今日のテーマ見た目が若くなる女性のカラダの医学

本屋でふらっと目にともった本のタイトル。

日本の女性医療分野の第一人者・太田博明先生が、
女性の身体に関する基礎知識
から、
若さを保つために、老化の原因物質「AGE」(終末糖化産物)の蓄積を押さえる

最新情報も解説。

今日はすぐに役立つアンチエイジング情報を紹介します!



アンチエイジング人気ランキング   応援クリックをぜひ!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「見た目」が若くなる女性のカラダの医学 [ 太田博明 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/3/5時点)




こちらの本によれば、

実は「見た目」と健康状態には密接な関係があり、見た目が若々しい人ほど、病気のリスク
が低く、健康で長生きであることが明らかになってきたんだそう。



清涼飲料水や油で揚げたり焼いたりした食品を多く取ると「AGE」という老化の原因物質が体内で増え、AGEが体内にたまると、肌のシミやしわなど見た目に大きな影響が!!!
「見た目の変化は、内面の老化と非常に関係が深く、AGEがたまると皮膚がたるむだけでなく、骨がもろくなり骨粗鬆症のリスクも高まり、血管に蓄積することで脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなって、体内でも老化が進む」んだそうです。

怖すぎますね

AGEは女性ホルモンの分泌周期異常や更年期障害にまで影響が


女性ホルモンもまた見た目に大きく関係しています。

肌をきれいにする、骨や血管を強くする、善玉コレステロールを増やして脂質代謝を改善する、なども女性ホルモンの影響。その一方で、月経前後のカラダの不調(PMS)、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系の病気も、女性ホルモンの影響により起きます。

こうした見た目にも健康にも重要な女性ホルモンの働きまで阻害する
AGEは、全身の老化に関わる物質なんです


たとえどれだけ脅威でも食事の方法や内容を少し工夫するだけで、体内への蓄積を抑え、老化のスピードを緩くしていくことは可能!!

食後には誰でも血糖値が上がりますが、その上昇具合が激しい程、また高血糖状態である時間が長い程、AGE
は多く蓄積されます。同じ食品を食べた場合でも、食べる順番によって高血糖状態である時間が変わってきます。例えば炭水化物であるご飯を先に食べ、とんかつを食べ、最後にキャベツを食べると、食後高血糖の時間は長くなります。


でも先にキャベツを食べるだけで血糖のピークを抑制し、持続時間も短縮できます。

肉や炭水化物より、野菜やキノコ類、海草などを先に食べる!

AGE
の蓄積を抑えるためには、食べる順番を考え、よく噛んでゆっくり食事するということが大切なんだそうです。

ちょっとのことでも大きな違いを生むんですね。

見た目を若々しく保つためにも、健康のためにも
AGEの蓄積しない生活を送りたいですね!!!

みなさんもぜひおためしあれ〜




このクリックを励みに更新しています!
読んだよ!の合図にぽちっ!と頂けると、とてもありがたいです
アンチエイジング人気blogランキング








にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


いつも応援していただき、本当にありがとうございます