a weblog of THE WATERMELON BOOTLEG

打ち込み(DTM)によるテクノ・エレクトロニカ系の音楽制作・ライブ活動を中心に、日々思うことについて語ります。

NATIVE INSTRUMENTS「MASCHINE」使い方についてのあれこれ

IMG_3422こんにちは、THE WATERMELON BOOTLEGです。2016年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて昨年秋、ふと思い立って音楽機材をいくつか入れ替えました。DAW用PCをWindowsからMacに切り替えたのが最も大きな変更ですが、同時に導入したのがNATIVE INSTRUMENTSの「MASCHINE(マシーン)」です。

このMASCHINE、簡単に表現すると「ダンスミュージック向けのプリセットサンプル/リズムパターンがたっぷり入った、シーケンサー兼サンプラーソフト+専用コントローラー」です。ドラム専用というわけではなく、VSTプラグインシンセも鳴らせます。かつ、「NKS(Native Kontrol Standard)」という規格に対応したプラグインであれば、コントローラーでのパッチ選択や、ツマミによるコントロールが非常に便利になります。

とにかく専用コントローラーでの操作が便利です。中でも、すぐUNDOが出来たり、「パターンはそのままで音色だけを総とっかえ」みたいなことは、専用機で出来る機種は無いんじゃないでしょうか。また、サンプルやパターン、「MASSIVE」を初めとする付属VSTプラグインは今風の音色が多く収録されており、勉強になります。

ところがこのMASCHINE、情報が非常に少ない。解説本は今まで一冊も出版されていませんし、ネットでの解説も多くはありません。そこで、自分が役に立ったと感じたサイトへのリンクを集めてみました。

■楽器.me「MASCHINEでリズム&フレーズ作り(全3回)」 第1回はこちら

まずはこれに目を通すと良いでしょう。楽器店で試奏する際、印刷して持っていくと良いかも知れません。紹介されているハードは初代MASCHINEですが、現在発売されているMkIIと比べると、詳細がやや異なりますが、ボタンの配置は同じです。

■「MASCHINE 2.2 新機能の使い方 / アルペジエイター/スケール/コード」 こちら

MASCHINEはソフトウェアの機能が常にガンガンアップデートされているのですが、これは2.2で追加された機能を紹介しています。ちなみに現在のバージョンは2.4です。

■「MASCHINEの使い方 / TIPS」 こちら

大雑把なタイトルの記事ですが、メインの内容はエフェクトのセンド・リターン設定です。MASCHINEにはエフェクトのリターン専用トラックという考え方がなく、リターン用エフェクトもドラムやシンセ同様、ひとつのトラックに割り当てて使用します。

とりあえず、店頭でMASCHINEが起動されているのを見かけたら

・GROUPS(MASCHINEでは「トラック」と同じ意味だと思ってください)のA〜Hのどれかのボタンを押す
・BROWSEボタンを押す
・左側のディスプレイ上のボタンで「Groups」か「Instruments」を選ぶ
・右端のツマミでパターンやパッチを選んで、その上のボタンでロード
・BROWSEボタンをもう一度押す
・パッドで音を鳴らす。キーボードモードへの切り替えは「SHIFT」+「PAD MODE」ボタンで

という操作を繰り返し行えば、何となくどのようなものかは判るかと思います。

MASCHINEは、DAWとしては万能ではありません。とくにシーン(グループごとのパターンをまとめたもの。Ableton Liveの「シーン」と同じ意味)をパッドでトリガーは出来るけど、その記録がMASCHINE単体では出来ないのは、勿体ない気がします。ただ、初期のバージョンでは、現在では当たり前のVST起動やタイムストレッチも出来なかったことを考えると、今後改善される可能性はあると思います。

では最後に、MASCHINEを使ってちょっとしたトラックを作ってみたので、良かったら聴いてください。他のDAWを併用せず、MASCHINEからエクスポートしています。ちなみにJP-8000によるリードシンセは、手弾きをまるっとMASCHINEでサンプリングしてから、シーケンサーで鳴らしています。ではまた。

