2005年10月24日

AirMac Express導入

昨年末に購入したまま眠っていたAirMac Expressを自宅の無線LANにつなげてみました。最初、iMacにインストールしようとしたら、「ヴァージョンが古すぎてインストールできません」との表示が出てきます。これでは、AirMac Expressを無線ネットワークに載せるソフト、AirMac Express設定アシスタントを起動できません。そこで、今度は、AirMac管理ソフトが入っていないWindowsのマシンを起ち上げて、そこにソフト一式をインストールした所、AirMac Express設定アシスタントも同時にインストールできて、やっとベースステーションの無線を読み込むことができました。しかし、今使っているルーターの無線ネットワークにはなぜか接続できません。再び iMac に戻って、AirMac管理ユーティリティを立ち上げて「再スキャン」を繰り返したら、ベースステーションが無事読み込まれました。そこで、iMacが接続する無線ネットワークを、既存のルーターのネットワークからベースステーションの新しいネットワークに切り替えて、iTunesを起ち上げた所、以下の画面のように、リビングのスピーカーにモンスターケーブルで繋がっているAirMac Expressに繋がりました!
iTunes




















つながった瞬間、1階のリビングで、AirMac Expressからケーブルをつないでいたスピーカーから、iTunesで聞いていた音楽が大音量で流れました(リビングにiTunesの音楽が流れると、部屋のパソコンの音は消えてしまう)。これなら、バスルームでも家のどこでも、パソコンやiPodが無くても、AirMac Expressを挿入する電源コンセントと携帯用スピーカーがあれば、iTunesで管理している音楽を聴くことができます(その後あらためて、iMac側から「AirMac管理ユーティリティ」を立ち上げ、ネットワークを自宅のものに書き換えて再起動したら、無事接続できました)。
 別売品で、AirMac Express側からiTunesを操作するリモコンが出ていたので、こちらもついでに注文しました。発売から随分長い時間が経っているのですが、これは、かつてSONYが携帯可能なトランジスターラジオを発明したときに匹敵するインパクトかもしれません。次に来るのは、Amazonのリビューにも書いてありましたが、無線LANを使ったユビキタスな映像配信でしょうか。
 と昨日書いたら、早速以下の記事が入ってきました。こうした記事を読んでいると、ウィリアム・ブレイクの研究者として出発した故マーシャル・マクルーハンの予言「メディアとは人間を拡張するもの全てである」を思い出さざるを得ません。これまでは不可視だった部分がどんどん可視的になる時代にあっては、政治も変わらざるを得ないでしょう。「小泉=衆愚政治」を唱えるメディアやブログは、所詮旧世代の「活字人間」ということでしょうか?

iPodがテレビに変わる日
【PJニュース 10月25日】− 世界初「iPod」専門ビデオTV局として発表されて
いたビデオキャスティング専門ネットテレビ局が新型iPodの発売と同時に独自制作
番組を配信し始めた。このiPod専門テレビ局"PodTV"、法律や規制、視聴率対策
などで自由に番組制作できる環境にない地上波テレビ局の番組制作会社が、新たな
制作発表の場を求めて開局した。よって、地上波番組を模倣したUSENのネット
テレビ局"Gyao"とはコンテンツの志向性で対極の位置にある。開局したばかりで
徹夜が続くというメディアエンジンの内田勉社長に聞いた。

−様々なネットニュースや週刊誌AERAなどにも記事が載りましたが、反響はどうですか?
 「正直、驚いています。VC(ベンチャーキャピタル)やマスコミからの取材の問い合わせ
などが増えています。信用調査会社からも」

−信用調査会社からとは、周辺も本格的ですね。PodTVは今後もこの会社(メディアエン
ジン有限会社)で運営していくつもりですか?
 「いや、来年には有限会社も株式会社になるみたいですが、年内には新しく子会社として
 株式会社の設立を検討しています。まだ発表はできませんが、ファイナンスもした上での
 計画を考えています」

−Gyaoとの違いはなんでしょう?
 「Gyaoさんはダウンロードされないストリーム方式なので、権利問題をクリアさせやすい
と思うのですが、PodTVは、ポッドキャスティングですからダウンロードされてしまいます。
また、GyaoさんはCMを個別に差し替えることができるようですが、PodTVは固定のCMの
ままです。ただ、PodTVはiPodで外で見るモバイルメディアです。家には無料で地上波のテ
レビがありますから、それと戦うつもりはありません(笑)」

−モバイル放送というとモバHOとかもありますが意識されていますか?
 「モバHO自体は衛星ということもあり、モバイルと言っても電車などでの移動中に見る
のは難しいと思います。さらに、特殊な受信装置が必要です。こちらは多くの人が持っている
iPodを使うので、操作も簡単で台数も多い。テレビに飽きたら、音楽を聴いてもらえばいいの
です。ちょっとした隙間時間に視聴する新しい視聴スタイルができるのではないでしょうか?
新しいiPodは満充電で3時間の動画再生が可能ですし」

−すると、地上波デジタル放送のワンセグ(移動体向け地上波デジタル放送)がライバルという
 ことでしょうか?
 「ワンセグは当初はサイマル放送(地上波と同じ内容の放送)が基本になると聞いています。
それでは、今の携帯テレビとあまり変わらない。携帯の画面だと、テロップとかが見えずらい
と思うんですよね。モバイルにはモバイル専用のコンテンツが必要です。さらに、外出先で見る
ということで長時間のものは見ないでしょう。もちろん、ワンセグも電波状況の良い場所でしか
視聴できません。iPodをプレイヤーに使う事のメリットは計り知れないです」

−広告モデルとしての自信は?
 「iPodは世界で年間2500万台も売れています。我々は少なくとも2割の500万台が日本で
売れると仮定しています。さらにそのうち3割がビデオ対応だとすると、150万台のiPodが1年
後には、PodTVを見られるようになるはずです。テレビの年間広告予算は2兆円。ラジオが抜か
れたように、いずれテレビが別のメディアに抜かれる日も来るのではないでしょうか。仮に、テ
レビの3パーセントを取ったとしても、600億円です。また、当初の視聴者は新しいものに敏感
で購買意欲旺盛なアーリーアダプターとよばれる人たちです。その人たち向けにCMを打つこと
で、世の中の消費行動全体に影響を及ぼす事ができるようになると思います」

−100チャンネルとしていますが、何か根拠はあるのでしょうか?
 「アンケートをとり、人気のある番組から順次番組化していく方針です。仮に視聴率が0.1%
程度の番組が100本あると、全体で10%のGRP(グロス・レーティング・ポイント=延べ視聴率)
がある事になります。それぞれの番組は一部の人しか見ないかもしれませんが、全体としては、
かなりのパワーを持つテレビ局が誕生するのです。10%というのは視聴率三冠王のフジテレビの
年間平均視聴率(9.4%)を超える数字です。また、テレビ局としてクオリティ管理も重要です。
良いコンテンツは残り、悪いコンテンツには退場してもらう。ダイナミックな100チャンネル
体制です。ブログの延長線上にあるポッドキャスティングと差別化するためにもチャンネル数は
有限とし、ビデオポッドキャスティングのポータルサイトを目指します」

iPodがテレビに変わる日
 新しいiPodの発売と同時に開局されたことで、PodTVの注目度は開局した本人たちの予想を上回る
ものになっているようだ。その証拠に開局のリリース初日は、アクセス過多によりウェブサーバーが
ダウンしてしまい、その対応に追われた。現在は、大手CDN(大規模コンテンツデリバリーネット
ワーク)とも契約し、テレビ局としての準備は万端だという。マスコミだけでなく、ユーザーが自由に
書き込める掲示板の書き込みを見ても、その様子はうかがい知ることができる。
 現在は、日替わり番組である「朝トレ」の占いコーナーしかないが、来週にはフルバージョンが公開
されるほか、新番組の制作や他の制作会社とのアライアンスなども進んでいるようだ。米国ではPod
Showが885万ドルの投資を受けてポッドキャスティングの新しいツールの開発などを行っているが、
これだけ注目度が高いと、日本のビデオ版PodShowを十分に狙えるかも知れない。日本にもそろそろ
"ポッドキャスティング・バブル"が来るのだろうか。ITベンチャーの地上波テレビ局買収が相次いで
いるが、経営者は"IT"ベンチャーとしての本分を忘れてはいないだろうか。彼らが本分を忘れれば、
そこにはまた新しいベンチャーが誕生する。それとも、彼らはもう"金融"ベンチャーになってしまった
のか。日本がポッドキャスティングのコンテンツで世界をリードできるようになる日を期待したい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wnmtohoku/50160336
この記事へのトラックバック
Excite エキサイト : コンピュータニュース "カナダのトロント出身の学生、イェゴー・シンプソンさん(19歳)は、『スマッシュマイiPod・コム』(『iPod』(アイポッド)をぶっ壊す)というウェブサイトを運営している…" 自分のWEBサイトで寄付金を集めてi-podを購入して、それ...
◆i-podをぶっ壊す人々【電脳ITニュースブログ (技術系ニュース)】at 2005年10月25日 18:44
米アップル、「iPodナノ」めぐり消費者が提訴 『iPod』をぶっ壊せ――購入直後に破壊する計画に寄付金が続々  発売翌日に購入したiPod nano、確かにディスプレイに傷がついてしまいました。カバーも何もせずにシャツの胸のポケットに入れ、さらにボールペンだの何だ...
傷ついたiPod nano【falcon's eye】at 2005年10月26日 08:27
本文は「アライアンス・キャピタル」に関するニュース、ブログを紹介しています。
アライアンス・キャピタル【マネーライフ徹底研究】at 2005年11月14日 19:39