ASUS ROG SWIFT PG27UQ


スポンサードリンク




ネイティブ120HzリフレッシュレートでOCによって144Hz動作も可能、「NVIDIA G-Sync HDR」に対応して可変リフレッシュレート型同期機能を使用しながらDisplayHDR 1000認証を取得した384ゾーン直下型バックライトLEDによるハイダイナミックレンジ表示が可能な、27インチ4K解像度液晶モニタという化け物スペックな至高のゲーミングモニタ「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のサンプル機をメーカーよりお借りできたのでレビューしていきます。HDR対応ゲーミング液晶モニタとしては至高にして、今後の評価基準にもなりうる極めて高い完成度を実現した製品です。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02475_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02485_DxO


製品公式ページ:https://www.asus.com/jp/Monitors/ROG-SWIFT-PG27UQ/
マニュアル:https://dlcdnets.asus.com/pub/ASUS/LCD Monitors/PG27UQ/ROG_Swift_PG27U_Japanese_V1.pdf

ASUS ROG SWIFT PG27UQ_top



【注意】
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」や「Acer Predator X27」など4K/120Hz/G-Sync HDRに対応した液晶モニタを使用する場合、GPU側のDisplayPortのファームウェアが古いと、POSTやUEFI設定などOS起動前の画面が暗転したままになり、場合によってはOSもブラックアウトしたまま起動できない不具合が発生します。GTX 10XXシリーズなどNVIDIA製GPU搭載グラフィックボードについてはDP1.4ファームウェアアップデートツールが公式に配布されているので、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」や「Acer Predator X27」を使用する場合は事前にファームウェアアップデートを行って下さい。
公式DLページ:http://www.nvidia.com/object/nv-uefi-update-x64.html

同ツールはDPファームウェアのチェッカーとしても使用できます。管理人が試したところ、昨年購入したASUSとEVGAのオリファンGTX 1080 Tiは2つともファームウェアアップデートが必要でした。TITAN Xpについては発売後すぐに購入したものですがDP1.4対応済みでした。
DP14_Firmware_4DP14_Firmware_3
DP14_Firmware_2DP14_Firmware_1



ASUS ROG SWIFT PG27UQ レビュー目次


1.ASUS ROG SWIFT PG27UQの概要
2.ASUS ROG SWIFT PG27UQの開封・付属品
3.ASUS ROG SWIFT PG27UQの液晶モニタ本体
4.ASUS ROG SWIFT PG27UQのLEDイルミネーション
5.ASUS ROG SWIFT PG27UQのOSD操作・設定
6.ASUS ROG SWIFT PG27UQのリフレッシュレートOCについて
7.ASUS ROG SWIFT PG27UQの画質・応答速度・遅延について
8.ASUS ROG SWIFT PG27UQで120Hz&G-Syncを試す

9.ASUS ROG SWIFT PG27UQで4K&HDRを試す
10.ASUS ROG SWIFT PG27UQのレビューまとめ



ASUS ROG SWIFT PG27UQの概要

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は解像度が3840x2160の4K解像度、画面サイズが27インチの液晶モニタです。液晶パネルタイプはノングレア(非光沢)で発色や視野角に優れたIPS液晶パネル、加えて2018年以降の液晶TV&モニタで流行の兆しのある「量子ドット(Quantum dot)技術」が採用されています。色域については工場出荷時に色精度⊿E値3.0以下にキャリブレーションされ、最大97% DCI-P3、99% AdobeRGBの非常に高い色域を実現しています。コントラスト比は通常1,000:1(HDR時は50,000:1)、応答速度は4ms(GTG)です。

HDR表示についてはPS4 ProやXbox One XやPCでも採用されるHDR10に対応しています。HDR表示で重要になる輝度は標準600nit、最大1000nit(cd/m^2)で、384ゾーンのローカルディミング(部分駆動)に対応した直下型バックライトLEDが採用されています。VESAがPCモニタ向けに展開しているHDR輝度認証では18年9月現在最高水準となるDisplayHDR 1000を取得しています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_DisplayHDR 1000ASUS ROG SWIFT PG27UQ_LocalDimming
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のリフレッシュレートはネイティブ120Hzとなっており、さらにモニタのOSDメニューからオーバークロックを行うことによって最大144Hzのリフレッシュレートに対応します。120Hzオーバーのリフレッシュレートによって応答速度も高速になるのでブレや残像がなくなってクッキリとした滑らかな表示です。60FPSでは識別の難しいゲーム内遠方で動くエネミーやオブジェクトの発見などが容易になるので、オンライン対戦FPSゲームなど競技性の高いPCゲームにおいて対戦相手よりも優位に立つことができます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_144Hz
加えてティアリング(フレーム更新タイミング差による画面のズレ)やスタッタリング(カクツキ)を抑制できる可変リフレッシュレート型同期機能として、NVIDIA製GPU搭載PCで使用可能な「NVIDIA G-Sync」に対応しています。
gsync

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」に搭載されたビデオ入力はHDMI2.0*1、DisplayPort1.4*1の2系統です。HDMI接続時は4K解像度60Hz、DisplayPort接続時は4K解像度144Hzに対応します。「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の最大の魅力である4K解像度144Hzリフレッシュレート&G-SyncについてはDisplayPortのみが対応しています。HDMIについてはG-Syncには非対応です。USB3.0端子が2基実装されておりアップストリーム端子をPCと接続することで2基のUSBハブポートとして使用できます。

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の寸法はモニタスタンド込みで幅634mm x 高さ437〜557mm x 奥行268mm(モニタ本体の奥行は94mm)となっています付属モニタスタンドは上下チルト、左右首振りスイーベル、昇降高さ調整に対応しています。90度回転ピボットにも対応しています。チルト角は上20度から下5度、スイーベル角は左右35度、高さ調整は最大120mmの範囲で調節可能です。モニタスタンドを含めた本体重量は9.2kg、モニタ単体重量は6.1kg前後です。100mm x 100mmのVESAマウントにも対応しており重量的にもモニタアームが使用可能です。



ASUS ROG SWIFT PG27UQの開封・付属品

なにはともあれまずは「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」を開封していきます。
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のパッケージサイズは幅731mm×厚さ275mm×高さ495mmとなっており、27インチモニタが入っている箱としては若干大きめで、重量は13kg程度です。なお今回はイベント等で引っ張りだこな機体をレビュー用サンプル機としてお借りしたので箱がボロボロですが、購入品は販売店舗の保管状況にもよりますが、通常は綺麗な状態で送られてくるはずです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02400_DxO
パッケージサイズは大きく、重量も10kgを超えていますが、天面には持ち手が付いているので成人男性なら問題なく持ち運べると思います。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02402_DxO
パッケージを開くと液晶モニタ本体や付属品が収められた発泡スチロール製のスペーサーが現れます。各種付属品は発泡スチロールスペーサー上に蓋もなく収められているので、スペーサーをパッケージから取り出す際は、付属品が脱落しないように厚みのある方が上側に来るようしてください。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02403_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02404_DxO
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の付属品を簡単にチェックしておくと、貸出サンプルのため一部欠品があり写真に写っていないものもありますが、ACアダプタ&ACケーブル、HDMIケーブル、DisplayPortケーブル、USBアップストリームケーブル、、LED投射カバー、I/Oポートカバー、クィックスタートガイド、ドライバディスク等が付属します。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02410_DxO
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のビデオ入力はDisplayPortとHDMIの2つがありますが、それに接続するためのDisplayPortケーブルとHDMIケーブルは両方とも標準で付属します。
各種ケーブルを個別に購入するのであれば「エレコム CAC-DP14BK DisplayPort1.4ケーブル」や「エレコム Premium HDMI2.0ケーブル スリムタイプ」がおすすめです。いずれも標準で付属するケーブルよりも細くて取り回しが良いので管理人も個人的に使用しており、おすすめのケーブルです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02535_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_03195
エレコム DisplayPort1.4ケーブル CAC-DP14BKシリーズは18年9月現在において長さ1.0mが5800円、長さ2.0mが7800円となっており、DisplayPort1.4認証取得ケーブルとして見てもかなり高価なケーブルになっています。ケーブル径4.5mmに魅力を感じない、もしくは3.0~4.0mの長いケーブルが欲しい場合はClub3DのDisplayPort1.4認証取得ケーブルが半額くらいで購入できるのでこちらがおすすめです。


