2011年11月

2011年11月24日

#18 11月24日(木)晴れ、・・・また保育と関係ない話。

今日も晴れやかな一日でした。


 ・・・・・


すみません。今日も一日私は外出していたので記事になるようなネタがありません。

 他の先生に聞いたところ、大きい事故もけがもなく無事に過ごせたようでよかったです。


 ・・・・・・


 これでは、せっかくこのブログを見て頂いた方に申し訳ないので、 またもや保育とは全く関係のない話。

 ご覧いただく場合は、文章に不適切な表現があるかもしれませんが、

 過去のこととご容赦くださいませ。

4年前の8月7日の私の日記。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


今日、昼過ぎに子どもルームに通う小学生の女の子に


 りょうじ先生は彼女いないの? と聞かれ、


見栄を張って 「100人くらいいる」と答えたら






まるで虫けらを見るような目をしながら








「キモイ」 と一言。






 ・・・・・・




 いつか小学生は「キモイ」と言ってはいけないという 法律ができないかなぁと思いました。



 終わり。



・・・


 せっかくご覧いただいて、こんな内容ですみません。

 明日からまた頑張ります。

りょうじ

wkhoikuen at 20:58コメント(0) | 保育に関係ない話  

2011年11月22日

#17 11月22日(火)晴れ、頭に椅子がはまりました。

今日は、日中ぽかぽかな一日でした。



午前中、私が事務所で仕事をしていると、

保育士のO先生が事務所に来て、








先生、



子どもの頭に







椅子が・・・




???



なにやら不安そうな表情でよくわからないことをいうと、


O先生の後ろから、



頭に椅子をくっつけたKちゃんが・・・



事務所にいた先生方は多分全員思いました。




なんだこれは・・・??


頭が椅子になっちゃったのか?


はたまた目の錯覚か?


なぜ頭に椅子が???


数秒の混乱ののちに話を聞くと、



子ども用の木製椅子の背もたれと座面との隙間の部分に

頭を突っ込んで取れなくなったようで、担任がしばらくとろうと

頑張ったのですが、願いかなわず、やむを得ず事務所に救急搬送することになったとのこと。

どうやらその隙間の向こう側に見えたもの(何かは不明)を取ろうとしてはまってしまったのこと。



実は、その時たまたま、本当にたまたま


その子のお父さんが事務所に仕事として来客されてて


その現実を目の当たりにして一言


「何をしているんだ」


そりゃそうです。そうなります。



そんな頻繁に保育園に来るわけではないのに、

たまたま来たその日にわが子の顔が椅子に変わってしまった姿を見たら、

「何をしているんだ」です。


まさに、奇跡。



とにかくこの椅子を外さなくてはなりません。


しかし、気持ちとは裏腹にどうにもこうにも外れません。


やむを得ず、のこぎりで椅子の背もたれを一部切断し、救出。


助かった瞬間、Kちゃんはお父さんに抱きつきました。

その姿はまるで映画のワンシーンを見るようでした。


Kちゃんの顔が一生椅子にならなくてよかったです。



この件についてのブログへの書き込みの許可はその場でいただきましたので書かせていただきました。

りょうじ


wkhoikuen at 23:20コメント(0) | 子どもの面白発言!!  

2011年11月21日

#16 11月21日(月)晴れ、保育と全然関係ない話。

今日、私は会議でほとんど保育園にいれませんでしたので、

保育園と全然関係のない話ですが、昔書いた私の日記を転載します。

本当に関係ないのでご覧いただかなくて結構です。


ご覧いただく場合、文章で失礼があるかもしれませんが、過去の文面ですのでご容赦ください。




4年前、春のある日の話。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



外もだんだん暖かくなり,春らしさが感じられ気持ちよくなって来ました。 



春は出発の季節ということで、

私事ではありますが、実家に引越しをしました。

んで、この前引越しの準備をしていたら懐かしいTシャツが出てきました。



みなさんはTシャツって雰囲気で買いますよね?



このTシャツは私が大学の時に、ある先輩とららぽーとに買い物に出かけ

その先輩に勧められて買ったんです。

私自身も気に入っておりました。

黒字に白文字というコントラストといい、来たときのシルエットといい、

よし!!これにしよう!!と決めたんです。


まぁ、そのTシャツに書いてある文字に関しては、英語よみでは読めないので、

ラテン語か何かでかっこいいこと書いてあるんだろう!と思っていたんです。



そして翌日、そのTシャツを自慢するかのように大学に着て行きました。


するとどうでしょう、なにやら友人たちやその他の知らない人が

私のTシャツをみてドヨメキはじめるではありませんか。


なんだ、実はこのTシャツかなりの掘り出し物なのではと密かに喜んでいたんです。



するとある友人が近寄ってきて



「お前、そのTシャツ














ロマンティックがとまらない










ってかいてあるぞ!」







・・・・・






そんな馬鹿な・・・






・・・・・・






か、書いてある。



ROMANTICGATOMARANAI


って。



ローマ字読みだった。




しかも




CCBのライブTシャツだった。



この時、平成12年。


それ以来、部屋着決定。



ららぽーとと気づかなかった自分を憂いました。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


全然関係ない話ですみませんでした('д` ;)


