イラストレーターWOODYの自然派を目指す育児ブログ

2014年初旬、第一子を出産。 娘は現在2歳。娘が生後3ヶ月よりボチボチ仕事を再開。 職業は、フリーランスのグラフィックデザイナー兼イラストレーター。仕事は別の名前でやってます。自然育児なんてとてもおこがましいけれど、出来るだけ体にいい生活と育児を目指しています。そんな生活と育児のブログ始めました。

正しい石けん洗濯の方法と洗濯槽のカビ解決法

ブログの書き方、もう少し整理したいと思い、ちょっと改良しました。
読みにくくなってればいいな。

さて本題。
-----------私の洗濯の仕方!間違っていた!!
もしも、石鹸洗剤を使っていて、洗濯槽のカビに悩んでる人がいたら、もしかしたら参考になるかも...。

我が家は洗濯に石鹸洗剤を使っています。 キノコが生まれてからはずっと。
液体タイプの石鹸洗剤を使っていました。何も考えずに...

石鹸洗濯の仕方の間違えに気づいた最初のきっかけ

事の発端は、洗濯槽のカビ。
3年前に、上京から10年以上使った洗濯機を買い換えた。
随分使ったし、一人暮らし用に買ったものだったから、容量少なめでキノコのオムツなどを洗うのにすごく大変だったというのもあるけど、決定打はどうにもこうにもならなくなった、洗濯槽のカビ!

なにしてもいなくならなくて。

カビ


それから、買い換えたのが、銀のパワーでカビを寄せ付けない、とかいうふれこみの洗濯機。
これでカビともおさらば!と、のんきに使っていたのもつかの間、数ヶ月でまたカビが発生。
何回も何回も何日もかけて酸素系漂白剤で洗浄していると、洗濯中にカビがつかない程度までにはなった。
それで、出来るだけカビが出る前に定期的に洗浄するけど、ちょっとさぼったりするとすぐ出てきて、購入から3年後、もう、どうにもこうにもならないほどにカビが出てきて、しかも晴れた日でもなんか洗濯物が生乾き臭い日とかあったりもして、、完全にお手上げ!!

これは、もう、洗濯機買い換えるしかないじゃん!そうしよう!!
と、woody夫妻は意を決したのだけど、、。だけど、だけど。
10万円もする買い物、三年で捨てるなんて、我が家そんな裕福じゃない!
なによりエコじゃない!
一度捨てると決めたら、なんでもあり、ってなって、、
避けていた塩素系漂白剤での洗浄もしてみる?
とか、お金かかっても洗浄する方法ない?
とか、そもそも、なんでこんなにカビが出るの?
石鹸洗剤使ってるから、ってみんなこんなにカビになるの?

また調べまくった。

とりあえず洗濯機を捨てずにこの状況を打破する方法。
ありました! プロのお掃除屋さんが、洗濯機を分解して洗浄してくれるんです。
仕上げに塩素系漂白剤使うけど、こうなったらそれもお願いするしかない!
(これから環境にやさしいことを心がけるので一度ばかりお許しください〜と思いながらw)
速攻で電話してきてもらい、早速やってもらうと...恥をしのばず言いますが、溜まった水が真っ暗闇で汚れでなにも見えないくらい、、!!
驚愕!!!


まあ、スッキリしました! さすがプロ!感動です。

洗濯機は、新品同様になりました。 ここまではいいのだけどこれをいかにキープするかが、これからの課題。 

私の洗濯の間違っていたところと解決方法(正しい洗濯方法)

さあ、これからどうするか?!また調べて調べて調べて。。
すると、私の洗濯の仕方全てが、洗濯機をだめにする洗濯方法だったことを思い知らされました。

私が洗濯石けんでやってたこと(石けん洗濯でのNG事項)

