2007年01月16日

セミナー:問題の本質を引出す会話術 (2007/01/14)

■問題の本質を引出す会話の組み立て方
2007/1/14にコミュニケーションセミナーを実施しました。お忙しい中、参加していただいた8名の方との出会いに心から感謝します。

−セミナーに参加した方の感想−
20代 男性
短時間でのコーチングが見事でした。
最初に掲げた目標から、本質・深層までもっていく過程にほれぼれしました。

残りの感想については、このブログの最後をご覧下さい!!!!

最初に掲げた目標から、本質・深層までもっていく過程
本質・深層にたどりつくとはどういうことなのでしょうか?



具体的なやりとりを以下に示しますね。

■テーマ:貯金をしたい
コーチ:どのようにして貯金をしようと考えていますか?

参加者:大好きなお酒を控える。 浪費癖があるので、浪費を抑える。

コーチ:それ以外にありますか?

参加者:貯金をする意識をしっかり持つ?

コーチ:あなたが考えている意識とは何ですか? 教えて下さい。

参加者:私には年の離れた兄がいるんですけど、
    結婚資金を貯めるために、社会人2年目から
    貯金をしていたという話を聞いて、
    ちょっとカッコ良いなぁって思ったんですよね。

コーチ:私が感じたことを言って良いですか?
    お兄さんみたいにカッコ良い人になるための手段として、
    貯蓄を考えているように感じました。

参加者:正直そうかもしれません・・・・

■この会話のキーポイント
貯金をしたい理由を聞かれた後の、
参加者の返答内容がキーポイントです。
『お酒が大好き・浪費癖・意識を持つ』

『お酒が大好き・浪費癖』は現象を表しているのに対して、
『意識を持つ』は心構えを述べています。

心構えを掘り下げることで、相手の深層心理に入ることは可能ですが、
現象を掘り下げて、相手の深層心理に入り込むことは至難の業です。
そこで、『意識を持つ』という単語をキーポイントとして、
話を展開した方が本質にたどり着けると判断したんですね。

《みなさんに質問です》
人との会話の中で、痛いところつかれたなぁっていう経験はありますか?
また、それはどんな内容でしたか?


−セミナーに参加した方の感想−
20代 男性
目からうろこです。
セミナーに参加するのは初めてでしたが、
自分の表現力の拙さ、
話を聞くことに対する気付きの少なさ、
非常に考えさせられました。
実際に、中川さんのコーチングを見せて頂くことで、
気になるフレーズ、中川さんがどこを見ているのか
そこから広がる話の展開を感じることが出来ました。
ありがとうございました。

20代 女性
ワークショップ(参加型)が多いセミナーで、
コーチングを実践できて面白かったです。
初対面の人に、5分という短い時間で信頼を作って話を引き出すのは大変!
2時間があっという間でした、ありがとうございました。

20代 男性
セミナーというものに参加させていただきましたが、
中川さんの一方的な話ではなくやりとりをみんなでできて、
やりやすさを感じ、プラスになったなと感じました。

60代 男性
コーチングのセミナーに参加したのは今日が初めてでした。
でも、ある目的を持って会話をしていくときは、
自分から投げる質問、相手から返ってくる答えのキャッチボールが
的を得ていないと、その会話の目的に達することが出来ないことに気付き、
コーチングの手法に大変興味を持ちました。

自分がコーチ役、クライアント役になって実技を行ってみると、
相手の話の聞き方、確認の仕方の大切さがしみじみと分かりました。
友人にもこのセミナーを勧めてみたいと思います。

コーチングセミナーに興味をもたれた方は、
以下のアドレスをクリックしてみてください。
セミナーの内容・日程が確認できます。
セミナーの内容・日程



今日も一押しお願いいたします。
人気blogランキングへ
ランキングへのご協力ありがとうございました。
中川潤哉



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
セミナー・講演内容及び日程
Profile
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)