December 05, 2018

終演御礼!


12月2日、3日に開催された、
ジャミン・ゼブ、今年最後のビッグ・ライブ、

『THE GIFT 〜Jazz×Pop〜』
(@よみうり大手町ホール)

大盛況のうちに、
めでたく終了致しました。

IMG_1674

今年の集大成とも言える楽曲を、
二日間に渡り、
ジャズとポップに振り分け、

IMG_1687

たくさんのクリスマス・ソングとともに、
たっぷりとお届け致しました。

IMG_1732

今年も素晴らしい締めくくりになりましたね。

お越し下さったみなさま、
ありがとうございました。

IMG_1707


そして、それにさかのぼること二日前、
こちらは学芸大「A'TRAIN」の、
月に一度の私のピアノライブ。

こちらも、
素晴らしいベーシスト、
岸徹至(きしてつゆき)君の登場とあって、
すごい数のお客様で大にぎわいでした。

(ま、規模は違いますけどね。笑。)

IMG_1663

いやあ、楽しかったですねえ。

若いエネルギッシュなプレイに触発されて、
年甲斐もなく私もハッスル、ハッスル、
してしまいました。(笑)

IMG_1668


次回開催は、
12月28日(金)。

ベースはいつものエディ河野です。

今年の忘年会を兼ねて、
大いに盛り上がりましょう!



さあ私は、
またスタジオに戻って、
ニュー・アルバムの仕上げ再開です。

発売日も決まったことですし、
いつまでも余韻に浸ってはいられませんね。

体をいたわりながら、
頑張りたいと思います。


では、勝手気ままな私の「本日の夕食」(笑)

近所の某とんかつ屋の、
「カキフライ定食」。

IMG_1562

これ、一個がすごくデカいんですよー。

この季節には欠かせません。


カキ。


牡蠣。


あ、体調はまだ万全ではないのですが、

食欲は依然旺盛です。


なんでかなあ〜…?


ううむ…。。。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 18:45コメント(4) 
2018 エッセイ 

November 23, 2018

本日の1曲(その3)


札幌に行ってまいりました。

今年3回目の北海道ですが、
今回は久しぶりに、
「日航ホテル」に宿泊させていただきました。


いやあ、この景色はいつもながら圧巻ですねえ。

(パソコンで読まれてる方は、
 ぜひアップにしてご覧ください。)

ほんと、美しい…。。。

IMG_1601

(下は、摂氏1℃の街を、
 足早にラジオ局に向かうジャミン。)

東京に帰って来たら、皆一様に、
「東京、暑いなあ。」(笑)

IMG_1604


さて、その札幌から東にず〜っとまっすぐ、、
太平洋を越え、北アメリカ大陸を横断すると、、
ほぼ同じ緯度の位置に、

あの、世界一の大都市、

ニューヨークがあります。


ニューヨーク。

いいですねえ。

大好きでした。


ジャズの本場でもあり、
文化、芸術、金融などなど、
まさに世界の中心地。

そびえ立つ摩天楼、
ありとあらゆる人種のるつぼ、
一日中鳴り止まない車のクラクションの音。

眠らない街。。

カッコいいですねえ。


幸いなことに私は、
1978年を皮切りに、
80年代はほとんど毎年のように、
このニューヨークを訪れておりました。

もちろん仕事ですよ。(笑)


その大半は、
私がプロデュースしていたフュージョン・バンド、
『カシオペア』のレコーディングでしたが、
最大で5週間も滞在したこともあります。


で、当時の写真を探してみたのですが、

なんと、これが、ほとんどない…。


常々、こうしたものの管理は、
かなり、ずさんな私ではありますが、
それにしても少なすぎる。

なんで…?

ううむ…。。。


思い出しました!

当時のニューヨークは、
華やかさの一方で、
世界でも有数の犯罪都市だったんですね。

街中で写真なんか撮っていたら、
たちまち狙われてしまう。

「おのぼりさん」だと思われて、
途端に悪い奴の餌食になってしまう。


いろんな人に、そう脅かされてたので、
およそ街中で写真なんかは、
撮ったりしなかったのでした。

そういえば、そんなシーンは街中では、
ほとんどお目にかかりませんでしたね。

やっとのことで、こんな1枚を発見。

IMG_1635

これはどこかのスタジオですね。

カシオペアのメンバーたちと。

IMG_1636

これは「メトロポリタン美術館」でしょうか。

IMG_1637

若いですね。

お腹出てませんね。(笑)

(84年だと、33才ですか…。)

IMG_1638


今はかなり安全な都市になったようですから、
みんな「iPhone」を使って、
バチバチ撮ってるんでしょうね。

ああ、「iPhone 10」持って、
あの時代に戻りた〜〜〜〜〜〜〜い!!!



