2011年01月29日

ウチのリビングの照明は無印のシステムライト(スポット)なんですが導入時から「ちょっと暗いかな?」という感じで映画見るときなどは丁度良いのですが、もう少し明るい照明器具に入れ替えようかとも考えていました。でもこの照明は結構気に入ってるので出来れば使い続けたい。そこで試しにLED電球に入れ替えてみました。

以前からLED電球は気になっていたのですが、あのハイコントラストで色温度の高い光源をリビングに使うのはどうも抵抗があり躊躇していました。先日、電球が1灯切れたので試しにその1灯のみLEDに入れ替えてみました。

R0016990
購入したのはTOSHIBAのLDA5L-E17

各社から沢山出ているLED電球ですが色々と調べて見ると各社の特徴が本当にバラバラなので悩みました。結局今まで使用していた蛍光灯電球が東芝なんで傾向も似ているのではないかと考えコレにしました。E17口金の電球色タイプとしてはかなり明るい「410lm」というのも決め手でした。

AP8J6850
1灯だけLEDにして蛍光灯と混在させてみました。よく見れば多少色温度が違いますが、写真ほど違和感は感じません。(右から2番目がLED。光源モロの写真でわかりにくいですね...)

それにしても「明るい」です。2年落ちの蛍光灯と比べるのは酷ですが本当に明るいです。大満足。


ってことで

R0016980

こうなりました(笑)。
リビングはかなり明るくなりましたよ。感覚でいうと2割増しくらい。

結構いいお値段しましたが、「電気代約半分」+「長寿命」のランニングコストで回収出来れば良いです。何年で償却できるのか怖いから計算していませんが、気に入っている照明器具本体を買い換えなくて済んだのがメリットということで。



<追記>
そーいえば先日、国立科学博物館に行ったときに照明を見たら結構LEDを使っていました。さすがカハク。R0016954


(12:13)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