PVを公開しました "Gate of the Capital" (A SMOOTH ARCHITECT Ultra Mix)

こんにちは、THE WATERMELON BOOTLEGです。

前回のブログでEDMについて書きましたが、今度は自分の曲をEDM風にリミックスしたものを公開しました。

初アルバム「THE SOUND OF TECHNOLOGY"のファースト・トラックである、トランス(かな?)チューン、"Gate of the Capital"を、謎のトラックメイカー、”A SMOOTH ARCHITECT"(スムース・アーキテクト)さんによって、リミックス「していただいた」ものです。個人的には新たに入った重厚なシンセ・リフやドラムループがなかなか気に入っているのですが、さて、EDMに聴こえるでしょうか?(笑)

また、今回は初めての試みとして、iMovieを使ってPVを作ってみました。ビデオを作るのは非常に簡単だったのですが、素材作りが(これでも)結構大変でした(汗)。ご覧いただければ幸いです。



なお、この曲は以下ストアにて発売中です。どうぞよろしくお願いいたします。

iTunes (Apple Musicでも聴けます)
https://itunes.apple.com/jp/artist/the-watermelon-bootleg/id713492998

Google Play Music
https://play.google.com/store/music/album?id=Bhhui6ohi5eupfoqxhkuyrldj6e

Amazon MP3
http://www.amazon.co.jp/Capital-SMOOTH-ARCHITECT-Ultra-feat/dp/B016XWUNS2/

「テクノ」と、「EDM」「トランス」の間にある越えがたい"壁"

こんにちは、THE WATERMELON BOOTLEGです。

さてここ2、3年、世界ではEDM(Electronic Dance Music)と言われているジャンルの音楽が盛り上がっているようです。直訳すると「シンセサイザー音を中心に構成されたダンスミュージック」という、非常に大雑把な意味になってしまいますが、実際はある特定の傾向を持ったサウンドに限られるようです。

ところで、「シンセサイザー音を中心に構成されたダンスミュージック」という意味では、以前から「テクノ」と呼ばれるジャンルのサウンドが存在します。ところが「テクノ」と呼ばれるジャンルの有名アーティストが「EDM」のフェスティバルに出演したり、楽曲で共演することは殆ど無い(例外的にクラフトワークがEDMのフェスに出演したことがありますが、あまりウケなかったようです(苦笑))し、その逆はもっと無いようです。どうも「テクノ」と「EDM」の間には、越えがたい壁のようなものがあるようですが、それは何でしょう。なぜかこの点について言及している記事を紙でもネットでも見かけないので、ちょっと考察してみました。

ではまず最初に、ここに挙げる、シンセサイザーを駆使するミュージシャンとして、世界中からリスペクトを受けている3人にはある共通の特徴があります。それは何でしょう。

冨田勲
ラルフ・ヒュッター(クラフトワークのリーダー)
坂本龍一

それは、「3人ともクラシック音楽や現代音楽畑の出身である」ということです。(大学で音楽教育を専門に受けたのは坂本龍一だけですが)

もともとシンセサイザーは、音響の学術研究のためのものとして開発されたものですが、それをポピュラーミュージックに取り入れた元祖が、彼らだということはご存じの方も多いでしょう。

そして、彼らのサウンドに共通する特徴が、「複雑な和音(ハーモニー)の響き」です。

かつて自分でYMOの「中国女」のカバーを演奏した時、トラック作成中、全体的にはシンプルに聴こえる音なのに、時々鳴る複雑なコード音がフックとなって、この曲の魅力を高めていることが良くわかりました。彼らが複雑なハーモニーを使うのは、一つは彼らのルーツ、もう一つの理由は、当時のシンセサイザーの同時発音数が少なかったため、それを補うためのテクニックであったと考えられます。

Isao Tomita - Arabesque No. 1


Kraftwerk - tour de france


Ryuichi Sakamoto - Thousand Knives


そして、彼らを"ゴッドファーザー"として仰ぐ「テクノ」アーティスト達も、またこぞって複雑なハーモニーを好んで使用します。たとえそれがワン・コードのミニマル・テクノであっても、そこでずっと鳴っているのはテンションコードだったりするわけです。