あら、前置きが長くなってしまいましたが、

現在制作中の、
ジャミン・ゼブ・ニューアルバムには、

そんな、当時のニューヨークが舞台の曲が、
2曲収録されることになっています。


というわけで、

「本日の1曲」(その3)は、その中から、

『ニューヨークシティ・セレナーデ』

IMG_0708


映画『ミスター・アーサー』のテーマ・ソングで、
クリストファー・クロスが歌って、
全米No.1に輝いた、
1981年の大ヒット曲です。


映画の中で、
大金持ちの御曹司アーサーが、
ニューヨークの「プラザ・ホテル」で豪遊する、
そんなシーンがあるのですが、

「プラザ・ホテル」といえば、
ビートルズが初めて渡米した時に滞在した、
最高級ホテルですよね。


目の前が「セントラル・パーク」で、
そこに、ビートルズ見たさに、
何万人というギャルが押し寄せて、
交通がパニックしている映像を見た事がありますが、

私も一度、お茶を飲みに行ったことがあります。

当時でコーヒー1杯、
2,400円も取られたような…。(笑)

当時、1番安い部屋が、
確か70,000円と聞いたこともあるような…。

あははは。


ま、ニューヨークの思い出話は、
それこそ山のようにあるので、
いずれかの機会に委ねるとして、
音楽の話に戻りましょう。


さて、この曲をやるにあたっては、
かなりの戸惑いがありました。

何と言っても、この曲の魅力は、
あのクリストファー・クロスの、
突き抜けるような美しい高音なのですが、

果たして、我がジャミン・ゼブで、
それが可能なのか…?

…?


と、ここで、コージローから、

「原曲のキーそのままで、
 やらせて下さい。」

と、頼もしい名乗り出がありました。


いやあ、見事に歌ってくれましたねえ。

原曲にはない、
美しいコーラス・ワークも、
ふんだんに散りばめられていて、
なんとも素敵に仕上がりそうです。

楽しみです。


そんな「ニューヨークシティ・セレナーデ」を含む、
私のアレンジした中から11曲のピアノ・パートを、
11/9,10の2日間で、
レコーディングしました。

関東某所で録音した仮のピアノから、
いよいよ本物のピアノに変わる日が、
やって来たのです。

IMG_1551

老体にムチ打って頑張りました。

IMG_1553

頑張りすぎました。。。

その次の週に、
ついに倒れて、
4日間も寝込むことになってしまいました。


風邪もあったのでしょうが、
あの強行スケジュールの疲れが、
いっぺんに出た感じですね。


この私が倒れるだなんて…。

ちょっとショックでしたが、
「もう若くはないんだから無理は禁物よ!」
という警告だったのでしょうね。


たくさんの方から、
お見舞いのお言葉をいただき、
ありがとうございました。

ご心配をおかけしました。

おそらく、もう大丈夫だと思います。

12/2,3の「よみうり大手町ホール」で、
元気でお会いできるものと思います。

おそらく…。

……。



では最後に、

「本日の昼食・札幌篇」(笑)


こんなゴージャスなランチが、
たったの1,300円!

さすが札幌!

IMG_1606

足りないのでさらに追加。

IMG_1608


(それだけ食欲があれば、
 もう大丈夫だよ!)


で、ですよね。


あはは。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 18:12コメント(12) 
2018 エッセイ 

November 01, 2018

伊勢志摩


怒涛の10月が終わりました。

ご安心ください、
私、まだ生きております。(笑)


手帳を見返しても、

よくもまあ、
これだけのスケジュールをこなしたものよと、
我ながらびっくりしてしまいます。

何よりも健康に感謝ですね。

そう、感謝、感謝。。。


そんな怒涛の10月は、
伊勢志摩での仕事で締めくくりました。

朝早くの移動で大変でしたが、
行って見たらそこはパラダイス!

