D1開幕戦前に2008年度のD1GP参戦体制報告等をすることが出来きませんでしたので、応援して頂いている皆様、関係者各位、スポンサー様に深くお詫び申し上げます。
誠に申し訳御座いませんでした。


開幕直前のギリギリまで今年度のD1GP参戦をどうするか悩んでいました。
今年度は資金不足によりD1GP参戦が全戦は不可能という状況に陥ってました。
エントリー費等の高上、岡山国際サーキットがシリーズに組み込まれた為による遠征費、タイヤ代、車輌やエンジンの不具合によるD1車輌全般のオーバーホールなどなど様々な出費が計算され、あからさまの資金不足という状況でした。

スポット参戦しか選択の余地がなかったのですが・・・参戦できても2〜3戦なのでシリーズ7戦のうち近郊のみでエビスと富士を照準にあてようと考えました。
開幕戦はエビスですが、エンジンやタイヤなど大幅な変更もあり車輌のテストや練習も不十分だったということもありましたので、直前まで少しでも車輌のトラブルやセットアップがうまくいかなかった場合は開幕戦は回避しようと考えていました。
結果、開幕戦は出場できましたが不運なトラブルによるリタイヤとなってしまいました。

2006年、2007年は 有限会社YsFACTORI様と当社WONDERのコラボで「ワイズファクトリー&ワンダー」チームとしてD1GPを参戦させていただくことが出来まして、今年度も同じ体制の予定ではあったのですが・・・
ワイズファクトリー櫻井社長様とは何度も打開策を話し合い、金銭的なスポンサーの獲得などに励みましたが世の中不況ということもあり状況打開をすることができませんでした。
自分も櫻井社長様もお互い会社を経営する身で、私利私欲の為に費用対効果&会社経営を度外視した会社からの金銭の出資はできません。
ですが正直、自分しては出来る限りD1GPに出場したいというのが本音です。
しかし本来ワイズファクトリー様はドリフト系とは全く違う業種の車屋経営されておりますので、櫻井社長様には約2年間費用対効果以上の援助をして頂いており、これ以上の無理なお願いはできません。
開幕戦直前まで何度も話し合った結果、ワイズファクトリー様は「チーム」としてではなく、「スポンサー」として協力して頂けることになりました。
また櫻井社長様からは「春山後援会長」として応援して下さるというありがたいお言葉も頂きました。
また、他のスポンサー様のご理解に深く感謝申し上げます。


遅くなりましたが2008年4月13日現時点としてD1体制発表をさせていただきます。

 ★チーム名「WONDER D1 CHALLENGE 2008」

 ★監督及びドライバー 「春山 隆」

 ★協賛スポンサー
   ・有限会社ワイズファクトリー様
   ・有限会社エターナル様
   ・スピードマスター株式会社様
   ・株式会社ワーク様
   ・日本グッドイヤー株式会社様
   ・有限会社風間オートサービス様
   ・株式会社ブリッツ様
   (順不同)

 ★参戦予定
   ・開幕戦エビスサーキット
   ・第2戦富士スピードウェイ