2010年10月08日

香港で先週末に開かれたサザビーズのワイン・オークションで、ロマネ・コンティ2005年やシャトー・ペトリュス1989年が記録的な高額で落札された。

 2日間にわたるオークションは、1366ロットすべてを売り、予想落札額の7400万香港ドルを大きく上回る1億700万香港ドルを売り上げた。初日は、米テキサスの収集家から出品されたロマネ・コンティが注目を集めた。2005年のロマネ・コンティ1ケースが181万5000香港ドル(約1930万円)で落札された。予想価格は120万香港ドルだった。2002年ロマネ・コンティ1ケースは、予想価格の倍の110万香港ドルをつけた。

 2日目はシャトー・ペトリュス1989年のダブル・マグナム3本セットが、72万6000香港ドル(約771万円)で落札された。

 サザビーズがアジアで過去18か月間に開いたオークションで、すべてのロットが売り切れた。ロマネ・コンティ、ペトリュス、ラフィット・ロートシルトなどが人気を集めている。今月末には、ラフィットの1869年から2009年までの蔵出しコレクションが予定されている。

1年前はロマネコンティー2005がオークションで60数万円で出ていました。買っておけばよかったな。

wiwiwwine15wiwiwwine15 at 21:21│コメント(0)見つけたワイン | 記事につてのコメント

2010年03月07日

kanban


 

イトウ工芸さんにお願いをして、店のカンバンを新調しました。

「地域NO.1の品揃え」をモットーに高品質のワインをお届けします。
最近は、姫路や神戸からもお客様がホームページを見て、ご来店を頂いております。
http://www.wiwiwine.com/

店頭販売も含めて、カード決済を希望されるお客様が多いのですが(高単価ワインの取り扱いが多いので当然ですが)決済手数料が5%も掛かるので、その分値引きをさせて頂いた方が、喜ばれると思いまだ導入をしておりません。

どうしようかな。

wiwiwwine15wiwiwwine15 at 12:35│コメント(0)お酒全般 │

2010年01月31日

フランス国立保健医学研究所の研究者グループが、フレンチ・パラドックスのメカニズムを解明した。

 フレンチ・パラドックスとは、赤ワインをよく飲むフランス人は、脂肪摂取量が多いにもかかわらず、動脈硬化などの心臓疾患が少ないこと。フランス食品振興会によると、赤ワインに含まれるポリフェノールが、動脈壁の細胞に一酸化窒素を作り出し、血管を拡張させる効果がある。研究者グループは、ポリフェノールが動脈を拡大させるには、エストロゲン受容体が必要であることを証明した。ポリフェノールの分子が、結合しているエストロゲン受容体アルファを通しているという。

つまり、赤ワインをよく飲むフランス人は動脈硬化になりにくい。という事です。

昨年の国税局が発表した酒類消費量は輸入ワインが伸びております。現在のワイン消費量は、先進国では一番少ないですが、今後期待の出来るカテゴリーです。

wiwiwwine15wiwiwwine15 at 19:16│コメント(0)お酒全般 | 記事につてのコメント

2009年06月26日

にぎわい市









6月26日(金)27日(土)28日(日)の3日間、
JR姫路駅の地下、元改札口の広場周辺にて、
食・地の座 姫路駅地下「元気!にぎわい展」 と題して催しをします。

地元の家業のお店のおいしいものが大集合です!
播磨の地酒とお米文化を来て下さった方に少しでも知っていただきたいと、
なんと、地下で、田植えも行っています。


私も参加をしておりますので、是非お越し下さい。





wiwiwwine15wiwiwwine15 at 09:25│コメント(0)お酒全般 │

2009年04月25日

2008ボルドー・プリムールで、シャトー・ラトゥールが1級の先頭を切って、07年のほぼ半分の価格で売り出した。これによって、08年の価格が04年の水準以下にまで下がるのは確実。世界的なワイン投機が火をつけた05年からのバブルは崩壊した。

