グリップコントローラー for Nintendo Switch


スポンサードリンク




ロボットアクションゲームDAEMON X MACHINA仕様で、握りやすいグリップ形状かつ大型ボタン&スティック採用のNintendo Switch用コントローラー「HORI 携帯モード専用グリップコントローラー for Nintendo Switch DAEMON X MACHINA(型番:NSW-182)」を簡単にレビューしていきます。
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01950_DxO

製品公式ページ:https://hori.jp/products/nsw/grip_con_DXM/
携帯モード専用グリップコントローラー for Nintendo Switch


では早速、「HORI 携帯モード専用グリップコントローラー for Nintendo Switch DAEMON X MACHINA(長いので以下、グリップコントローラー for Switch)」を開封していきます。
「グリップコントローラー for Switch」はカラー刷りのパッケージで、パッケージを開くと、段ボール紙のスペーサーにスポンジ袋で保護された状態で収められていました。
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01951_DxOグリップコントローラー for Nintendo Switch review_01952_DxO
「グリップコントローラー for Switch」はNintendo Switchに付属するジョイコンと同様に、ゲーム機本体へスライド構造で装着するコントローラーになっています。黒色塗装にムラを感じ若干安っぽいのが気になりました。
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01953_DxO
Nintendo Switchのジョイコンと比較すると「グリップコントローラー for Nintendo Switch」のサイズ感は2~3倍くらいあります。大きいだけあってその名の通りグリップ力があります。
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01954_DxO
重量はジョイコンが片方48g程度に対して、「グリップコントローラー for Nintendo Switch」は片方77gと倍近く重いですが、サイズ比で考えると重量はそこまで大きくないので、手に持った時のズッシリ感は意外とジョイコンの方が大きく感じます。
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01959_DxO
「グリップコントローラー for Nintendo Switch」をNintendo Switch本体に装着するとこんな感じになります。横幅も大きくなりますが、特に厚みが大きくなります。この厚みが良好なグリップに直結しています。
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01961_DxO
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01962_DxO

コントローラー本体が大きくてグリップが良好なだけでなく、操作スティックや各種ボタンが大きいところも重要なポイントです。特に操作スティックが大きく、上下左右の4分割ではなく十字ボタンが搭載されているところが「グリップコントローラー for Nintendo Switch」の操作性にアドバンテージを生みます。
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01958_DxO

「グリップコントローラー for Nintendo Switch」のコントローラー表面下寄りには、独自機能のASSIGNボタンとTURBOボタンが実装されています。
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01957_DxO
ASSIGNボタンを使用すると「グリップコントローラー for Nintendo Switch」の左右両方でコントローラー背面に実装されたFR/FLボタンへ、R/LボタンやABXYボタンなど任意の標準ボタンを割り当てることができます。FR/FLボタンは中指or薬指で操作できるので、ABXYボタンやR/ZRボタンのように隣接して指一本では難しいのの複数押下も簡単になります。
グリップコントローラー for Nintendo Switch review_01955_DxO
グリップコントローラー for Nintendo Switch_assign
またTurboボタンによって自動連射機能も使用できます。
グリップコントローラー for Nintendo Switch_turbo
グリップコントローラー for Nintendo Switch_turbo_speed


最後、「グリップコントローラー for Nintendo Switch」を使ってみた感想を簡単に。
「グリップコントローラー for Nintendo Switch」を使って実際にゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドをプレイしてみましたが、やはりジョイコンの小さいスティック&ボタンと違って、PROコンと同等の操作感が得られ、グリップも良好です。Nintendo Switch本体を安定して置いておける環境でスタンドモードが可能であればPROコンと組み合わせてプレイする方が快適ですが、まあそれは仕方ないかと。
両手の間隔がかなり開くので最初は違和感がありますが使っているうちに慣れると思います。重量はジョイコンと比較して60~70g程度増えますが、携帯モードが重いのはジョイコン装着時でも同じなので、その点はあまり変わりないかと。
一方で製品仕様でも掲載されているように振動機能に非対応なのがやはり気になりました。振動機能だけは搭載しておいてほしかったです。振動機能付きの上位モデルや後継モデルの登場に期待したいところ。


以上、「HORI 携帯モード専用グリップコントローラー for Nintendo Switch DAEMON X MACHINA」のレビューでした。
グリップコントローラー for Nintendo Switch






関連記事

Nintendo Switch Proコントローラーを買った理由
Nintendo Switch Proコントローラー

SwitchのMicroSDを大容量512GBへアップグレード

Samsung MicroSDXC EVO Plus 512GB

Nintendo Switch用アンチグレア ガラスフィルム「CF-GHNTDSWAG」をレビュー
CF-GHNTDSWAG





(注:記事内で参考のため記載された商品価格は記事執筆当時のものとなり変動している場合があります)



スポンサードリンク