NZのオバハンランナー ☆ Yossy のオープンスペース

1993年頃、心友の Haydo <子どもと親の相談室・ファシリテイター(NPO)Gobamcan 代表 2013年解散>より提示された1冊の本ジョン・ブラッドショー著『インナーチャイルド』 読解するまでにかなりの時間を費やしましたが、過去に両親や社会に傷つけられた心の傷を再生し擁護する為に利用しています。 そして潰されていた好奇心の息吹に触れながら育自をしています。 Yossy ライブラリー(参考文献一覧)の1冊、上記にも述べました『インナーチャイルド』を読み解くための方法をカテゴリーに追加しております。興味のある方は是非、ご覧くださいませ。

ご覧いただきましてありがとうございます

ブログの説明にもありますように、ジョン・ブラッドショー著『インナーチャイルド』を利用し、心に負った傷を再生・擁護しながら自らの成長を感じ生きています
また”自分の人生をクリエイトする”ということを語っています

現在、自然エネルギーを大切にしているニュージーランドでの暮らし、そしてランレポートなど日々感じたことも不定期ながらつぶやいております

Yossy ライブラリー(参考文献一覧)📖   
http://blog.livedoor.jp/won_chan2013/archives/49546962.html

ジョン・ブラッドショー著書『インナーチャイルド』を読み解くための方法
http://blog.livedoor.jp/won_chan2013/archives/14312477.html

Haydo の足跡(2004年タブロイド紙掲載記事)
http://blog.livedoor.jp/won_chan2013/archives/42688445.html

📢 Yossy とコンタクトをご希望の方 へ

<お詫び、そしてお知らせ>
これまで Facebook にて、ご希望の方とはコンタクトを取らせていただいていましたが、2017年12月現在は Facebook よりアカウント使用が停止となっております。
誠に勝手ながら、他の方法を模索中です。
ご迷惑をおかけしております。

休暇を取ったので、トンガへ滞在8日間の旅決行 🌺
ニュージーランドのオークランド(ちなみに首都はウェリントン)からは、飛行機で約3時間と気軽に行ける距離。
日本に住んでいた頃は、近場の海外 グアム・サイパン・ホノルルへ息子と遊びに行っていました。
私は海が近くにあるというだけで満足できるし、何よりトロピカルな地域は水着や薄着で過ごせるのがとっても楽。
ttapu-map

トンガは王国で、170の小さな島々からなる国🐠
私が訪れたのは、Tongatapu(トンガタプ)首都はヌクアロファ
首都といっても大雑把に言うとメイン通りは2つとビーチフロントで、とってもこじんまりとした小さな印象でした。行きの飛行機でサモアの女性と一緒になりましたが、彼女曰くサモアより ”田舎” だと表現していました。機会があったら、次はサモアへも行ってみたいと思っています
IMG_0947
今年の2月にトンガタプを襲ったサイクロンでかなりの被害を受けたそうですが、人々はみな手を取り合って現在も復興が続いています。現地のトンガ人からの話では、政府の動きが遅いから家族や隣人・知人が協力しあって家の再建をしているとか。
また女性のトンガ人タクシー運転手は「(サイクロンが夜間に来た時)今まで夫の前では泣いたことはなかったけれど、暗闇で今までに見たこともない光景を目にして、隣の家に逃げ込んだ直後、家を失った。その時初めて夫の前で泣いて」と話してくれました。
私がいろいろな人の話を聞いて思ったことは、彼らはサバイバル技術があるということ。たくましさは、我々日本人とは比較ができないと感じました。
例えば、ヤシの木や葉で家を建てることができたり、飲料水がなくてもヤシの木に登って水の代わりにココナッツジュースを得られる。そのような彼らの知恵を、私は今回ほんの少しだけ知ることができました。
IMG_0944
私の宿泊した施設の目の前はビーチが広がっています
IMG_0939
女の子とは、パブリックのトイレで出会い”蛇口の水の出し方”を学びました