りょうじ


wkhoikuen at 20:39コメント(0) | 保育に関係ない話  

2011年11月18日

#15 11月18日(金)雨、新聞ビリビリ。

今日は雨でした。

なので、午前中の活動は室内。

私は、用務をしていたのですが廊下を歩いていると1歳児のペンギン組さんから

子供たちの笑い声が・・・・


なんだ?とのぞいてみると

部屋いっぱい使って新聞をやぶって遊んでいました。

新聞びりびり

とても楽しそうでした。

新聞が切れていくところをじっと見て

敗れた瞬間


キャハハハハ

と大笑い。


つられて私も笑ってしまいました。


子どもって何かが破れたり、壊れたりするのを喜びますよね!

なんででしょうか・・・不思議です。

知っている人がいたら教えてほしいです。



“壊れる”といえば、


ついこの間、出かけようと自分の車をバックさせていたら





ドンッ!


姉の車にぶつけてしまいました。


・・・・


見ていたつもりが暗くてよく見えず・・・・



修理代が



17万円



・・・・




(TДT)




やむなく保険をつかいました。


保険料が高くなるぅ・・


大人は何か壊れると笑えないこともありますね(笑)






・・・・・(TДT)





保育園に関係ない話ですみませんでした。

ただ嘆きたくて・・・(TДT)


りょうじ(TДT)

wkhoikuen at 19:00コメント(0) |  

2011年11月17日

#14 11月17日(木)晴れ、モノレール遠足の日。

動物2
動物

今日は、つばめ組とひばり組さんのモノレール遠足の日でした。

目的地は千葉市動物公園。

つばめ組さんはモノレールの桜木駅まで歩いてそこからモノレールに乗って動物公園に行くので

朝の8時45分に保育園を出発しました。

ひばり組さんはバスで動物公園に行くので少し遅れて保育園を出発しました。


天気は晴天。

すがすがしい一日でした。

桜木駅への道中。

子どもたちは興奮しているものの、

さすが年長さん、横断歩道も手を上げながら急ぎ過ぎずわたることができました。



て、保護者の方々からすれば当たり前ですかね?



普段、保育園だけの生活なので一旦外に出ると意外に私たちはドキドキです。

子供は余裕しゃくしゃく。

さすがでした。


駅では、子ども一人ひとりが小銭を機械に入れ、ボタンを押し、切符を買いました。

私が代わりに押そうとすると

すごい剣幕で怒られました。

あの機械は子どもたちにとってまるで魔法の機械なのでしょう。

とても楽しそうでした。

モノレールに乗るときも真剣そのもの。

乗った後は窓に顔を張り付かせて大興奮でした。

乗車していた皆様、ご迷惑をおかけしました。


来年もよろしくお願いします。

車内では大興奮でしたが、降りるときなどは落ち着いて降りることができました。


動物公園では、グループに分かれて行動しました。

私のグループは9名の子どもと私を含めた先生2名でまわりました。

時間内で、動物をすべて見ることはできそうもないのでどうしようかと考えていると、

年長のS君が、


「これ僕が見たくて書いた動物たち」


と、先生に促されてたわけでもないのに見たい動物を書いたメモが・・・


レッサーパンダ

アルマジロ

ゾウガメ

ペンギン

と書いてありました。


私はこの子が前日に見たいのを家で書いたことを想像し

余りに感動したのでグループのみんなに相談して

この動物たちを見に行くことに。


時間内で順調に動物を見学し、

S君念願のアルマジロを見てしばらくしてから

S君が、


「先生、アルマジロまだ?」と聞いてきました。




え~ッ、もうさっき見たよ!しかもしばらく見てたじゃん。



その生き物がアルマジロだと気づいていなかったようです。


しかし、その後もS君のみたい動物をすべてみれたので満足した様子でした。

他のみんなの見たい動物もすべて見れて、

いい遠足だったなぁと私はしみじみと達成感に浸っていました。


そんな矢先、


ある年長のD君が、

私に向かって



ねぇ、せきぐちさん!

と声をかけてきました。



・・・・・



せきぐちさんて誰だ?



私は山崎だ!



結構ながい付き合いなのに



名前しらなかったのかい?


びっくりしすぎてその会話の内容は忘れました。



まぁ、無事に帰れたのでいいか!


楽しい1日だったね。今度は家族の人に連れてきてもらってくださいね!


りょうじ


wkhoikuen at 20:44コメント(0) | 遠足記事  
記事検索