 ラトゥールのネゴシアンへの提示価格は1本110ユーロ。07年より約46%の大幅な低下となった。ネゴシアンからバイヤーへの販売価格は240ユーロから130ユーロ前後まで下がった。最初の売り出しで購入できれば、日本での小売価格は2万円台で、04年と03年の中間となる見込み。

 1級シャトーのプリムール売出しは、足並みをそろえる慣習があったが、ラトゥールはフレデリック・アンジェラ社長になってから独自の値付けを打ち出し、ほかのシャトーより高い価格で販売してきた。ヴィネクスポが開かれる奇数年は、1級シャトーは6月まで価格発表を遅らせるのが通例だったが、ラトゥールが先手を打って安い価格で売り出したことで、世界不況で苦しむ市場に対応する意思を示した格好だ。

 世界的にも大規模なプリムール・バイヤー「エノテカ」の05年ラトゥールの販売価格は7万7000円(12本セットの1本当たり税抜き)で、06、07年も円安などがあって高止まりしてきた。40%ダウンのシャトー・アンジェリュスに続いて、ラトゥールが大幅に値下げしたことで、08プリムールの値下げ傾向が決定的になったといえる。

 1990年代後半からワイン投資ファンドやブローカーの参入、中国・ロシアなど新市場の需要増大によって、ボルドー・トップシャトーの価格は一般愛好家に手の出ない水準まで上昇し、バブルの様相を呈していた。

 プリムール商戦で開かれた試飲会の様子を伝える英米のワイン評論家のレポートによると、収量とグランヴァン比率を全生産量の40%にまで絞り込んだ08ラトゥールの品質はきわめて高い模様。英米のバイヤーやワイン商は、ラトゥールの価格を歓迎している。

 米国の評論家ロバート・パーカーのサイトで、評論家のニール・マーティンは「92〜95点」をつけた。ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニヨン94%、メルロ6%で「カベルネらしい」男性的なワインと評された。米国のワインショップでは199ドルで売り出したところもある。米国で1級シャトーのプリムールが200ドルを切ったのは、2002年以来のことだという。

この価格なら値上がり間違いなし!無理をしてもケース買いをするべきヴィンテージと判断をします。

wiwiwwine15wiwiwwine15 at 15:27│コメント(0)見つけたワイン │

2009年02月24日

神の雫 掲載ワイン

世界不況にもかかわらず、世界のワイン消費は順調に伸びるというレポートを、2年に1度ボルドーで開かれる国際見本市「ヴィネクスポ 2009」の実行委員会が発表した。
調査によると、2008〜2012年の世界の生産と消費はいずれも成長が期待され、生産量は3・83%増えて30億ケース以上、消費量は6%増えて28億ケースになると見込まれている。

一方日本でも、ワインを巡って繰り広げられる人間模様を描いた日本テレビ系「神の雫(しずく)」(火曜後10・00)でワイン販売が伸びている現象が起こってる。

 ドラマは、世界的なワイン評論家、神咲豊多香(古谷一行)の息子の雫(亀梨和也)と、豊多香と養子縁組をした遠峰一青(田辺誠一)とが、豊多香のワインコレクションの相続をかけ、豊多香が「神の雫」と呼んだ最高のワインが何かを、コレクションの中から探し出す物語。原作マンガは、日本で220万部、韓国で200万部を売り上げている人気作品だ。

 マンガもワインブームに火をつけたが、原作者の亜樹直(あぎただし)さんは「それ以上にテレビのパワーはすごい」と語る。実際、作品に登場したワインの売れ行きは急増。通販サイト「楽天市場」のあるワイン販売店舗では、コート・デュ・ローヌの在庫300本が、放送中の30分で売り切れた。

 また、ワイン専門店「ヴィノスやまざき」では、シャトー・レゾリューの売れ行きが放送翌日から3〜4倍の1日30ケース(360本)以上に急増。ワイン輸入業「日本リカー」でも、ルイ・ジャドのシャブリの3か月分の在庫が、放送翌日に完売した。ヴィノスやまざきの種本祐子専務は「それまでワインを飲まなかった人が、ドラマを見て来店してくれる」と喜ぶ。


