魔女の電子便 

週末のきもの・ガーデニング

魔女先生の日記

来る、きっと来る!来ました鈴木光司氏

IMG_2032IMG_2031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木光司氏による出張授業がありました。

魔女先生、前日に突然思いつき、こんな掲示をしてお迎えしました。

生徒にも他の職員にも気味悪がられましたが。。。

鈴木光司氏を歓迎する意味で、生徒全員これをお面にして待っていようという提案もしたのですが、職員に「生徒が悪乗りするのでだめです。」と却下されました。。。

いいアイディアだと思ったのに。。。

「ドロップ」はトイレに行けなくなりそうなので読んでいません。。。

桜狩2

090408_0737~0001090410_0710~0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

090407_0711~0001090410_0709~0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の桜は入学式まで待ってくれました。

桜吹雪の中を新入生を迎えることができました。

中庭の八重桜はちょうど満開。ソメイヨシノより濃いピンクが華やかです。

 

きものDE授業

IMG_1513IMG_1514

 

 

 

 

 

 

 

きもので体験してなかったことが一つありました。

思い立って、今日初めてきもので教壇に立ちました。

本年度最後の授業。

授業の最初に百人一首を読むというのを1年間続けました。こどもたちは今日もペアになって百人一首を楽しみました。

羽裏がおもしろい男羽織で。

羽裏の説明もしながら、見えないところに凝る、美を追求する日本の文化のすばらしさを話しました。

こうした日本の文化に対して「粋!」なんていう言葉を知っている生徒もいて、ちょっとうれしくなりました。

きものの奥深さ、日本の四季のすばらしさ、四季から生まれた日本語の豊かさ等々、そんなことに少しずつ触れ、最後の授業を終えました。

二月は逃げる

二月は逃げる私のデスクの隣には、非常勤の若い男性教師Sさんが週3日やってきます。体育の先生である彼の専門は野球。

昼食のときに、野球の話になりました。ワタクシ実は新規採用の学校で野球部の副顧問としてユニフォームを着てベンチに入っていたことがございます。最初他校の先生方はマスコットガールと思ったとか思わなかったとか?

ただのベンチ暖め役でなく、外野ノックまでするものですから、中学校野球界ではちょっと異色の存在でありました。その後、再び他の学校でもユニフォームを着る機会があり、今でも2校のユニフォームを持っています。そんな私の過去の話で盛り上がりました。

そのうちに、Sさんに「じゃあ、K藤知ってますか?」と聞かれ、

「ああ、キャッチャーだっけ?そのときのピッチャーだったS木くんは確かM高校行ったよね。」と私が野球部副顧問をした2校目での教え子の話になりました。

「Sさん、どうしてK藤知ってるの?」と尋ねると、

「僕、K藤と同級ですから。隣のH中にいました。」

「・・・・・。」Sさんって私の教え子と同い年なのね・・・・。

魔女先生、もう随分前に運動部顧問はできない年齢になりました。ノックもできないだろうなあ。

今年も早くも二月。ボーっとしているとどんどん時間は過ぎていきます。教師人生、私の人生、もう一日も無駄にできる時間は無いのです。

魔女先生のクリスマス料理教室

182c611d.jpg部活動の子どもたちと料理を楽しみました。
ケーキはスポンジを用意しフルーツと生クリームでデコレーション。
これだけでは芸が無いので鶏もも肉のオレンジ煮も作りました。
大勢でのクリスマスランチは楽しいものです。

コウチョウ室

koutyousitu2ある小学校の校長室にお邪魔していたときのこと。

いきなり校長室のドアを開け、1年生の男の子が入ってきました。客人の私には眼もくれず、ソファに座ろうとしたのでそれにはさすがの校長先生も「だめだめ。」ととがめました。

「どうしたの?」と校長先生が問うと、

「あのねえ。保健室にあるマグネットさあ、たくさんあるから一つくらいくれないかなあ。」と校長先生に直談判。

唐突な陳情に校長先生も苦笑し、「そうかあ。保健室のだからなあ。。。」

私たちにとって校長室は気軽に入れないところですが、子どもたちにとっては頼りになる、「おじさん」(失礼)がいるところなんでしょうか。

五色百人一首

google gennjiあまーつかーぜー

 国語の授業の始めに三分間の百人一首タイム。
644b2c9a.jpg今年は源氏物語千年紀でもありますし、子どもたちが古典に親しむように、毎時間行なっています。

1対1の源平合戦で行ないます。「五色百人一首」というのは、小倉百人一首が桃・黄・青・緑・橙の5色20枚ずつでできており、日替わりで、色を替えて行うことができます。これを30人の学級だったら15セット用意すれば二人一組でできるわけです。

さすがに頭の柔らかい中学生は覚えるのが早く、上の句を読んだだけで下の句をすばやく取れる子どもがたくさん出てきました。1学期のうちにすべての歌を覚えてしまった子もいます。

毎時間読み手を務めているにもかかわらず、私はまだ・・・。

もっとコトバを

6ace6543.jpg子どもたちの語彙が乏しいと言われます。情報は私たちが中学生の頃より豊富であるにも関わらず。
文章を読んでも意味が分からなくてイメージが描けない。頭の中に映像が描けない。これでは他人の気持ちを推し量るなんていうのも難しく、だから人間関係をうまく築けない子どもも出てくるのでしょう。
以心伝心といいますが、これには想像力が必要です。察する力が無いと。
国語の授業で全員に辞書を持たせ、折りあるごとに引かせています。引いたら付箋紙を入れます。これが意欲化に繋がります。自分の学びの跡も残ります。

中学1年生のTさんは春から始めて六百枚を超えました。

浴衣で学習

47dd543b.jpg9dc1bca5.jpge64d5608.jpg


2年生が家庭分野の学習で衣服をテーマにし、自分で選んだ課題の研究をしています。二人の女子生徒はきものの構造を調べるために浴衣を解体してみました。私の着なくなった浴衣を提供したら、楽しんで解いていました。これからどんな風に裁断されているのかを調べます。

今日のランチ

8bd3427e.jpg牛乳、かきあげどんぶり#桜えびのかきあげ、いなか汁、きゅうりとわかめの酢の物、ヨーグルト
880kcal

スクール・ランチ

080903lunch

本日の給食:牛乳・セルフサービスサンド(パン・チーズ・ソーセージ・きゅうり・マスタード・ケチャップ)・かぼちゃのミルクスープ・スティックポテト

平均800〜900kcal。1食285円で作られています。自校方式といって、市職の給職員さんとパート給職員さんが校内で作ります。285円で食材を揃えるのは大変な苦労だと思います。最近の物価高騰は学校給食にも影響を与えているはずです。給食が窮食にならないで欲しいものです。

デザイン講座@夏休み特別講座

 本校では、例年夏休みに、補充学習と称して、1学期の学習内容を定着させたり、発展的な学習をしたりする日を設けています。今年は、それに加えて、我々教職員の趣味・特技を生かしたり、通常の授業では実施しにくかったりする学習をする講座を3日間にわたって実施しました。私は、「簡単デザート講座」を実施したところですが、今日は、静岡文化芸術大学デザイン学部メディア造形学科2年生「studio484」の3名を講師に招き、デザイン基礎講座「色彩による効果」を行いました。保護者の方も2名参加してくださいました。

jima

「どっちのコーヒーを飲みたい?」

赤あるいは青を背景にしたコーヒーのポスター比較。

 

 

momo

「どっちの金融会社からお金を借りたい?」

黒あるいはピンクを背景にしたポスター比較。

 

 

shoot

「冷たい」と「暖かい」、「かっこいい」と「かわいい」などの言葉を色で表現する塗り絵の優秀作品講評。

 

 

08081201

3人のコンビネーションもよく、中学生に分かりやすく、さわやかに説明。

 

 

 3人は、映像デザイン、3D、CG、WEBデザインと、それぞれ違ったジャンルに取り組んでおり、自己紹介の中で披露した作品も三人三様で、生徒は作品を食い入るように見つめていました。実技を交えたり、インタラクティブなやりとりを設けたりと、充実した内容に、どの生徒も最後まで集中して取り組んでいました。講師の3人が大学生活を満喫している様子も伝わってきて、大学生に憧れ、文芸大に関心をもった生徒も多かったことと思います。

