2008年01月14日

熊森協会の「クマともりとひと」

クマともりとひと

この本パクちゃんがブログで「100冊買っちゃった」と聞いて
パクのしあわせアンテナにひっかかったものならと
読んでもいないうちに、内容もしらないのに、10冊わけてとお願いしました。
届いてすぐお友達に送ったらすぐに5冊、10冊と分けてくださいと言われて
ご家族と相談して会員になろうと思っていますという方もいらっしゃいました。
最終的に35冊分けてもらい足りなくなって今度は私が100冊頼みました。

この本は本当に完成度が高いです。
イラストもフォントもレイアウトも100円という値段もみんな
大勢に広めるためにこれしかない。と思います。
熊森協会の会長の森山(ぴったりのお名前)まり子さんのスピーチを
おこしたものですが61ページの薄い本で文字も大きいけれど
伝えたいことがきちんとわかりやすく丁寧に書かれています。


日本の森林が今絶望的に危機的な状況にあること。
このままでは豊かな森が失われ動物たちも生きてゆけなくなるし
農業も工業も水産業も衰退して本当に日本は滅びてしまうこと。
それなのに行政も他の機関もどこも何もしようとしてないこと。

 これらは戦後の杉ヒノキの植林政策の失敗であるわけですが
 毎年杉花粉症の方たちの症状による社会的損失を考えたら
 杉ヒノキの植林面積を手入れ可能な適正規模まで減らせば
 花粉症大幅に軽減されて、どれほど大勢の人が喜ぶでしょう。


様々な厚い壁を非力な中学の理科教師と生徒たちはめげずにくじけずに
コツコツと頑張り続けます。
壁にぶつかった時の中学生たちの発する勇気に満ちた言葉に
胸が熱くなり応援しないではいられないと思うのです。
背中を押されました。
だから100冊注文しました。(パクちゃんの分が50冊)
愛は行動

会員の中には会費なしでこの運動を広める賛同会員というのもあります。
広く知ってもらうことも本当に大事なことです。
結論

熊森協会が今までの自然保護団体と違うのは自然保護のプロとして
こういう仕事をしてくれる若者を育て金銭面で支えてゆくことの出来る
社会のシステムを作ろうとしていることなのです。
それには100万人規模の実践自然保護団体になることが必要なのです。
100万は気が遠くなる数字ですがとりあえず10万なら埼スタの1.5倍弱・・・
いっぱい会員が増えますように。

 八ツ場ダムや六ヶ所村のことを学んでいると
 いろんなことの根っこが繋がっていると感じています。
 人間は自然と共生しなければ生きてゆけないのに
 このままでは滅びてしまうと恐ろしさを感じています。


この本昨年の1月1日が初版で一年後の今、累計で22万冊になっているそうです。
きっと今年は100万部に届くのではないかと思います。
100円!だもん。送料は100冊で無料。それ以下でもたったの300円!
読みたい方はお近くならば1冊差し上げます。

日本熊森協会 ←ここからも注文できます

docomのアドレスに名前と住所と電話番号と冊数を入れて水曜日に送ったら
お返事は来ませんでしたが日曜日に届きました。
郵便局か三菱UFJ銀行だかに後から振込みです。

おうちの中も熊森に

おうちの中も熊森化進行中♪

woo111 at 23:58│Comments(16)TrackBack(0)clip!暮らし 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by パク   2008年01月15日 09:00
「青いそら」のAさんが、「この本、読んでみて。」と
貸していただいた一冊が200冊。
素晴らしいね。
2. Posted by ひさごん   2008年01月15日 09:09
その先にきっと何百冊♪
3. Posted by うさたん   2008年01月15日 17:26
パクちゃんのところで紹介はされていましたが、内容が良く分からず、気にはなっていました。
今度会った時にきちんと聞こうかと思っていました。
大まかなことは分かりました。
楽しみにしています。
4. Posted by ラマ   2008年01月15日 21:23
( ┰_┰)たった4冊なのですが、譲っていただけないでしょうか?
もちろん送料含めお支払いします。。。
5. Posted by ひさごん   2008年01月15日 22:22
ラマちゃん、合点よ!
6. Posted by うみさとくじら   2008年01月16日 13:26
こんにちはぁ(∩.∩)
胸が あつあつになりましたぁ〜〜〜
すてきすてきすごいすごいっっ
読んでないのに 伝わってきましたぁ〜〜〜
さすが パクさん ひさごんさん
本当に ひさごんさんが わかりやすく書いて下さっているように 少しずつでも なるといいですね
7. Posted by 歌子   2008年01月16日 15:40
ひさごん、ありがとう!!!
私も 100冊発注しました。
「放射能を海に捨てないで!」のパンフもはさんで、
ひとりでも多くの人に届けて、思いを繋げていきます。
8. Posted by ひさごん   2008年01月18日 09:50
すごい!歌子さんも100冊(^^♪
9. Posted by くまのピース   2008年01月21日 18:28
ひさごんさん、本届きました。
ありがとうございました。
こちらでも、この本広がっているようです。
これを読んだ組合員が、講演会を開きたい、と言っているそうです。
10. Posted by ひさごん   2008年01月21日 20:15
今日管理人1号に会ったのであげようと思ったら
「私その本持ってる。」
「あげたっけ?」
「神奈川の友達がくれた。流行ってるの?」
「うん。今すごいよ。」
11. Posted by 東山@静岡   2008年01月22日 11:51
初めまして。
熊森を検索して来ました。

私も生活クラブ組合員で熊森の会員です!(家族全員)
冊子も良いのですが、ぜひ一度、会長の講演をお聴きくださいませ〜。
笑いと感動と涙に溢れた素晴らしい講演会です。
静岡では12月に2回(済)、2月17日にも会長講演会を開催します。
年内にあと数回予定しています。
講演会予定がなければ、ぜひ講演会の企画を。

みなさん、私たちが日本を地球を変えていきましょう♪
12. Posted by ひさごん   2008年01月22日 13:13
東山さま、静岡よりいらっしゃいませ♪
講演会は生活クラブが主催?
それとも静岡の熊森支部で?
年内にあと数回!
静岡の熊森度高いですね。素晴らしい〜
13. Posted by ごくらくちょう   2008年01月22日 23:05
熊森の本、ありがとう。読みました!
こんなことがほんとにあるの?って疑いたくなる程、感動的ね。エライ人たちが頭を下げるニュースが多くてウンザリする日々、こういうほんとに偉い普通の人がいるのね。有難いね。会員登録と100冊注文します。
「お喋り」のブログでも紹介したいけど、このページにリンクしてよろしいでしょうか?私にはこんなに上手に紹介できませんですよ。
14. Posted by ひさごん   2008年01月22日 23:55
私の敬愛するごくらくちょうさま、
100冊の注文。夢みたいです。どんどん広がる熊森の輪。
どうぞリンクお願いします。
うふ♪ホントにホントに嬉しいデス!
15. Posted by みゆっち   2008年01月30日 03:37
六ヶ所村ラプソディーのイベントでこの本も置いてあって買ってました。
まだ、読んでないので、読んでみます。

深夜のラジオ番組「山田ひさしのラジアンリミテッド」(まさに深夜な番組)でも、昨日「木質?木材?バイオマス」のこと、熱く放送してました。
いろんな地域に行って、取材形式なんですが、次回は2月3日に青森に取材に行くそうです!六ヶ所かな?

急に、どんどん意識が変わってきてますね!

わくわくです!

16. Posted by ひさごん   2008年01月30日 08:59
熊森も六ヶ所も根っこは一緒ですよね。
風向きが変わってるといいですよね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