IMG_1350


なるほど、国際会議というのは、
こんなレイアウトで行われるんですね。

IMG_1347

同時通訳のブースもいくつかあって、
さながら、映画「007ゴールドフィンガー」なんかを、
思い出してしまいました。

あはは。


リハーサルを終えたら、あとはノンビリ。

素晴らしいホテルと、
素晴らしい景観を心ゆくまで味わいながら、
ゆったりとした午後を楽しませてもらいました。

IMG_1366

IMG_1371


そういえばこのホテルは、2年前に、
「伊勢志摩サミット」が行われたんですね。

IMG_1353

Y浅ショージ君の座ってる椅子が、
安倍首相の席でありましたか。

こっちは、
あんまり貫禄のない首相ですなあ…。

IMG_1356


そして本番は夜の9時。

長い会議を終え、お疲れ気味の出席者の方々に、
ジャミンの音楽で大いに楽しんでいただきました。

(だといいのですが…)

IMG_1387


それにしても、美しいですねえ。

忙しかった私たちへの、
神様のプレゼントだったのでしょうか。

関係者の皆さま、
ありがとうございました。

IMG_1370


さあ、翌日(10/26)は、
そのまま学芸大「A'TRAIN」で、
私のピアノ・ライブ。

バテバテなので心配でしたが、
不思議なことにピアノは絶好調。

お越しいただいた皆さま、
ありがとうございました。


次回は、11/30(金)の開催です。

そして、その日は、
あの若きベーシスト、
岸徹至(きしてつゆき)君との共演です。

今年2回目でしょうか。

デビュー・アルバム『Smile』以来、
ジャミンのアルバムのほとんどで、
素晴らしいプレイを聴かせてくれている、
最高のベーシストですね。

いやあ、楽しみ、楽しみ。。。


その岸君ですが、
今制作中のニュー・アルバムのレコーディングにも、
もちろん参加してくれました。

IMG_1407

M「岸君、どうだった? 楽しかった?」

K「いやあ最高でした。
  今回も素晴らしいアルバムになりそうですね〜。」

IMG_1411

(本当にそんなこと言ったのか?)

むふふ…。


というわけで、
レコーディングも再開です。

頑張りますよ〜〜〜〜!!



では最後に、またまた登場です。

「本日の昼食・伊勢志摩篇」


近鉄名古屋駅で買った、
「松坂牛めし」弁当!

IMG_1325

絶品でした!!!

IMG_1326

じゅるり〜。


さあ週末は、
毎年楽しみにしている、

「岡崎ジャズ・ストリート」♪

今年も前夜祭から出演させていただきます。


「10周年記念フォトブック」も、
何冊か持っていく予定です。

東海地方の皆さま、
大いに楽しみましょうね。


手羽先ちゃんも、

待っててね〜〜。


(そこか)


ん…?



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 11:44コメント(10) 
2018 エッセイ 

October 12, 2018

台風接近ツアー


毎年恒例、秋の西日本ツアーから、

無事戻ってまいりました。


10月2日の岡山を皮切りに、
3日(広島)、4日(福岡)、5日(熊本)、
6日(大分)、7日(大阪)

という、なんともハードなスケジュール。。。


メンバーの体調も心配でしたが、
もう一つ厄介なやつがやって来てましてね…。

そうこいつ。

大型の台風25号!


最初の二日だけは大丈夫でしょうが、
九州、大阪は予断を許さない、
そんな、やきもきさせるようなツアーでした。

IMG_0883


それでも行くぞ「Go West!」

ということで、まずは10/2の岡山。

どうしても外せない私用のため、
私は2部の最後の方で遅れて合流。

IMG_0882

そして、この日の締めはコレ。

「海の幸こがし焼き茶漬け」

美味〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!

IMG_0884


翌3日は快晴の広島へ。

「Live Juke (19)」という、
眺めのいい会場でした。

IMG_0889

夜景も素晴らしく、
たくさんのお客様で大いに盛り上がりました。

IMG_0901

夜は「お好み村」。

広島といえば牡蠣ですよね。

じゅるり…。

(ん?)

IMG_0916


この間も、台風はどんどん北上を続けています。

心配ですねえ…。


案の定、次なる福岡(4日)は、
一日雨マークでしたが、
到着してみると…、、、

あれ?