講師を快く引き受け(ボランティアで)、今日のために、自分たちの時間を割いて準備してくれたMOMOさん、SHOOTさん、JIMAさん、ありがとうございました。

更衣の話

koromogae本年度から朝礼で校長先生以外の教員も話をすることになり,本日トップバッターを務めました。

衣替えにちなんで,体育館に自分のきものを持ち込んで,きものの話をさせていただきました。

衣替えは平安時代に始まったこと。(源氏物語千年紀とからめ,「更衣」は天皇の着替えを担当する女官の職名であることから,民間では「衣替え」と表記するようになったこと。きものには袷,単,薄物があり,季節によって着分けること。「脱皮しないへびは死ぬ」を引用し,脱皮と成長の話をして終わり。

一度やってみたかった,反物を広げてみることが実現しました。自分でも13メートルという長さを実感することができ,楽しい経験でした。

スピカ展

f0941833.JPG静岡県西部の美術科教員の方々による作品展が開催されています。私もモデルで参加!?浜松美術館の材木館長さんが描いてくださいました。うーん,実物より遥かに美しいです。この展覧会は毎年この時期に開催されています。本業の合間に創作されるのはさぞかし大変なことと思われます。 私も週一回の書道のお稽古に四苦八苦していますが向上心を忘れずにいたいものです。

チャングムの誓い?卒業式の袴

sotugyouusiki1sotugyousiki2今年の卒業式は当該学年の女性は私だけでしたので、華やかにすると浮きそうで、抑え目の色合いにしました。

角通しに紺のウールの袴(左の写真の色が近いです)。帯はからし色。重ね衿は当初は白だけで考えていましたが、紫を入れてみたら引き締まったのでこんな組み合わせになりました。今時の女子大生の袴姿とは異なり、かなり地味ではありますが、式典らしくて良かったかしら。

卒業式は1年間の行事の中でも特別なものです。特に、卒業生を抱えると一段と感慨深いものがあります。さようなら、かわいい生徒たち。。。高校に行っても元気でね。

幸福のタルト

タルト台タルト・ソレイユ教室風景

 

 

 

 

 

 

夏休みとはいえ、魔女先生も研修やら何やらでなかなか忙しい毎日です。

今日は家庭分野の補習授業。通常の授業では楽しくないので調理実習を組んでみました。(国語科教師ではありますが2年生の家庭も担当しております)

フランスで製菓を学び、現在自宅で菓子教室を主宰している大城美加さん を講師に、夏の菓子作り実習を企画。

暑い調理室での作業でも可能なものを美加さんに工夫してもらい、オレンジゼリー、カスタードクリーム作りを組み込んでのタルト・ソレイユ(太陽のタルト)に挑戦しました。

タルト台は美加さんが焼いたものを持ち込み、実習前半で作って冷やしておいたゼリーとクリーム、スライスした果物(パイン、バナナ、オレンジ)を後半に盛りつけて完成。

盛夏にふさわしいタルトができあがり、生徒たちも満足していました。おいしいものをいただくときってみんな幸せそうな顔になりますが、今日は自分たちで作ったとあって、喜びもひとしおでした。

美加さんは生徒たちのために、今日のタルトの写真をポストカードにしてお土産にしてくださり、その心遣いをうれしく思いました。デモンストレーションでの説明も柔らかい語り口ですし、美加さんの周りは温かい空気に包まれているのでした。お菓子を作る人は周りを幸福にしてくれるのですね。

 

テレビ会議

c84cf5aa.JPGメディア社会が急速に到来し,我々教員が必要とされる指導技術の一つに,子どもたちにメディア・リテラシー(メディアの読み書き能力)を向上させる授業づくりが叫ばれています。今日はそうした授業技術を支援する研究を進めている東大大学院 学際情報学府Sさんの研究に協力して,テレビ会議による討論第一弾となりました。

パソコンの画面左にある目玉のおやじみたいなのがカメラです。このカメラを通して私の顔が会議参加者のディスプレイに表示されます。このシステムがまた優れもので,顔が表示されるだけでなく,Power Pointのスライドも表示できるので,スライドを操作しながらプレゼンテーションできるのです。

互いに顔を見ながら話しができるので実際に会議の場に足を運ばなくてもいいというわけですが,表情が見られますからうなずいてくれたり,笑ったりしてくれると安心して話ができます。しかし,私はカメラを前にするとどうも緊張してしまい(いや,本当にそうなんです)自分でも無表情だなあと感じます。

こういうときにちゃんと相手の立場をくみながら表情で反応するというのもメディア・リテラシーの大切な部分かもしれません。メディアも着物も独りよがりでなく相手を気遣うものでありたいと思います。