  • 石鹸洗剤なのに液体なので泡だてずに使う。
  • 泡立っていないまま洗濯を終了。
  • 表記通りの洗剤の量しか入れない。
  • 洗濯機の容量通りの洗濯物を入れる。
  • だんなの作業着だけ合成洗剤。(つまり、石鹸洗剤と合成洗剤を併用)
こういうことです。
きっと石鹸洗剤を使う人にとっては当たり前のことなのかも。

正しい洗濯石鹸の使い方

  • 石鹸洗剤は泡だてないと意味がない→なので液体洗濯石けんの使用は注意が必要(合成液体洗剤と同じようにそのまま使ってはダメ)
  • 洗濯が終わるまで泡立ちをキープしないとだめ
  • 石鹸洗剤は、その時々の汚れ具合などにより、量を調整しないといけない
  • 合成洗剤を併用すると、残留した合成洗剤の洗浄に使用する石鹸が余計に必要となるので余計に洗剤が必要
  • 洗濯物の量は、水の中にプカプカ浮かんでいる程度にとどめる。
  • 助剤がないと厳しい。
助剤(炭酸ソーダ)、というのは、石鹸カスが発生するのを防いで石鹸の洗浄力を発揮させてあげる役割。※ただし絹やウールなどは炭酸ソーダで傷みやすいらしいので注意(私は使っちゃってるけどw)

結局、お洗濯についての情報は、8割方石鹸百科さんから学びました。
梅雨の時期、部屋干しを何度もしたけど、ほとんど生乾き臭くならなかった!
湿度は大きいけど、結局ちゃんと洗えてれば生乾きにもならないということがよーーくわかった!
本当に感激でした。
洗濯洗剤は、本当は二層式の方が向いているらしい。
私なりに全自動洗濯機を使った石鹸洗剤の洗濯方法を模索した結果、今んとこ、このやり方がいいかなーと思っています。

我が家の洗濯方法

(68l容量洗濯機で最大量の洗濯物を洗う場合)

  1. まず46l水をためてストップするようにしておく(全容量の6-7割の量)
    46l-2


  2. そこに必要量の石鹸洗剤(助剤入り)を投入
    →我が家は大さじ6杯
    洗剤-2

  3. ラベンダーなどの精油を2,3滴垂らす
    (アロマには詳しくないけど、粉石鹸独特の臭いの消臭と、殺菌効果が見込めるそう)
    精油-2

  4. 4~5分洗いモードで運転
  5. 驚くほど泡立つのでそれを確認して、洗濯物(量は水の中にプカプカ浮かんでいる程度)を投入
  6. 68lまで水を貯めてそのあとは普通に運転スタート!
  7. 運転が始まったらチラッと見に行き、ちゃんと泡立っているか(うちで使用している「ローブ」の洗剤のパッケージによると「アジサイ程度」らしい、素敵な表現〜)確認。泡立ってなければ、バケツで泡だてた洗剤を追加。
    泡確認

たまに7を忘れるけど、だいたい2の段階でどのくらい洗剤必要か、の感覚がわかるようになればそうそう失敗はしない。 旦那の作業着とか、汚れた布おむつがいっぱいのときは多めに入れるとか、だんだん感覚を覚えてくる。 あとは、合成洗剤使ったあと(私は全く使わなくしたけど)はちゃんと泡立っているか観察しないとダメなんだと思う。
そうそう、お洗濯も、結局感覚なんだな。
自分の感覚が鈍くなれば、汚れも落ちにくい。
合成洗剤は、そんな「感覚」が全くなくてもきれいに出来る優れものなんだけど、やっぱり、環境にはよくないし、人にも優しくない。(と私は信じてる)
そして、やっぱり便利に頼りすぎると、いろんな「感覚」を鍛えられないんだなー、と。
私は出来るだけ石鹸洗濯生活を楽しみたいな。

洗濯槽のカビ対策

あ、それから! 正しい石鹸洗濯と、月一回の酸素系漂白剤での洗浄、これをきちんとやるようになってから、洗濯槽のカビ、 ほとんど出現しません! これには感動!!気をつけていること一応書きます。

洗濯槽のカビが生えないように気をつけていること

  • 月一回は酸素系漂白剤で洗濯槽のお掃除
  • 正しいお洗濯
  • 使用していないときは洗濯機のふたを開けておく
  • 洗濯が終わったらすぐに干せないときでも洗濯物を即座にカゴなどに移す
  • ごみとりネットは毎回洗う

なんでもきっとバランスなんだろうなぁ。 
またお洗濯を通して学んだのでした。

ちゃんちゃん

「母乳の質」ってなんだ?!

