今日のテーマ驚きの新事実!骨密度低下がシワの原因!?


シワやほうれい線の原因といえば、
加齢による筋力の低下や頭皮の衰えなんかが一般的。
しかし、原因は骨にあった!!!!!!今日は驚きの新事実を紹介します

アンチエイジング人気ランキング 応援クリックをぜひ!




本日のネタもとは番組 BSプレミア「美と若さの新常識」
しわやたるみを防ぐのは骨より以下引用

教えてくれるのは、山王メディカルセンター女性医療センター長 太田博明さん。
女性医療と骨粗しょう症を研究する第一人者です

太田さんによると、しわとたるみを防ぐのは…「骨」。

骨といえば、骨密度。
年齢を重ねると骨密度は急激に低下していきます。


では、この骨密度と、しわ、たるみの関係性を見てみましょう。

女性の皆さんが気になるものといえば…?

口の両脇にできるほうれい線。
アゴに向かってできるマリオネットライン。
さらに、アゴのたるみ。

これ、いやですよねぇ。

そうした顔のしわやたるみに骨密度が関係しているというのです。
つまり、老け顔の原因に、骨密度が深く関わっていたのです。

「しわが多い、ということは見た目が老けているということです。そういう人たちは骨密度が低い。見た目が若そうに見える人は、骨密度が高いのです。」(太田さん)

骨密度とは何かおさらいしてみましょう。
骨密度は、骨の中身がどれだけ詰まっているかを教えてくれる値。

スカスカになるほど、その数字は下がります。
そのため、骨粗しょう症の危険度を知る目安とされてきました。


骨密度は、40歳を境に大きく下がってゆきます。


すると私たちの顔には何が起こるのか。

太田さんが、ある画像で教えてくれました。
こちらは顔の骨を映したものです。
左上は20代の女性の目を中心に撮影した画像。
右上は60代の女性です。


この2つ、目のくぼみの大きさに、違いがあります。


「若い年代では、眼窩(がんか)の拡大が小さいけれど、
年をとってくると、左右前後に拡大してくるんです」(太田さん)

それぞれの年代の目のくぼみはこの範囲。

重ねてみると…この通り。


骨密度が減ると、実は骨自体も縮み、小さくなるのです。

それが大きなしわができてしまう原因。

骨は私たちの顔の土台。
その骨が縮めば、表面の皮膚との間に隙間ができます。

するとあまったその皮膚は、深いしわやたるみになってしまうのです。

しかも厄介なことに、
顔の下半分こそ、カラダの中で最も骨密度が下がってしまう場所の1つです。


若い女性の平均で腰の骨密度は、1.23。
そして、下アゴの骨密度は1.52。上アゴは1.76。


それに対して、60代になると、この数字は3か所とも減ります。

マイナスの割合で比べると、腰は12%。上アゴは14%。
しかし下アゴは22%になってしまうのです。


だからできてしまうのは、あのしわとたるみ。

「下顎骨を中心とした顔面骨の減少、それがたるみの原因となります。ほうれい線やマリオネットラインの原因になっていると、ある面でうなずけるところがあります。40代から部位によっては骨密度の減少が起きてもおかしくないのです」(太田さん)





福岡歯科大学客員教授 平田雅人さんによれば
そのカギは、衝撃を与えることだといます。

できるだけ力強くかかとを落とす!!

え、かかとに衝撃?
あのー、すいません教授、美顔のヒケツなんですけど。

…でも、実は大丈夫なんです。

そのわけは、骨の中にある、骨細胞という細胞にあります。


この細胞、衝撃を感知するセンサー。
衝撃を受けると、骨を作れという命令物質を出します。


実は、この衝撃は、全身に伝わります。
そして命令物質も全身に広がります。

そのため、足の衝撃で顔の骨も作られ、
骨密度の低下を抑えられるというのです。

つまり、足に衝撃を与えることが、顔のしわ対策にもいいんです。


「顔から足、一番遠いところですが、骨がつながっています。骨の細胞の90%を占める骨細胞というのがありますが、神経細胞のようにネットワークになっているのです。ですから、かかとの骨の機械的な刺激が頭のてっぺんまで伝わるのです。エクササイズとしては、(骨に)重力がかからないとダメです。かかと落としをすれば、体重が60キロであれば、3倍の180キロがかかります。全体重をつま先に乗せてから、ドンと落としてください。」(太田教授)

2秒に1回。1日に50回ぐらいやるのがオススメです!


このエクササイズで、骨の細胞が活性化されます。そうすると、オステオカルシンという物質が出てくる。骨密度は高まり、それにより記憶力も高まります。さらに、免疫力が高まる、筋力も高まる、精力も高まります。みんなパワーアップします。」(太田さん)





いかがでしたか?

私、久しぶりにかなり衝撃を受けた新事実でした

目のたるみ、ほうれい線など、
基本的には加齢が原因だからと、なんかひとくくりで考えていて。

年をとれば重力に耐えられなくもなるよね、とか
もともと肉付きのいい顔だったから二十顎やほうれい線は
ある意味仕方がないよね・・・なんて思ったました。

そこに、シワの原因が骨、しかも骨密度って
ちょっと衝撃的です。


でも確かに、周りの40オーバーの人たちを見たときに、
ぶっちゃけ体はかなりふくよかなのに、顔にたるみのない人っていますよね。

逆に痩せてるのに、すごく二十顎やほうれい線の目立つ人も。

そこに対して疑問を持ってはいなかったんですが、
この骨との関係をあてはめると超納得!!!!

特に、眼窩が年齢とともに拡大するというのにはびっくり。
だから目の下のたるみができるのねって初めて深く理解できました

骨が縮めば、表面の皮膚との間に隙間ができる。
だからシワやたるみができ、さらに骨密度がさがると悪化していくわけです。

加齢が原因!なんて大雑把に認識しているだけではダメですね。
深く理解してこそ、対策がとれるというもの!!!

上記のカカト落としはもちろんのこと、
適度度な運動により、骨に負荷をかけることは
カルシウムが骨に沈着しやすくなることがわかっています。

骨密度を高めるための運動を生活の中に取り入れたり、
サプリメントを投入するのも一つ。

私のおすすめはこちら


FANCL(ファンケル)公式 健骨サポート 約30日分



女性の骨量が40代ごろから減ってゆく原因の一つは、ホルモンバランスの変化。
ファンケルのサプリは、カルシウム補給だけではない“大人の女性の骨の健康”に役立つ設計を究めていて、機能性関与成分大豆イソフラボンのほか、この時期に必要な4種類の成分を複合配合。
このサプリ一つで、ホルモンバランスと骨粗鬆症対策の2つが可能とお得なんです。


骨とシワの関係。

知ってると知らないとでは大違い。
漠然と加齢のでせい・・・って思っているよりも、
原因がわかっているなら対策がとれますから、
頑張ってみようという気力が沸いてきますよね!!!!


ぜひみなさんもおためしあれ〜




応援ぽちっと
頂けると本当にうれしいです
   


いつも応援していただき、本当にありがとうございます