 

 

行ってきます

ただ今こまち7号です。昼過ぎ秋田到着です。秋田大学附属小学校の研究会に参加します。中学校でも取り入れられそうな表現力育成の手立てを探ってきます。
残念ながら今週末着物はお預けです。
夜はしょっつる鍋かな。

チロルチョコ

24ee3829.jpg世の中のOLの7割が無くなって欲しいと思っているとか・・・。(全く同感)今日は日本中にチョコレートが飛び交う日であります。

我が職場でも義理チョコの買出しに走りました。クラスの子どもたちにも給食のときにチロルチョコを一つずつ配給。手づくりチョコを恥ずかしそうにもってきてくれた子もいました。

 チロルチョコと言えば、コマーシャルが面白いのです。以前、メディアリテラシーの研究をしたときに、コマーシャルの制作費をメーカー(チロルチョコ株式会社)に問い合わせたことがあります。あの単価(10円、20円)でどのくらいの売り上げを期待してコマーシャルを作っているのか、制作費もばかにならないはずなのに、元がとれるのかなんて余計な心配をしました。結局メーカーさんは教えてくださいませんでしたが。

ちなみに私が好きな歴代CMは「冬千代子」平成10年

>>>以下引用

チロルチョコ<冬チョコ>
「甘く切ない夢と化し、せめて春まであなたの口でとろけたい。歌うは女、冬千代子・・・」というナレーションに続き、歌い始めようとする冬千代子ですが、その前に商品のアップで終わってしまいます。

>>>引用終了

 
 

クリスマスケーキ

f64fea3e.jpg

冬休み2日目。今日は「クリスマス料理教室」と銘打って,クラスの生徒を集めてクリスマスケーキ作り。休み中でも生徒たちは食べ物にありつけるとあってうれしそうに集まってきた。

くじ引きで決めた二人一組で1台のケーキのデコレーション。スポンジケーキは予め焼いてあるものを用意してあったので,生徒たちはホイップクリームを作り,果物を切って飾り付けるだけだが,結構楽しんでいた。それぞれのチームでデコレーションを工夫し,出来上がった後,記念撮影。食べ物があるとうちのクラスは最高にご機嫌がいい・・・。

アンネの日記

04698f05.jpg

いつものように子どもたちが教室から出て行った後,教室のそうじをしていると,他のクラスのMさんが教室をのぞきながら通り過ぎようとしていた。

「ああ,Mさん,昨日お話があるって言ってたけど,出張で聞けなかったね。今聞こうか?」

「うーん,今度でいいです。」

「でも用件だけ聞いとこうか?」

「うーん・・・。」

と言ったきり,元気のない表情をしている。

これは何かあるなと思ったので,

そばに近づいて顔を覗き込みながら,

「言ってごらんよ。」と言うと,

「先生に借りたアンネの日記汚しちゃった・・・。」

そう言いながら,目に涙を浮かべている。

「・・・そうだったの。なーんだ。そんなことで気に病んでたの。

早く聞いてあげればよかったね。あなたのことだから,

責任感じちゃってたんでしょう。悪かったねえ。

そんな思いさせちゃって。ごめん。ごめん。」

Mさんは目を真っ赤にして涙をぽろぽろこぼしている。

「もし手元に置いとくのが辛かったら私に返したら?」

「まだ途中なので・・・。」

「じゃあ,最後まで読んで感想を聞かせてね。」

 

Mさんは,朝8時5分から読書で過ごす自分を

今年の読書週間標語に表現した。

「8時5分 活字で味わう 気分はアンネ」

 

 

11月のツリー

db8ee18f.JPG

「さようなら」と生徒たちが教室を出て行った後,                        ふとある子の机を見ると,                                何やら可愛らしいものが並んでいる。                            いつの間にこんなの作ったんだろうと眺めていると,                  一人の女子生徒が忘れ物を取りに戻ってきた。                   眺めている私に気づき,

                                「先生,かわいいでしょう?」 

「あなたが作ったの?これどうするの?」

「欲しい人にあげてる」 

「私にもちょうだいよ」 

 「いいよー」と言いながら彼女は小走りで部活動に向かっていった。

子供たちと格闘する毎日だが,今日はしかめっ面しないで教室を後にすることができた。

Recent Comments
Profile

魔女

Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク