2013年02月07日

アーサー・ビナードさんは、こんな素敵な方

2月4日(月)アーサー・ビナードさんの講演会は満席の大盛況でした。
講演内容のレポは後日ゆっくり。
スタッフが見たビナードさんのチャーミングな人となりをお伝えします。

綿のシャツにウールのベスト、薄手のヤッケ
ジーンズに大きなデイバッグのビナードさん登場。
講演会後のサイン会の様子。
2

主催の生活クラブ生協大宮ブロック平和委員会は7名の小所帯。
生活クラブの他のブロックから助っ人が集まりました。
ビナードさんとせっけん運動を通じて親しい「せっけんおばさん」こと
タナカテルコさんがビナードさんの『習性』に詳しくて
「皆さん、ビナードさんが遅れないよう祈りましょう!」

当日さいたま新都心駅に12:40に待ち合わせの予定で
運転手のタナカさんと助手席のUさんがお迎えにゆきましたが
アーサーさんからタナカさんの携帯に電話が
   ↓
(1回目)
アーサーさん
「アーサーです。板橋から埼京線に乗って大宮に向かっているから…」
タナカさん 
「ええっ、
 大宮は複雑で分かりにくいので、さいたま新都心にしたんですけど〜」
…プツン(公衆電話が切れる)        

(2回目)
アーサーさん
「大宮じゃないの?」
タナカさん
「大宮じゃなくてさいたま新都心なんですけど。分かりました。
 大宮に向かいます!」
…プツン       

(3回目)
アーサーさん
「あのね、赤羽で乗り換えたので、
 さいたま新都心に行くからってタナカさんに伝えて」
Uさん 
「えっ、今度はさいたま新都心ですか?分かりました。
 さいたま新都心に戻ります」
…プツン

(4回目)
アーサーさん
「赤羽で乗り換えたんだけど、乗ったら南浦和止まりだったんだよね。
 ちょっと遅くなるから」
タナカさん
「は〜い! お待ちしてます!」
…プツン

・・・目出度く会えて車で「さいたま市民会館おおみや」に向かう車中の会話・・・

タナカさん
「あのぉ、テレホンカードは使わないんですか? 
 今度アーサーさんにテレホンカードをプレゼントしよう
 と話しがまとまりました。」
アーサーさん
「ありがとう!さっきの公衆電話はカードが使えなかったんだよね」
「ひらがなの駅って好きじゃないな」

携帯電話もメールもなさらないアーサーさん、
ご対面できた時の感動はひときわだったそうです。
アーサーさんの講演を企画される方はくれぐれもご注意ください。

ロビーで平和委員会の作ったパネルを見ていて、
「これ、これ!!」と見つけたのは‘隠蔽された内部被曝’の年表
「そうなんだよ 最初から知ってたんだよ」と解説が始まって、そこに人だかり。

(打ち合わせ)
司会のOさん
「プロフィールを伝えた後アーサーさんのお名前を呼んだら登場してくださいね」

アーサーさん
「どこかへいっっちゃおうかな♪」

講演は15:30までの予定でしたが、どんどん乗ってきて全然話し足りなくて
タイムキーパーの「終了」の合図が出ても止まらなくて
舞台のそでから苦笑いしながら司会者が出てきてアーサーさん観念。
(観客に向かって)
司会のOさん
「質疑応答がありませんと言ったのがご理解頂けたと思います」

(打ち上げの時)
アーサーさん
「ラジオで話したりなくて、講演会なら大丈夫と思ったらもっと足りない!」


講演終了後は本の販売とサイン会がありました。
一人ひとりに丁寧に対応してくださいました。
一番後ろにご夫婦でスタッフとして参加した平和委員会メンバーの
3歳のお嬢さんのヒマワリちゃんがいて
アーサーさんは見つけたらすごく優しく話しかけていました。
アーサーさん
「可愛い声が聞こえてたから、どこにいるのかなって見回してた。
 ここに居たんだね。お利口だったね!」

