FD-6800を取り付けできたので、一気に調整まで済ませておきましょう。今回、FD-6800にはこんなパーツも付属しています。

IMG_3969

ケーブルを通すパターンを変更できるようにアダプタが付いています。フレームにつけたFDに取り付けてゲージのどちらをケーブルが通るか?を確認してアダプタの左右を入れ替えるのですが、VIVALOの場合は購入時のままでOKでした。

IMG_3985

ということでケーブルをつけてチェーンをつけてあとは調整するだけです。

IMG_3991

ネットのマニュアルを見ると4パターンくらいの調整が必要です。トップとトップよりのトリム、ローとローよりのトリムの4パターンですね。

IMG_3990


IMG_3989

全部、FDのプレートとの感覚を「0~0.5ミリ」とかかれています、、、それってほとんど「摺らないレベル」にしろということなのですよね。

IMG_3988

とりあえず、マニュアルどおりに調整して変速ができるようになりました。

IMG_3993
IMG_3992

近所のパン屋さんまで試乗してきましたが、変速は快適です。やっぱり変速は軽くできるようになりました。



が、、「ガシャッ、カチッ」ではなく「カチャ、、、ヌルッ」という感じです。うーん表現が難しい(笑)率直な感想では105のほうが変速した!という気がしてよかった。アルテグラは1テンポ遅れて気がついたら変速している感じがします。そのうち慣れるでしょうね。

帰りにも変速をして遊びましたが、、、トリムがまったく効かないことに気がつきました。どうやら変速調整は失敗したみたいです。でも、変速自体はちゃんとできているので、まぁ、いいでしょう。(そのうち、再調整しまーす)