Derrick May & Friends - Strings of Life(なんとオーケストラと共演)


Orbital - Halcyon


ところで「複雑」というのは、別の言い方をすると「明るいのか暗いのか判らない」サウンドなわけですが、世の中にはそのようなサウンドを好まない人も沢山います。「どっちなのかハッキリしてくれ」というわけです。
「EDM」は、そのような人たちの好みにピッタリハマりました。というのも、使っているコードは「メジャー!メジャー!マイナー!メジャー!」といった感じで、バカみたいに単純だからです。昔のシンセサイザーでそのようなサウンドを奏でたら、単なる"脱力系"にしかならないように思いますが(笑)今は違います。コンピューターの力で、何百音でも同時に鳴らすことが出来ます。その証拠に、EDMのアーティスト達は、いくつもの違う音色を重ねて鳴らす(レイヤー)を非常に多用します。だけどハーモニーは単純明快。ここが「テクノ」と「EDM」の大きな違いではないでしょうか。また「EDM」は、いわゆるユーロ・トランス、ダッチ・トランスと言われる「トランス」サウンドのアーティストが転身する例が多いですが、「テクノ」と「トランス」の差も、やはりハーモニーの響きの違いであると言えると考えます。

Zedd - I Want You To Know ft. Selena Gomez


SKRILLEX - SCARY MONSTERS AND NICE SPRITES (ZEDD REMIX)


Armin van Buuren feat. Trevor Guthrie - This Is What It Feels Like


System F vs Armin van Buuren - Exhale


ここでちょっと気になったのは、「トランス」「EDM」のアーティスト達は、クラフトワークやYMOをルーツに持たないとすれば、どこでシンセサイザーの音に親しみを覚えるようになったのだろう、ということです。そこでハタと気がついたのは、「それはコンピューターゲームのBGMではないか」ということでした。確かにゲームのBGMは、最初期(「スペースインベーダー」や「ゼビウス」「ドルアーガの塔」など)こそ、クラシック/現代音楽的な響きですが、コンピューターゲームが一般化し、ハードウェアの性能が上がっていくにつれ、響きはむしろ単純化していきます。特にアクションゲームのBGMは高揚感を煽る、ひたすら明るいものでなくてはなりません。彼らのルーツはゲーム音楽なのではないか・・・というのが最近の僕の考察です。

XEVIOUS


MSX: Gradius 2 Soundtrack


ちなみに自分はどちらかといえば「テクノ」派ですが、最近はEDM的なサウンドを多用するK-POPを日常的に聴いているので、EDMにも抵抗があまり無かったりします。スクリレックスは面白いですね。

Skrillex - Dirty Vibe with Diplo, CL, & G-Dragon

Roland Boutique JU-06を購入したお話

年1回程度しか更新しない当ブログですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。普段はTwitterの方でいろいろつぶやいておりますので、良かったらフォローいただければ幸いです。

さて今回は、Roland Boutique JU-06を購入したお話です。

ju06ご存じの通り、Roland Boutiqueシリーズは2015年10月に突然発売された、往年のアナログ・シンセサイザー「Jupiter-8」「JX-3P」「JUNO-106」を、現在のテクノロジーを以って、ローランド自らがコンパクトサイズで復刻させたものです。限定生産(半年間?)と銘打っているせいか、大人気で品薄状態が続いており、試奏出来る店舗すら限られているようです。

で、自分がなぜJU-06を購入したかというと、オリジナル機種であるJUNO-106に思い入れがあったわけでは全く有りません(笑)。発売当時には楽器屋で試奏した覚えはありますが、当時はアナログ/デジタル含め、各社から大量にハードウェア・シンセが発売されていた時期でもあり、大して印象には残っていません。90年代のテクノ・ムーブメントの時期、特にイギリスのミュージシャンから再評価されていた頃も、「?」という感じでした。自分が購入した理由は、ライブ用に持参する機材を少しでも減らしたい、という思いから、長年「ライブ用に使えるコンパクトなシンセ兼オーディオ・MIDIインターフェイス」を探していた、というものです。こういう機種ってなかなか無いんですよね・・・(最近でこそ同じローランドのJD-Xiが存在しますが)。