エレコム PREMIUM HDMIケーブル スリムタイプ 1.0m
エレコム PREMIUM HDMIケーブル スリムタイプ 1.5m
エレコム PREMIUM HDMIケーブル スリムタイプ 2.0m
エレコム
Amazon.co.jpで詳細情報を見る

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は最大で97% DCI-P3、99% Adobe RGBの非常に高い色域がアピールポイントの1つということもあり、メーカーによるカラーキャリブレーションレポートが同封されていました。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02411_DxO

各種付属品が収められた側の発泡スチロール製スペーサーと持ち上げると、液晶モニタ本体が現れます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02405_DxO
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のモニタスタンドはメインフレームとフットフレームの2つの部品から構成されています。開封時点でメインフレームはモニタ本体に装着されているので、フットフレームを装着しやすいようにフレームを手前に90度回転させます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02413_DxO
メインフレーム端にフットフレームを挿入して、底面のネジを締めるだけで簡単にモニタスタンドを組み立てられます。ネジにはレバーが付いているのでドライバー不要で組み立てが可能です。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02414_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02417_DxO
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のモニタスタンドのメインフレーム底面にはロゴを投射できるLEDイルミネーションが搭載されており、標準のROGのロゴマーク以外にも交換用カバーを使用することで各ユーザーが投射するイメージをカスタマイズできます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02418_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_06378
モニタスタンドを装着するとこんな感じになります。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02420_DxO



ASUS ROG SWIFT PG27UQの液晶モニタ本体

続いて「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の液晶モニタ本体をチェックしていきます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02462_DxO
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」はフレームレス構造ではなく、一般的なモニタ同様、液晶パネルの周囲にフレームが存在します。フレーム内パネル上には非表示領域が1mmほどあってフレームを含めると、左右の非表示領域の幅は17mm程度、上下は22mm程度です。競合製品のAcer Predator X27と比べると上フレームは5mm程厚くなっていますが、残りはほぼ同じです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02486_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02487_DxO
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のモニタ本体の厚さは最薄部で30mm、最厚部で95mmほどでした。最大輝度1000nitで、384ゾーンのローカルディミング(部分駆動)に対応した直下型バックライトLEDが搭載されており、近年の液晶モニタとしては厚みが大きくなっています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02540_DxO
背面はROGシリーズらしい電子回路を模した近未来的なパターンが描かれた、黒よりなグレーのプラスチック製外装パネルになっています。アクセントカラーとしてフットフレームの付け根部分にはカッパーカラーのリングが装着されています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02444_DxO
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02450_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02449_DxO
外装パネルはプラスチック製ですが塗装が綺麗なので金属のような質感になっています。鏡面シルバーで右上に大きくあしらわれたROGロゴも目を引きます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02458_DxO

モニタ本体背面の左下(正面から見て右下の裏面)には、液晶モニタの電源をON/OFFするパワースイッチやモニタOSDを操作するための操作スティックおよび4つのスイッチが配置されています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02438_DxO
モニタスタンドを取り外すと、その下には60mm径の冷却ファンが搭載されていました。G-Syncモジュールや最大輝度1000nit(cd/m^2)の直下型バックライトLEDによって発熱が大きいことは、ニュースサイトのイベント取材記事等で報じられていましたが、やはり冷却ファンによるアクティブ冷却を採用していました。
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は冷却ファンを搭載していますが、背面に回って耳を近づけでもしなければ、付属モニタスタンドおよびスペーサーによるモニターアームのどちらの環境でも、ファンノイズはほぼ聞こえないので騒音については心配ありません。モニタ正面から1,2メートルも離れれば問題にならない程度のファンノイズであったことを前置きしたうえで、競合製品のAcer Predator X27と比較すると「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のほうがファンが小さい分、サーっという小径高速ファンの高周波ノイズが若干目立つ気がしました。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02431_DxO
背面下部には放熱のための排気エアスリットが大きく設けられています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02434_DxO

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の背面には下向きに各種I/Oポートが実装されており、左から順にACアダプタ接続用DC端子、HDMI2.0、DisplayPort1.4、アップストリームUSB3.0端子、ダウンストリームUSB3.0端子*2、3.5mmヘッドホンジャックが設置されています。アップストリームUSB3.0端子は2基のダウンストリームUSB3.0端子をハブとして使用するためだけでなく、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」に搭載されたLEDイルミネーションをWindows上で専用アプリAURA Syncから制御するのにも使用します。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02432_DxO
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のI/Oポートは外装パネルを大きく切り開く形で配置されていますが、付属のI/Oポートカバーによって背面の外観をスマートにできます。I/Oポートカバーはプラスチックのツメでツールレスに簡単に着脱できます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02439_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02441_DxO

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」付属モニタスタンドの上下チルトの可動域は仕様通り下に5度、上に20度となっています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02468_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02466_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02467_DxO
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」付属モニタスタンドの左右スイーベルの可動域は製品スペックでは公開されていませんが、実測で左右60度(120度)に対応しています。首振りの可動域はかなり大きいです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02464_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02465_DxO
モニタの高さはモニタ本体とスタンドの付け根部分が上下に動く構造になっており、全高で437mm〜557mmの範囲内で調整できます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02469_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02466ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02470_DxO
付属のスタンドはピボットに対応しており、縦向きにして使用できます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02471_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02472_DxO

ASUS ROG SWIFT PG27UQはVESA100x100規格のVESAマウントに対応しておりサードパーティ製のモニターアームを使用できます。モニタ単体の重量は6.1kgほどです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02429_DxO
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」はモニタスタンドのフレームが標準で装着されていますが、外す手順を説明すると、まずモニタ側の根本にあるカバーを取り外します。このカバーが地味に取り外し辛く、隙間にマイナスドライバーなどを差し込んでテコで外しました。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02421_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02422_DxO
カバーが外れればスタンドを固定する4か所のネジが現れるのでこれを外します。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02427_DxO
ネジが外れればあとは手前方向に斜め上へ引き上げればモニタスタンドが取り外せます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02428_DxO

モニターアームについては管理人は「Lumen MA-GS102BK」という製品をおすすめしています。モニターアームというとエルゴトロン製が一番の売れ筋ですが、クランプのネジが下に伸びているタイプのモニターアームは机に干渉して使えないという問題があり、MA-GS102BKはクランプを上側から六角レンチで締めるタイプでテーブル下の隙間が狭いデスクでも使用できるので管理人も使っています。
ma-gs102bk-02ma-gs102bk-09
「Lumen MA-GS102BK」はモニタとアームを接続する部分がクイックリリースのブラケット式になっていてモニタアームからモニタ本体の着脱が非常に簡単です。ピポッド機能もあるので設置後にモニタを縦・横で向きを切り替えることもできます。ただ関節の滑りに若干難があるので潤滑剤を塗布するのがおすすめです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_09023d


「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のVESAネジ穴は背面外装から窪んだ場所にありますが、説明書でウォールマウントネジと表記されている長さ20mmのスペーサーが付属するので、「Lumen MA-GS102BK」のようなスライド構造のクイックリリースブラケットを使用するモニターアームも問題なく使用できます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02587_DxO



ASUS ROG SWIFT PG27UQのLEDイルミネーション

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」には液晶モニタ製品としては稀有なLEDイルミネーションのギミックがいろいろと内蔵されているので、LEDイルミネーションの機能やライティング制御についてチェックしていきます。
モニタ背面に大きく装飾されたROGロゴマークはアドレッサブルLEDイルミネーションが内蔵されており、OSDメニューやWindows OS上の専用アプリ「ASUS AURA Sync」から発光パターンや発光カラーが設定できます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02485a_DxO
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02484_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02483_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02482_DxO



ROGロゴのアドレッサブルLEDイルミネーションの発光カラーや発光パターンはOSDメニューから設定が可能です。OSDメニューから消灯設定もできるので必要なければ切ればOKな機能です。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02508
またアップストリームUSB3.0端子を付属のUSBケーブルでPCと接続することによって、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」に搭載されたアドレッサブルLEDイルミネーションをWindows上で専用アプリAURA Syncから制御することができます。AURA Syncを使用する場合、AURA Syncに対応したゲーミングキーボードやヘッドセットなどとライティングを同期させることも可能です。
AURA Sync公式ページ:https://www.asus.com/campaign/aura/jp/download.html
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_ASUS AURA Sync

モニタスタンドの底面にはロゴを投射できるLEDイルミネーションが搭載されており、標準のROGロゴマーク以外にも交換用カバーを使用することで各ユーザーが投射するイメージをカスタマイズできます。発光カラーは赤色のみですが、明るさは消灯含めて4段階で設定できます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02477_DxO
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02504

またモニタスタンドの頂点にはROGのロゴを壁に投影できる「ROG Light Signal」が内蔵されています。こちらも発光カラーは赤色で固定です。点灯と消灯はOSDメニューから設定できます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02478_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02481_DxO
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02505
「ROG Light Signal」でROGロゴを投射する角度はスタンドフレームのスクロールホイールを使用することで50度から90度くらいの範囲内で調節することができます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02453_DxOASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02456_DxO



ASUS ROG SWIFT PG27UQのOSD操作・設定

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のOSD操作はモニタ背面の左下(正面から見て裏側の右下)に設置されている5つのボタンを使用します。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02460_DxO
5つのボタン(うち1つは操作スティック)の機能は上から順に、操作スティックボタン(4方向スティック&押下ボタン)、×ボタン、GamePlusボタン、GameVisualボタン、電源ボタンとなっています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_OSD
個体差があるかもしれませんが、操作スティックの押下ボタンの反応が雑?で、反応が悪かったり、連続押下になったりしたのが少し残念でした。ゆっくり操作すれば問題ないので許容範囲内ですが少し残念。

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」ではGameVisualボタンを押下すると画質モード変更のショートカットメニューが表示されます。標準設定の「レースモード」に加えて、「シーンモード(風景画像の閲覧)」「映画モード」「RTS/RPGモード」「FPSモード」sRGBモード」の計6つの画質モードが用意されています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02515

操作スティックボタンを4方向のいずれかに倒す、もしくは押下すると詳細設定メニューが表示されます。メニューに合わせてボタンを操作すると入力選択や詳細設定メニューからの設定が行えます。OSD表示領域は画面の9分の1以下と狭く文字も小さいので少し操作し難く感じるかもしれません。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02490
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のOSDメニューは初期設定では英語UIですが、システム設定から日本語UIに変更可能です。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02492
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のOSDメニューには大きく分けて、「オーバークロック」「ブルーライトカット」「色設定」「画面表示設定」「入力選択」「システム設定」の6つの項目が用意されています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02493
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02494
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02495
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02496
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02497
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02498

GamePlusボタンを押下するとリフレッシュレートの表示や照準点の表示などゲームのプレイに便利な機能の設定が行えるショートカットメニューが表示されます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02511
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02512ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02513ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02514
競合製品のAcer Predator X27では白色の照準点しか選択できませんでしたが、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は赤色と緑色の2色から選択できるのでこちらのほうが使い勝手が良さそうです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02516
OSDメニューによるリフレッシュレートのオーバーレイ表示については、単純なリアルタイムの数値だけでなく、短期間のグラフ表示も可能なところが特徴的です。リフレッシュレートのオーバーレイ表示中にスティックキーを操作するとオーバーレイの表示位置を画面上で自由に動かせます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02517ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02518



ASUS ROG SWIFT PG27UQのリフレッシュレートOCについて

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のリフレッシュレートOC機能について簡単に紹介しておきます。
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」ではOSDメニューの「システム設定 - 情報」を選択すると現在入力されている映像ソースの解像度、リフレッシュレート、色深度、カラーフォーマットなどが確認できるので、動作確認に活用してください。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02509

まず「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は仕様通り4K解像度で120Hzリフレッシュレートに対応しています。NVIDIAコントロールパネルからは60Hz以上のリフレッシュレートとして、82Hz、98Hz、120Hzが選択できました。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_RR_120Hz

ASUS ROG SWIFT PG27UQはネイティブ対応となる4K解像度120Hzリフレッシュレートに加えて、OSDメニューからさらに上の144Hzリフレッシュレートへオーバークロックが可能です。
リフレッシュレートのOC方法はOSDメニューの詳細設定を開いて、オーバークロック設定(OverClocking)のページから「最大リフレッシュレート 144Hz」の項目をオンにします。OSDメニューで確認が表示されるのでスティックボタンを押下すると自動的に再起動します。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02499
Acer Predator X27を含めてこれまでのリフレッシュレートOCというと5Hz刻み程度でネイティブ対応リフレッシュレートから積んでいく形でしたが、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」ではより単純に最大リフレッシュレート144Hzを開放するといった機能になっています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02519

上の手順でリフレッシュレートのOCを適用すると、NVIDIAコントロールパネルにおいて「最大リフレッシュレート」で指定した値が新たに表示されます。これで「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」が対応可能な最大リフレッシュレートの144Hzで動作させることができます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_RR_144Hz
Predator X34やPG348QなどリフレッシュレートOCが登場した当初の製品ではOC可能な最大値で安定しない個体も散見されましたが、最近は出荷前にしっかりとチェックしているのかそういった話は聞かなくなってきており、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」も144Hzで”安定して”動作することは確認できました。
しかしながら「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のリフレッシュレートOCには落とし穴があり、カラーフォーマットがRGBで表示可能な最大解像度&リフレッシュレートは4K解像度&120Hzまでとなっており、リフレッシュレートを144HzにOCするとカラーフォーマットはYCbCr422に圧縮されてしまいます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02551
リフレッシュレートを144Hzにするとカラーフォーマットは自動でYCbCr422になりますが、カラーフォーマットについてはNVIDIAコントロールパネル上からも設定が可能なので、再度カラーフォーマットをRGBに変更して設定を適用してみたものの暗転後にYCbCr422へ戻ってしまうため、リフレッシュレートを144HzについてはカラーフォーマットがYCbCr422で固定となり変更はできないようです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_RROC_144Hz_color

とはいえ4K TVやPS4 ProやXbox One Xでも採用されているHDMI2.0でも伝送帯域の都合上、4K/60FPS/HDRの表示時はカラーフォーマットがRGBではなくYUV422やYCbCr422ですが、見分けるのは難しいレベルなので、実用上はさほど問題ないという意見もあります。実際に比較写真を撮影してみてもほぼ差が確認できません。(画像サイズが1~3MBと大きいので注意)
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02554ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02553
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02555ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02556

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」については4K解像度/120Hzリフレッシュレートや4K解像度/98Hzリフレッシュレート/HDRであればカラーフォーマットRGBで問題なく表示できるので、カラーフォーマットRGBにこだわるのであれば、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」や「Acer Predator X27」のリフレッシュレートOC機能についてはおまけ程度に考えて、ネイティブ対応の120Hzリフレッシュレートや98Hzリフレッシュレートが常用設定と考えるのが正解だと思います。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02549
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02550



ASUS ROG SWIFT PG27UQの画質・応答速度・遅延について

ASUS ROG SWIFT PG27UQの画質についてチェックしていきます。
直接的な画質ではありませんがASUS ROG SWIFT PG27UQの液晶パネルは光沢のあるグレアではなくアンチグレアタイプなので暗転時に自分の顔などが映り込みません。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02463_DxO

液晶パネルには大きく分けてIPS液晶パネルとVA液晶パネルとTN液晶パネルの3種類があり、各社個別の製品によって個体差はあるものの、この3つの液晶パネルの特性を簡単にまとめると次のテーブルのようになります。
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」に採用されているIPS液晶パネルはTN液晶パネルやVA液晶パネルと比べると色再現性や視野角など一般に画質に直結する性能が優れている反面、価格が高価になりがちな液晶パネルです。TN液晶パネルに比べて応答速度が遅めなので、60Hzオーバーのリフレッシュレートを実現しているIPS液晶パネル採用ゲーミングモニタは少ないため、輪をかけて高価です。とはいえ画質とリフレッシュレートを両立できるので、予算に糸目をつかないエンスーゲーマー勢に好まれています。
液晶パネルの簡易比較表

