7月の半ばから8月末まで、世はバケーションシーズンで暇なはずなのに、なぜかバタバタ度は下がらないワタイの日常。今朝もオッサンと二人で半年に一回の歯の検診に行ってきましたしね〜。暇なときに、オフィスの大掃除!と思いつつ、今年もできないかも。。。という予感を無視して、頑張りますです。


でですね、延ばしに延ばした、同居12年新婚生活4ヶ月という新鮮味のないオッサンとワタイのてなもんや新婚旅行、どこに行ってきたかを発表しま〜す。じゃじゃ〜ん。。。オランダから北というと限られてしまいますが、地図的にそのまんまオランダから北上にした Noorwegen (ノールウェーヘン。ノルウェイ)でございました〜。

ノルウェイと一口に言ってもオランダと比べて、とんでもなく大きく長い国でございます。(日本よりもちょっと大きいらしい) 車で行けるところなら、まずは車で行こうと考えるのがうち流ですが、ワタイの甲状腺手術の後、見た目は太い首のままでも、やっぱり切ったところの筋力がそれ以前より劣るために、他のところに負担がかかるのか、長時間車に乗ると肩や背中が凝ってしまい、ここしばらくは却下。そしたら、また懲りずにクルーズしようとしたのです。(懲りずにというのは、前回乗ったクルーズ船が、今年の1月に沈没した等でござんす。。。)

ユーラシア大陸の最西端 ポルトガルのロカ岬、フロリダまで行ったら「やっぱりアメリカ最南端」ということで Key West (キーウェスト)まで、「行けるとこまで行ってみたい」症候群という持病を持ってるオッサンですので、欧州最北端のモニュメントがある Noordkaap (ノールドカープ。日本ではノルウェイ語のノールカップ表記)、またその北の Barentszzee (バーレンツゼー。バレンツ海)向こう側にある Spitsbergen (スピッツベルヘン。和名スヴァールバル諸島)まで寄航という15日間の(食べたり飲んだり食べたり食べたりの)休暇でございました。行くんやったら、北極圏まで行ったろうやないかいというわけです。

まず最初に、オランダは Amsterdam アムステルダムからドイツの港町 Hamburg (ハンビュルク。ハンブルグ)に飛行機で移動。そこからクルーズ船が出発という手配でした。出港が17時なのに、フライトのアムス出発時間が早朝7時なのが辛かった〜。最近は、欧州内でもチェックインは2時間半前とアドバイスされてるので、4時に自宅前からタクシーに乗りました。時差はないのに、時差ぼけのようにヘロヘロ〜な状態で、出向までの間、市内で暇つぶしをしたりなんかして。


それから先の寄港地は、以下に挙げておきますね〜。(バ〜バ、地名のリンク先は、オランダ語の説明やけど、そのページの左端の方を見ていくと「日本語」っていうのがあったら、日本語のページに飛ぶから、それ読んでや〜。)

Hellesylt 
Geiranger
Tromso
Ny Alesund
Magdalenafjord  (上陸無しで氷河を見に行った)
Longyearbyen
Honningsvag (こっからバス乗って Noordkaap へ)
Hammerfest 
Andalsnes
Bergen

だいたい1日おきに寄港して、丸一日海上というペースで進んだ船の旅。前回のクルーズ、太陽ギラギラ地中海、子供や若人がパワー炸裂!というような bestemming (ベステミング。行き先)では無かったため、大量のドイツ人の中高齢者というか、子供や若い衆の数が少なく、平均年齢は確実にワタイよりも10歳以上ではないかと思われるような、落ち着いた乗客層でした。

初日の夜にちょっと揺れたけれど、その後は好天にも恵まれ、波頭が見える日の方が珍しいぐらいの静かな海だったのはとってもラッキーでした。1日2回、専属のルームキーパーさんが部屋の掃除とベッドメーキングをしてくれ、ほぼ24時間、ビュッフェやアラカルトレストランで食べ放題(一部有料)。そして、ワタイらは Drank all-inclusief (ドランク オールインクルシ−フ。飲み放題)というのを事前に申し込んでおいたので、ほぼ毎日 BBC というカクテルをチュルチュルと飲んでは、冷たすぎて頭がキーンとなって泣くという行為を繰り返しておりました。

それより何より、乗客3700人、乗組員1050人という、そこらのビルよりも大きな大型客船は、ワタイらが三食昼寝つきでゴロゴロしている間に、独りでに次の目的地に移動してくれるので、ホテル移動のための  Uitpakken (アウトパッケン。荷解き)、 Inpakken (インパッケン。荷造り)、 という作業が1度しかないのです。引越しほどの作業量ではないとはいえ、これがなければずいぶん旅行中のストレスは軽減されます。これもクルーズにした理由なのよ〜と言ったら、お子さんのいらっしゃる在蘭日本人女性が数名、「すんごいソレわかる〜」と、激しくうなずいていたのでありました。何処も同じ。。。


と、いうわけで、ほとんど喰っちゃ寝だったんですが、クルーズ船で何をする〜とか、訪問先のことなどについて、今週は書いていきたいと思います〜。


ほなまた!

↓ クリック蟻が十匹〜!↓

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