晴れ間も覗いておりました。

IMG_0927

メンバーのラジオ出演に付き合った後は、

「昔ながらのチャンポン」

いやあ、懐かしい味ですこと。。。

IMG_0938

先月の「中洲ジャズ」の効果もあったのか、
「Gate's 7」も盛り上がっておりましたねえ。

雨もなんとかもってくれて、
この日も無事に終了。

IMG_0955

そして博多に来たら、ここだけは外せません。

中洲川端の屋台。

むふふ…。

(ねえ、何しに来たの?)

IMG_0962


翌5日は熊本。

この日、台風は九州にどんどん接近。

いよいよ危機迫る…。


でも、なぜか、

熊本も晴れておりました。

(???)

IMG_0977

メンバー、ラジオ出演の後は、

「上ロースのすき焼きランチ」

なんと、これが、たったの、1,300円!!!

九州住みたい〜〜〜〜!

IMG_0976

ここ熊本「CIB(キーブ)」も、
毎年少しずつではありますが、
お客さんも増えていて、
嬉しい限りです。

ここは料理も美味しいんです。

来年も行きますよ〜。

IMG_0982


さあ、6日になりました。

台風はこの日、
九州北部に最接近。

無事に大分までたどり着けるのでしょうか。

もっとも気がかりな移動になりましたが…、、、

IMG_0994

お、動いた!

そして、最も心配していた、
「小倉ー大分」間のソニック特急も、
定時に発車とのこと。

ああ、よかったー。

IMG_0998

大分に近づくにつれ青空も本格化。

IMG_1025

今年も「さしみ舟盛り定食」の姿を、
見ることが出来ました。

IMG_1028

この人の顔にも、
安堵がうかがえますね。

よかった、よかった。

IMG_1029

台風はこのまま、
日本海を抜けていくそうなので、
明日の大阪も大丈夫ですね。

IMG_1033

というわけで、
大分「Brick Block」のライブも、
大盛り上がり。

IMG_1052

昨年に引き続いて、
ファンの方から「ふぐ刺し」の差し入れまで、
いただいてしまいました。

本当にありがとうございます。
美味しくいただきました。

IMG_1057


さあ、翌7日は、
爽やかな秋晴れの中、
最終目的地、大阪に移動です。

小倉駅では、今年も、大好きな、
「あなごチラシ寿司」を、
買うことが出来ました。

ヤッホー。

IMG_1058

そして、春に続いて、
大阪「ミスター・ケリーズ」の2公演で、
めでたくツアーも終演と相成りました。

IMG_1076

そして「お疲れ様〜、乾杯〜〜〜!」

2月の「ロス・ツアー」でお世話になった、
旅行代理店「アーク3」の吉岡さんらも合流。


みなさん、本当にありがとうございました!

small


いやあ今回も奇跡的でしたね。

ちょっと間違えると、
九州、大阪の4カ所は全滅でした。

ほっ。。。


ということで、

「本日の昼食・夕食 / 西日本篇」を終わります。


(違うだろ!!!)


ん…?



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 17:39コメント(6) 
2018 エッセイ 

October 01, 2018

本日の1曲(その2)


いやあ、夜中の台風通過。。。

凄まじかったですねえ。

怖いくらいでした。

みなさん、お変わりありませんか?


そして今日は、一転して爽やかな秋晴れ。

というか真夏日。(笑)


ということで、

久しぶりにブログの更新でもしようかなと…。


本日は「ボサノヴァ」のお話です。


「ボサノヴァ」

「Bossa Nova」(正式には ボッサ・ノーヴァ)


1950年代末期に、
ブラジルに登場した新しいラテン音楽。

1960年代に全世界で、
ものすごいブームとなりました。


元々は、
ブラジルの貧民街で生まれたという説もあります。

貧民街の長屋の一室で、
音楽の好きな若者が集まって、
何か演奏しようじゃないかということになった。

ところが、大声で歌ったり、
大きな音でギターを弾いたり、
パーカッションを叩いたりすると、
すぐに隣の部屋のおじさんが、
「うるさいぞーー!!!」
と怒鳴りこんでくる。


