2007年08月17日

School Days 第7話「前夜祭」の感想文です

■誠
 「そのゲームの主人公が本当ダメ人間でさぁ〜」

本日の名言。つまり、主人公にこんなことを言わせてしまうアニメなわけですよっ!なんつーか、今回の言葉への対応の表向きは必ずしも全てがダメだってわけじゃないんですよね。その前につけるべきけじめを無視している時点で本当のところはおっぱいに惹かれただけなんでしょうが。いや、まぁでもアレは仕方ないと思うけどねっ!あれはもう、乳が大きいとかそういう次元の話ではなく「仕方ない」レベルの話ですよ、ええ。

■世界
 はいはい、思ってもみないことばかり口に出してからに本当にまぁ!「桂さんに悪いよ……」「ええー、そこまでしなくともいいよぉ」こんなん全てが欺瞞に満ちていて、自分だけいい子ちゃんで在りたいんかこいつはっ!
今回刹那があまりにもアレな感じでしたが、こういう態度を真に受けて、というのもあったんでしょう。……チバテレビ的にはアイマスぜのぐらしあと連続して放送している分、彼女たちの幼さ、関係の浅さ(というより経験の浅さ、なんでしょうね。あとぜのぐらしあの奴らが異常なだけってのもありますが)が透けて見えてしまうのは素晴しいですね。幼いからこそ、意図的に無知で居続けられる。でも何も知らなくても恥くらいは知っておこうよ。

■言葉
 空回り。あらゆるところで空回り。妹にも取り繕わざるを得ないことを考えるに、逃げ場所がどこにもないのが辛いね。高校じゃなくても小中学校のときの友人とかがいればよかったですが、それすらも居ないか、気軽に連絡を取れるような状況ではないんでしょうね。そういうことを考えてみても彼女が「男性が苦手」どころか、そもそもコミュニケーション下手であることは自明なわけで。辛い立ち位置ですねー。
ただ、誠の住んでいるマンションの前で世界をはたいちゃったのは残念でしたね。あそこはにこやかに会釈するか、無視して通り過ぎるところでしょうに。そうしないということは、彼女が未だ攻撃される側にいるということなわけで。ここで一本糸が切れちゃっていればよかったのに(´・ω・`)

■刹那
 某所でネタバレ食らってまた何も書けない\(^o^)/

■その他
 言いたいことは世界の項でほとんど書いちゃった。中二病と通ずる若さ、幼さがそこにはあって、あれらと違って恒常的に他人を傷つけているモノだから何倍もタチが悪い。……そういうキャラ造形や描写が丁寧できちんと地に足が着いているのはもう流石としか言いようがありませんねっ!

■感想
 何だろう、その、これ以上言葉が不幸になるのはなるたけ見たくないんですが、それはもはや決定事項みたいで嫌な感じー。これを観た後はななついろ★ドロップス(あちらはあちらで素面で観るのがちょっとキツイところがありますし、丁度いいかと)でも観て解毒しておかないと心が荒みそう。

wooden_face at 08:19│Comments(0)TrackBack(1)アニメ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. レビュー・評価:School Days/第7話 前夜祭  [ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]   2007年08月27日 21:22
品質評価 7 / 萌え評価 13 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 19 / シリアス評価 65 / お色気評価 24 / 総合評価 25<br>レビュー数 127 件 <br> <br> School Days第7話 前夜祭のレビューです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
まぬけづら



■広く浅く好き勝手に色々書いています

■(^ω^)ペロペロ
最新コメント一覧
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
応援バナー
同人サークル「言葉遊戯」戦国の黒百合〜ふたなり姫と敵国の姫君〜

『戦国の黒百合』応援バナー

【屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様】監視中
【屍メイドちゃんと鬼畜なご主人様】監視中



装甲悪鬼村正 二〇〇九年一〇月三〇日、喜劇の幕が上がる。

『仏蘭西少女』蝶子

夢幻廻廊2 〜螺旋〜
『あやかしびと』応援中!
『遥かに仰ぎ、麗しの』応援バナー
『Bullet Butlers』応援中!
『桃華月憚』応援中です!