2018年12月

2018年12月28日

#654 H30.12.28(金)本年もお世話になりました。


本年もお世話になりました。


平成30年も過ぎようとしています。


皆様にとってどんなとしでしたでしょうか。


「生成30年」少しググってみると、


・千葉都市モノレール開設30周年
・ももいりクローバーゼット結成10周年
・週刊少年ジャンプ創刊50周年
・全国高校野球選手権退会100周年
・となりのトトロ公開30周年
・明治維新150周年
・Jアラートめっちゃ鳴る
・草津白根山噴火
・「そだねー」
・「半端ないって」
・「災害級の暑さ」
・「ぼーっといきてんじゃねーよ」
・「スーパーボランティア」


あぁこんな事もあったな~と思い出します。


「いやいや、そんなの全然知らねーし」とか思われるかもしれませんね。


そこはご愛敬でお願いいたします。


皆さんにとってはどんな年でしたでしょうか。


来年もいい年になるようお祈り申し上げて


本年のご挨拶とさせていただきます。


ありがとうございました。


良いお年を。



wkhoikuen at 18:31コメント(1) |  

2018年12月24日

#653 H30.12.24(月)サンタさんと靴下

以前ブログで書いた記事ですが

また再度アップしたいと思います。




サンタさんが

みんなに内緒で

ひっそりと靴下の中に

プレゼントを入れるようになったのは・・・



 

サンタクロースのモデルとなったのは、



聖ニコラスというキリスト教の司教らしいです。

 


 

クリスマスの習慣となった聖ニコラスと貧しい家庭のお話


その昔、ニコラスの近所に



三人の娘がいる貧しい家族が住んでいました。

 


長女は結婚したいと思っていましたが、



その家庭は大変貧しく、



資金に困っていたため、


 

彼女は娼婦(売春婦)に



ならなければなりませんでした。

 


ところが、そのことを知ったニコラスは、



その夜、家の煙突からお金を投げ入れました。

 


そのお金のおかげで、



長女は娼婦にならずに済み、



無事、結婚できました。

 


それから、次女の結婚の時にも、



長女と同じ状況でしたが、


 

再び、ニコラスが家に



お金を投げ込んだため、


 

そのお金で、次女も救われました。

 


三女の結婚の時にも、



やはり、その家族は資金がなかったので、



三女は同じ状況でした。

 


そこで、両親は、また同じことが



起こるかもしれない

 


その人に会ってお礼をしたいと思い、



ニコラスが現れる時を待っていました。


 

そして、家にお金を投げ入れようとした



ニコラスを見つけました。


 

ニコラスはこのことを秘密に



するように頼みましたが、


 

その両親は、彼にとても感謝していたため、



街のみんなにこのことを広めました。

 


この逸話からニコラスは



サンタクロースのモデルとなり、

クリスマスの習慣ができました。

 


ちなみに、サンタクロースが



煙突から入ってくる。

 


というのは、ニコラスが煙突から



家にお金を投げ入れていたことに由来します


クリスマスプレゼントを靴下に入れるようになった由来



上記のお話で、ニコラスが



家に投げ込んだお金が、


 

ちょうど、室内で干してあった靴下に



入ったことが由来とされています。

 


ちなみにですが、聖ニコラスは、



なぜ、貧しい家族にお金を届けたことを



秘密にして欲しかったのか?


 

 

キリスト教の教えの中には、



人に良いことをしても、



それをしたのが自分であることを

 


言ったり、見返りを求めてはいけない

 


という教えがあります。

 


ニコラスはその教えを忠実に守るために



こっそり家にお金を投げ入れていました。


 

そして、正体がバレた時にも、



秘密にするように言いました。

 


