2007年09月18日

世論は読売新聞・日本テレビが捏造する

あちこちにコピペされているジャーナリストの投稿です。これはひどい。そういえば、「世論はテレビが作る」といった屑放送人がかつていましたね。今、テレ朝を見ていますが、テレ朝にも飛び火したようです。


私 は、現在ジャーナリストとして論文を発表しているものです。今、自民党総裁選を取材していて、戦後の日本の闇が明らかになった。時系列に取材結果を報告し ます。昨日の自民党本部での麻生氏、福田氏の所見発表演説会は、圧倒的説得力で麻生の圧勝であった。帰りのエレベェターの中で、福田側に動員されて来た年 配の男女が、「麻生さんに負けていたね」とか「「あれじゃ、とても福田さんじゃ無理だよ」などと、感想を述べていた。その後、午後4時から渋谷ハチ公前の 両者の演説、6時45分からの秋葉原での麻生氏単独演説を取材した。渋谷は、一万以上の聴衆で溢れていた。NHKは「年配者は福田」「若者は麻生」との趣 旨で報道していたが、実態は全然違うのです。拍手も掛け声も8割方麻生氏支持で圧倒していたのです。この状況をテレビで見ると、福田氏へ世論が動くように 操作されているのです。この世論操作を可能にしたのは、街頭演説を土日だけとし、NHKなどのメディアは両者揃ったところ以外報道しないことで、聴衆がど ちらを支持しているかを隠すことが出来るのです。メディアの中で反麻生氏の急先鋒は、日テレと読売新聞で朝日グループではないことなのです。

こ の件に関しての報道では、朝日グループがまともに見えることが、いかに異常か理解でるでしょう。秋葉原での麻生氏単独演説会は、一万人以上が押し掛けてい たが、メディアが報道するようなオタクだけではなく、突然決まった演説会だったことで、9割以上は買い物客が足を止めて聞き入っていたのだ。会場には、そ の日の午前中にテレビに出演して、福田氏を支持するような発言をしていた平沢勝栄議員も来ていた。メディアが如何に異常かは、会場を取材していたNHKテ レビクルーと会話を再現することで理解できる。筆者「すごいよね、今撮っているの今日報道するの」カメラマン「わからないです、上がどう判断するか」筆者 「麻生さんを隠そう隠そうとしているのおかしいよね」カメラマン「そうですよね」と、メディアの現場もこの異常な状況を実感している。

クー デターの主犯をメディアと判断したことを、明らかにする。今日、テレビ朝日のスーパーモーニングを見て確信したことを披瀝する。それは、鳩山邦夫氏の発言 からすべてが明らかになった。そもそも、雪崩を打って自民党の派閥が福田氏支持に回るきっかけとなったのは、10日夜都内のホテルで開催された「太郎会」 終了後の映像が各テレビ局が、繰り返し報道したことによる。それは、テレビカメラに向かって鳩山氏が「太郎会は、みんなで麻生さんに総理大臣になってもら うため集まっている会」です。それが、鳩山氏は安倍首相が退陣する意向を麻生氏から聞いた上での発言として、ネガティブキャンペーンに利用されたのです。

と ころが、スーパーモーニングで鳩山邦夫氏は「太郎会は昨年10月に発足して毎月第二月曜日に会合をもって、今まで10回になる。」また、「麻生さんに、総 理大臣になってもらいと思っているものが集まった会」との趣旨を説明したとのこと。また、「麻生さんから、一切安倍首相が辞意を漏らしたことを聞いていな い」と断言した。仮に、鳩山氏が聞かされていたのなら、カメラの前で一点の曇りなく、あれほど堂々と「麻生さんに総理なってもらいたいと…」などと発言す ることは、あり得ない。一連の報道は、あまりにもできすぎなのです。太郎会は、いままで、10回開催されていたにもかかわらず、何故、10日夜のニースで 報道されたのか。報道各社はどう説明するのか。安倍首相が辞意を漏らしたことを知っていたのは、麻生氏だけだったことになっているが、取材したテレビ局 も知っていたことになる。そうでなければ、太郎会を取材する意味など一切ないのです。その映像で、麻生太郎氏と西川京子氏の笑いながらホテルから出て来る 姿の同じ映像が使用されているか、その映像を撮ったテレビ局が、このクーデターの首謀者なのです。

