2015年12月25日

H27.12.25(金)サンタさんと靴下




サンタさんが

みんなに内緒で

ひっそりと靴下の中に

プレゼントを入れるようになったのは・・・



 

サンタクロースのモデルとなったのは、



聖ニコラスというキリスト教の司教らしいです。

 


 

クリスマスの習慣となった聖ニコラスと貧しい家庭のお話


その昔、ニコラスの近所に



三人の娘がいる貧しい家族が住んでいました。

 


長女は結婚したいと思っていましたが、



その家庭は大変貧しく、



資金に困っていたため、


 

彼女は娼婦(売春婦)に



ならなければなりませんでした。

 


ところが、そのことを知ったニコラスは、



その夜、家の煙突からお金を投げ入れました。

 


そのお金のおかげで、



長女は娼婦にならずに済み、



無事、結婚できました。

 


それから、次女の結婚の時にも、



長女と同じ状況でしたが、


 

再び、ニコラスが家に



お金を投げ込んだため、


 

そのお金で、次女も救われました。

 


三女の結婚の時にも、



やはり、その家族は資金がなかったので、



三女は同じ状況でした。

 


そこで、両親は、また同じことが



起こるかもしれない

 


その人に会ってお礼をしたいと思い、



ニコラスが現れる時を待っていました。


 

そして、家にお金を投げ入れようとした



ニコラスを見つけました。


 

ニコラスはこのことを秘密に



するように頼みましたが、


 

その両親は、彼にとても感謝していたため、



街のみんなにこのことを広めました。

 


この逸話からニコラスは



サンタクロースのモデルとなり、

クリスマスの習慣ができました。

 


ちなみに、サンタクロースが



煙突から入ってくる。

 


というのは、ニコラスが煙突から



家にお金を投げ入れていたことに由来します


クリスマスプレゼントを靴下に入れるようになった由来



上記のお話で、ニコラスが



家に投げ込んだお金が、


 

ちょうど、室内で干してあった靴下に



入ったことが由来とされています。

 


ちなみにですが、聖ニコラスは、



なぜ、貧しい家族にお金を届けたことを



秘密にして欲しかったのか?


 

 

キリスト教の教えの中には、



人に良いことをしても、



それをしたのが自分であることを

 


言ったり、見返りを求めてはいけない

 


という教えがあります。

 


ニコラスはその教えを忠実に守るために



こっそり家にお金を投げ入れていました。


 

そして、正体がバレた時にも、



秘密にするように言いました。

 


サンタクロースがこっそり



クリスマスプレゼントを置いて帰るのも



その教えがあるからです。



素敵なお話ですね。




☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


I wish you a Merry Christmas

(楽しいクリスマスでありますように・・・)


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*



IMGP4593

IMGP4596

IMGP4598

IMGP4599

IMGP4600

IMGP4601

IMGP4602

IMGP4603

IMGP4604

IMGP4607

IMGP4608

IMGP4609

IMGP4606

IMGP4605

IMGP4610

IMGP4611

IMGP4612

IMGP4613

IMGP4614

IMGP4615

IMGP4616

IMGP4617

( ´∀`)つ



wkhoikuen at 19:08コメント(0)トラックバック(0) | 子どもへの想い  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索