2007年07月19日

School Days 第3話「すれ違う思い」の感想文です

 まず冒頭の3人での昼食のときからイライラ。言葉と会話しているのにいちいち世界に了解を取るな!そもそも3人で飯食ってるのに始めに世界をほとんど無視した形で言葉と二人だけの会話をしようとしていた癖に!世界はいじましいと言えばその通りなんですが、うーん。そういう節もあることは確かですが、この娘もなんのかんので歯切れが悪いよね。
誠と言葉の関係がもどかしいを通り越して「いっそ早い段階ですっぱり切れてくれた方が……」と思ってしまうぐらいに、噛み合っていない。言葉の方はまだ「最初はうまく嵌らなくくとも、、つっかえつっかえでも、徐々に仲を深めていければ……」という姿勢が見えるんですが、誠にはそれがないじゃないですか。相手を思い遣る気持ちとか、それに対する誠実な姿勢なんかがまったく見えてこない。

多くの人が他人に向ける優しさっていうのは、そりゃ見返りを期待しているとは思います。それは同じだけの優しさを返してもらうためとか、「優しい人(もしくは善人)」という周囲からの評価が欲しいためであったりとか、そういった面もあるかとは思いますが……単純に「快くなって欲しい」というのもあると思うんですよ。親しい相手・大切な相手なら特に。(これも「相手が快くなった姿が見るため」という意味では見返りを期待しているので実に打算的だとは思いますが)

誠が言葉に向ける優しさというのは完全に自分のためじゃないですか。今回ラストの「なあ、世界。なんか、言葉の相手するのって……疲れる」を聞くまでは、まだなんとか大目に見てもよかったんですがこいつはもうダメだ。誠が言葉に告白したのはおっぱい大きくてちょっと小柄で尚且つ容貌も整っているからなんかね?人格は必要としていない感じよね。
中の人が冗談?で「俺はみんな(現場キャスト陣)に嫌われているから……」などと言ってしまうのも分かるってもんですよ!

どうやらクラスでいいようにこき使われているみたいな言葉。イジメってほどではないんでしょうが、その前兆みたいのはありますよね。乙女のお目当ての相手が誠だというのも容易に想像がつきますし。クラスでそういった形で不安に苛まれている中で誠にすり寄られている、と。うーん、絶妙だ。
……終盤のキスシーンは頬だったからこそいいんだ!あれにときめかない男子なんて男じゃねぇっ!!あ、でも分身したり、すり足ですすすっと移動したり、演出が凄過ぎたのはアレでしたが。

世界も煮え切らないしなぁ。「誠とはただの友達で恋人同士じゃない」とは言うけれど、言葉のことであるとか、世界は誠が好きなのかとかの直接的な言及は避けているわけですし。な、なんか世界の友達だけしかマトモなのいないような……あっちも後々壊れるんだろうか、人として。

この物語がどのような形に落ち着くのかは非常に興味深いのですが、まともに視聴するとテンションがマイナスの意味で持ち上がってしまい精神衛生上よろしくない。どうにか、どうにかネタ的な視点を確立したいところです。


School Days - livedoor Blog 共通テーマ
wooden_face at 20:09│Comments(0)TrackBack(1)アニメ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. レビュー・評価:School Days/第3話 「すれ違う想い」  [ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]   2007年07月23日 18:41
品質評価 9 / 萌え評価 24 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 19 / お色気評価 50 / 総合評価 21<br>レビュー数 83 件 <br> <br> アニメ・School Days・第3話 「すれ違う想い」のレビューです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
まぬけづら



■広く浅く好き勝手に色々書いています

■(^ω^)ペロペロ
最新コメント一覧
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
応援バナー
同人サークル「言葉遊戯」戦国の黒百合〜ふたなり姫と敵国の姫君〜

『戦国の黒百合』応援バナー

【屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様】監視中
【屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様】監視中



装甲悪鬼村正 二〇〇九年一〇月三〇日、喜劇の幕が上がる。

『仏蘭西少女』蝶子

夢幻廻廊2 〜螺旋〜
『あやかしびと』応援中!
『遥かに仰ぎ、麗しの』応援バナー
『Bullet Butlers』応援中!
『桃華月憚』応援中です!