仕方なく、小さな声でボソボソと囁くように歌い、
ギターも爪弾くように演奏。

「静かに、静かに、静かに、
 ボソボソ、ボソボソ、ボソボソ♪」

とまあ、これが起源とも言われておりますが、

本当かどうかは別にして(笑)、
なんとも素敵な音楽の誕生ですね。


その「ボサノヴァ・ブーム」の最大の功労者が、
この人。

Antonio Carlos Jobin(1927-1994)
(アントニオ・カルロス・ジョビン)

yjimage-1


私がこの人の存在を初めて知ったのは、
中学3年生のとき。

毎週日曜日の午後、
欠かさず見ていた大好きな音楽番組、
「アンディ・ウィリアムス・ショー」に、
彼がゲスト出演したときでした。


ギターを弾きながら、
ボソボソと歌う、
今まで聞いたこともなかったスタイルは、

あまりにも高度で、不思議な雰囲気で、
子供の私には、いかにもとっつきにくい音楽、
というのが第一印象でしたね。


でも、ほどなくして、
「セルジオ・メンデス&ブラジル66」
の爆発的ヒットによって、
私にもブラジル音楽が、
うんと身近に感じられるようになりました。

510296053WL


さあ、時が経って、
いつしかジャズに魅せられ、
ジャズを本格的に勉強し始めると、

ジョビンさんの偉大さも、
ボサノヴァの素晴らしさも、
理解できるようになりました。


ボサノヴァをアメリカに紹介し、
この音楽の地位を不動のものにした、
偉大なサックス奏者「スタン・ゲッツ」もまた、
功労者の一人と呼べるのではないでしょうか。

次にご紹介する、
「GETS / GILBERTO」こそが、
この「ボサノヴァ」を代表する名盤中の名盤。

ボサの歌姫「アストラッド・ジルベルト」
の可憐なハスキー・ヴォイスが、
世界中を駆け巡ったのです。

(そうだった、そうだった)

うんうん。。。

51Lm9FtwzsL


そんな、
アントニオ・カルロス・ジョビンさん。

この人の代表作は、何と言っても、
「イパネマの娘」
(A Garota de Ipanema / The Girl From Ipanema)

この曲、ビートルズの次に、
カヴァーするアーティストが多いといいますから、
ジョビンさん稼ぎましたね〜。

むふふ。


でも他にも、名曲が目白押し。

「おいしい水」「想いあふれて」「メディテーション」
「ア・フェリシダーデ」「デサフィナード」
「ワン・ノート・サンバ」etc.etc.


そんなジョビンさんが残したアルバムの中で、
私はこのアルバムも大好きです。

「Wave(波)」

名アレンジャー「クラウス・オーガマン」との共作で、
「究極のイージーリスニング・ミュージック」
との呼び声も高い名作です。

これも、ぜひお聴きになってみてください。

なんともお洒落で爽やかですから。

91HFlziBr1L._SL1500_


ということで、
前置きが長くなってしまいましたが、

ジャミン・ゼブと私が挑む、
「本日の1曲」シリーズ第二弾は、

「イパネマの娘」です!


何しろ「You Tube」を見ても、
おびただしい数のカヴァーがありますから、
「負けたくない」「なんか新鮮なものしたい」
と、思考に思考を重ねるうちに、

この楽譜のトップ・ページにある、
不思議なメロディーが思い浮かびました。


「こいつはいいぞ。ウシシシシ。。」

はい、とってもお洒落に仕上がりました。

今までにはない「イパネマ」が、
出来上がったように思います。

ええ、自信作です!

自己満足かもしれませんが満足です。(笑)

IMG_0699

前半はシモンがポルトガル語でけだるく攻め、
後半は英語による爽やかなジャミン・コーラス。

これまた楽しみなレパートリーが増えました。


ということで最後は、
これまた、なんとなく恒例になりつつある(笑)、

「本日の夕食・私篇」その6

IMG_0789

以前にも紹介しましたが、
永福町駅前にある「大勝軒」のラーメン。

シモン君もビックリの巨大ラーメン。

ここ数年、
歌入れのスタジオが永福町なので、
この期間は2、3回は行くのです。

IMG_0792


で、この巨大ラーメン。

昔は完食できなかったのですが、

最近出来るのです。


普通、年をとると、

だんだん食が細くなるといいますが、

私、最近、やたら食べるのです。


これって、


いいこと、


なんでしょうか?