IPS VA TN
色再現性
コントラスト
視野角
応答速度
価格 (高RR)
△ (×)

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」(画質設定は標準のまま)で、いくつかのカラーグラデーション画像を表示して確認してみたところ、発色に優れたIPS液晶パネルなので滑らかなグラデーションで綺麗に表示されました。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02523
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02524ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02525
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02526ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02527
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02528ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02529

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」はIPS液晶パネルが採用されているので視野角も良好です。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02522
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02537

あと「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」はバックライトの輝度の均一性(Uniformity)が非常に優秀でした。四隅も暗くならず、全体が均一な明るさになっているので一般的なデスクトップ作業も快適にこなせます。



次に「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の応答速度や残像についてチェックしていきます。
応答速度に関する検証結果を見る前に、液晶モニタで応答速度を改善するためにしばしば用いられるオーバードライブという機能について予備知識として紹介しておきます。
液晶モニタの動作原理を簡単化して説明すると、液晶モニタは液晶パネルとバックライトの2つで構成されており、液晶パネルは全ての画素(1ピクセル毎に存在するRとGとB)に対して個別に電圧を調整することで、その画素からバックライトの光をどの程度透過させるのか(画素の明るさ)を制御します。液晶モニタの動作原理について詳しくは参考文献1(下画像ソース)や参考文献2を参照してください。
LCD_tech_2LCD_tech_1
画素の明るさは電圧で調整されますが、理想的なスイッチ特性が下図のグレーの線のように直角で即時に応答するのに対し、最終的な目標となる電圧をかけた時の現実的なスイッチ特性は緑線のように曲線を描き、目標に到達するまでに遅延が発生します。この速さ(遅延)がいわゆる応答速度です。オーバードライブでは目標となる電圧よりも何段階か高い(もしくは低い)電圧をかけることで、オレンジ線のように過渡の曲線を急峻にし、青の矢印線のように応答速度を高速化させます。オーバードライブでは目標電圧に達する速度が高速化する反面、デメリットとしてオーバーシュートアンダーシュートという逆像現象が発生します。以上が液晶モニタにおけるオーバードライブ機能の基本原理です。
オーバードライブ
実際にグレーの背景において黒もしくは白の垂直帯を水平に動かした様子を「SONY DSC-RX100M5」の16倍速(960FPS)スーパースローモーションムービーで撮影してみました。オーバードライブをONにすると応答速度が高速になるので垂直帯の輪郭がはっきりして残像感は低減されますが、代わりにオーバーシュートやアンダーシュートによる逆像の残像が出ます。


オーバーシュートやアンダーシュートによる逆像をカラフルな映像で比較してみると次のようになります。オーバードライブをONにすると上の白黒帯のように元の輪郭はクッキリとしますが、不自然な色の残像が出るのでオーバードライブを使用するかどうかは好みが分かれるところです。


「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のOSDメニュー上ではオーバードライブ機能は「OD」と省略して表記されており、オーバードライブ補正の強さ順に最大、通常、オフの3段階で設定できます。「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の標準設定では通常が選択されているので上で解説したオーバードライブの補正がかかります。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02500


オーバードライブの予備知識は解説できたので「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の応答速度に話を戻します。
UFO Test: Ghosting」を使用して応答速度をチェックしてみたところ、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」に採用されているIPS液晶パネルは傾向として応答速度はそこまで優秀ではありませんが、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は高速な120Hzリフレッシュレートにネイティブ対応しているので非常にキレが良く残像感の少ない表示になっています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02584

続いて「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のリフレッシュレートを変えてみたり、他の液晶モニタを比較対象にしたりしながら、「UFO Test: Ghosting」の様子を「SONY DSC-RX100M5」の16倍速(960FPS)スーパースローモーションムービーで撮影し、比較してみます。

まずは「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のリフレッシュレートを60Hz、120Hz、144Hzに変えて「UFO Test: Ghosting」の様子を比較してみました。リフレッシュレートを上げるとそれに伴って応答速度も上がるので残像感がなくなっているのがわかります。


さらに「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」に加えて、同製品とほぼ同スペックな「Acer Predator X27(レビュー)」、同じくIPS液晶パネル採用で120Hzの高リフレッシュレート動作となるウルトラワイドQHD解像度ゲーミングモニタ「Dell AW3418DW 120Hz(レビュー)」、同じくIPS液晶パネル採用で144Hzの高リフレッシュレート動作となるWQHD解像度ゲーミングモニタ「Pixio PX277h(レビュー)」を比較対象として「UFO Test: Ghosting」の様子を比較していきます。

リフレッシュレート60Hzに揃えて比較してみると同じIPS液晶パネル採用で高リフレッシュレート対応ゲーミングモニタでも安価清貧な「Pixio PX277h」は他に比べると若干残像感が強く(応答速度が遅く)、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」をはじめとして10万円を超える高級製品は横並びな感じです。


さらに各製品を最大リフレッシュレート動作として「UFO Test: Ghosting」の様子を比較してみました。「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」と「Acer Predator X27」を比較すると4K/120Hzにおける応答速度はほぼ同じですが、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のほうはオーバードライブの設定が強めなのかスーパースローモーション動画では若干逆像が確認できます。


また「UFO Test: Ghosting」において下の写真のようにUFOが微かに表示された瞬間を始点に、その地点のUFOが完全に消えた時点を終点にして、その間隔を応答速度として算出し比較してみました。
Ghost score
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」および、比較対象となる「Acer Predator X27」、「LG 32UD99-W」、「Dell AW3418DW」等の液晶モニタについて、上の手順で算出した応答速度を比較したところ次のようになりました。
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」はほぼ同スペックな「Acer Predator X27」を始めとして同じくIPS液晶パネルを採用している「LG 32UD99-W」や「Dell AW3418DW)」とほぼ同じ結果になりました。120Hzリフレッシュレートはやはり60Hzリフレッシュレートよりも応答速度が高速です。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_response

液晶モニタの残像についての解説は実を言うと、スーパースローモーション動画で確認した応答速度に言及するだけでは不十分なのですが、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」はモーションブラーリダクション機能に非対応なので割愛しています。気になる人はこちらの記事を参考にしてください。
液晶モニタの残像とモーションブラーリダクション機能について
Motion Blur Reduction


最後に「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の表示遅延(内部遅延)について測定を行いました。
モニタにはGPUからのビデオ入力が送られてきてから実際にモニタに表示されるまで遅延が存在し、この遅延が大きいと例えば、FPSゲームでゲームパッドのトリガーやマウスのクリックによる操作からワンテンポ遅れて、マズルフラッシュが表示される、といった現象が発生します。人間は当然目で見てから操作するので、格闘ゲームやFPSゲームなど1,2フレームを争うような競技性の高いゲームにおいてはモニタの表示遅延が可能な限り小さいことが望まれます。

モニタの表示遅延測定においてはモニタ以外の要因で遅延に差が出ると問題があるので、検証モニタへビデオ出力を行うPCはCore i7 7700KとGTX 1080 Tiを搭載した次のベンチ機で統一しています。
テストベンチ機の構成
CPU Intel Core i7 7700K
殻割り&クマメタル化(レビュー
Core:5.0GHz, Cache:4.8GHz
CPUクーラー Intel TS15A
メインメモリ Corsair Dominator Platinum
Special Edition
DDR4 8GB*4=32GB (レビュー
3200MHz, 14-16-16-36-CR2
マザーボード
ASRock Z270 SuperCarrier
レビュー
ビデオカード EVGA GTX 1080 Ti SC2 iCX
レビュー
システムストレージ
Samsung SSD 860 EVO M.2 1TB
MZ-N6E1T0B/IT (レビュー
OS Windows10 Home 64bit
電源ユニット Corsair HX1200i (レビュー
ベンチ板 STREACOM BC1 (レビュー
キーボード HyperX Alloy FPS
メカニカルゲーミングキーボード (レビュー