私のお店でも、神の雫に掲載をされたワインがよく売れています。
http://www.wiwiwine.com/casale.html
http://www.wiwiwine.com/calera.html
http://www.wiwiwine.com/monperat.html

インタネットショッピングが多いですが、ご来店を頂いてご購入を頂くお客様も増えてきました。(店頭はインターネットよりお安くさせて頂いております)

「神の雫」掲載ワインはインポーターが緊急輸入をしておりますが、次回の入荷まで現在1〜2ケ月待ちの状況です。


wiwiwwine15wiwiwwine15 at 18:02│コメント(0)見つけたワイン | 記事につてのコメント

2009年01月12日

神の雫

久しぶりのワインドラマ放映されます。

世界のワイン市場を左右する評論家・神咲豊多香が死んだ。遺された資産は約20億円。しかし遺言状には、彼が選んだ12本のワイン「十二使徒」と、その頂点に立つ一本「神の雫」の銘柄と年代を当てた者に譲られると記されていた。その遺産の後継者に、2人の男が名乗りをあげる。彼の息子で素人ながら才能の片鱗を見せる「太陽ビール」若手社員・神咲雫と、新進気鋭の天才ワイン評論家・遠峰一青。熱き闘いの幕が上がった!  というストーリです。

業界のウワサでは、メルシャンがスポンサーで、メルシャン扱いの高級ワインが沢山登場するとか・・・。





wiwiwwine15wiwiwwine15 at 22:15│コメント(0)見つけたワイン │

2008年11月18日

ワインが認知症の予防に役立つという研究成果を、スウェーデンのヨーテボリ大学の研究チームが発表した。

 1968年に始められた研究は1458人の女性をアルコールの消費量や頻度で分類した。このうち、162人が認知症を発症したが、ワインしか飲まないグループの発症率は最も低く、ビールやスピリッツを飲むグループには因果関係は認められなかったという。

やはり、ワインには認知症、動脈硬化に有効的だとソムリエの試験の時に勉強をしましたが、実証された事は嬉しく思いますすし、もっともっと広めていきたいと思います。

wiwiwwine15wiwiwwine15 at 18:58│コメント(0)記事につてのコメント | 見つけたワイン

2008年10月08日

2008年前半のシャンパーニュ輸入量で、日本は世界3位となった。

 シャンパーニュ委員会が発表した6月までの統計によると、輸入量は約368万本で、イギリス、アメリカに続いた。ただ、前年同期比では5.03%減少しており、シャンパーニュの値上げや景気の減速の影響がうかがえる。世界的な出荷量も1億1911万本で、2.78%減となっているが、ロシア(35.27%増)やインド(49.59%増)などの新興国は大きく伸びている。

インド国内のワイン消費が2年以内に倍増するという見通しを、インド商工会議所連合が発表した。現在は500万リットルの消費量が25%増加して、2010年までに900万リットルになるという。インドのアルコール消費はビールやウイスキー、スピリッツ類が主体だが、西洋風ライフスタイルの普及などでワインを飲む習慣が広がっているという。

日本でも、もっともっとワインの消費量が増えれば嬉しいなー。


wiwiwwine15wiwiwwine15 at 20:36│コメント(0)見つけたワイン │

2008年08月26日

オーパスワン セカンドワイン


アメリカのカリフォルニアを代表する高級ワインのセカンドワインがこれです。



オーパスワンを作る最終段階で、樽ごとに検査をしてオーパスワンの規格に合わなかったワイン及び、オーパスワンにするにはまだ未熟な若い樹から取れたブドウで作る、オーパスワンのセカンドワインです。

フランスのトップシャトーと同様で、セカンドと言っても作りはファーストラベル同様なので、安価でオーパスワンが楽しめるお買い得なワインになっております。

毎年作られていなく、生産本数も限られているのでショップにはほとんど出てこないワインです。現地でもワイナリーに行かないと買えませんし、ワイナリーででも購入出来る本数も制限がある貴重なワインです。