サンタクロースがこっそり



クリスマスプレゼントを置いて帰るのも



その教えがあるからです。



素敵なお話ですね。



wkhoikuen at 00:08コメント(0) | 子どもへの想い | 子どもの素敵な話 

2018年12月22日

#652 H30.12.21(金)クリスマス会


昨日の21日(金)に若竹保育園では


クリスマス会が開かれました。


今年はサンタさん来てくれるかな~ ドキドキ


そんな雰囲気でお遊戯室にてクリスマス会をする子ども達。


そしたら、



来ました(^^♪



IMGP0932



サンタさん。



いい子にして過ごしていた子ども達に




プレゼントを持ってきてくれました。

 


IMGP0930


大喜びの子ども達。



サンタさんに少し質問コーナーで



「どこから来たの?」


「どうやってら飛べるの」


など、お話を伺った後、



サンタさんがプレゼントをくれることに。


しかし、、、


慌てん坊のサンタさん


プレゼントを忘れてしまったようです。


必ず届けてくれると約束をしてくれて


帰っていきました。


優しいサンタさん


今年も来てくれてありがとう!


また来てね。






そして、会は先生の出し物大会に。



毎年、先生方から子ども達へのプレゼントとして、



踊りを披露するのですが、



コスプレをするんです。



今年は


IMGP0964


IMGP0993


こんな感じです。



見ての通り、コンセプトは0(ゼロ)




なしです。



とにかくウケろ!です。






2幕行いました。




1幕目は女性保育士が踊り、




2幕目は男性陣の踊りです。




1幕目は大変盛り上がっている様子だったので、


2幕目も盛り上がるかと思っていたら、


我々が登場した瞬間、





「キャー(((( ;゚д゚)))」



という悲鳴と共に、



「時間がとまったのか」と錯覚するくらい、



目をまん丸くして動かない子ども達。




ドン引きしていました。





それでも一生懸命踊っていると、



子ども達も、悪いやつではなさそうだと



一緒に踊ってくれました。




その踊りには私も女装をして参加していたのですが、



その場にいた4才になる私の娘は、



下を向き、耳をふさいで泣いていたそうです。




小さい娘の心に傷を負わせてしまいました。




今後、娘に無視される日々を覚悟しています。




娘よ…



これが私の生きざまだ。







いつか一緒に・・・






変態やろうぜ!




☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*

サンタさんだ~(^^)/
IMGP0835
少しドキドキ
IMGP0836
みんな触ってるから僕もサンタ触ってみよ!
IMGP0838
こちらではハグ。
IMGP0846
サンタさんと「ハイちーず」
IMGP0848
「おじさん誰?」
IMGP0852
IMGP0860
可愛いサンタさんキッズ!
IMGP0879
ワクワクどきどき
IMGP0902
サンタさんらの手紙だ!
IMGP0908
IMGP0930
サンタ  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
IMGP0932
プレゼント忘れた(;´Д`)
IMGP0952
見れば見るほど面白い女性陣ダンサー
IMGP0964
真顔はやめてください<m(__)m>
IMGP0968

変態オジサン登場。
IMGP0993
IMGP1026
泣く娘
IMGP1029
泣く娘
IMGP1030
クリスマス給食
IMGP1073
IMGP1079


美味しかったね(^^♪



おしまい。




皆さんのご家庭のクリスマスも


素敵な時間になりますよう


お祈り申し上げます。




I wish you a Merry Christmas

(楽しいクリスマスでありますように・・・)




wkhoikuen at 19:47コメント(0) |  

2018年12月20日

#651 H30.12.20(木)絵本はいいですよね。

  

昨日、

 

絵本の出版会社の方とお話する機会があり、


 

「絵本は大切」という話を伺いました。




 

その通りだと思います。


 

膝の上にお子さんを乗っけて、


 

1対1でお父さん、お母さんに絵本を読んでもらえる。


 

その体験の積み重ねは


その後のその子の人生を大きく変える気がします。




 

 

膝の上で1対1の絵本は、


 

保育園ではなかなかできません。


 

また、お父さんお母さんの肉声は他人には出せないし、


 

なにより、子どもにとって「安心」「安全」を一番感じるものだと思います。

 

 

「安心」「安全」の環境でないと、


 

心は育たないとすら思っています。

 

 

 

ヨーロッパでは、パパは毎日必ず読み聞かせをしなければならないという


 

法律もあるくらいなんだそうですよ。

 




 

忙しい日々の中で


「絵本を読むのは難しい(;´Д`)


と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

 

 

5分だけ手を止めて読むだけなんで・・・


ね?



