2007年11月26日

六ヶ所再処理施設反対街頭署名@大宮駅東口

六ヶ所村核燃料再処理施設の本格稼動反対の街頭署名に行ってきました。

11.26大宮駅東口にて

暖かくていいお天気でしたが大宮の東口は大勢の方たちが
(参加者のひとり曰く)表情のない影のように通り過ぎていました。
「おはようございます」と挨拶しても
「署名お願いします」と声を張り上げても反応がなかったけれど・・・

仲間同士で小ーさい声で
「ほらほら、先着順に署名できますよ。並んで。並んで。」とか、
「署名すると100名に1本当たりがあるよ。醤油もらえるよ」とか、
「妊婦さんは赤ちゃんのために署名せんとあかんよ〜」とか、
チャチャ入れながらだからちっともめげずに楽しんで
チラシを渡したり、声をかけたり約1時間半ほど駅前に立ちました。
中にはお話しすると原発は必要悪だと言う方や
積極的に推進派だとおっしゃる方もいらっしゃいましたが (>_<)

その中で真っ直ぐに画板をもった私たち目指して来て書いてくださる方もいて
嬉しくて嬉しくてニコニコしてしまいます。
本当に数少ない六ヶ所の問題を憂れいている方の想いを署名という形に出来て
私たちの想いと一つに出来た時やって良かった〜 と思うのです。

今日も本当に素敵な出会いがありました。

若いカッコイイ男の子、パクちゃんの説明を聞いていてお仕事の集合で
「1時間後また来ますから」と他の男の子たちと行ってしまって
ちゃんと1時間後にお仕事の荷物を持って帰ってきて署名してくれました。

若いとき労働組合のお仕事したこともあるという同じ年代の女性
「放射能を海に流すなんて日本のことだけじゃないですよね。
 本当のことを言うことは時として大変です。
 頑張ってということは相手に全部投げてしまうようで言いたくないけれど
 頑張ってくださいね」

血色のよいにこやかな60代くらいの男性の方。
「僕はオウムのVXガスにやられて右手が麻痺してましたがだいぶ恢復しました」
東大生だった坊ちゃんがオウムに入信して坂本弁護士たちと反対活動し始めると
1ヵ月後に坂本弁護士たちは殺されご本人も毒ガスの被害にあいました。
何度も警察にお願いに行ったのに動いてくれなかったので
松本や地下鉄の事件がおきたのだと・・・
今はオウム真理教家族の会で活動を続けられていますが
その坊ちゃんは今はオウムから抜け出て幸せな結婚をし
お子さんが生まれたのだそうです。

それぞれの人生。一人ひとり重い。

一億二千万人の人生を壊してしまうかもしれない放射能バンバン出す施設
今稼動させたら後世の人たちに申し訳ないデス。


woo111 at 23:07│Comments(14)TrackBack(2)clip! 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 大宮駅で署名活動  [ 生活クラブ生協☆パークパク ]   2007年11月26日 23:39
大宮駅の階段を降りてくる方や通って行く方は、何故かみんな忙しそう。 たくさんの方々が歩いているのだが、歩く速度が早め。 &nbsp; チラシを受け取る方が今までで一番くらいに少なかった。 話を聞いてくれる方も少ない。 署名してくれる方も・・・・ちょっと少なかっ...
2. 街頭署名  大宮駅前編  [ 生活クラブ☆カエルの宝石箱 ]   2007年11月27日 08:22
大宮駅前東口で「六ヶ所村再処理工場本稼動に反対する」署名活動をしました。「あのき

この記事へのコメント

1. Posted by 猫の手   2007年11月27日 01:46
今日は、突然参加させていただいて、ありがとうございました。六ヶ所ラブソティを見て、知らない怖さを知りました。また、真実を知らせる事ができない力関係がある事も知りました。どうしたら良いのだろう〜と放心状態になりましたが、自分にできる事をコツコツ行動する事にしました。コツコツが、大きな方向変転換になる事が楽しみです。今日は、素敵な出会いをありがとうございました。
2. Posted by ひさごん   2007年11月27日 06:51
猫の手さん、いらっしゃいませ。
こんなほとんど知られていない、でも大切なこと
一人でも広めてゆこうという仲間が増えると凄く嬉しいです。
またよろしくお願いします。
3. Posted by えさたん   2007年11月27日 13:05
みんなで同じ時間を過ごしながら、みんながそれぞれちょっとづつ違った感動を味わえていたようですね。


亡き父が生前、主人が新潟へ転勤するときに散々原発の安全性について、主人に話をしていました。
「どうして安全と言い切れるのか?!
何かあってからでは遅いんだぞ!!
オレは絶対に反対だ!!
いつか何か問題が絶対に起きる!!」

父の言うとおりでした。

きっと生きていたら〜
「そらっ 言わんこっちゃない!!
思ったとおりだ。」
と言いながら、活動に協力してくれたと思います。

父の分まで頑張ります。


ひさごんにうそたん伝染確実かしら?!
原発は必要悪⇒原発は必要枠の間違いでは?〜
それとも必要だけど、よくないことという意味かしら?〜

4. Posted by うさたん   2007年11月27日 13:06
猫の手さんへ

思わぬところでお会いでき、とてもうれしかったです。
六ヶ所村問題には、いまいち盛り上がりの欠ける大宮ブックですが、お仲間がいてうれしいです。

こんなそそっかしい「うそたん」ですが、よろしくお願いします。
5. Posted by ひさごん   2007年11月28日 00:30
えさたん、こと うさたんへ。