バターや生クリームなどの乳脂肪分やお肉の脂肪ばかり口にしていると、母乳の質が下がるということはよく言われる。

私は、キノコの出産後、乳腺炎で苦しんだので、母乳については、これでもか!というほど勉強した。(→乳腺炎体験記はこちら
実際に産後、おっぱいをたくさん飲む時期は、少しでも食事に気をぬくと、すぐにおっぱいが詰まって乳腺炎になった。
繰り返しになるけど、とにかく和食中心、ごはん、味噌汁、魚、煮物、香の物が基本。
私の場合、質が悪くなるうんぬんの前に詰まってしまい、おっぱいが怒り出してるんだと思う。
だけど、産後半年をすぎると、おっぱいも気をぬくのか、ちょっと食事が乱れても、全然詰まらなくなる。
これはどういうことか?!
そもそも、母乳の質ってどんだけ変わるのか?
食事が乱れる→母乳の質が悪くドロドロになる→おっぱいが詰まる
この流れを信じているけどはそもそも本当なのか?
いつも半信半疑だったんだけど、ついに、これを事実と確信する出来事が起こった。

普段とガラッと変わった食生活

先日、2~3日の間、やたらジャンクな食事を食べることがあった。
唐揚げ、餃子、コロッケなどの揚げ物を中心に、ピザみたいなのとか、グラタンとか、いわゆるごちそう。

ごちそう

 
なんとなく普段食べ慣れないものを食べたいような気持ちもあったり、たくさんあるものを食べてしまわないとという義務感(?)とか、その場の楽しい雰囲 気とかでなんとなくたくさん食べていた。
ちょっと心配だったおっぱいも特に詰まることもなく、順調だし、大丈夫だったな、と。
ここで私の気持ちはとっても緩んでいたのか、なんかそのあとも普段食べないようなおやつをたべたり、ここ3、4年で最悪とも言えるひどい食生活になってしまった。

食事で母乳の質が変わったのを目撃

事件はその翌日。保育園にいつも通り冷凍母乳にして持っていく。
「ピノコちゃん、今日あまり母乳飲まなかったです」といって、哺乳瓶に入ったままの母乳がたくさん返却される。
(ピノコの保育園では冷凍母乳の子は、衛生管理上とのことで哺乳瓶ももっていくことになっていて、残した母乳は哺乳瓶ごと返される。洗って、消毒するのも自宅なので)
そっかー、ピノコやっぱ病み上がりだからかなー(風邪ひいてた)、食欲ないのか、と思いつつ、家に帰って渡された哺乳瓶をみて、私は驚愕しました!!!
ベタベタの母乳のかたまりが、ヘドロのようにドロドロの状態で、哺乳瓶やら乳首の周辺にへばりついていたのです!!!

母乳がドロドロ

 
搾ったときはあまりわからなかったけど、、あきらかにヤバイ母乳だ!
いままでも残してきたことは何度かあるし、哺乳瓶を洗う時に、若干哺乳瓶の乳首部分が油っぽいな、と感じるくらいのことはあったけど、ここまで明らかにドロドロなのは初めて。
直母(直接母乳を飲ませること)だとわからないけど、私はピノコに数日間このような母乳を飲ませていたのか(多分!)、と、申し訳なくて、本当にショックでした。
そして、おっぱいの質は食事が決める、って本当のことなんだ、とまさに実感...!