近所では、野菜や果物など新鮮な魚 も売られています。

港では地図に載っていたレストランを発見、印象はレストランというよりも日本の”定食屋”といった感じで地元の人たちに人気のお店。
IMG_0965
メニューはその日の朝に捕れた新鮮な魚一種類を、12種類の調理方法でオーダーを受けてから調理されます。
メニューに "SASHIMI" があったのでテイクアウトで注文。$12(1トンガドル=約49円 2018年現在)
IMG_0968
全く臭みがなく(新鮮だということがわかります)ぶつ切りなので、食べ応えがありました。魚の種類は、すっかり忘れてしまいましたが食べたことのない味のお魚 
刺身の上に乗っているのはカットオレンジに見えるけれど、レモンです。付け合わせのご飯は日本人向けでしっとりしていましたよ。
刺身のタレは日本の醤油とは異なり、チリやガーリック入り。私は日本の醤油とわさびを持参したので、両方の味を楽しみました。刺身の量がかなり多めだったので、翌日は持参したガーリックとオニオンソルトを振りかけて、さっとホットプレート(宿泊先はキチネット付き)で焼いてウマウマでした

応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

7月のスクールホリデー中にパートナーが連れて行ってくれたのは ネイピア という海沿いにある街(車で約2時間ちょっと)私はバズで ギズボーン を訪ねた時に、休憩でた立ち寄ったきりでした。

この日は朝は7時半ごろ出発して10分くらい車を走らせると、まだ朝靄が幻想的に広がっていましたよ。
IMG_0651
IMG_0655
風力発電を見かけるとニュージーランドに住んでいて良かったとほっとしたり。
途中、休憩で立ち寄った街で軽食をとりネイピアへ到着したのが10時頃。
IMG_0676
IMG_0678
モーニングティーをするために、カフェへ立ち寄りました。小腹が空いていたので、グルテンフリーの”抹茶ロールケーキ!”と目を疑いましたが、こちらはサーモンとクリームチーズがマッチしたサーモンロール。

街の中はアールデコの建物があちらこちらで楽しめます。この港町は、1931年に大きな地震に見舞われ壊滅的な状態から、現在のようなカラフルなアールデコの建築が取り入れられたそうです。
IMG_0687
IMG_0693
アールデコ様式の建物の他に、壁画も見られます。ぶらぶらと街を探索しながら🎨 壁画を見つけるのも楽しいかも↓日本語で表現されていたけれど、微妙に怪しかったり(笑)きっと日本びいきのアーチストなんでしょうね
IMG_0697
IMG_0743 (1)
街を歩きながら、ランチをどこでしようかカフェを覗いていました(パートナーがセミベジタリアンなので、カフェのチェックは重要
キャビネットフードが充実していたこのカフェに決定!私は店内のアートに惹かれてしまいました。
IMG_0703
フリーダ・カーロを思わせるような印象的なアート。私たちは1階で食事をしましたが、2階のアートも見たいとスタッフに尋ね潜入。
IMG_0701
スタッフはとてもフレンドリーで、近くにある画廊も教えてくれました。
ランチもこれまた美味しくて、満足!私はスプリングロールを注文し、ベジタリアン向けのサラダは2人で仲良く分けていただきました。UJAZI cafe にて
IMG_0698
IMG_0685
ランチを済ませてから再び街を歩き、アンテークショップへも足を運びましたよ。
IMG_0688
IMG_0689
写真上の右端にディスプレイされていたベルベットのドレスが素敵だった✨
IMG_0691
今では出せないような色のランプシエード、眺めているだけで楽しめます。
IMG_0692 (1)
IMG_0690
毎年2月にはアールデコフェスティバルが開催されるため、アンティークショップ巡りが好きな方にもおすすめな街です。ウィンドウショッピングを楽しんでから、ビーチサイドを歩きました。
IMG_0711
IMG_0708
IMG_0726
この日は初夏のような陽気で、薄着で歩いていても気持ちよく天候にも恵まれました。
ここで楽しみにしていたがアイスクリームショップ🍨日本人向けの月刊誌でオススメだったところよりも、地元に愛されている感が強かったビーチの前にあるショップへ吸い込まれるよう入ってしまいました。
IMG_0732
IMG_0731
IMG_0733 (1)
写真をとって良いかスタッフに尋ねると笑顔で「じゃん、じゃん撮って〜!(笑)」ということでしたが、次から次へと地元の人が来るので撮りきれず。日本でおなじみの MILO(こちらでは”マイロ”と発音します)も、子どもがわかりやすいように小さなおもちゃのミロがアイスの上に乗っかっていて、試食の連続でした。
IMG_0736
私が注文したのはダブルで、ストロベリー・ココナッツ。甘さが控えめで、パクパクいけました〜
店内の装飾は、アンティークのアイスクリームスクープやブリキの看板が飾ってあって可愛らしいです。
IMG_0737
IMG_0740
IMG_0741
ショツプ名は Lick This(アイスプレミアムクリームパーラー)アイスクリームの他にもジェラードやサンデーなどあり。詳しくはウェブで http://www.lickthis.co.nz/
IMG_0749
IMG_0751
パートナーがアフタヌーンティー中に、私は足早にミュージーアムへ。1931年の大地震の写真や遺品なども展示されていますし、定期的に催しが開催されていて入場もフリー(寄付の箱は置いてあります)
スクールホリデーだったので、子どもたちを多く見かけました。
ネイピアへの滞在は約5時間でしたが、温暖でリンゴの収穫も盛んな海沿いの街、オススメです