必要悪と言うのは六ヶ所の再処理施設などが危険だとした上で電力は必要なのだから原発なしでは暮らしてゆけないから悪だけど必要だとおっしゃったのです。
悪いとわかっていても必要だと。

なんて勝手な。
都会の電力のために過疎の地方が放射能まみれになっていいわけないですよね。
自分がその被害を甘んじるというでもなく六ヶ所に押し付けて仕方ないで済ませる人につるべの声で「お前、その考えやめ」と言いたい。
そんなこと言うと喧嘩になるから言いませんけど。
6. Posted by うさたん   2007年11月28日 07:58
すみません。やはりそちらでしたか。

つまり死んでもいい枠と同じということですね。
でもそういう人に限って自分には影響しないと思っていて、もし影響が出るといち早く騒ぎ出すタイプなんでしょうね・・・

ひさごん、よく怒りを抑えられましたね。
ひさごんの優しそうな顔立ちの下に般若がいたのではないでしょうか?!

「えさたん」


7. Posted by かずたん   2007年11月28日 08:45
署名活動に関わってる人って素敵。寒さに耐え無視の嵐に立ち向かいじっと我慢のマダム達。かっこいいです。

生物の多種多様性?。みんな違ってみんないい。
いいキャラ満載。なんだか万歳! 嬉しくなってくるね。
8. Posted by ひさごん   2007年11月28日 09:00
みんな違ってみんないい。って本当に大事だよね!

素敵な仲間と一緒にやっていると段々街頭署名のイメージが変わってきました。
楽しいっ!
うさたんもまた一緒にやろうねっ!
9. Posted by うみさとくじら   2007年11月28日 15:37
こんにちはぁ(*^_^*)
いつも いつも 拝見するたび 思いがじんじん伝わってきます
影のように行き過ぎてゆく人たち 背中のあたりがすぅ〜〜っと しました
賛成される方は きっと 怖がっていらっしゃるのでは?
と 思います
でもでも あたたかい言葉もちゃんと聞けるのですねぇ〜〜 感激しました やさしい方や 熱い方も たぁ〜〜くさんですね
私 声だけは 半端なくでかいので そこで ちょ〜〜大声でよびかけしてみたいなぁ〜〜でも あまり大きすぎて
ひさごんさん達が恥ずかしくなるかも^_^;
コメントどうもありがとうございます
本当に 本当に ありがとう
どんなに どんなに うれしかったか ほんとうに
だいすきです〜〜ありがとう
10. Posted by まあこ   2007年11月29日 11:42
はじめまして。
防災士さんから教えていただいてやって来ました。
わたしは青森の生活クラブ組合員です。
街頭署名、どうもお疲れさまでした。
素敵な出会いもあったようで良かったです。
必要悪と考える人は意外に多いようですね。でも、私は、国が本気になったら、原発に代わる自然エネルギーは開発(or本格的に使用)可能だと思うんです。
たとえば、風力発電でせっかく電力を作っても、なかなか買い取ってもらえないという現実もあります。そういった制度を変えたり、家庭の太陽熱発電使用に国が補助金を出すとか、国の政策を少し変えるだけで、原発に頼らなくてもいい社会になると考えます。
必ずしも原発だけが唯一の選択肢ではないはず。
長くなってごめんなさい。
寒くなってきましたが、どうぞお体に気をつけて。
11. Posted by ひさごん   2007年11月29日 18:28
まあこさん、いらっしゃいませ!

私もこの問題は行き着くところは政治だと思います。
国が国策としてやろうとすると
例えばダムや干潟の干拓など利水や農業用地などの必要がなくなっても地元住人の意思とはお構いなしに進められてしまいます。
どれほど無駄なお金が一部の人たちに流れていることでしょう。
自然エネルギーを上手に利用して無駄遣いしなければ
絶対に原発なしで暮らして行けると思います。
12. Posted by 猫の手   2007年11月30日 00:11
ひさごん様
ご報告です。ここに、報告してよいのかわかりませんが、嬉しかったので、ご報告させていただきます。
今日、くらぶルーム会議があったので、『ほっとポット』さんの話をしました。
浦和支部の組合員さんが、『ほっとポット』さんと出会えるきっかけになった、心があったかくなった話もしました。
話をみんな興味深く聞いてくれました。
資料も熱心に見てくれました。
近くに、こんな素晴らしい方々がいることを知って感動してました。
そして、私たちも協力できることをしよう!ということになりました。おかげさまで、あったかな人のつながりができます。
ありがとうございました。
13. Posted by 猫の手   2007年11月30日 01:16
うさたん様へ
私も、思いがけず、お会いできて嬉しかったです。
誰が参加しているかわからないけど、『現実を伝えないと!』という思いのみで参加しました。
運が良ければ、『スピカ』に載っていた姫様に会えるかも〜という期待をしながら、お守りがわりに、うさたんのかわいいピンクのまいはし袋と水筒をバッグにつめ、『いざ!出陣!』って感じで、朝でかけました。
そしたら、うさたんにも会えて、嬉しかったです。
今、まあこさんの『風力発電で作った電気が買ってもらえない現実』を知りショックを受けました。
『この世界はどこに行くの?』
私は、美しい地球と未来を残す為に、今できることをするのみです。
前に前に進むのみです。
うさたん、これからも、よろしくお願いします。
14. Posted by ひさごん   2007年11月30日 16:47
猫の手さん、ほっとポットのことありがとうございます。
支援の輪が広がりそうで、とっても嬉しいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