2005年09月14日

小泉内閣の総決算 擬制の終焉

「最重要課題憲法改正だ」/自民・安倍幹事長代理が発言

今後4年間は、コインの裏表に過ぎない「米軍の核の傘による保護」と「憲法9条死守の絶対平和主義」というヤルタ・ポツダム体制の残滓を除去した上で、日本の国家体制を立て直す最後のチャンスでしょう。先日、アフガニスタンで後頭部を銃で撃ち抜かれて死んだ尾道市の中学校教諭が2人いましたが、成人男性がほぼ全員、銃の使用に習熟している地域に、丸腰で現地人のガイドすらつけずに、のこのこ出かけていって犬死にした彼らは、日本一国絶対平和主義者の末路を物語っているかのようです。中共が配備した核ミサイルに屈せず、<特定>アジア諸国(中朝韓)の不当な内政干渉を無視するためには、今の自衛隊を真正面から軍隊として認める他ありません。
 かつて「55年体制」という言葉がありました。第2次世界大戦後、長く続いた国内政治が、所詮、自民党と社会党の馴れ合いとやらせの国会運営(両党の国対委員長が墓まで持って行くと言っていたのに,漏れてしまった)だったと日本人の多くが知ったのは冷戦がヨーロッパで終わりを告げた後でしたが、憲法9条の廃棄を含む自主憲法制定を「2005年体制」創設の第一歩としてほしいものです。今思うに、思想的に「まとも」だったのは、反米反ソ愛国を掲げて、日本封じ込めのヤルタ・ポツダム体制打破を旗印とした新右翼だけだったのかもしれません(新右翼のもう一つの主張である「日米安保廃棄」は選択肢としてあり得ないと思います)。自民党が衆議院で300議席前後を得たのは、「戦後政治の総決算」をスローガンとして掲げた中曽根内閣の時でした。中曽根内閣以上の議席占有率を誇る小泉内閣及びその後継者が総決算するのは何でしょうか。小泉首相が今回及び前回の選挙で公約として掲げた郵政民営化や靖国神社の公式参拝に止まらないことは明らかですが、その全貌はまだ明らかになっていません。
 久々に訪れた小枝さんのブログに以下の引用がありました。「カンジ」というボノボ(ピグミーチンパンジー)の擬似言語行動を扱った本を紹介されているのですが、この一節は「憲法9条一筋」の「平和バカ一代」の人たちの行動にもあてはまります。

 目の前に横たわる世界は、正確には一瞬といえども同じものではない。

 したがって、知覚されたできごとに応答して生まれる行動も、
 もし生物が正常に機能しているならば同じではありえず、
 また同じであってはならない。

 行動が異常になったときにのみ、
 生物はつねに変化しつつある自分をとりまく環境を考えに入れずに
 繰り返しのパターンをとるようになるのだ。


 このような事態に出会ったとき、私達はこれをステレオタイプと呼び、
 この行動を異常だと認める。


関連エントリー
新右翼 民族派の歴史と現在
 
私が生まれた頃には、陸海空の幕僚クラスが参加して、非常事態において国と自衛隊が取るべき措置の研究を行ったというだけで大きな問題になった(三矢事件)のですから、隔世の感があります。新右翼の一翼を担った元一水会の鈴木邦男氏も著作を次々上梓するようになりました。要は、今の日本の社会体制が成熟し、自らを客観的に見つめることが出来るようになったというだけなのですが、アジア三ヶ国は、YP協定に従って、いつまでも日本にまどろんでいてほしいのでしょうね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wnmtohoku/50078959
この記事へのトラックバック
自民圧勝296議席 与党327、衆院の3分の2超す ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小泉圧勝に、マスコミ火病!【今日の出来心】at 2005年09月14日 17:50
☆主権者たる自覚なきまま、 選挙速報をただ横目でながめていた。 ただ、岡田代表にはもののあはれを感じる。 <民主党>岡田代表が最後の会見 「次こそ政権交代を」(毎日)    政治家になりたければ、まず当選しろ。共産党と社民党以外なら、所属はどこでもいい。...
民主党の”キダ・タロー”小沢一郎は誰よりも自民党を愛して愛してやまない……!!【東京無重力アワー'05】at 2005年09月15日 01:49
教科書・拉致・靖国…メンバー相次ぐ落選 自民「保守派」思わぬピンチ:産経 「安倍シンパ分断」の声も  衆院選自民党圧勝の陰で、党内でも日本の歴史や伝統、国益を重視する理念的な「保守派」がガタガタになり、立て直しを迫られている。郵政法案に反対票を投じ公認を...
・自民党圧勝の裏に存在する不安  〜変わり始めた日本の流れを止めるな〜【アジアの真実】at 2005年09月15日 12:33
自民党が勝ったのは望ましい結果であるが、小泉純一郎が当選したことと、自民党だけで2/3の議席を確保できなかったことは残念である。今回の勝利は終わりの始まりとなる可能性がある。
小泉党の圧勝?【1喝たぬき】at 2005年09月17日 13:49
民主党の新代表に前原誠司氏がわずか2票さで菅直人前代表を破ってなりました。前原氏
前原誠司氏(43歳)、民主党の新代表に【日本の中心で、馬鹿を叫ぶ!】at 2005年09月18日 13:07
小泉大政翼賛会の衆院造反議員に対する除名勧告がやけに遅い気がする。野田聖子など評判が悪いうちに、さっさと切って捨ててしまえば良いと思うのだが。下馬評では、郵政民営化法案成立後などと言っているが、最近なぞが解けてきた様に思える。郵政民営化造反組にあの大勲位...
小泉純一郎 VS 中曽根康弘?【PARDES】at 2005年09月18日 14:58
この記事へのコメント
とにかく小泉人気が萎まないうちに憲法改正をしなければなりませんね。マスコミが今日も小泉批判をしています。おそらく小泉おろしの暗い情熱は決して弱まることがないのでしょうね。
Posted by 空色(三途河原) at 2005年09月14日 17:55
これは本当にそうですね。連立政権合意には改憲がなぜか盛り込まれなかったそうですが、郵政民営化法案賛成の見返りなのでしょうか。憲法改正は自民党結党以来の党是だったはずなのですが。
Posted by wnm at 2005年09月15日 06:21
憲法改正については、昔は共産主義が強く戦後教育の支配下にあったからできなかったんですかねぇ。

憲法改正は良いのですが、変なものが出てこないことを祈ります。
Posted by ジン at 2005年09月18日 00:27
民主党新党首の前原、サンプロで実物をはじめてみましたが、ちょっと危ない感じ。民主党の議員って、若いせいもあるのでしょうが、歴史的見識を何も感じないんです。戦後の東京裁判、日本の新聞・雑誌類の占領軍による悪意ある検閲、等々の歴史を知らない(又は知っていてもあまり重視しない)改憲論はちょっとなあって思ってみていました。彼が改憲論を声高に語り始めると、左派の連中は燻り出されるように出て行くと思います。行き先は多分社民党しかないでしょうが、彼らは民主党の看板を無くしたら、どれほどの人たちが票を入れるんでしょう。彼ら「造反組」に対して、執行部は刺客を立てるかもしれません(笑)。今の民主党執行部が、反対者は切り捨てる、自民党のイデオロギー純化路線を模倣する限り、そのようになっていくしかないでしょう。
Posted by wnm at 2005年09月18日 20:08