魔女の電子便 

週末のきもの・ガーデニング

箒を針に持ち替えて

台風迫る日の縫い物

image
台風接近中の連休。庭仕事は諦めて、ふと思い立って縫い物をしました。
image
刀剣を収集していた父が遺した刀剣の保管袋?で兼ねてから何かできないかと思っていたところ、一つは解体してテーブルセンターにすることに。
image
ワインボトルを入れてみたら、太さがちょうどいい。刀剣袋の口の部分は折り返すと襟のようになるので、これを生かしてワインを持ち歩くバッグに。
image
底を縫って持ち手を付けたらなかなかいい感じ。
image
菊の柄と色合いがこれからの季節にぴったりだわ。
image
image
30年以上前に池袋西武で買った生地はクッションカバーに。あまり裂はコースターに。
image
雨の日の縫い物もいいものです。


てぬぐいバッグ

IMG_1403IMG_1401

 

 

 

 

 

 

 

コンビニでレジ袋をもらわなくてよいように手ぬぐいでバッグを作りました。

「あずま袋」のように、どこも裁断せず、縫い合わせるだけでできないかと、ネットや文献で調べ、自分なりに工夫して作ってみました。

 

 

IMG_1393

IMG_1394

中表で二つ折りにし、端から1cm程度の部分を縫って開き、アイロンをかけます。

 

 

 

 

IMG_1395

IMG_1396

左写真:開いたところに向かって、上下をそれぞれ折ります。

右写真:もう一度折ります。

この折ったところが持ち手の部分になります。

 

 

IMG_1397IMG_1398

左写真:折ったところを抑えるために、ミシンをかけます。

右写真:脇を縫います。20cmくらいでいいと思います。中身がこぼれない程度にここは自分の好みで。

 

 

IMG_1399

「マチ」を作ります。ペットボトルの直径に合わせて7cmくらいにしました。ここも好みでいいと思います。

裏返したら出来上がり。30分もかからずにできました。

ちょっと近くに出かけるときにも、財布、携帯電話、ハンカチなどが十分入りますので便利に使えるかと思います。

 

伊右衛門てぬぐいエコバッグ

IMG_1345

伊右衛門に付いていた手ぬぐいでレジかごにぴったり納まるバッグを作ってみました。

手ぬぐい6枚を縫い合わせ、手ぬぐい一重では生地が薄いため、二重にしたので生地がしっかりしました。これならたくさん買い物をしても大丈夫そうです。

 

IMG_1371IMG_1372

 

 

 

 

両面の柄が違って楽しいバッグになりました。

IMG_1375IMG_1369

生地を足して口が閉まるように紐を通しました。

内袋を付けたところ、

折りたたむとすっぽり入りました。

これが出来上がるまでにはなかなか手間がかかりました。

たぶん、よほど意欲が無いと二度と作らないと思います。。。

ブックカバーをちくちく

bookcover1

ちくちくと人のことを言葉で刺すのが得意な私ですが、実際に針を持ってちくちくするのも好きです。いや、これで人を刺すのでなく、縫い物です。

編み物や洋裁好きだった母の影響で、小学生の頃から手で縫ったり、ミシンを踏んだりすることをまめにやっておりました。

大学に進学するときには、何かと役に立つからと、母が20万以上するミシンを購入し、持たせて送り出してくれました。

師走になって仕事関係の本やレポートととにらめっこしてばかりでしたら、ちくちくしたい病が頭をもたげ、日曜日、夜中に思い立ってブックカバーを作りました。

 

bookcover2

最近はさまざまな手芸用品があり、そのパーツを見ているとアイディアが沸いてきます。シンプルなレースやフェルトのかわいいボタン型アップリケがあったので、これを生かしてみました。しおりの紐は麻を編んだもの、ブランケットステッチはウールの刺繍糸。これらも市販のものです。

ブランケットステッチに手間取りましたが、無心になってちくちく・・・。12時頃始めて2時頃完成。

静かな冬の夜を過ごすにはいいですね。

Recent Comments
Profile

魔女

Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク