Core i5 9600K delid


スポンサードリンク





Intel 第9世代CoffeeLake Refresh-S CPUのSTIMはソルダリング寄りではあるもののとシリコングリスとの中間くらいでいまいち冷えないと話題ですが、6コア6スレッド倍率アンロックモデル「Intel Core i5 9600K」をROCKIT COOL製の対応殻割りツールRockit 89で殻割りしたので冷却性能を比較検証してみました。今回の殻割りクマメタル化に当たってはIntel第9世代CPUの殻割り後に使用可能な銅製ヒートスプレッダ「Rockit Cool Copper IHS for 9th Gen」も使用しています。

Rockit 89:https://rockitcool.thebase.in/items/14476625
Copper IHS for 9th Gen:https://rockitcool.thebase.in/items/14489209
CLEANING KIT:https://rockitcool.thebase.in/items/12867544

Rockit 89 (2)Copper IHS for 9th Gen

Core i9 9900KやCore i7 9700KやCore i5 9600KなどのIntel 第9世代CoffeeLake Refresh-S CPUの殻割りクマメタル化の手順についてはこちらの記事を参考にしてください。
Rockit 89でCore i9 9900Kを殻割りクマメタル化する手順を徹底解説
Rockit 89


「Rockit Cool Copper IHS for 9th Gen」について簡単に紹介しておくと、「Copper IHS for 9th Gen」はCNCフライスによる高精度加工によって製作された、純正IHS(ヒートスプレッダ)よりもCPUクーラーベースとの接触面積が15%程度大きい銅製IHSです。
Core i5 9600K delid review_03973_DxOCore i5 9600K delid review_03974_DxO
見ての通り「Copper IHS for 9th Gen」はIntel第9世代Core CPUの純正IHSよりもCPUクーラーと接する面積が広くなっており、冷却性能(熱交換性能)に優れています。
Core i5 9600K delid review_04016_DxO
第8世代では27gあったIHSが第9世代では20gに減ってしまいましたが、第9世代と互換性のある「Copper IHS for 9th Gen」の重量は30gと第9世代純正IHSの1.5倍なので、単純計算で「Copper IHS for 9th Gen」は純正IHSよりも1.5倍のCPU発熱に対するバッファ性能があります。
Core i5 9600K delid review_03975_DxOCore i5 9600K delid review_04015_DxOCore i5 9600K delid review_03564
ちなみにZ390マザーボードでは付属しなくなっているのでかなり余談になりますが、ASUS製マザーボードの一部が対応しているCPUインストレーションツールについては、「Copper IHS for 9th Gen」に合わせてフレームをやすりで削って広げることで使用することができました。
Core i5 9600K delid review_04051_DxOCore i5 9600K delid review_04054_DxO
「Copper IHS for 9th Gen」を使用した際の温度差はそこまで大きいものではないので、第8世代以前での使用についてはオプションでお好きにというスタンスでしたが、第9世代はCPUダイとヒートスプレッダのSTIM除去作業のうちヒートスプレッダの除去作業が省略でき、手間暇が省けるので使用をおすすめしています。
Core i5 9600K delid review_03995_DxO


さてここからは本題となるRockit Cool Copper IHS for 9th Genも使用して殻割りクマメタル化したCore i5 9600Kの冷え具合についてチェックしていきます。
Z390マザーボード「ASUS ROG MAXIMUS XI HERO (WI-FI)」などを含む検証機材を使用しました。テストベンチ機の詳細構成については下記テーブルの通りです。
テストベンチ機の構成
CPU Intel Core i5 9600K
6コア6スレッド (レビュー
CPUクーラー Fractal Design Celsius S36
レビュー
メインメモリ G.Skill Trident Z Black
F4-4400C19D-16GTZKK
DDR4 8GB*2=16GB (レビュー
3600MHz, CL16-16-16-36-CR2
マザーボード
ASUS ROG MAXIMUS XI HERO (WI-FI)
レビュー
ビデオカード GeForce RTX 2080 Ti Founders Edition
 (レビュー
システムストレージ
Samsung 860 PRO 256GB (レビュー
OS Windows10 Home 64bit
電源ユニット Corsair HX1200i (レビュー

Core i5 9600K delid review_04058

ベンチ機のシステムストレージにはSamsung製MLCタイプ64層V-NANDのメモリチップを採用する18年最速のプロフェッショナル向け2.5インチSATA SSD「Samsung SSD 860 PRO 256GB」を使用しています。Samsung SSD 860 PROシリーズは容量単価が高価ではあるものの、システムストレージに最適な256GBや512GBモデルは製品価格としては手を伸ばしやすい範囲に収まっており、Intel Core-XやAMD Ryzen TRのようなハイエンドデスクトップ環境はもちろん、メインストリーム向けでもハイパフォーマンスな環境を目指すのであれば、システムストレージ用に一押しのSSDです。
「Samsung SSD 860 PRO 256GB」をレビュー
Samsung SSD 860 PRO 256GB

CPUとCPUクーラー間の熱伝導グリスには当サイト推奨で管理人も愛用しているお馴染みのクマさんグリス(Thermal Grizzly Kryonaut)を塗りました。使い切りの小容量から何度も塗りなおせる大容量までバリエーションも豊富で、性能面でも熱伝導効率が高く、塗布しやすい柔らかいグリスなのでおすすめです。
Core i5 9600K delid review_03822_DxO


グリスを塗る量はてきとうでOKです。管理人はヘラとかも使わず中央山盛りで対角線だけ若干伸ばして塗っています。特にThermal Grizzly Kryonautは柔らかいグリスでCPUクーラー固定時の圧着で伸びるので塗り方を気にする必要もありません。
Core i5 9600K delid review_03581

今回、「Rockit Cool Copper IHS for 9th Gen」の冷却性能を検証するために、同じCPU個体について「標準IHS&標準TIM」、「標準IHS&クマメタル」、「銅製IHS&クマメタル」の3種類で負荷テストを行いCPU温度を比較しました。CPU温度は環境温度にも影響されるため測定時は室温(ベンチ機付近の温度)が温度計で20度程度となるように注意しました。CPUクーラーにはFractal Design Celsius S36を使用していますがファン回転数は1200RPMに固定しています。またVRM電源冷却用のスポットクーラーも回転数は固定しています。
Core i5 9600K delid review_04059

負荷テストについては、FF14ベンチマークの動画(再生時間7分、4K解像度、60FPS、容量5.7GB)でAviutl+x264を使ってエンコードを行いました。エンコード時間はCore i5 9600Kの場合30分ほどなので同じ動画のエンコードを1周実行しています。
注:CPUのストレステストについてはOCCTなど専用負荷ソフトを使用する検証が多いですが、当サイトではPCゲームや動画のエンコードなど一般的なユースで安定動作すればOKとういう観点から管理人の経験的に上の検証方法をストレステストとして採用しています。
Core i5 9600K_stress

「Core i5 9600K」のOC設定については「CPUコアクロック全コア:5.0GHz」、「CPUキャッシュクロック:4.7GHz」、「コア電圧:1.400V固定」、「ロードラインキャリブレーション:Level 7」、「SVID:Disable」と設定しました。メモリのOC設定は「メモリ周波数:3600MHz」、「メモリタイミング:16-16-16-36-CR2」、「メモリ電圧:1.350V」です。
Core i5 9600K_OC_BIOS (1)Core i5 9600K_OC_BIOS (2)
Core i5 9600Kの定格動作において動画エンコードによるストレステストを行うとEPS端子経由のCPU消費電力は81W程度ですが、上記のOC設定を適用するとCPU消費電力は150W程度になります。
Core i5 9600K_OC_power

Core i5 9600Kの「標準IHS&標準TIM」、「標準IHS&クマメタル」、「銅製IHS&クマメタル」の3種類について負荷テスト中のCPU温度の推移を比較したグラフは次のようになっています。
Core i5 9600KのCPUダイとヒートスプレッダの間はSTIMなのでシリコングリスが採用されていたこれまでのCPUほどではないものの、標準のSTIMから殻割りによってクマメタルに塗り替えることで、最大温度で6度、平均温度で4.6度の温度低下が確認できました。さらにオリジナル銅製IHS「Copper IHS for 9th Gen」を使用すると標準IHSで殻割りクマメタル化した時よりも3,4度程度ですがCPU温度をさらに下げることができます。
標準IHS&STIMと比較して殻割りクマメタル化&銅製IHSによって、5.0GHzにOCしたCore i5 9600Kを最大温度で10度、平均温度で8.3度の温度低下が確認できました。
Core i5 9600K delid_temp

クマメタルよりも冷えないため酷評される傾向があるものの、Intel第9世代CPUに採用されているSTIMはシリコングリスと比べれば良質なソルダリングに近い熱交換性能を実現しているので、シリコングリスがTIMに使用されていた第8世代や第7世代の時のように20度前後の大幅な温度低下は見込めないものの、5.0GHzにOCしたCore i5 9600Kにおいては「Copper IHS for 9th Gen」も使用した殻割りクマメタル化で8~10度程度の温度低下が確認できました。
STIM除去の手間を考えると若干、二の足を踏む感はあるものの、温度低下の効果自体は確実に期待できますし、紹介している作業手順を踏襲すれば殻割りクマメタル化で破損する心配はほぼないので、手間を惜しまずOCによる常用限界を追及するのならお勧めできると思います。
「Copper IHS for 9th Gen」を使用する最大メリットとしては検証結果のように標準IHSよりも多少なりともCPU温度を下げられることですが、Intel第9世代CPUの場合は標準IHSのSTIM除去作業を省略できるので、3000円程度の出費ですし、Intel第9世代CPUの殻割りクマメタル化を実行するのであればおすすめです。

以上、『Core i5 9600Kの殻割りクマメタル化&銅製IHSの冷却性能を検証』でした。
Core i5 9600K delid



Rockit 89:https://rockitcool.thebase.in/items/14476625
Copper IHS for 9th Gen:https://rockitcool.thebase.in/items/14489209
CLEANING KIT:https://rockitcool.thebase.in/items/12867544

Rockit 89 (2)Copper IHS for 9th Gen





関連記事

Intel第9世代CoffeeLake Refresh-Sのレビュー記事一覧へ
Intel 9th Gen Core CoffeeLake Refresh

Intel 300シリーズ(Z390/Z370)マザーボードのレビュー記事一覧へ
Intel Z390

18コア36スレッド「Core i9 7980XE」を殻割りで4.5GHzにOCレビュー
18コア36スレッド「Core i9 7980XE」を殻割りで4.5GHzにOCレビュー

12コア24スレッド「Core i9 7920X」を殻割りで4.6GHzにOCレビュー
12コア24スレッド「Core i9 7920X」を殻割りで4.6GHzにOCレビュー



(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)


バナー↓をクリックしてもらえるとブログランキングが上がるそうです。応援よろしく!