と新作の絵本にサインしてヒマワリちゃんにプレゼントしていました。

その後、近くのカフェでスタッフと打ち上げの場で
(ごめんなさい。言葉はうろ覚えです)
助っ人Tさん
「ずっと原発を止めようと頑張っているけれど
 時々めげてしまうことがあるんです。
 アーサーさんはどうやって頑張るんですか」

アーサーさん
「福島では今、鳥たちがすごく放射能の影響を受けている。
 魚たちが汚染されている。
 彼等には何も責任がないのに。
 ヒマワリちゃんたちがめげるというのは言えても
 僕たちの世代はそれは言えない。
 僕たちは原発を止める責任があるんだ。
 めげてなんかいられないヨ」
 「地球上の生きているものの中で
 原子力を推進してる人なんかほんの一握りだよ。
 そんなわずかな人たちの言ってることなんか何でもないんだから
 めげることなんかないよ」

小さくて、弱い命を守らなくてはいけないと頑張っているアーサーさん。
木曜日はラジオで話してから函館で大間原発の集会に行かれます。
私たちもだまされない日本人となってめげずに頑張りましょう。
002

 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アーサー・ビナードさん ”だまされない日本人になろう”  [ 羅針盤を探して・・・ ]   2013年02月10日 12:06
2月4日(月)快晴 春模様の大宮 詩人で随筆家、絵本作家のアーサー・ビナードさんをお迎えして講演会が開催されました。 満員の会場は、ときどき笑いに包まれます。 日本語、言葉に造詣の深いアーサ...

この記事へのコメント

1. Posted by テイク25   2013年02月07日 10:01
ひさごんさん、講演会の写真と様子をアップして下さってありがとう。
アーサーさんとの待ち合わせの件にはあらあらと思いながら笑わせていただきました。ヒヤヒヤでしたね。

どの講演会の動画を観てもアーサーさんは話し足りていないんだろうな〜という感じが伝わって来ています。
私たちももっともっとお聴きしたいけれど時間の制約は致し方ありませんね。

>>「福島では今、鳥たちがすごく放射能の影響を受けている。魚たちが汚染されている。彼等には何も責任がないのに。・・・・・」

私も那須で鳥たちの姿を見たり声を聴いたりすると、この鳥たちも被曝してしまっているんだなあ、と思います。
そして、除染しなくてはと言って鳥たちの棲みかである藪の篠竹を刈り取る計画を聞くと、哀しくなります。
どうしていいかわからないけれど、責任のない子どもや生き物たちのことを考えるとめげてなんかいられないというアーサーさんの言葉に背中を押されました。紹介してくれてありがとうございました。
2. Posted by ひさごん   2013年02月07日 17:59
最後のビナードさんの言葉を紹介したくて、この記事書きました。
ビナードさんは鳥や虫や獣たちにも、うんと責任を感じていて、それは彼らに愛情をもってるからですよね。
3. Posted by    2013年02月08日 23:21
ひさごん、お世話様でした。

アーサーさんがお出でになったとき
思わずバンザイと(心の中で)声をあげていました。

アーサーさんの幼き人といきものたちに対する
慈しみに満ちた眼差しと言葉とで、
閉塞感でつぶされそうだった心に、風が吹きました。
迷わず進んでいきます。

ひさごん、トラックバックさせてくださいね。
4. Posted by ひさごん   2013年02月08日 23:36
姫、お疲れ様でした。
素敵なレポ、私もトラックバック送ります。
5. Posted by シロダ・アーサー   2013年02月10日 17:23
5 はじめまして、Googleから来ました。
アーサーさんのことはラジオで聴いて以来、ファンです。

アーサーさんの人となりがよく分かる、素敵な記事ですね。
私も一度直接お会いしてみたいです。
6. Posted by ひさごん   2013年02月10日 20:57
シロダ・アーサーさま、いらっしゃいませ。
アーサーさんにお会いした人は、みんな彼の事が大好きになります。

こちらに講演会の予定が出ていますので、一度是非お運びください。
   ↓
プロフィールと講演 - http://bit.ly/U1tAV4

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