応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

この日は魚屋さんでマコガレイ(”Flounder”と売られていました) を入手
日本では当たり前のように見かけていたけれど、こちらではすっかりご無沙汰。
IMG_0640 (1)
IMG_0645
ニュージーランドへ来て、一匹まるまる食べれるお魚なんてちょっぴり感動🐟しかもかなり鮮度がいい✨
大きめの魚はこちらでも見かけるけれど、どーしてもさばくのが面倒になって💦切り身のお魚ばかりを選んでいました。
カレイならばどう調理すればいいか知ってるし、ちょうど魚の煮付けを食べたいなと思っていたのでラッキー
パートナーはセミベジタリアンで、私たちと暮らすようになってからかなりレパートリーの幅が広がり1種類しか食べれなかったお魚は、今では4種類の中から選べるまでに成長(笑)
IMG_0641
こちらが彼のお気に入り オレンジラフィー(orange roughy)この日は鮮魚がなく冷凍。お値段は $34/kg とややお高め。
私には味も香りも物足りなくて、魚を食べた感じがないほど臭みがほとんどないヒウチダイ科の魚類。
魚臭いのが苦手な人のタンパク質摂取にはオススメの魚かもです。

先日はニュージーランドの首都に当たるウェリントンへ、パスポートの受け取りをすませ地元で捕れるお魚を買いに立ち寄りました。Wellington sea market Cuba st を南の方へ歩いて行くと右手に位置します。
IMG_0612
お刺身で食べれる魚はスズキ(Blue cod)とサーモンだったので、すかさずスズキを選びました。
地元では刺身で買えないお魚も、こちらではフレッシュで値段も安く嬉しい限り。
お店の人はとて気さくで、尋ねればどの魚が刺身で食べられるのかを教えてくれます。

さて、今年出会った韓国人の友達からは手作りキムチをいただきました。
オモニーの味、毎年この時期になると50個の白菜を仕入れて仕込むそう
IMG_0597
私は辛いものをたくさん食べられないので、お野菜をたっぷり入れてビビンバにして食べています。
これならば、乳酸菌をそのままいただけますね。
IMG_0600
でも韓国人のお友達は炒めご飯を勧めてくれましたよ。
次はいり卵を加えて、マイルド(お友達のキムチ炒めはめちゃくちゃ辛かった…)なキムチ炒めご飯を作ってみようと思います。

過去の記事 ニュージーランドのお刺身(マグロ、サーモン) ・初めて捌いてみました(天然うなぎ)はこちらでご覧になれます
応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

すっかりパソコンの前に座る時間が減ってしまい、ブログのアップもこのようなペースになってしまいました。
私のブログを訪ねてくださる方には申し訳ないのですが、よろしければ過去に書いたブログを覗いていただけると嬉しいです。
私は普段持ち歩いているモバイルも、インターネットへは接続していないので(旅先では別ですが)あくまでも連絡を取り合うだけのみテキストや通話を利用しています。この利用の仕方は、日本に住んでいた時と変わっていません。

実は、このブログを書いているこの日は、自分のために休みをとりました。かなり疲れが溜まっていたので良い選択だったと思っています。
私の息子は小学校2年生の夏、不登校することを選んでくれました。大人でもこうして疲れる時があるのに、子どもに毎日通学するよう強制するのは納得できませんでしたから、息子へは「(学校へ)登校することを選んでも、行かないことを選んでもいいよ」と伝えていました。
息子の選んだ不登校の経験は、きっとこの先どこかで彼が語るきっかけや不登校で辛い思いをしている子のクッションになれる日があるのかなぁ…と、勝手な青写真を描いています。
私は子どもの頃に不登校を選ぶ選択肢がありませんでしたから、こうして大人になった今、自分で自分のとった行動に責任を持ち受け入れています。