Monitor Latency Test benchMonitor Latency Test keyboard

モニタの表示遅延を測定する具体的な方法としては、キー押下時にそのキーのLEDが点灯するキーボードを使用して、LEDの点灯から画面表示への反映までの間隔を遅延時間として測定します。画面表示の確認については簡単にメモ帳を使用しています。この様子を「SONY DSC-RX100M5」の16倍速(960FPS)スーパースローモーションムービーで撮影し、遅延フレーム数を数えて遅延時間を算出します。


「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」や比較モニタの表示遅延の測定結果は次のようになりました。
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」についてはほぼ同仕様な競合製品のAcer Predator X27と比較すると測定誤差の範囲内で一致する結果です。その他に比較に使用しているIPS液晶モニタの「LG 32UD99-W」や「Dell AW3418DW」に比べると60FPSベースで見て1フレーム(約16ms)ほど余分に表示遅延が発生するようです。数字上は若干遅い結果になっていますが、この程度の内部遅延であれば操作中に違和感を感じることありませんし、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は数フレームを競うような競技用ではなく、高画質を楽しむラグジュアリー的な液晶モニタなので許容範囲内だと思います。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_latency



ASUS ROG SWIFT PG27UQで120Hzリフレッシュレート&G-Syncを試す

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の最大の特徴の1つである120Hzリフレッシュレートと可変リフレッシュレート型同期機能「G-Sync」について試していきます。

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の特徴の1つである”120Hzリフレッシュレート”について、その意味自体は特に説明せずとも読者はご存知だと思いますが、一般的な60Hzリフレッシュレートの液晶モニタが1秒間に60回の画面更新を行うのに対して、120Hzリフレッシュレートであれば標準的な60Hzの2倍となる1秒間に120回の画面更新を行います。最近では競技ゲーマー向けのTN液晶モニタですが240Hzの超高速リフレッシュレートなゲーミングモニタも販売されています。
144Hz RefreshRate
1秒間に144回の画面更新を行う144Hzリフレッシュレートの物理的なメリットとしては、単純に秒間コマ数が増えるので映像がより滑らかになります。上の章で詳しく検証したようにリフレッシュレートが上がると応答速度も上がって細部がクッキリとしたシャープな映像に見えやすくなり、加えて画面更新間隔が短くなるので表示遅延が小さくなり、さらにスピーディーなプレイで対戦相手を圧倒しやすくなります。


「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」ではNVIDIA GeForce GTX 10シリーズなどのDisplayPortビデオ出力に接続することによって、NVIDIAコントロールパネル上からモニタリフレッシュレートを120Hzなどに自由に設定できます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_RR_120Hz

オンライン対戦FPSなど競技性の高いゲームにおいて144Hzリフレッシュレートのモニタを使用した時の実用的なアドバンテージとして、ゲーム内視線を左右に振った時の視認性が上がるという例は直感的にもわかりやすいメリットですが、加えてゲーム内遠方に存在して動いているエネミーやオブジェクトの視認性が上がるというメリットも存在します。
下の比較動画では4分割して映像を並べていますが、左上以外の3つは左上画面の緑枠部分を拡大するよう接写して、「SONY DSC-RX100M5」の16倍速(960FPS)スーパースローモーションムービーで撮影したものになっています。解像度&リフレッシュレート別で右上はフルHD/60Hz、左下は4K/60Hz、右下は4K/120Hzとなっていますが、赤枠で囲った建物の出入り口付近で左方向に移動する敵について、リフレッシュレートが上がると動作のコマ割りが細かくなり、また解像度が上がることによって遠方でもドットで潰れずにクッキリと表示されるので、遠方の敵の視認性が上がります。4K/60FPSと4K/120FPSを比較すると地面や建物など静止物の解像感は同じですが、応答速度が上がる120Hzのほうが動きのある敵の輪郭が若干クッキリします。


フルHDに対する超高解像度な4K解像度の恩恵についてはハイスピード動画は高速な反面、画質が悪くなるのでわかりにくいかもしれませんが、同じ構図で4K解像度(左)とフルHD解像度(右)を比べてみると、遠景に小さく映る敵の鮮明さには大きな差があることがわかります。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_07144ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_07152

なお「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」で4K解像度/120FPSを狙うには、元から軽めのPCゲームや画質設定を下げた最新PCゲームであってもグラフィックボードのGPU性能がかなり要求されます。液晶モニタに「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」を使用するのであれば18年9月20日発売予定のNVIDIA次世代GPU「GeForce RTX 2080 Ti」を選択したいところです。最新高画質PCゲームでグラボ1枚では性能が足りないということであれば、RTX 2080 Tiグラフィックボードを2枚使用するマルチGPU SLIの構築も検討してみてください。
GeForce RTX 2080 Tiのレビュー記事一覧へ
GeForce RTX 2080 Ti レビュー記事一覧へ


続いて「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の大きな特徴の2つ目となる可変リフレッシュレート型同期機能「NVIDIA G-Sync」についてチェックしていきますが、実際のゲーム画面について確認する前に「NVIDIA G-Sync」に関する予備知識を簡単に解説します。
液晶モニタはGPUから連続して送られてくる映像(フレーム)を、リフレッシュレートに応じて一定間隔で更新しながら液晶パネル上に表示していきます。下はその理想的な様子の模式図です。
G-Sync (1)
しかしながらGPUによる映像出力と液晶モニタのリフレッシュレートは、実際には上のような理想的な関係にはなりません。その理由は単純で、PCゲームのようにリアルタイムレンダリングによって描画を行う映像ソースは、その時々の描画負荷によって各フレームの描画(レンダリング)にかかる時間が異なる、可変フレームレートの映像だからです。
レンダリングにかかる時間が一定ではないPCゲームにおいては、60Hzという更新周期に合わせてGPU内のフレームバッファを取り出して表示を更新する「垂直同期(V-Sync)」が一般的です。しかしながら垂直同期においては60Hzリフレッシュレートのモニタの場合、画面更新間隔の約16msを超えてしまうフレームが発生するとその更新タイミングでは1つ前と同じフレームを表示することになるので、この時に「Stutter(スタッター、日本語では”カクつき”など)」が発生して(を感じて)しまいます。
G-Sync (2)
一方で垂直同期を使用しない「同期なし」ではどうかというと、画面の更新とGPU側フレームバッファの更新が重なることによって、1つの画面内の上下で前後するフレームが表示される「Tearing(テアリング、誤読ですがティアリングでも日本なら通じる)」が発生します。
G-Sync (3)
液晶モニタにはピクセルが格子状に並んでいますが、画面更新ではパネル上のピクセルが同時一斉に更新されるのではなく、上の列から下の列へ順番に更新されていきます。そのため同期なしにおいては、画面更新の途中でGPU側フレームバッファが更新されると上半分はn番目のフレーム、下半分はn+1番目のフレームが表示され、画面の中央に切れ目が表示されて見えたり、上下で全く違う絵が表示されるといった現象が発生し、これがテアリングと呼ばれています。
tearing

以上PCゲーマーを悩ませるスタッターとテアリングの諸事情を踏まえて、可変リフレッシュレート型同期機能「NVIDIA G-Sync」はどういったものかというと『GPUフレームバッファの更新に合わせて画面を更新する
ので、PCゲームのようにGPUフレームバッファの更新が一定しない可変フレームレートの映像であっても、モニタ表示において原理的にスタッターもテアリングも発生しない同期技術となっています。
G-Sync (4)

可変リフレッシュレート型同期機能には「NVIDIA G-Sync」以外にも、AMD製GPUやコンソールゲーム機で使用可能な「AMD FreeSync(VESA Adaptive Sync)」も存在します。
NVIDIA-G-SyncAMD FreeSync
「NVIDIA G-Sync」はモニタ側に専用モジュールを搭載しており、その分高価ですが、「AMD FreeSync」とは違ってモニタに依存した可変リフレッシュレート型同期機能を使用可能な映像ソースのフレームレート制限が基本的に存在しないというメリットがあります。 
一方で「AMD FreeSync」はVESAが策定したAdaptive Sync(アダプティブシンク/適応同期)機能に準拠した仕様に、AMDが動作確認を行って公式ロゴを付与したものなので専用モジュールが必要なく、安価で採用製品が多いというメリットがあります。
「NVIDIA G-Sync」と「AMD FreeSync」はいずれも可変リフレッシュレート型同期機能というくくりで扱われますが、下にまとめた比較表を見てわかるように両者の仕様にはけっこう違いがあります。垂直同期の扱いからの推測ですが、「NVIDIA G-Sync」が『専用モジュールとグラフィックドライバの連携によって、GPUレンダリング完了タイミングと画面更新タイミングを同期させるワンパッケージな機能』であるのに対して、「AMD FreeSync」は『一定期間のリフレッシュレートをレンダリング速度の傾向に合わせて逐次変化させる機能』となっているようです。

可変フレームレート機能の簡易比較表

NVIDIA G-Sync(公式 AMD FreeSync(公式
Adaptive Sync
対応出力機器 NVIDIA製GPU搭載PCのみ AMD製GPU搭載PC
Xbox One X
(PS4 ProやIntel iGPUも今後対応するかも?)
ビデオ入力
DisplayPortのみ 製品によるが、規格としてはDisplayPortとHDMIの両方に対応
垂直同期
NVコンパネのG-Sync設定を有効にすると、ゲーム内の垂直同期設定は、通常、ドライバによって自動で上書きされる Radeon設定のFreeSyncとは別にゲーム内で設定が必要
垂直同期有効ではテアリングが発生しなくなる
垂直同期無効ではテアリングが発生する可能性あり
対応FPS/Hz リフレッシュレートを最大値として、1FPSまで下限値はなし
G-Sync対応モニタリスト
モニタ製品によって範囲は異なり、リフレッシュレートを最大値として、下限値がある
FreeSync対応モニタリスト
下限をフレームレートが下回るとスタッターやテアリングが発生
HDR対応 「G-Sync HDR」認証の製品はHDR表示にも対応
FreeSyncとHDRに対応したモニタなら併用可能
別途、HDR表示時に表示遅延や発色を最適化する「FreeSync 2 HDR」認証もある
対応モニタ
採用製品が比較的少ない 採用製品が比較的多い
製品価格 専用モジュール搭載なので高価
FreeSync対応の同スペック製品と比較して+1~2万円ほど
VESA規格準拠なので安価


前置きが長くなりましたが、「G-Sync」に関連した予備知識の解説も済んだので、実際のゲーム画面で可変リフレッシュレート型同期機能「NVIDIA G-Sync」の効果をチェックしていきます。
可変リフレッシュレート型同期機能「NVIDIA G-Sync」の使い方は非常に簡単で、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」をNVIDIA GeForce GTX 10シリーズなどのDisplayPortビデオ出力に接続し、NVIDIAコントロールパネル上からG-Syncを有効にすると、以降はゲーム内の垂直同期制御はドライバが上書きする形で、G-Syncによってモニタ側の更新タイミングが制御されるようになります。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_G-Sync

検証に際してはリプレイ機能があって同一シーンで検証がしやすいのでProject Cars 2を使用しています。また画面リフレッシュレートやGPUフレームバッファの様子を確認しやすいように、画面左上にはGPUフレームレートOSD、画面右上にはモニタリフレッシュレートOSD、画面左端にはGPUフレームバッファで色の変わるカラーバーが表示されるようにしています。
画面右上のモニタリフレッシュレートOSDは、G-Sync無効では一定値で固定されて変動しません(製品によっては非G-Syncでは数字が非表示になる)が、G-Syncを有効にすると変動します。豆知識としてリフレッシュレート表示はG-Syncモジュールでは標準で採用される機能なのでG-Syncが正常に動作しているかどうかの指標にできます。画面左端のカラーバーは連続するフレーム間、つまりn番目とn+1番目のフレームではそれぞれ異なる色になっているため、同時に複数色のカラーバーが表示されている画面はテアリングが発生していることを意味します。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_06515

まずは同期なし、垂直同期、G-Syncの違いを分かりやすく体感してもらうため、モニタリフレッシュレートを60HzにGPU側出力を50FPS前後になるようにして、「SONY DSC-RX100M5」の16倍速(960FPS)スーパースローモーションムービーで撮影して、画面表示の様子を比較してみました。
同期なし、垂直同期、G-Syncのいずれも50FPS前後の映像ソースが表示されていますが、同期なしではテアリングが発生し、垂直同期ではスタッター(カクつき)が発生しているのがわかります。一方でG-Sync有効ではテアリングもスタッターも一切発生していません。4K解像度のように高フレームレートを稼ぐのが難しい超高解像度において可変リフレッシュレート同期機能「NVIDIA G-Sync」が快適なゲームプレイに与える影響はかなり大きいと思います。


なお上動画の右下にはG-Sync有効下でリフレッシュレートの60Hzを超える映像ソースが表示された場合の画面を表示しています。G-Sync有効下において映像フレームレートがリフレッシュレートを上回ると、上の動画のようにテアリングが発生します。通常はドライバによって垂直同期設定が上書きされてそういった現象が発生しないように制御されるのですが、実際の挙動はゲームによって異なるという実状があります。
G-Sync有効時にゲーム内設定の垂直同期を有効にするとモニタリフレッシュレートを上回らないようにするものもありますし、そうでなければRivaTunerやNvidia Profile Inspectorを使用してゲーム内フレームレートがモニタリフレッシュレートを上回らないように設定してください。
RivaTunerNvidia Profile Inspector

また同期なしでリフレッシュレート別に並べた動画を使用してテアリングの様子を確認してみました。
テアリングはモニタ表示更新中のフレームバッファの更新で発生しますが、目で見た時の違和感はn番目とn+1番目のフレームの絵の差に影響されます。コマ割りが細かくなる高フレームレートではn番目とn+1番目の絵の違いは当然、低フレームレートの場合よりも小さくなります。そのため50FPSでは画面の分断のように知覚できたテアリングは、200FPSのような高フレームレートでは細かいノイズのような形で知覚されます。
100FPSを超える高フレームレートでは大きな分断に見えるテアリングの代わりに、細かいノイズのように感じるテアリングが増えてきます。『細かいノイズの発生程度であれば高リフレッシュレートモニタのテアリングは実用上は大した問題ではなく、可変リフレッシュレート型同期機能は不要である』という意見がありますが、高リフレッシュレートモニタのアドバンテージとして先に解説した「ゲーム内遠方に存在して動いているエネミーやオブジェクトの視認性」と合わせて考えると、このノイズの有無は遠方の細かいエネミーやオブジェクトの発見に影響します。なので高リフレッシュレートモニタを使用するのであれば可変リフレッシュレート型同期機能はあったほうがいい、というのが管理人の意見です。


「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の4K解像度120Hリフレッシュレートにおいて、ゲーム内フレームレートが50FPS程度になる映像を使用して、同期なし、垂直同期、G-Syncを比較してみました。右下の分割画面には比較対象として同じ映像で60Hzリフレッシュレートの垂直同期を載せています。
左上の同期なしは盛大にテアリングが発生しています。4K解像度についてはGPU負荷的に40~60FPSを狙う高画質ゲームが多いので画質を重視するなら同期機能は必須だと思います。右側の垂直同期の60Hzと120Hzを比較すると同じ映像であっても画面更新間隔は小さくなるので、120Hzのほうがスタッターによるカクつきの違和感は減っています。それでも垂直同期120Hzでは細かいスタッターがありますが、左下のG-Sync有効ではスタッターもテアリングもなく綺麗で滑らかな表示が実現できています。


さらに「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の4K解像度120Hリフレッシュレートにおいて、ゲーム内フレームレートが100FPS程度になる映像を使用して、同期なし、垂直同期、G-Syncを比較してみました。右下の分割画面には比較対象として50FPS程度のG-Syncを載せています。
G-Sync有効であれば同期なしのテアリングや垂直同期のスタッターに悩まされることなく滑らかで綺麗な映像が表示できています。G-Syncの50FPSと100FPSを比較すると当然ですが100FPSの方がコマ割りが増えるので16倍速スローモーションでもスムーズに見えます。


ちなみにProject Cars 2の4K解像度かつほぼ最高画質設定で100FPS前後のフレームレートを出すためにはGTX 1080 Ti SLIが必要でした。「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は4K解像度でG-Sync HDRに対応した60FPS用モニタとしても使えますが、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」がネイティブ対応する120Hzの高速リフレッシュレートを最大限活用するのであれば、やはり9月20日発売予定のNVIDIA次世代ウルトラハイエンドGPU「GeForce RTX 2080 Ti」を使用したSLI環境を揃えたいところです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_07154

RTX 2080 Ti SLI搭載のおすすめゲーミングBTO PCを徹底比較!
RTX 2080 Ti SLI搭載おすすめゲーミングBTO PC



ASUS ROG SWIFT PG27UQで4K/HDRを試す

最後に「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の4K/HDR表示についてチェックします。
NVIDIA製GPUを搭載したゲーミングPCでは、GTX 1080 TiのマルチGPUI SLI環境において「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」で4K解像度、120Hzリフレッシュレート、G-Sync有効、HDR10の超豪華な表示が確認できました。SLIとHDRに対応しているゲームなら「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のフルスペックが存分に発揮できそうです。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02599_DxO
11月20日発売予定のバトルフィールド最新作「Battlefield V(オープンベータテスト版)」についても、カスタム作成したSLIプロファイルを使用していますが、GTX 1080 TiのSLI環境で4K/120Hz/G-Sync/HDR10でプレイが可能でした。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02600_DxO

HDR表示に対応したモニタについて、これまで検証した「Acer Predator X27」「LG 32UD99-W」「BenQ EW3270U」「Pixio PX277h」の4機種でHDR表示を行うと輝度設定が固定されましたが、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」でHDR表示を行うとOSDメニューで通常の輝度設定の代わりに「参照ホワイト(ニット)」という項目が表示され、画面の明るさを調節できました。HDRで輝度固定になるのは少々不便だったので、HDRモニタの完成度としては地味に重要なポイントだと思います。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02593

また「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のサブ入力として設置されているHDMI端子についてはver2.0に対応しているので、PS4 ProやXbox One Xに付属するHDMIケーブルを使用することで特に問題なく4K/60FPS/HDR表示が可能でした。後ほど紹介するバックライトエリア駆動もHDMI入力のHDR表示において正常に動作します。最新のデジタル著作権保護HDCP2.2にも対応しているのでブレーレイなど著作権保護のあるコンテンツも再生が可能です。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02590
なおPS4 Proの4K/60FPS/HDR表示時と同様にHDMI2.0の仕様ですが、Xbox One Xで4K/60FPSのHDR表示を行う場合はカラーフォーマットをYUV422/YCbCr422にする必要があるので、詳細設定から「YCC4:2:2を許可」の項目を有効にするのをお忘れなく。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02588ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02589


HDRについて簡単に説明すると、HDR(ハイダイナミックレンジ)というのは、RGBの光の三原色の映像情報に加えて、輝度(明るさ)の情報が備わった映像ソースのことです。従来の表示機器や映像ソースでは10^3程度のダイナミックレンジしかありませんでしたが、HDRに対応することでダイナミックレンジが10^5程度と100倍近く拡張され、「明るい場所は明るく、暗い場所は暗く」なるように画面の明るさを操作することで、白飛びや黒潰れをなくして高画質を実現しています。
HDR
HDRに関する説明は色々とあると思いますが、管理人は『明るい場所はより明るく、暗い場所はより暗く』と大雑把に理解しています。「明るい場所は明るく、暗い場所は暗く」するということは必ずしも”見えやすく”なるわけではありません。というか暗い場所は暗くなるので必然、暗い部分は見えにくいですし、明るい場所が明るくなったら太陽を覗き込んだ時のようにその周辺は光で潰れて見えにくくなります。もちろん明暗が分かれることで境界線がクッキリして見えやすくなる場合もあります。一部のゲーミングモニタに暗所を明るく(白く)して見えやすくする機能があるように、HDR表示は見やすさには直結しないので、見やすさという意味で画質が良くなるのかというと、その点はケースバイケースで、暗い部分が強調されることを考えると見えにくさの方が体感しやすい気がします。
HDRは原理的にはモニタから見える映像を”リアル”に近づける機能です。ただし実際のところはモニタ個別の色調設定などの都合で鮮やかになり過ぎたり色味が変わったりするので、「実際の視覚と同じ」という意味でリアルかというと疑問符が付くのですが。「明るい場所は明るく、暗い場所は暗く」なるので立体感は増して、平面表示の中に奥行を感じやすくなるという点ではリアルな表示に近づきます。個人的にはHDR表示の効果はSDRに比べて、鮮やかになって、立体感が増すと感じています。
4Kモニタの広告をフルHDモニタで見る以上に、SDRモニタでHDRについて体感的に理解することは困難です。なのでHDRについては店頭など実機で体験して気に入れば購入するくらいが正直なところおすすめです。HDRについては正直に言って”百聞は一見に如かず”な機能です。SDRモニタ上で調べるよりもHDR表示の実機を見て気に入るかどうかが全てな機能だと思います。


またHDRでは映像ソースのダイナミックレンジが拡張された分、ハード側(液晶モニタ自体)の表示性能も重要になります。1枚絵の中で幅広いダイナミックレンジを表現するためには、部分部分の明るさ(輝度)の表現が重要になるので、HDRに関連するハード的な予備知識として、液晶モニタのLEDバックライトの「エリア駆動(部分駆動やローカルディミングとも呼ばれる)」や画素自体が自発光する「有機ELモニタ」があります。

既存の液晶モニタではLEDバックライトの方式がエッジライト型の製品が主流ですが、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」も対応しているパネル直下型の製品は、表示位置の輝度情報に応じてLEDバックライトの輝度を制御するエリア駆動(部分駆動やローカルディミングとも呼ばれる)によって、暗い場所のバックライトを消灯し、逆に明るい場所だけを点灯させることができます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_local Dimming
「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」ではこのバックライトエリア駆動に関連したOSD設定として、「可変バックライト」という設定項目が用意されています。映像ソースがSDRかHDRかは関係なく動作する機能になっており、バックライトエリア駆動がONになる設定値としては高速、中、ゆっくりの3段階となっています。エリア駆動の設定を高速にすると輝点に対する輝度解像度が高くなり(ハローが小さくなる)、輝点の移動に対するバックライトの追従も速くなります。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02591
同種の設定はAcer Predator X27にもありましたが、こちらではSDR映像ソースにおいてHDRのバックライト制御をエミュレートする「SDR Variable Backlight」と、HDR映像ソースにおいてバックライトの動作を設定する「バックライトの反応」という2つの設定項目に分かれていました。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_07110ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_07142
各設定項目はSDR表示中とHDR表示中のみそれぞれ設定でき、HDR表示中に変更できる「バックライトの反応」にはゲーミング、ハイブリッド、デスクトップの3段階が用意されていましたが、簡単に動作を比較して確認したところゲーミング=高速、ハイブリッド=中、デスクトップ=ゆっくり、で同じ挙動のようでした。


Acer Predator X27の「SDR Variable Backlight」では「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の”ゆっくり”にあたる設定が適用されるので、SDR表示においても高速なエリア駆動設定が選択できるところは「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」の魅力と言えるかもしれません。SDR時には「可変バックライト」をオフにできます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_02502

