久しぶりの投稿です!

書きたいことはたくさんあるけど、単発で終わるネタが降臨せず(いっぱい書いてるけど全然書き終わらない)、2019年初投稿です。

次女、ピノコについて。今月で2歳半になり随分とお姉さんらしくなってきたピノコ。 
2歳になりたての頃はちょっと遅めかなと思っていたおしゃべりも今はベラベラベラベラ。すごいです。
排泄も外では万が一に備えて漏れない対策をしているものの、もうほぼ大丈夫。

でも、でも、、、!!!!

おっぱいがやめられないんです、とにかく!!!もう、やめる気すらない。
「パイパイ や〜〜ん!!!(=パイパイちょうだい!!!)」「あかちゃんみ!!!(=赤ちゃんみたいにして!!!=寝転がって飲みたい」もう、()内の言葉も話せるけど、わざとこういう言葉を使って甘えてくる。

母乳



母乳2


とっくに卒乳しているお母さんが読んだら(お母さんじゃない人がいたらなおm_ _m)ドン引きだと思うけど...笑 すみません

気持ちとしては、欲しがる分だけあげたい、 早くから保育園に行っている分、できる限り...!!!
長女キノコも2歳3ヶ月までは飲んでいたけど、ピノコの妊娠をきっかけにうまく卒乳に近い形でやめられた。(詳しくはこちらをどうぞ→

でもね、母の体はもう、おっぱいをあげる体じゃなくなったんですね。 
とにかくイライラするし、こりゃもう止めろってことだなと、思う。 
(ためしに搾ってみると案外まだたくさん出てはいるみたい笑) 
なにしろ、もーーー体もでかいのよ...。全然乳飲むサイズじゃない感じ。


それで、、、もっと飲みたいと泣き叫ぶピノコにお願いしました。
「ピノコ、いっぱいお姉さんになったね!」
「◯◯ぐみさんになったもんね!」
「おしっこもぜーんぶトイレでできるもんね!」
「おしゃべりもお歌も上手で、お姉さんだね! 」
「パイパイは大きくなったら飲まなくなるんだよ、パパも母ちゃんもねえねも飲んでないでしょ?」
「ピノコはこんなに大きくなったから、もうすぐパイパイにバイバイできるかな?」
私の腕の中で涙を流しながら、すべての問いかけに、じっくり、じっくり深く頷いてくれた。
「そしたらピノコがパイパイにバイバイする日、自分で決められるかな?」
と言って、ふたり、カレンダーの前に。
「今日はここだよ。」と説明すると、一枚めくって約1ヶ月後の日を 指差した。
「ここでパイパイ、バイバイする?」と聞くと、「うん」とうなずいた。

ピノコは、0歳のころから、本当にはっきりした子で、嫌なことは絶対に嫌だし、やりたいことは絶対やりたい!怪我しても痛い思いをしても貫く子で。
何度か卒乳をうかがったけど、とてもやめられる状態じゃなかった。
4月に進級して、1年間気持ちのよりどころにしていた先生が担任をはずれて、だけど、進級した喜びの方が勝っていて、毎日自信満々で喜びにあふれた日々。
自分が大きくなった喜びとともにきっと、ちょっと前から、近い将来おっぱいをやめなければいけないことも気づいていたように思う。だから、今回、こういう話をピノコにして、じっくりと聞いてくれてしっかり頷いてくれたことが本当に感動だった。


卒乳宣言

一連のやりとりを横で見ていた長女キノコも「なんだか感動してきちゃった!」といいながらもらい泣き...笑 キノコは、ピノコが母乳飲みたがるのを我慢させるのが嫌で...!いつも、「かあちゃんピノコが飲みたがってるよ!おっぱいあげて!!!(怒)」なんていう子なので、きっとピノコの気持ちがよくわかっているんだろうと思う。
 
でも、やめるの1ヶ月後〜!!笑
その間何度もイライラしてしまいそうです...。
そして、果たして本当に止められるのか!!!
この夏は飲酒できるのか!!??(たいして飲めないけど笑)
またここに報告しようと思います!!! 

ではでは〜!!!

 
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


自然育児 ブログランキングへ