ところで、読みたいと思っていた5冊の本が届きました。ちょっぴり自分へのご褒美です
そのうちの2冊がこちら。
IMGP5326
去年、『ニホンという滅びゆく国に生まれた若い人たちへ』の目次 (過去のブログへリンクします)を閲覧した時に興味を持ちました。
特に著者の、まえがきが気に入っています「(前略)しかし断っておくが、僕は君たちを子ども扱いする気など毛頭ないのだ。本書で記述した語彙や観念は極めて高度であり、つまるところこのような様式そのものが、君たちの知性に対する畏敬(いけい)と尊重なのである(前略)「出来上がった脳」の大人には到底無理な作業であり、柔らかく可塑(かそ:刺激によって変化可能な状態)性に満ちた脳を持つ君たち<若者>の特権なのだが、この場合における<若者>とは単に未成年を表すに止まらず、権威や常識に束縛されない自由な精神を持ち続ける者の総称であることを申し伝えておきたい」そして私がやや残念に思ったのは、本書のページに余白が目立つこと。
読者がメモを取るために敢えて余白を多めにしたのかはイマイチ意図がつかめませんが、本の厚みの割には文字数が少ない。確かにインパクトは感じ取れるが、息子曰く「過激な書き方」には頷けます。
全てを鵜呑みにするのは危険なので "考える材料"(Yossy ライブラリーへリンクします) として読んでもよい一冊だと思いました。
学術用語が多く使われている部分は、私自身正しく言葉を使うことは大切だと思っているので、辞書を引き引き読むにはよいのではないでしょうか。
もう一冊の『放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか』は、著書のカバーデザインを手がけているアーティストのイラストが半分を占めています。海外でもかなりの反響を得ているアーティストでもあるので、作品から読み取れるメッセージは確かにあると思います。ただし先にも述べたように、1冊目の本よりもさらに文字数が少ないことを付け加えておきます。
書店で立ち読みができるのであればパラパラとページをめくりたいところでしたが去年、日本へ一時帰国した時は見かけられるような本のタイトルではなかったので今回の購入に至った次第です。

応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

あと数日したら、移住して4年目に入ります。いつも応援してくださって、ありがとうございます

今回は、私のパスポートを現在住んでいるニュージーランドから郵送で申請。
未成年の申請に関する必要書類についてはこちら パスポート申請 海外編(未成年)① 
遠隔地からの申請(日本大使館のホームページ)2018年5月現在
スクリーンショット 2018-05-27 16.40.09
日本大使館ホームページより
封書の書き方は、以下を参考にしてみてください。
vS4egxfUMW1WlNX1527394856_1527394896
申請用紙を、折り曲げないように送付するので”Don't bend it please!"と書き添えると良いかもです
2VMqr_om53wzNZk1527394183_1527394244
封書の裏には、ご自身の住所を明記”If Undelivered please return to: "とタイプしました

さてさて、去年、日本へ一時帰国した時にナゾだったこちらの2点を入手したのでご紹介します。
以前、この2点の入手に困りやや強引な手段をとりました 興味のある方はこちらをご覧ください➡️パスポート申請 海外編①
今回は、この2点を使う機会はありませんでした。
aWvnl0lUuLoZ81M1527394341_1527394376
国際返信切手券(150円)
AZzfUZCLLskEgIE1527394672_1527394755
定額小為替証書(450円)

                応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今の新しい環境は、私よりもはるかに年の若い人たちが圧倒的に多い。
そして、私は若い彼女たちに囲まれたり、私の隣が空いてるのを見計らって座りこみニコニコとおしゃべりが始まることもある。
時に彼女たちからぴったりと寄り添われたり、はたまた腕を組まれたりすることも… 慣れていないせいかな、戸惑っている自分もいる 
とはいえ、若い彼らが年上のオバハンをかまってあげようという訳でもなさそうだし。
中には、私と一緒に日本へ旅行へ行きたいといってくれる子さえいる。
私は決して世話好きではないし、良いアドバイスができる訳でもないから不思議だ。
しかし、これは良い機会だから私は見た目はオバハンだけど、その子たちの年齢に近い年のやり直しをさせてもらおうと思い立った。というのは、私は随分と背伸びをして生きてこなくてはならなかったので、年相応の自分を生きる必要があるともいえるから。