前置きが長くなりました。Roland Boutiqueシリーズのインプレッションとしては既にこちらこちらの記事が存在しますので、JU-06に関して、そこに書かれていないことについて書くことにします。

まず、自分の主目的である「ライブ用に使えるコンパクトなシンセ兼オーディオ・MIDIインターフェイス」としては十分使えます。オーディオ・インターフェイスとしてはASIO/CoreAudioに対応しており、レイテンシーも実用範囲と思います。キーボードでVSTiを弾くことも当然可能で、ピッチ・ベンドやモジュレーション・デプスの他、本体で設定したオクターブ・シフトやトランスポーズが反映されます。ただし、ずらっと並んだスライダーでCC(コントロールチェンジ)情報を送ることは出来ません。これは、おそらくチェイン・モード用に、SysEx(システムエクスクルーシブ)を送るようにしているためだと思われますが、世界中のユーザーが不満を持っているようなので、アップデートで改善されることを願います。またステップ・シーケンサーの演奏情報はMIDI出力されません。

なお、オーディオインターフェイスとしてJU-06を使用する場合、DAWからの音声とJU-06からの音声が同じアウトプットから出力されるわけですが、両者のバランスはJU-06のVCA LEVELで取ることになります。また、JU-06の音を全く鳴らしたくない(VSTiを弾きたい時など)場合は、VCF FREQを一番下まで下げて、「音の出ないパッチ」をひとつ用意しておく必要があるのでご注意ください。JU-06の音声を一度DAWに通して、VSTエフェクトをかけることは可能ですが、本体からの出力と同時に鳴る(当たり前?)ので、効果はあまり目立たないと思います。

一方、JU-06本体の音ですが、太い。セッティングにも拠りますが、びっくりするぐらい太いです。VSTiと上手く混ざるのか、心配になるくらいです。そのためかどうか知りませんが、USBを通してダイレクトに録音したJU-06の音はレベルが低めになっています。また、パラメーター数が少ない割に、作れる音色の幅が広いので、触っていてとても楽しいシンセだと思います。

それでは最後に、ほぼJU-06だけを使って1曲作ってみたので、良かったら聴いてみてください。ベースやリード、パッド、SEはもちろん、キックとスネアもJU-06で作りました(ピッチベンドを使って鳴らした音をサンプリングして、Ableton Live(Impulse)で鳴らしています)。



あ、「なぜJP-08やJX-03ではなく、JU-06を買ったのか」について書いてませんでしたね。これについては購入前に、3機種とも試奏はしたのですが、一番気に入ったのがJU-06だった、というのが理由です。ただ、この際(?)あとの2機種もコレクションしたいなあ、という気持ちも少しあります(笑)。

作品集「THE SOUND OF TECHNOLOGY」通信販売のお知らせ

明けましておめでとうございます。2015年も当ブログをよろしくお願いいたします。

ところで、僕の作品集「THE SOUND OF TECHNOLOGY」を販売頂いている、池袋「TOKYO FUTURE MUSIC」さんでは、通信販売を行っております。メールフォームによるお申込みと銀行振り込みによるお支払というシンプルなものですので、どなたでもご利用が可能かと思います。価格は540円(税込)です。プレビューを聴いて気にいられた方がいらっしゃったら、ぜひご利用ください。よろしくお願いいたします。

2014江古田ライブイベント終了しました!

去る11/23(日)に東京・江古田フライングティーポットにて開催された「tripl3point」、無事終了いたしました! 今回はその模様を報告します。

前回の投稿でのお知らせの通り、僕はよんまさんと、

・僕、つまり「THE WATERMELON BOOTLEG」のオリジナル曲とカバー曲の演奏に、よんまさんのモジュラーシンセの音がSE的に加わる「グリーン・アスパラガス」
・よんまさんのモジュラーシンセをフィーチャーした「ホワイト・アスパラガス」

という二つのユニットを組んで出場させていただきました。



まず「グリーン・アスパラガス」で演奏したセットリストは以下の通りです。

Radioactivity(クラフトワークのカバー)
I Was A Stranger - Sunset Walking
中国女(YMOのカバー)
Born Technological
In Yer Face(808Stateのカバー)
Sacred Eyes

ライブの模様はリンク先の映像をご覧いただくとして、今回は生まれて初めてカバー曲を演奏しました。選曲の基準としては、自分のルーツであり、かつ自分の曲と違和感なく繋がることが出来る曲を選びました。ライブ前に、まずトラック作成を行ったのですが、ベーシックな流れを耳コピで打ち込みつつ、自分らしいアレンジを加えて行く作業を行いました。中でも「中国女」は、LFOによるリミックスバージョンが好きだったので、前半にLFO版、後半にオリジナル版をくっつけるという試みを行いました。次にサウンドの再現ですが、特に「Radioactivity」や「In Yer Face」では、イントロでバーンと厚い音を出したかったので、ちょうど中古で手にいれたばかりのRoland JD-990+Vintage Synthボードが大活躍しました。一方で「Radioactivity」の"ビヨーン"というSEや、「中国女」のカン!というシンセ・ドラムは、MFB SYNTH IIを使用して作成しました。全体的にはドラムのSampleTank2をはじめ、ソフトシンセの方が使用パートが多いのですが、今回のトラック制作で、上手くソフトシンセとハードシンセの使い分けができるようになったと思います。

そして、何よりよんまさんのモジュラーシンセやBOSS PC-2(パーカッションシンセ)によるSEが素晴らしかったです。僕からは、事前に"ガイガーカウンターの音(「Radioactivity」)"や"カモメの鳴き声"(「Sunset Walking」といった注文を出させていただいたのですが、見事に応えていただきました。

左が僕、右がよんまさんの機材です。
写真1s写真3s

さて、一方の「ホワイト・アスパラガス」ですが、こちらも映像をごらんください。



こちらは、事前に僕が作ったバック・トラックをよんまさんにお聞かせしておいて、当日は即興で、よんまさんの鳴らすモジュラーシンセ音に、僕がBOSS SP-505で鳴らすバックトラックを、ループをON/OFFしながら絡んでいく・・・というスタイルを取りました。当日は無我夢中で演奏していただけなのですが、こうやって映像で観ると、不思議にハマっていますね。

またFlightrecさん、monotoyさんのライブも大変素晴らしいもので、とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。イベントにお越しいただいた皆様、主催者様、DJで盛り上げていただいたTonkap様、共演していただいた皆様、フライング・ティーポット様、ありがとうございました!

11/23(日) 東京・江古田で開催されるライブイベントに出演します!

久しぶりのライブのお知らせです。

11/23(日)18:30より、カフェ・フライングティーポット(西武池袋線 江古田駅より歩いてすぐ)にて開催されるライブイベント「tripl3point」に出演させていただくこととなりました。

これまで、毎回異なるスタイルでのライブに挑戦してきましたが、今回もまた初めての試みを行います。

・他の人との「ユニット」で出演!
・しかも1回のイベントで2回出演!
・オリジナル曲だけでなく、カバー曲も演奏!
・カバー曲では歌を歌う!
・踊りも踊る・・・かも知れない!

どうですか、楽しみでしょう? 僕はワクワクしています(笑)。

まず、ユニットを組む相手というのは、これまでも当ブログで紹介させていただいた「よんま」 さんです。最近は、ユーロラックのモジュラーシンセを"おかもち"に詰め込んで、各地でライブ演奏を行っていることで有名な方ですね。今回のユニットというのは、

・よんまさんのモジュラーシンセをフィーチャーした「ホワイト・アスパラガス」
・僕、つまり「THE WATERMELON BOOTLEG」のオリジナル曲とカバー曲の演奏に、よんまさんのモジュラーシンセの音がSE的に加わる「グリーン・アスパラガス」

の2ユニットとなります。

「ホワイト・アスパラガス」の方は、僕がBOSS SP-505とKORG Kaossilatorでノンストップのアンビエント・ループを鳴らす上で、よんまさんが自由におかもちモジュラーを演奏するという、スペーシーな30分(予定)となります。

一方で、「グリーン・アスパラガス」の方は、KORG PadKontrolやRoland VT-3(!)を使って、お馴染みのアノ曲やアノ曲を歌います、演奏します。え、カバーって誰のカバーを演るんだって? それは「誰でも知っている曲」とだけ、お知らせしておきましょう。それでは当日をお楽しみに!

■ライブ詳細

開催日:
2014年11月23日(日)

開催場所:
江古田 カフェ・フライングティーポット
東京都練馬区栄町27-7
榎本ビル B1F (Google Map

開場 18:00 開演 18:30
入場料 500円+ドリンク

-Live-
Flightrec
ホワイト・アスパラガス(よんま+THE WATERMELON BOOTLEG)
グリーン・アスパラガス(THE WATERMELON BOOTLEG+よんま)
monotoy

-DJ-
Tonkap

hajimepopさんの曲「Kira-Kira Star」のエレクトロ・リミックスを発表しました。

先日、僕がリスペクトするミュージシャンの一人である、hajimepopさんの曲、「Kira-Kira Star」のエレクトロ・リミックスをSoundCloudで発表しました。キックとパーカッションを除くほとんどのパートをハードウェアシンセで弾き(シンセ・ドラムもYAMAHA ED-10を叩きました!)、Ableton Liveでまとめました。冒頭のボイスには、発売されたばかりのRoland VT-3もちらっと活用しています。ぜひ聴いてください。

また、オリジナル版もビーチ・ボーイズやXTC、トッド・ラングレンなどのポップス職人を彷彿とさせる、とっても良い曲なので、こちらも必聴ですよ!

作品集「THE SOUND OF TECHNOLOGY」、元住吉dekotto bokottoさん、池袋TOKYO FUTURE MUSICさんで発売中!

jacket_front_small僕の作品集「THE SOUND OF TECHNOLOGY」パッケージ版(CD-R、12曲入り!)が、元住吉(神奈川県)dekotto bokottoさん、池袋(東京都)TOKYO FUTURE MUSICさんで取り扱っていただけることになりました。'80sテクノポップからアンビエント、ハウス、テクノ、そしてトランスやエレクトロニカなど、電子音楽のあらゆるエッセンスを詰め込んで昇華させたTHE WATERMELON BOOTLEGのファーストCDが登場。奥行きのあるコード感と、きらびやかなシンセ音はタイトル通り、すべてのシンセサイザーサウンド愛好家にオススメします。特にオービタル、ハードフロア、808ステイト辺りが好きな方は要チェック!まずは以下で全曲クロスフェードのサンプルを試聴!



フルに聴ける試聴盤は、お店の方に用意していますので、近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください!

ノートPCを自分で修理した

2008年から、ずっとライブ活動を共にしてきたノートPC、富士通MG70WNから何やら異音がするようになった。HDDのアクセスも遅くなり、これはもう寿命かとも思われたが、メーカーに出した場合の修理代金は高額で、HDDの容量が増えるわけでもない。何より愛着もあり、一念発起して自分で修理することにした。

修理内容は以下の通り。

・HDD交換(120GB→500GB)
・ファンの掃除

まずHDDの交換といっても、カラッポのものと交換しても意味がないので、「EaseUS Todo Backup Free」というフリーソフトを使って、まるごとクローンを作成する。HDDは2.5inch SATA仕様であれば何でも良いように思われたが、少々怖かったので、多少割高ではあったが、楽天で「MG70WN用」と書かれたものを購入。購入したHDDを、「オウルテック 外付けHDDケース ガチャポンパッ! mini3.0」にはめ込み、ノートPCとUSB接続してクローンを作成した。交換は、HDDに付属してきた作業説明書に沿って行い、無事完了。

次にファンの掃除だが、こちらについては「あさりのみそしる」というサイトを参考にさせていただいた。ただ、単に掃除するだけではダメで、最終的にはファンの回転軸に、ツマヨウジでミシン油とウレアグリースを塗ることで、異音も無くなった。
livedoor プロフィール
Archives
  • ライブドアブログ