ううむ…。


……。



SHUN MIYAZUMI



PS:そうそう、
   9/28(金)の「A'TRAIN」にお越しのみなさん。
   ありがとうございました。

   次回は10/26(金)の開催予定です。
  (あら、三重県からの遠征帰りの日だ。
   大丈夫かなあ…。)


   そして明日(10/2)からは西日本遠征。
   頑張って行ってまいります。

   楽しみです。

   「食べ過ぎの豚」にならないよう、
   気をつけます。

  (ほんとか)

   多分…。


woodymiyazumi at 16:09コメント(4) 
2018 エッセイ 

September 11, 2018

本日の1曲(その1)


9月になりました。


まずは、北海道大地震、
そして台風21号で被害に遭われた皆様に、

心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。


また、西日本での豪雨による復旧も、
まだまだ大変な日々が続いてるようですね。

本当に日本列島は、
どうなっているんでしょうか…。


どうか一日も早い復興、
そして一日でも早く皆様に、
心休まる日が訪れますよう祈るばかりです。

……。



さて、ここからは明るいニュース。


私たちジャミン・ゼブ軍団は、
新しいアルバムの制作を開始致しました。

パチパチパチ。


8/5「よみうり大手町ホール」で初演しました、
ファンの皆様からのリクエスト曲だけで構成する、
「Your Songs」シリーズのアルバム。

その第三弾!

いよいよレコーディング開始です!!

パチパチパチパチパチパチ。

(もういい?)



ということで、これから折を見て、
その中から、
私にも思い入れの深い楽曲を数曲ピック・アップ。

私なりの裏話なども交えて、
面白おかしく書き綴ってみようかなと思います。


タイトルは「本日の1曲」(笑)


あ、あちらのミスター本家君には、
了解を取り付けてありますのでご安心を。

あははは。



まずは『Mack The Knife(マック・ザ・ナイフ)』


この曲『Moritat(モリタート)』
と呼ばれることもありますね。

なぜ同じ曲に二つのタイトルが存在するのでしょう?

ちょっと調べてみましたが、
明確な答えは見つかりませんでした。


あちらのブログで、
正式な楽曲解説をする頃までには、
調べておきます。(笑)


で、私がこの曲を初めて知ったのは、
大学1年の時。

ジャズの勉強を始めたばかりの頃、
このアルバムを知ったのがきっかけでした。

ソニー・ロリンズ『サクソフォン・コロッサス』


この中では、
「Moritat(モリタート)」というタイトルでしたが、
いや本当に素晴らしい演奏です。

まさにアドリブのお手本。

よくもあんな美しいフレーズが、
次から次へと出るもんです。

トミー・フラナガンのリリカルなピアノも美しく、
それこそ何度聴いたかわかりません。


「ジャズの名盤特集」などでは、
必ず上位にランクされる名盤中の名盤です。

まだの方、ぜひ一度聴いてみてください。

51W7trQ7CrL


そして「Mack The Knife」と言えば、
まずはこの人でしょうか。

30代にして惜しくも急逝した、
イケメン・ジャズ・シンガー、
「Bobby Darin(ボビー・ダーリン)」。

51VtefBIPQL

そのボビー・ダーリンの人生を描いた、
音楽映画がコレ!

『ビヨンドtheシー』


最近何かと評判の悪いオスカー俳優、
ケヴィン・スペイシーが、
見事な演技を魅せてくれます。

これも、ぜひとも観ていただきたい映画です。
(毛嫌いせずに。笑。)


ここまでの音楽映画はなかなかありませんよ。

「五つの銅貨」「グレン・ミラー物語」
にも引けを取らない傑作と言ったら、
言い過ぎでしょうか…?

81tqPv5JO5L._SL1441_


そんな「Mack The Knife」

ジャミンも挑戦してみようと思いました。


ただし、これを歌ってるのは、
いわゆる大物ばかりです。

ルイ・アームストロング、フランク・シナトラ、
エラ・フィッツジェラルド、マイケル・ブブレetc.etc.


ワン・コーラスはたったの16小節。
しかも、単純なメロディ・ライン。

が、ボビー・ダーリンを含め、この大物たちは、
メロディを自在にフェイクし、
キーをどんどん上げていきながら、
即興で詞を変え、

自由奔放に歌い上げていく。


つまり大物だからこそ出来る、
平凡な歌手には到底手の届かない、
至難の楽曲に仕立て上げてしまったのです。


さあ、こんな曲をジャミンが出来るのか!?


