platinumシリーズでは問題がなかったのでこちらを検討してみてください。

Platinum認証取得、電源容量850W、取り回しに優れたフラットきしめん型ケーブル、電源ユニット冷却ファンの静音性は良好、256カラー対応RGB LEDリング搭載など、ハードウェアとして高性能かつ魅せる要素も兼ね備えるという万能ハイパフォーマンス電源ユニットながら、販売価格は1.9万円と安価でコストパフォーマンスにも優れる「Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum」は今、自作PC用電源ユニットを購入するのであればおすすめの製品です。


以上、Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinumのレビューでした。
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Platinum




関連記事

自作PC電源ユニット(PSU)の徹底解説とおすすめ電源の選び方
自作PC電源ユニット(PSU)の徹底解説とおすすめ電源の選び方

「Thermaltake Toughpower iRGB PLUS 850W Platinum」をレビュー
Thermaltake Toughpower iRGB PLUS 850W Platinum

Titanium認証1600Wで奥行200mmの最強電源「Corsair AX1600i」をレビュー
Corsair AX1600i

1200W&Platinum認証電源「Corsair HX1200i」をレビュー
Corsair HX1200iをレビュー


「Seasonic PRIME Ultra 850 Titanium SSR-850TR」をレビュー
Seasonic PRIME Ultra 850 Titanium SSR-850TR



(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!