2008年10月02日

『小沢政治は、もうコリゴリ!』細田幹事長・代表質問

代表質問で自民党・細田博之幹事長が民主党・小沢代表について発言をされましたが、
どうせ日本のマスコミには、まともな取り上げられ方をしないでしょうから、下記に内容をUPしておきます。

画像があれば・・・と思って探したのですが、無かったので、
石原のぶてる氏の画像を貼っておきます。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



細田博之幹事長の代表質問の冒頭部分

私は、自由民主党を代表し、麻生総理の所信に対して質問をいたします。(拍手)

ここで、予定外ではございますが、申し上げたいことがございます。

ただいまの小沢民主党代表の質問を伺うと、一昨日の麻生総理の民主党への問いかけにほとんどお答えになつておりません。甚だ遺憾であり、この後、鳩山幹事長にお答えいただきたいと思います。
 私が国会に初当選をいたしましたときに、小沢代表は我が自由民主党の幹事長であられました。
既に八回当選され、四十七歳にして、史上類を見ない、最高の権力を持つ自由民主党幹事長であられました。
 当時は、海部総理、そして金丸副総裁等々、金丸・小沢ラインが全国の、この日本国の政治を聾断(ろうだん)していたと言っても過言ではありません。私は、心ひそかに小沢当時幹事長を尊敬しておりました。

そして、それから二年後に金丸事件、脱税事件が起こりましてびっくりしておりましたところ、その直後に小沢元幹事長は我が自民党を同志とともに脱党され、そして新生党を設立され、宮沢内閣を倒し、そして細川連立政権を樹立したのであります。(発言する者あり)関係がないように言われますが、そうではありません。細川内閣を設立して、政治改革法案を通して、少数政党にとって極めて厳しい小選挙区比例代表制度というものを強引に通された。

それだけではありません。細川政権が発足して数カ月で、国民福祉税、七%の消費税を導入すると発表されまして、そして、細川政権はわずか九カ月で崩壊したのであります。その後の羽田政権、羽田総理にも私は尊敬申し上げておりますが、その国民福祉税の関係で社民党が離脱され、そして、さきがけが離脱されて、わずか合計十一カ月で政権がほうり出されたわけでございます。

安倍政権や福田政権は、教育改革、憲法改正、その他道路財源の一般財源化を含めまして、前向きの政策を次々に実現され、行政改革も実現された。しかし、いわゆるねじれ現象の結果、あらゆる法案を妨害する、その中で福田内閣も苦労され、そうして一年でこの麻生政権にかわったわけでございます。まあ、これ以上申しません。

いろいろ長い経過を、私なりに経験いたしますと、強引な政治のイメージこそが麻生総理と小沢党首についての世論調査によります期待度の差として明らかにあらわれている。

小沢さんについていった人は、今、民主党席には六、七人おられます。
 この閣僚席に三人おられます。我が自民党に十五人以上おられます。しかし、その方々に聞いてみると、もう小沢政治はこりごりだ、自由な自民党の方がいい、そういう気持ちでいっぱいでございまして、これは私どもとしては、本当に次の選挙で政権移譲をしていいのか、このことを非常に疑問に思っていることを申し上げたいと思います。


wits2001 at 13:13│Comments(4)TrackBack(0)政治 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by     2008年10月02日 14:39
5
『椿事件』

1993年9月21日、民間放送連盟の「放送番組調査会」の会合の中で、
テレビ朝日報道局長の椿貞良が、選挙時の局の報道姿勢に関して

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。
今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、
なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる
手助けになるような報道をしようではないか」

との方針で局内をまとめたという趣旨の発言を行う。

(ウィキペディア「椿事件」)
2. Posted by siva   2008年10月02日 17:19
名無しサン

通りすがりに有難うございます。
この件、ワタクシ最近知りました。
マスコミの思い上がりと言うか・・・越権行為に他なりませんよね。
マスコミ本来の役割をまっとうする事が、報道に携わる者のプライドであるべきだと思います。

この方針に異論を唱える者のいないトコロが、日本のマスコミの次元の低さを物語っていますね。
3. Posted by ベリーニ   2008年10月02日 19:35
細田幹事長、いい所で小沢一郎の過去の傲慢ぶりを思い出させてくれましたね。
昨日の国会中継を見た人で、当時の状況を知っている人は、ちゃんと小沢一郎の本質を胸に刻んでおいて欲しいもんです。

「椿事件」ですが、テレビ朝日及び朝日新聞は、俗に「人民日報東京支局(実際に人民日報東京支局は朝日新聞社内に在ります)」と言われているように、明らかに中国共産党の意向を酌んだ報道を繰り返しています。
椿報道局長の発言も、それに沿って行った「工作」と言ってもいいものでしょう。
当時の中国は、89年に起きた天安門事件への制裁という事で、欧米諸国が経済制裁を行なっている中、唯一日本だけが率先して天皇陛下に訪中していただき、再び欧米諸国との経済交流への道を拓いて、中国もこれから改革開放を実践して行くという過程の中で、親中路線を歩むであろう細川連立政権が、今まさに誕生するという時期に行われた発言です。
案の定、テレビ朝日を筆頭に各マスコミは、しきりに打倒自民党政権報道を繰り返しました。
その結果が、ご承知のとおり非自民連立政権の誕生だった訳です。

こういった事実を検証してみれば、如何にマスコミは恣意的な報道を行うかという事が如実に分かると思います。
4. Posted by siva   2008年10月02日 21:55
ベリーニさん

なるほど〜!お勉強になります。有難うございます。^^

実は、小沢さんの昔のことってヨク知らないので、
細田幹事長の発言で『へ〜!そうなんだ。』と思った次第でございマス。(笑)

椿事件も、そういう時代背景でのコトなんですね。
しかし・・・マスコミの役割を逸脱しての情報操作はいけません!
国民のマスコミ離れを助長する結果になれば、自分で自分の首を絞めてるだけですし、
愚かな行為としか言いようがナイです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字