筆者は、GHQ占領下言論検閲を専門に 近現代史を研究しているが、公開情報を分析するだけで9割以上の真相が明らかにすることができるのです。今回の一連の報道で一番酷いのは、日テレと読売 新聞です。17日読売朝刊一面トップは、「福田氏圧勝の勢い 本紙調査 衆参213議員支持世論も福田氏58%」と、見出しを打っているのだ。読売新聞は、何か相当焦っているようだ。この世論操作は、まるで人民日報と同じでは ないか。今回の世論操作を見ると、朝日よりも読売が突出しなくてはならない理由を分析すると、戦後史の闇がある。現在、安倍首相と麻生首相誕生を望んでい ないのは、中国より米国なのは歴然としているのだ。それは、米国と同盟国であって北朝鮮問題では、日本の国益と一致しない。これは、専門家にとって周知の ことだが、元読売新聞社主正力松太郎は、CIAのスパイだったことが米国の公文書で明らかになっている。今、日本で進行していることは、GHQ占領下の言 論統制と同じなのです。筆者は、ITのことは、よくわかりません。論文として発表する時間がありません。この書き込みを著作権フリーとします。使用すると きは、全文掲載することだけを条件とします。

簡単に説明すると、太郎会を利用することができた人物は、麻生太郎氏が安倍首相から辞意を申 し入れされたことを知っている人物だけが、太郎会を利用できたのだ。それは、官邸で麻生氏を安倍首相に言われて呼び止めて会談の内容を聞いた人物であろ う。メディアに連絡をとった人物が同一人物かは、判らないが、連携した人物がいる可能性がある。いずれにしても太郎会は利用され、鳩山邦夫氏は、嵌められ たのです。

ジャーナリスト水間政憲




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wnmtohoku/51081212
この記事へのトラックバック
本題に入る前に、前回、来日中の賈慶林と小沢一朗が13日に会談したことに軽く触れ、新華網から小沢一朗の発言を紹介しました。 日本の民主党党首小沢一朗は、賈慶林主席の日中国交正常化35周年に際する訪日は、日中関係の発展を推進するまたとない機会で、この訪問によって...
麻生以外なら誰でもOK【中南海ノ黄昏】at 2007年09月18日 23:29
 総裁選挙ということで盛り上がりを見せていますが(特に国民に投票権があるわけではないから国民はなんとも微妙なかんじもするけど)、麻生陰謀論こそが陰謀であるというエントリーを見つけたのでリンク。こちらで見ることが
総裁選について単なるメモ書き【ShaLnerkの考えていること】at 2007年09月20日 03:55
中国だけではなく、米国にもパイプがあった福田氏。 キッシンジャーとのつながりは、彼が「媚中派」ではなく、 「超現実主義」外交論者であることを示している可能性がある。
ポスト安倍と政界再編の可能性を探る(その6:福田政権誕生は本当に悪夢なのか??)【途転の力学】at 2007年09月20日 22:48
ざっと福田康夫氏の人物像に迫るべくググってみた結果を。 福田氏、対北朝鮮外交を大転換? Sankei WEB http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070917/shs070917003.htm 自民党総裁選に立候補している福田康夫元官房長官(71)は17日、拉致問題の 解決に向け、こ...
福田康夫氏の東アジア外交姿勢【帝國ブログ】at 2007年09月22日 00:49
ネット内で非常に面白い現象が起きています。 それも、このアメーバで。 ---------------------------------------------------------------- ★「麻生太郎潰しは読売グループの陰謀」との説が話題に ・衆議院議員の戸井田とおる氏(自民党)のブログで、とあるジ...
麻生クーデターというデマを誰が仕掛けたか【関西人のための東京日記】at 2007年09月24日 23:01
この記事へのコメント
こんにちは。以前TBいただきました「東洋の魔笛」のナルトです。
ご返事とお礼が遅くなりましてすみません。

秋葉原はヲタクだけの街ではありません。
特に、政治家が演説したりするあたりは、昔の秋葉原でなく、つくばエクスプレスのメイン出口と、巨大なヨドバシカメラビルに囲まれた整備された広場で、平日、土日ともヲタクの人口密度がかなり低いところです。

マスコミの印象操作、すさまじいものがあります。特にTVマスコミは映像がありますので印象操作の効果も高いでしょう。

読売新聞にはがっかりしました。沖縄集団自決問題では、真っ当な社説を書いているのですけどね。
Posted by ナルト at 2007年10月05日 17:37