大阪市立小中学校:教頭10人足りない! 急きょ昇任試験
毎日新聞 2014年02月15日 05時45分
http://mainichi.jp/select/news/20140215k0000m040186000c.html


 大阪市立の小中学校で来年度に教頭が約10人不足するとして、春の人事異動直前に、市教委が異例の昇任試験を実施することが分かった。

 早期退職や降任の希望者が予想以上に多かったうえ、公募による民間人校長の合格者20人のうち8人が辞退し、教頭などで急きょ補充する影響もあるという。試験は2月下旬から3月上旬に行う。通常は6〜7月に実施しており、年度末は初めてだ。


 市教委は今月10日、教頭と指導主事の臨時募集を各校長に通知した。通知文では「年度末までの選考日程が限られ、最終面接のみの選考とする」と説明している。受験しやすくするため、応募者が現在勤務している学校の校長が希望すれば、合格時には同じ学校の教頭に昇任できるよう配慮する。さらに、今回の臨時選考でも欠員が埋まらない場合、教頭の代わりに教員2人を増員して対応することも検討している。


 大阪市では2013年春にも市立小学校教頭の希望者が不足し、試験で不合格にした6人を追加合格させた。教頭は多忙な上に待遇が悪いとして敬遠され、希望者が年々減っている。このため市教委は、教頭の候補者を指名して受験を原則義務づける一方、筆記試験をやめるなど異例の確保策をとっていた。


 こうした厳しい状況に追い打ちをかける形となったのが、橋下徹市長が主導した公募校長制度だ。13年春に民間から11人を採用したものの、問題が相次ぎ発覚。14年春に採用する公募校長については半分の35人を民間枠とする予定だったが、応募が前年の6分の1に激減して合格者は20人にとどまった。さらに、このうち8人が着任前に辞退し、今回の不足の一因になった。


 市教委の関係者は「民間出身者を校長に多数登用する方針を打ち出したことも影響し、管理職になりたい教員が減っている。再募集をしないと教頭がいなくなり、切羽詰まっている」と明かし、ある校長も「教員出身の校長は不要と言われているようで、現場の意欲がそがれている」と訴えた。【山下貴史】
(以上、毎日新聞転載終わり)

(以下は、2014.2.10付大阪市教委通知)
 

 

教 委 校(小)第49

教 委 校(中)第74

平成26210

各 学 校 長 様

教  育  長

教務部教職員人事担当

(教員採用・管理職人事(G)橋本・石田

TEL : 6208-9123

 

平成25年度 教頭・指導主事昇任選考試験(再募集)の実施について(通知)

 

 小学校・中学校の管理職につきましては、希望降任申出者や早期退職希望者が当初想定していた人数を大幅に上回っております。その結果、現時点で次年度約10人程度の教頭が不足することが見込まれております


 つきましては、次のとおり再度の教頭・指導主事昇任選考を実施いたします。今回の選考においては、年度末までの選考日程が限られていることから、最終面接のみの選考とし、出願については本人の同意を得たうえで学校長の推薦により出願することといたします。推薦にあたって学校長が自校の教頭に自校受験者の配置を希望する場合には学校長の意見を可能な限り尊重いたします。


 教育委員会といたしましては、先般行ったキャリアデザイン調査の結果からも明らかなように、管理職の希望者が減少している原因として、家庭の事情や直接子どもと関わる仕事をしたいということのほか、管理職の処遇面も大きな要因であると認識しているところです。この点につきましては、現在
11.5%である管理職の給与カットの削減率について、平成26年度からの見直しなどが大阪府において検討されているところです。


 なお、今回の再度の昇任選考においても人数が不足する場合には教頭の欠員が生じることとなることから、教頭の代替として教諭
2名を配置する教頭代替加配を実施することなどを検討しております。


 各学校におかれましては、このような状況に鑑み、再度の教頭・指導主事選考受験者の確保についてのご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

教頭・指導主事昇任選考にかかる願書の受付等

1)出願期間

  平成26210日(月)~221日(金)締切厳守

2)提 出 先

  教務部教職員人事担当(教員採用・管理職人事グループ)石田まで

3)必要書類

  ・願書及び願書の複写1

  ・自己申告書1

  ・校長推薦書1

  ・内申書1

4)その他

  ・今回は小・中学校の管理職不足に対応する臨時的選考であることから、小・中学校のみの募集といたします。

  ・出願については、本人の同意を得た上で校長の推薦により出願することとします。

  ・推薦にあたって学校長が自校の教頭に軸受験者の配置を希望する場合には、内申書の特記事項の欄にその旨を記載してください。

  ・提出にあたっては、学校長がすべての必要書類を封筒に入れて進展文書とし、「承認書類在中」と表記し、厳封のうえ、逓送でご提出ください。

  ・資格要件などの詳細な事項は、添付の実施要項を参照してください。

  ・願書への記述は、願書下記に記載している「記入上の注意」をよく読んで記述いただくよう伝えてください。

  ・願書の複写につきましては、A4用紙に等倍でコピーしてください。

  ・願書及び自己申告書が不足する場合は、お手数ですが、コピーをお願いいたします。

  ・本件の必要書類の取り扱いについては、厳正に行うように十分に留意願います。

  ・受験者が不在の場合には、提出不要です。


大阪市教委「教頭再募集」通知('14 2/10付)_ページ_1






















大阪市教委「教頭再募集」通知('14 2/10付)_ページ_2

 

 



















大阪市教委「教頭再募集」通知('14 2/10付)_ページ_3