ワイン輸入卸問屋の酒類販売業免許を4月に取得してから、アメリカのワインディラーやワイナリーから直接仕入れをしております。このワインでも1万円〜2万円の価格で、東京市場からのご注文が多いです。また、オーパスワン2005が今年の年末に販売をされますが、すでに約200本の予約を頂いております。私の手元にはお金はありませんが、有るところには有るのですね。






wiwiwwine15wiwiwwine15 at 18:18│コメント(0)見つけたワイン │

2008年07月09日

姫路の版画家

姫路の版画家 岩田健三郎先生と先日、川のほとりの美術館にてお会いをしましたら、とても雰囲気の良い気さくな先生でした。以前より先生の作品には心を引かれるものがあり、暖かみを感じる作品が多くあります。今回お会いしたのは、今年収穫する「酒米・山田錦」をお酒にした時のラベルを作成して欲しいという思いからです。

気持ちよく引き受けて頂き、お酒を作る趣旨とお米を作るプロセスを説明させて頂きました。今年の酒米の収穫がとても楽しみです。

企画趣旨 : オリジナルのお酒を壷坂酒造さんに仕込んでもらう。地域に密着した お米・酒蔵・芸術家・店舗の共同作業にてオリジナルの美味しい日本酒を造る。地域に貢献をする趣旨で1本あたり50円程度の寄付を兵庫県の(財)兵庫みどり公社へする。

お 米 兵庫県認定農家 東郷家の有機肥料・減農薬 山田錦
酒 蔵 兵庫県夢前町 壷坂酒造(雪彦山)
ラベル 版画家 岩田健三郎先生の版画
販売店 兵庫県西播地区(地元)の店舗のみ
お酒の質 純米吟醸 無濾過生原酒しぼりたて
生産本数 720ml(カートン入)で800本
販売売価 希望小売価格 ¥1,800(税別)

発売スケジュール
10月20日 20年産有機肥料・減農薬山田錦の稲刈り
10月30日 酒米「山田錦」を60%まで精米
11月 1日 お酒仕込みの開始
11月20日 ラベル版画刷りを開始
12月10日 お酒の仕上がり 発売開始

今年のお歳暮や手みやげに是非使って下さい。
お願いします。

wiwiwwine15wiwiwwine15 at 12:13│コメント(0)お酒全般 │

2008年06月02日

香港

5月27日〜29日まで香港で開催をされた、国際ワイン見本市に1人で行ってきました。香港へは20年前に訪問をして、これで2度目になります。昔はイギリス領だったので、英語が良く通じましたが、今回はタクシーの運転手に行き先を告げるのに結構苦労しました。中学・高校・大学と英語が苦手で、英語を使う職業には成りたくない!と思っておりましたが、まさか英語を使う仕事をするとは夢にも思っていませんでした。

日本人は少なく、ほとんど見かけませんでした。韓国人と中国人が当然ですが多かったのが印象的でした。韓国と中国はワインブームだそうで、高級ワインが良く売れているそうです。高級ワインのコーナーには沢山の人が群がっていました。

wiwiwwine15wiwiwwine15 at 10:42│コメント(0)見つけたワイン | オススメ旅行

2008年04月20日

カレラ・ジェンセン
カレラジェンセン ロマネコンティーと比べると・・・


2006年5月2日に放映をされた、人気テレビ番組「世界バリバリ☆バリュー」で、カレラ・ジェンセンが「100万円のロマネコンティに双璧」と紹介され、その後は輸入元を含む、アメリカ本国でも売り切れてしまった話題のワインです。
現在も、カレラで最も人気の高いジェンセンは2008年9月に2005年ヴィンテージのリリースまで入荷の無い状態です。

この「世界バリバリ☆バリュー」で紹介される前も、漫画『ソムリエ』(スマップの稲垣五郎さん主役のTVドラマ)にも登場し、主人公にロマネコンティと間違えられたカレラ『ジェンセン』は、その後暫く市場から全く姿を消し、瞬く間に『幻のピノノワール』となりました。

私も以前から輸入をしており、何度か飲みましたが、DRCロマネコンティと比べると香りが少し弱く感じましたが、開栓後の酸味がしっかりとしており、まろやかな果実味が樽香を包み込み絶妙のバランスです。半分残し試飲した2日目は酸味も非常にまろやかになり味は遜色の無いレベルでした。若いヴィンテージはデキャンタージュが必要だと感じました。

今もアメリカ本土で現地のスタッフを使い探しております。4月末には2003年が5本と2004年が5本入荷する予定です。次回の入荷は未定。

http://www.wiwiwine.com/calera.html

 ***************
 アッコにお任せ出演ワインアドバイザー
 ワイワイワイン 店長 東郷昌俊
 兵庫県加西市北条町西高室594-5
 tel&fax 0790-42-8890
 URL http://www.wiwiwine.com
 mail togo@wiwiwine.com
 ***************


wiwiwwine15wiwiwwine15 at 10:28│コメント(0)見つけたワイン │

2008年04月17日

環境保護団体の「農薬行動ネットワーク」(PAN・ヨーロッパ)がヨーロッパのワインの農薬汚染を指摘した問題で、ヴィニフロール(全国果実、野菜、ワイン、園芸同業者連合会、旧ONIVINS)は、「消費者に危険はない」とするコミュニケを発表した。

 この問題は、PAN・ヨーロッパがヨーロッパ市場で販売されている40点のワインを検査し、すべてから微量の残留農薬が検出されたと発表した。伝統的な農法の34点、有機栽培の6点のうち、有機栽培のワインには農薬の残留が見られず、伝統的な農法のワインからは、規定最大量の20〜5000分の1に当たるごく微量の残留が見られたという。

 ヴィニフロールによると、検出された農薬はベト病などから樹を守るために公式に認められているもの。農薬の使用は、EUの規則で規定されており、最大残留基準も規定されている。今回の農薬の残留はワイン消費者には危険はないと発表した。

 フランス農水省は残留監視計画に基づいて、1990〜2003年度の1172点のワインを分析したが、調査対象の3分の1しか存在が確認されず、原料のブドウよりもはるかに少ない量しか、ワインからは検出されていないという。
(2008年4月4日 読売新聞)


昨今で、農薬の問題が取り出さされております。微量の残留農薬が検出されましたが、害はないという結果だと言うことでしょうか?ただ、飲む側からするとやはりオーガニックワインが有り難いです。


wiwiwwine15wiwiwwine15 at 09:32│コメント(0)見つけたワイン │

2008年03月26日

コッポラワイン


米国でセレブの造るワインが売れている。


古くは映画監督のフランシス・フォード・コッポラから、最近ではアメリカンフットボールのコーチ、マイク・ディトカ、プロゴルファーのグレッグ・ノーマンまで、ワインを生産している有名人は多い。最近はライフコーディネーターのマーサ・スチュワートや元俳優のポール・ニューマンも手掛けている。

 ACニールセンの調査によると、セレブの知名度を生かしたワインの2007年の売り上げは、前年より約19%増加し、米国全体の売り上げの0.9%に当たる4180万ドルに達しているという。消費者がセレブ・ワインに払う平均価格は8.50ドルで、通常のワインの5.75ドルより高い。西海岸での人気が高いという。

 セレブ・ワインは、大手生産者に比べると量も少なく、生産者も小売り店も広告や販売促進にかける資金は少ない。にもかかわらず売れる理由について、ACニールセンは消費者がセレブのライフスタイルの延長としてワインをとらえている信頼感やブランドイメージが確立されている点をあげている。


アメリカへ行き、色々なスーパーへ買い物に行ってみると、中流スーパー以上ならほとんどがこのワインを扱っていました。おみやげに!とも考えたのですが、知名度だけで美味しそうな気がしなかったのでやめました。

世界に目を向ければ、ルイ・ヴィトンの5代目が作ったワインだとか、フェラガモの弟が作ったワイン、カルチェの元オーナーが作ったワイン等々。どれもが名前だけでで売れてしまうので、少し悲しい気持ちになります。

wiwiwwine15wiwiwwine15 at 21:12│コメント(0)
ワイワイワイン
Recent Comments