ちなみに、私は年子の弟がいたし年の離れた妹もいる。
”自分を生きる” ことを始めてから、私は両親から弟や妹の親代わりを押し付けられていたことに気づいた。
しかし、そのことに気づく以前から私は年上の男女の知り合いが増え、心のどこかで安心していた。
きっと、弟や妹の世話をしなくてはならない自分を、無意識に遠ざけようとしていたのかもしれません。
ここでさらに私の子ども時代に遡るけれど、私はとても消極的で恥ずかしがり屋で目立たない子でした。というよりも、目立たないように ”ひっそりとしていたい” 子でした。
これといって得意分野もなく、クイズやゲームも苦手だったし関心がなかった。
なのに、今の私は雑学が得意であることに気付くきっかけがあったのです。最初は ”偶然だろう” と思っていたけれど、それは偶然ではなくこれまで好奇心をもって経験したり調べたことが、このような形で現れているのだと知りいささか驚きさえありました。
私は現在、英語圏の国に住んでいるけれど、セルフポートレートを使って形容詞でその人の特徴を表現す機会がありました。その中にも自分の発見があり、他者から見る自分はこのように映っているのだと興味深かったひと時でした。
bNCaIUVo5V4MEKF1526766277_1526766365
右から時計回りに、Friendly, Cute, Kind hearted, Charming, Very cute!, Strong!, Lovely!, Very lovely, Sweet, Shocked
客観的な視線、なかなかいい傾向だと気づかせてくれました  かわいいオバハンなら満足です(笑)

今の私は、年上だから・年下だから・男だから・女だからという枠から外れた規格外の生き方をしているので、随分と進化を遂げたものです。
皆さんも、自らの思い込みや、先入観を取り払い 自分発見 の旅に出てみませんか?

応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

週末は、パートナーの誕生日で彼の娘さんとバースデーランチへ
午後は、クリスマスに失敗したパブロアに再挑戦。
今回は、ココアパウダーを加えました。
パブロアのレシピは検索すればいっぱい出ててくるので、ここではココアパウダーを入れるタイミングを紹介。
IMGP5302
メレンゲ(卵白4個)にツヤが出てきたところで、ココアパウダーを加え再び泡立て器で混ぜます。
IMGP5303
ココア大さじ2をふるいにかけてこうしてメレンゲに加えます。
IMGP5304
ツヤもあって綺麗なチョコレート色になったでしょ
IMGP5305
クッキングペーパーの上に、直径20cmくらいに広げて。
IMGP5306
予熱した120℃のオーブンで2時間。でももっと焼いた方が中がふわっとサクサクになります。
IMGP5309
メレンゲにたっぷりシュガーが入っているので、ダブルクリームはシュガーなしでデコレーション
ほんとはブルーベリーを飾りたかったけど、グレープがあるのを思い出して節約 
写真のクリームの量は200cc でもクリームはもっと多めでもいいかもです。

                応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

霜が降りる前に、サツマイモは収穫しなくてはいけないらしい🍠
4月2週目の土曜日、芋掘り開始!
枝豆も、サツマイモ(ちなみにニュージーランドでは”クマラ”と呼びます)も、我が家で初収穫ワクワク。
IMG_0581
サツマイモは肥えた土じゃなくても育つということで、水はけを良くしただけで化学肥料は一切なし。
土の中からゴロゴロ出てきてくれましたよ
もちろん、ちっちゃくて可愛いのもたくさん。自分で作った作物、安心して食べられますね。
ありがたや〜、太陽、雨、すべての自然の恵みに感謝です。

今年もフェイジョアの時期がやってまいりました。
でも今年は夏の雨が少なくて、いただくフェイジョアも小ぶり。
我が家も数える程度にしかなってくれませんでしたが…
”マンゴーの大きさ”というと、やや大げさなので”大きめのキウイぐらい”と言ったら無難かもです。
IMG_0594
IMG_0587
どうです?たぶん、かなり大きいと思います。こちらはアポロという種類。
スーパーでもお高め、家族にこっそり内緒で食べなくちゃ

今年の1月に入ってから、息子が週に2回料理をしてくれることになりました。
メニューを少しずつ増やし、今では私よりもカレーが美味しく作れるようになりました。
カレーといえば、息子です(笑)しかもルーから作ってくれて、私に合わせてグルテンフリー。
IMG_0575
マッシュルームと、チキン、玉ねぎがたっぷり入ったカレー 美味しそうでしょ。
2日目はカレーパスタにして、パルメザーンをかければうまうまです!

                応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

秋真っただ中のニュージーランド。
先週、わたしの住む町から1時間ほどのところに栗の木を発見!来年は栗拾いに行かなくちゃです。
ところで、今年の夏は3本植えたトマトの苗から、挿し芽で増やしトマトが生では食べきれないほどに収穫できています。
unnamed-2
ということで週末少し余裕ができてきたので、保存用にトマト煮を作りました。
湯むきして塩を加えてぐつぐつ煮るだけ。自分で栽培・加工なので安心していただけます。
IMG_0576
美味しそうに出来上がったので、息子と相談し夕飯のレシピを変更。
トマト煮にオリーブオイルで炒めたガーリックと野菜を加えて、パスタ de トマトソース🍝
うまうまでした〜

今年に入ってから、週末はお友達家族がワンダーガーデンへ度々遊びに来てくれています。
野菜の手入れを一緒にしたり、草をむしってくれたりと子どもたちもとても楽しそう。
iBA3N_Dcyc9HWlN1523245728_1523245794
そして、ここへ来ると子どもたちが真っ先に向かうのがイチゴのプランター🍓
「自由にとっていいよ」と伝えてあるので、子どもたちは毎回直行です(笑)

秋に差し掛かった頃、水やりや手入れに夢中になっている子どもたちに2粒ずつ種を分けました。
”何かを育てたい”というタイミングが一致していたので、少しだけ彼らの興味が手伝えたようでワクワクしている Yossy です🌱

                応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

待ちに待ったイースターホリデー、4日間の連休をどう過ごそうか考えて 
朝晩、小寒い日も感じながら毎年恒例となったタウポの温泉コースに決定! 
今年はパートナーの娘 Vちゃんも一緒です。
IMGP5271
去年はなかった筈だけどインスタ向け?

到着してから街でランチを済ませて、宿泊先は一昨年アメリカ人の友達と一緒にステイした Mountain view motel へ、キッチン付きで2階建てなので4人でも広々使えます。
2Fからはタウポ湖も見渡せますよ。

さっそく、私のお気に入りのスパ Wairakei Terraces へ、レッツゴー  こちらは子どもの入場が不可なので、大人の雰囲気でゆったりリッチな気分で過ごせます。
IMGP5282
カップルでイチャイチャしたり
IMGP5284
このミルクブルーの色がなんともゴージャス
IMGP5286
スパの帰りは、Vちゃんのご希望で Huka Falls へ、何度見ても迫力満点です!

2日目は土曜日なので、タウポ湖周辺を10kmランニングしてからのー
街の近くで開催されているタウポマーケットへ行ってみました。
IMGP5296 (1)
IMGP5295
手作りクラフトが主でしたが、オーガニックのチーズやお野菜などご当地のものが手に入ります。
私たちは美味しいオーガニックのフェタチーズや、卵、野菜などを購入。

街を散策してから、タウポから足を伸ばして40分ほどの所にあるスパ Waikite Valley Thermal Pools へ。
この施設は、子どもの入場がOKなので家族連れが多いです。
ナチュラルウォーターも飲み放題なので、ボトルを持っていくと良いかもです。
IMGP5300
IMGP5299
IMGP5298
イースターホリーでなので、たっくさん人がいましたよ 

今年はインドやアジアの人が多いように思いましたが、息子がウクライナかロシアの人もいると言っていました。

帰りは、行きの道からそれて気になっていた トンガリロナショナルパーク を通ってみました。
unnamed
休みとあって、かなりのビジターが来ていたので管理の人に話しかけてみましたよ。
幾つかコースがあって、6〜7時間かけてハイキングをすると湖が見れるそうです。
パンフレットにありましたが、かなりハイレベルのコースなのでしっかり体力をつけて来年登ってみることにしま〜す。
unnamed-1
シーズンは、シャトルバスが出ています、詳しくはウェブでご確認くださいませ

旅行中の3日間、暖かくてとても良い日に恵まれました。
明日のイースターマンデーもお天気だといいな〜

                応援ありがとうございます<(_ _*)>
こちらのボタンもよろしくお願い致します
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