左写真はエリア駆動対応、右写真はエリア駆動非対応(LEDバックライト全体が同一輝度で発光)で撮影した様子ですが、左写真は地球周辺の黒い(暗い)部分のバックライトがOFFになっており黒色が綺麗に沈み込んでいるので中央の地球の立体感が増しているのに対し、右写真では黒い部分のバックライトも点灯しており、白みがかって平坦に見えます。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_07115ASUS ROG SWIFT PG27UQ review_07114
上のように明暗のメリハリがついて立体感が増すというメリットのある直下型LEDバックライトのエリア駆動ですが、「後光(Halo、ハロー)」と呼ばれるデメリットも存在します。例えば『384分割の輝度解像度よりも小さい輝点では、輝点の周辺が白くぼやける』、『暗いシーンでUIメニュー周辺が白くぼやける』、『暗い背景の中で街頭などの輝点が動くときに、映像の中での輝点の移動にバックライトの移動が追いつかない残像が見える』などの不自然なバックライト点灯が「後光(Halo)」と呼ばれます。
下はFinal Fantasy XV PC版で暗いシーンにおけるバックライトエリア駆動の後光現象を確認してみた様子ですが、暗い夜空を背景にして小さい輝点の街灯が画面上で左右に動いた時にバックライトが残像のように尾を引いて追従するのが見えると思います。あと画面上の位置が固定されているので尾を引く感じではありませんが、画面右側のUIが輝点と認識されるため、境界を越えて左側の夜空にバックライトの白いもやがかかっています。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ_halo




『HDRは”百聞は一見に如かず”な機能で、SDRモニタ上で調べるよりもHDR表示の実機を見て気に入るかどうかが全て』と上で言いましたが、レビュー記事の都合上、比較写真でも撮らないと形にならないので、実際にHDRとSDRにおいて同じ構図で撮影した写真の比較を紹介します。
いくつかPS4 Pro/Xbox One X/Windows PCでHDR表示に対応したゲームから、通常ダイナミックレンジのSDRとハイダイナミックレンジのHDRについて比較写真を撮影してみました。ISOや絞りなどの写り具合に影響しそうなカメラ設定は比較シーン間では統一しています。
ACS_1_HDR
ACS_1_SDR

FC5_1_HDR
FC5_1_SDR

FF15 PC_1_HDR
FF15 PC_1_SDR

FF15 PC_4_HDR
FF15 PC_4_SDR

HZD_1_HDR
HZD_1_SDR

以上のように『明るい場所はより明るく、暗い場所はより暗く』、最初2つの例では、全体的に明るい昼間のシーンなのでHDR表示によって陰影がはっきりして鮮やかになり、立体感が増していると思います。3つ目の例、FF15で太陽を向いている比較写真ではSDRは太陽周辺が白く潰れていますが、HDRでは太陽の輪郭が確認でき、太陽周辺の色調が残っています。一方で最後2つの例、夜の暗いシーンについては写真で表現するのが難しくなっており、HDRだと暗所が完全に黒く潰れています。実際は暗所も細部の色調は残っていて、街灯や松明との明暗が分かれて現実の夜の光景に近い表現になるのですが。現実に夜景を撮った写真は、HDR表示の画面を撮った写真に近いというと、再現性の高さが伝わるでしょうか。暗いシーンのリアリティについては特に実機で確認してもらいたいところです。



ASUS ROG SWIFT PG27UQのレビューまとめ

最後に「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」を検証してみた結果のまとめを行います。簡単に箇条書きで以下、管理人のレビュー後の所感となります。

良いところ
  • 画面サイズ27インチでPC用高解像度モニタとしては使いやすいサイズ
  • 発色や視野角など画質に優れたIPS液晶パネル、量子ドット技術採用
  • 液晶パネルは反射防止のアンチグレア
  • 384分割エリア駆動バックライトによるHDR表示に対応
  • HDR表示時にOSDメニューから輝度を調節できる
  • ビデオ入力はDisplayPort1.4とHDMI2.0の計2系統
  • 4K解像度でネイティブ120Hzリフレッシュレートの高速動作(DisplayPort接続のみ)
    OSDメニューからのオーバークロックで144Hzリフレッシュレートに対応可能
  • 可変リフレッシュレート型同期機能NVIDIA G-Syncに対応(DisplayPort接続のみ)
  • HDMI入力はPS4 ProやXbox One Xで4K/HDR/60FPS表示可能かつHDCP2.2対応
  • モニタ本体重量6.1kgかつVESAマウント対応でモニターアームを使用可能
  • 2基のUSB3.0ハブポートを搭載
  • LEDイルミネーション機能が豪華
悪いところor注意点
  • リフレッシュレート144HzはカラーフォーマットがYCbCr422になる
  • 表示遅延が1フレーム(16ms)ほど大きい
  • HDR表示のエリア駆動バックライトは後光(Halo)現象が発生
  • 販売価格が税込み27万円と非常に高価

「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は3840×2160の4K解像度ながらネイティブ120Hzの高速リフレッシュレートで動作し、可変リフレッシュレート型同期機能「NVIDIA G-Sync」に加えて、384エリアの部分駆動直下型LEDバックライトによるHDR表示にも対応と18年現在文句なしに最強スペックなゲーミング液晶モニタです。


4K高解像度で50~60FPSの標準的なフレームレートや100FPSオーバーのハイフレームレートにおいて可変リフレッシュレート型同期機能を使用するメリットについては解説した通りですが、「NVIDIA G-Sync」はテアリングやスタッターのないクリアで滑らかな表示を実現します。
HDR表示では標準で有効になるバックライトのエリア駆動については384分割の輝度解像度(エリア数)で対応できる明暗分布で黒が引き締まって立体感が出たり、太陽やフラッシュの眩しさがリアルに感じられたりと、ゲーム体験のリアリティを向上させる上でかなり有効な機能だと思います。ただし384エリアでも輝度解像度はまだ不足しており暗い背景で小さい輝点やUIメニューの周辺に白い靄がかかる、バックライトの応答遅延がそれなりにあって輝点の移動でバックライトが尾を引く残像が出るなど、「後光(Halo)」と呼ばれる現象が発生するデメリットもあります。

HDR表示に対応したモニタについて、これまで検証してきた各種製品ではHDR表示を行うと輝度設定が固定されましたが、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」ではHDR表示を行ってもOSDメニューから画面の明るさを調節できました。HDRで輝度固定になるのは少々不便だったので、HDRモニタの完成度としては地味に重要なポイントです。ASUS ROG SWIFT PG27UQとAcer Predator X27は両方使ってみた感想として、モニタの機能面はほぼ同じでしたが、HDR時の輝度調整機能の有無でHDRモニタとして完成度に差が出た気がします。デザインやUSBハブなどその他の項目で特にこだわりがなければ、ASUS ROG SWIFT PG27UQを選択するのが機能的にはおすすめかなと。

製品価格が税込み27万円と非常に高価なことは純粋に同製品のネックですが、高解像度と高リフレッシュレートを両立させ、可変リフレッシュレート型同期機能「NVIDIA G-Sync」を使いながら384エリアの部分駆動直下型LEDバックライトによるHDR表示が可能と、高画質&快適プレイに寄与する最新機能が全部入りな「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」は、今現在得られる最高のゲーム体験を追求するのであれば買いなゲーミング液晶モニタだと思います。

以上、「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」のレビューでした。
ASUS ROG SWIFT PG27UQ






・RTX 2080 Ti 販売ページ:   
  <Amazon><PCショップアーク><パソコン工房
  <TSUKUMO><ドスパラ><PCワンズ><ソフマップ



関連記事

PCモニタ・ディスプレイのレビュー記事一覧へ
ゲーミングモニタの選び方シリーズの記事一覧へ
モニタ・ディスプレイのレビュー記事一覧へ

フルHD/144HzのIPS液晶モニタ「ASUS VG279Q」をレビュー
ASUS VG279Q

G-Sync HDR対応4K/120Hzゲーミング液晶モニタ「ASUS ROG SWIFT PG27UQ」をレビュー
ASUS ROG SWIFT PG27UQ

DyAc&240Hzリフレッシュレート「BenQ ZOWIE XL2546」をレビュー
BenQ ZOWIE XL2546


6万円で買えるHDR対応31.5インチ4K液晶モニタ「BenQ EW3270U」をレビュー
BenQ EW3270U

240Hzリフレッシュレート&G-Sync対応「ASUS ROG SWIFT PG258Q」をレビュー
ASUS ROG SWIFT PG258Q



(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク