2017年03月01日

今シーズンの活動 休業のお知らせ 〜人生のポーテージ・タイム〜)

〜〜〜安曇野のリバークルージング「わんだぁ えっぐ」の活動 休業のお知らせ〜〜〜



2000年以来、16年にわたり皆様に支えられ励まされ、休まずに「川くだり」という営みを続けてまいりました。
ここにあらためて厚く御礼、深く感謝申し上げます。

この度、誠に勝手ながら、一身上の都合により、しばらくの間(今シーズンの活動を)お休みさせていただくことをご報告いたします。




毎回、毎夏、まるで故郷への里帰りのように、この小さな営みを目指し、私共に会うことを楽しみに来てくださっている家族のような常連の皆様、ご厚意をいただいている多くの「わんだぁファン」の方々、この小さな営みにご紹介ご協力いただいた業者の皆さま・・・、このささやかな営みに関わってくださった全ての関係者様に、心から感謝とお詫び申し上げます。
これを記しながらも、皆さま方おひとりおひとりのお顔や、お声が聴こえてくるようで、寂しくも哀しくも、苦しくもなります。



想えば、この16年の間にどれほどたくさんの方々に出逢い、どれほどたくさんの想いを寄せていただいたことでしょうか・・・。この小さい営みながら、数えれば延べにして15000人近くの方々を安曇野の大自然の中にご案内させていただきました。距離にしたら恐らく延べ4000km以上(それでも世界一長いナイル川6650kmに達していない)を漕ぎ下ってきたかと思います。その間いろいろあっても万事が無事で、こうして無事故無違反にて今日までを漕ぎ下れたこと、それは何よりもボクの大きな自信であり、誇りです。これも一重に皆様のご理解とお力添えのおかげでございます。ありがとうございます!



また、ここまで漕ぎ続けてこられましたことは、ある時は影となり、ある時は光となり、この活動を全面的に支えてくれた素晴らしい仲間やスタッフ、母港となってくれた大切な人に恵まれたおかげです。心から感謝申し上げます。ほんとうに、これまでありがとうございます!



そして、いつも黙って見守ってくれていた「わんだぁえっぐ」の大社長、お天道様。「地・・水・火・風・空」すべての宇宙の恵みに心から感謝申し上げます。ありがとうございます。







〜〜自分という名の船のポーテージ・タイム〜〜


川旅の途中で、倒木や滝などでこれ以上は航行困難になった時、ボートやカヤックを一度陸に担ぎ上げて、安全な処まで歩いて移動して、再び漕ぎ出すことを、業界用語で「ポーテージ」と呼んでいます。

誠に勝手ながらこの休業は、人生という川を下る、自分という名前の船のポーテージ・タイムだと思っています。これからまだまだ続く長い旅の途上の、大切な瞬間だと考えて一旦陸に上がるのです。

すっかり汗と涙に濡れた心の地図を乾かし、もう一度ルートを見つめ直し、岩で傷ついた船底を修復して風の声を聴いて再び人生の流れに漕ぎ出すまでの心のポーテージ・タイムです。

皆様には、本当にご迷惑をご心配をおかけいたしますが、どうかご理解の上、温かく見守っていただけたならば幸いです。きっと、この陸路移動(ポーテージ)を成功させて、新たなヴィジョンを構築した後、再出発してゆく所存でありますから・・・。

つきましては、
これまでの活動に関しましてのご意見やご感想、想い出などをお寄せいただければ幸いです。また、資金、人力、アイデア等の提供、こんなこと一緒にしたい!などなど・・・、今後もみなさまからの叱咤、ご支援、ご指導をいただけますようお願い申し上げます。





お近くにお越しの際は是非ともご連絡の上(不在の時が多くなりますから)、お気軽にお立ち寄りくださいませ。


今後の再出発情報、その他の活動につきましては、このブログ上で「報告」アップして参りますので、引き続きご覧いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。




力をつけて、みなさまにとびっきりの笑顔で再会できます日、楽しみにしております!

皆様方のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げ、今シーズンの活動休業のご挨拶とさせていただきます。


これまでに ありがとうございます。
そして、
これからも ありがとうございます。





わんだぁ えっぐ ネイチャー&レクリエーションズ

代表:吉沢真@くま














Posted by wonder_egg at 17:44│Comments(4)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wonder_egg/50765703
この記事へのコメント
くまさん、こんにちは。
みなさんおかわりありませんか?
昨年の今頃お世話になり、今年は山梨におります。
ジョセ、マニも元気に一緒に旅行中です。
次にお会いできるときには、1日フルでお世話になりたいです。
くまさん、みなさまお体大切にされてくださいね。
またわたしたちにたくさんの素敵なお話きかせてください。
Posted by ジョマ at 2016年08月23日 10:44
ありがとうございます!
あの日の対面は…
本当に偶然だったのです
信じられないような、出来事でした
あの道をフラリと入って、娘の写真とよく似た川の景色だな〜と思っていたら…
忘れられない出来事です
この年になると、巡り合わせだなあ、素直に思えます
今年も白馬方面、7月下旬に行きます
残念ながら、娘は都合つかず家族4人旅になりますが…

どうぞ、お会いできるまでお元気で!
Posted by 山羊 at 2016年07月08日 00:53
山羊さん、お久しぶりです!コメント、ご連絡ありがとうございます。

あの日の修学旅行生のことは忘れません。みんないい娘たちでしたからね…。つい商売抜きで旅人目線になって、川旅を決行しました。


彼女たちのこころの片隅にあの日の思い出がいつまでも息づいて、jK、JD、OL…になって離ればなれになっても友情が深まり続けていってくれたなら嬉しいです。

もちろんママさんたちのことも覚えていますよ!でもあれは、偶然だったのでしょうか?心温かなお手紙もいただきましたね。不思議なつながりですね。

今回は申し訳ありません。そして逢えず残念ですが、きっとまたお会いできたらと想います!その日をどうかお楽しみに。


そろそろ、あの川筋にぴかぴかと蛍が生命の灯火をともす季節です。7月中旬からがたぶん最高潮です。ハザードをつけると集まってくるんですよ。

よい旅になりますように!そして、すてきなjK生活になりますようにお祈りしてますね。
会える日楽しみにしています。
Posted by くま at 2016年07月03日 09:49
こんにちは。2年前の今頃、娘が修学旅行でお世話になり、その年の夏、家族で偶然わんだぁの横の道をフラッとサイクリングして、まさかの対面…覚えていらっしゃるでしょうか。今年あたり家族でラフティングと思い、こちらをみつけたところでした…スタッフの皆様もお元気でしょうか。あの時お世話になった娘はJK生活楽しんでいます。わんだぁの活動再開を待っています。
Posted by 山羊 at 2016年06月29日 14:15