戦争が終わって僕等は生まれた 戦争を知らずに僕等は育った
おとなになって歩きはじめる 平和の歌をくちずさみながら
僕等の名前を覚えてほしい 戦争を知らない子供たちさ

若すぎるからと許されないなら 髪の毛が長いと許されないなら
今の私に残っているのは 涙をこらえて歌うことだけさ
僕等の名前を覚えてほしい 戦争を知らない子供たちさ

青空が好きで花びらが好きで いつでも笑顔のすてきな人なら
誰でも一緒に歩いてゆこうよ きれいな夕陽の輝く小道を
僕等の名前を覚えてほしい 戦争を知らない子供たちさ


・・・有名なジローズの歌ですが、別に戦争反対とかそういう歌じゃないですよね、本人達はどういうつもりか知らんけど。言うならば「もう戦争とか言う時代じゃないよねー」といった感じの平和ボケソング。形無しだなぁ、こりゃ。2番の「髪の毛が長いと〜」なんて、思いっきりNHK非難だったりするし(NHKの紅白歌合戦は、以前は髪の長い男性歌手は出演できなかった)。
 一体これのどこが反戦なのかと、何が素晴らしい歌なのかと。つーかだね、これを反戦ソングとか言って有り難がる連中ってのは、戦争に反対してるんじゃなくて、戦争という現実から逃避してるだけじゃねえかと。目の前にお花畑と青空があればいいよねー、とか。それさえあれば、国がどんな状況でもいいのかと、違う国の国旗が翻っていてもいいのかと。

※こちらは本家blog「世界日本ハムの哀れblog@非公式」よりTBが飛びづらい所へのTB送信用です。

続きとTB・コメントは
こちらにお願いします。

↓以下TB用リンク
http://ichirou.tea-nifty.com/blog/2010/11/post-06fe.html
http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-4054.html
http://shigemaro.cocolog-nifty.com/kumasan/2010/11/post-a0dc.html