2019年08月16日

#715 進路に悩む時に読んでほしい本

暑い日が続いていますが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

また、台風の影響で大きな被害が予測されていますが、

しっかりと準備をして、無事にお過ごしいただきたいと

祈っております。




さて、一般的には「お盆」でした。

お墓参りに行ったり、供物を用意したり、

各ご家庭での風習で過ごされていたことと思います。


我が家は、“新盆”だったので

近所のお寺さんで法要をあげていただきました。

そのお寺さんは、どうやら江戸時代初期からの

お寺さんのようで、時代を感じる釣鐘堂やお地蔵様、

仏尊像がまつられていました。


そんな荘厳な雰囲気の中、

お経を読んでいただきました。

子ども達も雰囲気を察したのか、

足のしびれも我慢して、しばらくお経を聞いていました。



少しすると、

お坊さんが一生懸命お経を読んでくださっている時に、

飽きてきた小学生の息子が

周りに聞こえる音量で一言





「ながいお歌だね(・ε・)」




Σ(´д`;)




・・・




親の顔を伏せたくなりました。




とても罰当たりな息子を

「罰」として、

宿題地獄という刑に処しました。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
燃え尽きた高校生諸君へ


高校野球

習志野高校負けちゃいましたね・・・。

鶴岡東高校の素晴らしい守備と、

追い上げても突き放す攻撃力に脱帽でした。

鶴岡東高校のみなさん

頑張って下さい!!



野球に限らず、多くのスポーツ選手に訪れるのは、

試合後の“燃え尽き感”。

熱心に部活に取り組んだ分だけ、

その後の反動は大きいものです。


中々次にやりたいことが見つからなかったり、

すべきことが分からなかったり、

急に虚無感が生まれますよね。


しかし、高校も3年生の夏と言えば、

進路も考えなくてはいけません。


これは結構精神的にやられますよね。

周りは先のことが決まっていたりすると

焦りばかりで、どうしていいかわからなくなります。



そんな中、私が是非、

進路に悩んでいる高校生に読んでもらいたいのが、

『日本で一番大切にしたい会社』著:坂本光司 

という本です。


yjimage1




私がこの本を読んだのが社会人になってからなのですが、

高校生の時に読んだら、



「“仕事”っていいなぁ」


「進学するっていいなぁ」



と心から思えたんじゃないかと思ったんです。



私は時折、

用務のアルバイトやボランティアの学生さんと一緒に

仕事をすることがあります。

そういう時には必ずこの本を買って渡しています。



その結果かはわかりませんが、

進路で悩んでいた子が、

「俺、学校の先生になります」

「××の会社に決まりました」と

前向きに一歩踏み出す姿を見ることができました。



まぁ、その時の夢や仕事が一生続くかは

分かりません。

躓くことも1度や2度じゃすまないでしょう。



しかし、

これから迎える何回もの、

人生の岐路で

必ず役に立つ本だと確信しています。




部活動が終わり、

永遠にも思える虚無感に苛まれている

中高生諸君!


人生はその先が楽しい!(ドーン!)

是非、保育園に通う子ども達にも

いつまでも輝いているその姿を見せに来てください!


応援しています。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
最近訪問してくれたOB.OG

DSCPDC_0001_BURST20190711101816489_COVER

DSC_2306

DSC_2307

DSCPDC_0000_BURST20190807175228708

10906




wkhoikuen at 13:27コメント(0) | 子どもへの想い  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索