母乳は透き通っていて青白いような色が良い母乳といわれているそう。
この数日間を取り戻すために、今まで以上に食事を気をつけ(砂糖&動物性脂肪最少限、玄米で解毒!)た結果、すぐに透き通るような青白い母乳になりました。
こんなに即効性があるって、本当に母乳ってすごい。
「母乳はお母さんの食べるものから出来ているんです」
この言葉、なんとなくどこかうさんくさく感じるところがあったけど(私だけ?笑)、いやこれ、本当!!母乳だけじゃない、食事って本当に体を作るんだと思う!!

これを読んでもらって「またまた〜、その一回だけでしょ?」って思うと思うし、実際に私もまさかの偶然かも、って思わないでもないからついでに書くと、似たようなことがこのあとまたあって。
その時は豪華な料理とたくさんのケーキやタルトなどのスイーツをいただいた翌日の母乳は、上記ほどではないにしろ、かなりのドロドロでした...。

結局、私のようにおっぱいがつまりやすい(乳腺炎になりやすい)体質っていうのは、質の悪いおっぱいを赤ちゃんに飲ませないようにしている、ということだとやっぱり思った。
産後すぐは、それだけ赤ちゃんにとって生命線なんだと。
詰まらなくなったけど、油断しないで食事はきちっと守っていこう、そう心に決めたのでした。
(ただ現実はなかなか甘いものがやめられない〜...:;)


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


自然育児 ブログランキングへ 

久々の育児日記投稿です:;
ちょっと前のおむつなし育児事情について。

--------------

おむつなし育児をしていると必ずやってくると言われる「おまるイヤイヤ期」
おむつなし育児をしている人たちの間では「あるある」のようで、7ヶ月あたりから、よく動けるようになるとおまるにじっと座っているのが嫌だとか、おしっこをおまるでさせたがる母に反抗したり、無言の圧力にこわくなっているとか、理由はいろいろあるよう。
だけどこれもひとつの意思表示だし、立派な成長ということなんだろう。
ピノコは本当におまるが好きで、8ヶ月がすぎてもだいたい、いい顔しておまに座ってくれるので、この子にはおまるイヤイヤ期、来ないかも?!くらいに思っていた。

あるときから、成功率ほぼ100%だった朝一のおしっこ。
ある日突然、してくれなくなった。
絶対出るはずなのに!!!
夜の間もずっと出てないから、出ないなんて心配なほど。
でも時間のない朝、ずっとすわらせているわけにもいかないから、おむつしようとして寝かせた瞬間に、「ジャー!!」おしっこ出た!!
なんだ、あとちょっと待てばよかったんねー、ごめんね、
なんていっていた。


おまるいやいや



翌日、
今日もまたおしっこしない...!しかたないから新しいおむつを用意していたところ、
くるっと寝返り返ってズリバイ始めたかと思うと、あーーーーー、おしっこでてる!!
もうやだー:;
一旦家事に戻ると、「ピノコがプーしてるー!」とキノコがいうのでうんち出るかなー、とおまるに座らせる。うん、でない。
仕方ないからちょっと お股を解放したままにしているとまたズリバイ始めてなんと今度はうんち出てるー!!!!ぎゃー!!
うんちの始末に四苦八苦、洗面台にいたら、今度はキノコが「ピノコがおしっこしちゃったー!!」

おまるいやいや2


なんつーことだ!!! 
これはまさしくおまるイヤイヤ期にほかならない...!!
完全に私遊ばれとるな...。

ストレートなおまるイヤイヤじゃないけど、これはあきらかにおまるでなんかしてやんねーよ!という意思表示に違いない...!またひとつピノコの成長を感じたのでした。

あーおむつなし育児って本当におもしろい!

ちなみに11ヶ月の今、ほぼ座ってくれません。泣
ぼちぼちやっていきます。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


自然育児 ブログランキングへ

 

このページのトップヘ