ご安心ください。

ジャミンにはレンセイ君がいました。


お茶の子さいさい、
いとも簡単に、歌いのけてくれましたね。

IMG_0701

そして、ジャミンならではのコーラス・ワーク。

最初は静かに始まりながら、
build up,build up,build upを繰り返しながら、
大盛り上がりのクライマックス。


8/5の初演の時も、
次第に手拍子が増えていき、
終わった時は拍手、歓声が、
いつまでも、いつまでも鳴り響いていましたね。

してやったりと、
ニンマリしておりました。(笑)

IMG_0700


というわけで、この曲もまた、
ジャミンのライブには欠かせない、
スタンダードになっていくんでしょうね。

ぜひ、そうなって欲しいものです。


では最後に、

「本日の夕食」その5

IMG_0688

学芸大某居酒屋の、
「しらす丼と辛味大根と味噌汁」


(随分地味だなあ)


えっ?


確かに…。



ううむ……。。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 00:03コメント(6) 
2018 エッセイ 

August 26, 2018

野球三昧


残暑お見舞い申し上げます。


いや、本当に毎日暑いですねえ。

例年なら、
甲子園の高校野球が終わったあたりから、
秋風が吹き始め、
蝉や鈴虫の鳴き声が聞こえるのですが、
今年は猛暑が復活してしまいましたね。

東京は今日も36度です。

ふ〜…。


さて、そんな8月ですが、
8/5の「よみうり大手町ホール」以降、
今年はそんなに仕事がなかったので、
おかげさまでのんびり過ごすことができました。

連日、好きな野球観戦に明け暮れておりました。

あはは。


アメリカ大リーグ、高校野球、日本のプロ野球。

先日は「巨人ー中日」戦を、
東京ドームで観戦してまいりました。

IMG_0579

今日もご満悦のあの方。

IMG_0578

いやあ、やっぱりナマはいいですねえ。

IMG_0580

この日は中日が終始リード。

IMG_0584


そして夏の高校野球。

今年の甲子園は、
本当に面白かったですねえ。

素晴らしい試合の連続で、
毎日毎日感動の嵐でした。

IMG_0609

済美の逆転サヨナラ満塁ホームラン。

下関国際の快進撃。

金足農のサヨナラ逆転2ラン・スクイズ。


歴史に残る大会といっても、
過言ではありませんね。


そんな「金足農業高校」。

エース吉田くんの粘り強いピッチング。

全員が地元(秋田)出身の公立高校。

次々と野球強豪校を破って堂々の決勝進出。


今大会の白眉でしたね。

IMG_0590

吉田くんは一躍日本中のアイドルに。

IMG_0595

でも優勝はやはりここでしたね。

大阪桐蔭高校。

藤原、根尾、中川、柿木。。。

史上最強軍団の前評判通り、
断トツの力でした。

IMG_0621


これから彼らがプロに入って、
どんな活躍を見せてくれるのか、
本当に楽しみです。


さあ、そんな夏休みももう終わり。


いよいよ秋の陣の始まりです。


で、私、

9月、10月のスケジュールを見て、

愕然としてしまいました!


レコーディング!

遠征!

ライブ!

遠征!

リハーサル!

レコーディング!

ライブ!

……。。。



こ、これって、

ほとんど休みがないではありませんか!


ギョエーーーーーーーーーーーッ!!


(大丈夫か?)


ああ、もう一回8月に戻りた〜い。


ダメか…。


ううむ…。


……。



SHUN MIYAZUMI


PS:そうだ!

   今月の「A'TRAIN」はお休みです。
  (次回は9/28の金曜日です)

   どうぞお間違えなきように。


woodymiyazumi at 20:55コメント(4) 
2018 エッセイ 

August 13, 2018

ただいま夏休み



「本日の夕食」その3

IMG_7037

近所のトンカツ屋の「ロースカツ定食」

(笑)


さて、8/5「よみうり大手町ホール」から、
1週間が経ちました。

IMG_0484

ずいぶん前のような気もしますが、
まだ1週間なんですね。

IMG_0483

20曲の新曲を一挙に初公開という、
恐れを知らぬ企画も早や3年目。

IMG_0497

おかげさまで大盛況のうちに、
無事終演を迎えることができました。

IMG_0509

たくさんの方から、
絶賛のお言葉やコメントを頂戴し、
感無量でございました。

みなさま、ありがとうございました。

IMG_0547



というわけで、私はただ今夏休み中。。。


IMG_0564

親父の墓参りも早々に済ませ、、、

IMG_0563


「お盆」とはいえ、

どこに行くあてもない私の唯一の楽しみは、

今年もコレ!