また、


 

読んだあとはパパもママも気持ちが温かくなるはずですから!

 

 

 



 

「1日1冊読み聞かせ活動」



 

私は強く推進していきますので、


 

是非、ご家庭でもチャレンジいただけたら幸いです。



 


「もうやっとるわ(-.-)」


という方は、


引き続きよろしくお願いいたします。


 




 

ちなみに・・・

 

明日は若竹保育園の絵本の貸し出し日です。


 

是非ご利用ください。

 

 

当園に関係のない、若竹ブログ読者の皆さんは…




 

・・・・




 

それなりにお過ごしください(*^_^*)

 

 

 


(参考)

 

若竹保育園 貸出図書ランキング

 

20181220184102567_0001
20181220184102567_0002


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚
今日の若竹

砂場の山で山登り中
DSCF7600
砂をすくって、近くにおろして小山つくり(^^♪
DSCF7602
コップに砂を入れ、
DSCF7603
カパッとひっくり返して…カップケーキの完成。
DSCF7604
オオーw(*゚o゚*)w
DSCF7605
階段で一休み(^^♪
DSCF7606
わっかの中に入るのって、
DSCF7607
なんで楽しいんだろうね。
DSCF7608
面倒見のいいお姉さん(^^♪冒険中かな?
DSCF7610
連日のクラブWakatake♪
DSCF7611
踊れ~(^^)/
DSCF7612
DSCF7613
クリスマス製作現場に潜入('◇')ゞ
DSCF7614
ボンドにつけて、紙に貼って、リース作り(^^♪
DSCF7615
おらのも見れ!
DSCF7616
クリスマス飾り製作中。が、首飾りに変更!
DSCF7618
小山すきだよね~
DSCF7620
オオカミに捕獲されるA君
DSCF7622
DSCF7623
何か打ち合わせ中?
DSCF7624
お家ごっこは子ども遊びの王様です。
DSCF7625

DSCF7626
三輪車場。
DSCF7627
素敵なドライブを堪能中
DSCF7629
DSCF7630

おしまい。


 



wkhoikuen at 19:26コメント(0) | 子どもへの想い | 普段の様子記事 

2018年12月14日

#650 H30.12.14(金)クリスマスツリー

 
若竹保育園のクリスマスツリーのイルミネーション
DSC_1691[1]



先週の土曜日から


若竹保育園ではクリスマスイルミネーションを始めました。


毎年恒例なのですが、


ライトアップされたクリスマスツリーをみて


パパやママに、







「ほらクリスマスツリーだよ!



綺麗でしょ!」




と子ども達は、まるで自分が作ったかのように



自慢げに見せています。






作ったものとしては、


これがたまらなく嬉しく思います。


毎年やめられません。





子ども達の自慢のツリー。






クリスマスまでのしばらくの間、


皆さんがツリーをみてお子さんと一緒に


ワクワクしたり、


ほっこりしたり


一瞬でも忙しい日々を


忘れていただけたら幸いです。



(^^)/




☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.
今日の若竹

外のステージ。大盛り上がりの子ども達
DSCF7598
お絵かき女子(^^♪
DSCF7597
白熱の鬼ごっこ。
DSCF7596
ケーキを作っているところを見せてくれました。
DSCF7595
ジョイマンの真似か?
DSCF7594
「ダンシングヒーロー」でした(^^)/
DSCF7593
満席の観覧席
DSCF7592
DSCF7591
寒いけど元気な子ども達。
DSCF7590
DSCF7589
いいお顔でした(*^_^*)
DSCF7588
「ハイツカズンバズンバズンバ♪」流行りの踊り。
DSCF7587

おしまい('◇')ゞ








wkhoikuen at 17:59コメント(0) | 子どもへの想い | 普段の様子記事 
記事検索