大阪市教委:市立校の教頭不足 土日は地域行事、睡眠時間短く 「体も心もボロボロ」
毎日新聞 2013年07月27日 大阪朝刊
http://mainichi.jp/area/news/20130727ddn041100012000c.html


 小中学校の教頭不足に悩む大阪市教委が今年度、候補者を指名して昇任試験を事実上義務付ける異例の策に乗り出した。同市では、橋下徹市長の就任後、学校選択制や民間人校長の導入などで職場環境が激変し、負担が増え続けている。「受験を強いるより労働環境の改善が先では」。教育現場からは悲鳴も聞こえてくる。【林由紀子】


 「今年度は特段の事情がない限り試験の出願を行っていただくことを予定しております」。市教委が5月、全市立学校長宛てに出した通知には、強い危機感がにじむ。市立小中学校の教頭昇任試験の受験者はこの10年で5分の1以下に減少。不人気の背景には過酷な勤務がある。


 「睡眠時間も少なく、体も心もぼろぼろだ」。ある40代の市立小教頭は毎朝6時過ぎに登校、帰宅は午後11時を回る。自宅に仕事を持ち帰ることも多い。地域行事への出席などで土日も休めない。市教委からは報告や調査を求めるメールが1日数回送られてくるといい、「児童や保護者と接したいが、日中は事務作業に忙殺される」と嘆く。


 大阪市特有の事情もある。昨年度以降、保護者らの意見を学校運営に反映させる「学校協議会」を各校に設置来年度は、約半数の区で学校選択制を導入するなど教頭の事務量は増え続ける。一方、市教委は今春から校長を公募で採用し、来春は半数を民間から選ぶことを決めている。ある中学校長は「教頭から校長に昇任する道が狭くなり、教頭のなり手はさらに減るのでは」と懸念する。


 市教委は教頭の負担軽減のため、今春から小中15のモデル校に副校長を配置。教頭が担っていた事務の一部や地域対応を任せる仕組みを導入した。モデル校の一つで、児童数が1000人を超える市立鯰江(なまずえ)小の松下淳則校長は「副校長に来てもらったことで管理職の役割分担が可能になり、きめ細かい対応ができるようになった」と話し、他校で導入する必要性を強調している。