IMG_0478

今年は珍しくこんな学校も出ていましたね。

強打「高知商」の前に、
ポロリと負けてしまいましたが。(笑)

IMG_0481


昔とは質の違う暑さ。

「熱中症」の危険。

様々な問題を抱えながらも、
今年で100回目という歴史あるこの大会は、
まさに日本の夏の風物詩。

なんとか続けていって欲しいものです。

IMG_0479

というわけで、今年の本命は、
何と言ってもココですね。

「大阪桐蔭」


この学校の春夏連覇を阻むのはどこだ!


ひとあたり1回戦が終わった現在、
大胆不敵な予想をしてみようと思います。

(やめとけばいいのに…)


ん…?



昨年もベスト8の段階で、
「優勝は花咲徳栄か広陵」と、
スバリ言い当てた私が(エヘン)、

「ここなら大阪桐蔭に勝てるかも…。」
と思ったのは、以下の5校です。

「浦和学院」「木更津総合」「日大三」「横浜」
そして「創志学園」(岡山)

さあ、どうなりますか。


むふふ。。。



では、最後に、


「本日の夕食」その4

IMG_7143

学芸大某居酒屋の「つぶ貝の刺身」と、、、

IMG_7169

「とろたく」!


マグロの量がハンパな〜い!!


じゅる〜〜〜。


あははは。


(もういいよ)



ん……?



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 16:41コメント(7) 
2018 エッセイ 

July 25, 2018

コンサートへ行こう!!!



「本日の夕食」その1

IMG_0426

学芸大某中華屋の「レバニラ炒め」

(笑)


ま、そんなことはさておき、

とても興味深い記事を発見いたしました。

<コンサートに行くと寿命が延びる>



concert

(写真をクリックすると記事に飛びます)



すごいですね、これ。

2週間に一度ライブに行くだけで、
約10年は寿命が延びるんだそうです。


そういえば、、、

手前味噌ではありますが、
ジャミン・ゼブのコンサートでも、
これまで嬉しいお言葉を頂戴してきました。

「体の具合が悪かったのに、すっかり治った。」

「検査の数値が良くなった。」

「どんな薬よりも効果がある。」

などなど。。


もしかして、やはり!?

気のせいではない!?


ということで皆様、

これまで以上に、

どしどしお越しください、

ジャミン・ゼブのコンサートに!!!


嬉しくなったので、

ちょっと便乗してみました(笑)。


では今宵も。

IMG_0273

「本日の夕食」その2


な〜んちゃって。


あははは。


(またウナギかよ)


ん…?


……。。。



SHUN MIYAZUMI


PS:そういえば、今週の金曜日(7/27)は、
   学芸大「A'TRAIN」ライブでしたね。
   ぜひいらしてください。

   暑い夏をぶっとばせ〜〜〜!
  (まだまだ若い)
  

woodymiyazumi at 13:06コメント(14) 
2018 エッセイ 

July 20, 2018

暑〜〜〜〜!!!


みなさん、

暑中お見舞い申し上げます。


な〜んて挨拶が、

洒落にならないくらい暑いですね。


35度を超えると「猛暑」と言うらしいです。

昔は、この「猛暑日」が、
ひと夏に1、2回と言った感じでしたが、
ちょっと下の写真を見てください。

私が愛用している、
スマホ内のお天気アプリの、
ここから1週間の東京の天気予想です。

IMG_0445

ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ。

もう連日、真っ赤っ赤ではありませんか。

しかも37度超えが二日も…。

……。


開放的な夏は、
決して嫌いではありませんでしたが、
ここまでだと、身の危険すら感じます。

これも地球温暖化のなせる技とか。

心配ですね、地球。。。


テレビでも、
「熱中症で◯◯人搬送された」
てなニュースばかり。

みなさんも、
どうぞくれぐれもご自愛ください。


熱中症で倒れて、
「8/5のよみうり大手町ホール」に、
来られなくなったら大変ですからね。

ええ、このコンサートは、
ちょっと歴史的なものになりそうですから。


と言うわけで、
私もそれまで倒れるわけにいかないので、
美味しいものでも食べて精力つけます。


そういえば今日は「土用丑の日」でしたね。

IMG_0434


うしのひ。

うし。

うしし。

うししししし。。。


じゅるり。


……。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 15:00コメント(2) 
2018 エッセイ