January 27, 2023

代官山2・15


いやあ、毎日寒いですねえ。

西日本では10年に一度の大寒波だとか…。

大事ありませんでしょうか。。。


でも、ご安心ください。

そんな寒さを吹き飛ばすような、
今年最初の私のライブ。(笑)

2月15日に開催致します!

IMG_8875

そう、今年はウサギ年。

私も◯回目の年男。(笑)

IMG_8910

学芸大「A'TRAIN」から、
代官山「レザール」へ場所を移し、

ピアノとベースのデュオからトリオに進化し、
老いてますます意気盛んな私。(笑)

今年も皆さんと楽しいひと時をご一緒できたら、
嬉しいです。

IMG_8927

というわけでご案内!

詳細は前回と同じです。

(駅からレザールまでの道順は、
10/19のブログに写真ともども詳しく紹介してあります。
↓こちらを参考になさって下さい。)
http://blog.livedoor.jp/woodymiyazumi/archives/52473451.html


代官山『Lezard(レザール)』
IMG_7474

1)日時:2月15日(水)

2)時間:19時オープン
     19時半〜22時半くらい(2ステージ)

3)料金:4000円ポッキリ
 (ワイン飲み放題。
  それ以外のアルコールやソフトドリンクもあります。
  フルーツやサンドイッチやお寿司など、
  テーブルに提供されたお料理も食べ放題。
  ミュージック・チャージ込み。)

4)出演:宮住俊介(ピアノ)
     エディ河野(ベース)
     金井塚秀洋(ドラム)

5)完全予約制


ということで、
今回も私の方で全てのご予約を承ります。

こちらの専用メールアドレスをタップ(クリック)して、
代表者名及びお申し込み人数をお知らせ下さい。

1月28日(土)18時より受付開始とさせて頂きます!


< ↓ お申し込み受付専用メールアドレス>

miyazumilive@shun-co.com

お時間の許す方、
ぜひいらして下さい。

ご一緒に楽しみましょう!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

さあ、2023年が始まりました。

今年はいつになく充実した始まりです。


まずは、1/8「大阪豊中市・アクア文化ホール」
が、今年のジャミン歌い初め。

たくさんのお客様に、
お越しいただきました。

IMG_8932

同志社グリーのOBカルテット、
「ワイルド・ローバーズ」さまとのコラボも、
本当に素敵でした。

IMG_8941

今回の「居酒屋新幹線」が成功したのは、
この方の表情からも分かりますね。(笑)

IMG_8952


お次は1/19、
「ペニンシュラ・ニューイヤー・コンサート」

IMG_9077

都内有数の超高級ホテルとあって、
さすがに眺望も素晴らしかったです。

IMG_9078

ここでは首都圏のファンの皆さんと、
新年のご挨拶。

IMG_9091

メンバーも気持ちよさそうに、
歌っておりました。

IMG_9094


それが終わると、
「夢のアルバム企画」の、
ブラス・レコーディングの続きです。

IMG_9138

1/21、22の両日。

相変わらずの素晴らしい演奏で、
いろんな曲が、どんどん進化していきます。

IMG_9139

本当に素晴らしいサウンドになっていますので、
どうぞお楽しみになさって下さい。

IMG_9148


その翌日、1/23は、
毎年恒例の「ニューイヤー・アカペラ」。

このライブは、
楽しいずっこけ・トークの炸裂も、
ファンの皆さんの楽しみの一つ。(笑)

IMG_9165

今年も、歌にトークに、
新春にふさわしい、
楽しいショーになったと思います。

IMG_9175


さらに、この2日間で私は、
ジャミンとビッグバンド共演用の新曲を、
新たにアレンジしました。

さすがに、
ちょっと疲れましたかね…。(笑)

ふ〜。。。


とまあ、そんな忙しくも充実した1月を、
振り返ってみました。

2月もこの調子で、
頑張りたいと思います。

(頑張ってね〜)

IMG_9043


ん…?


……。。。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 15:20コメント(3) 
2023 エッセイ 

January 15, 2023

私の10大ニュース 2022


遅ればせながら、

みなさま、明けましておめでとうございます。


2023 Nenga-14


2023年が幕を開けました。


2023 Nenga-10


そう、今年はウサギ年。

私も◯回目の年男なんですね。(笑)


今年こそはコロナも収束するでしょうから、

仕事に、お酒に、

昨年以上に盛り上がっていこうと思っています。

2023 Nenga-39

そう、人生楽しまなくては損、損。

今年も素敵な出会いがいっぱいありますように。


2023 Nenga-12


というわけで、

今年も一層のご支援、ご声援のほど、

宜しくお願い申し上げます。


2023 Nenga-59



さて、

昨年は、その前の年のほとんどが、
緊急事態宣言下にあって、
ロクな話題がなかったため、
やむなく中止にした、

新春恒例、

私による、私だけの、独断と偏見に満ちた、

「私の10大ニュース」!!!


今年は、
2年ぶりにやってみようと思います。

これで16回目。


とは言え、
まだまだ大変だった2022年。。。

それでも、
なるべく笑える話題、バカバカしい話を中心に、
なんとか10個ほど選んでみました。(笑)


さあ、2022年の私はどんなだったでしょう?



『私の10大ニュース 2022』


1.庭の大工事(1月〜)

 年が明けて、
 「さあ、今年こそやるぞ〜!」
 と息巻いていたら、
 いきなり今度はオミクロンの大流行。

 いきなり拍子抜けでしたね。
 
 「こんな時はジタバタしてもしょうがない。
  酒でも飲んで発散するしかないな。」
 と、自堕落な生活をしていたら、

 そこに、突然始まった、
 私が住むマンションの庭の大工事。。。

 毎日、毎日、朝早くから、
 「ガッ、ガッ、ガッ」という工事の音で、
 とても寝てられる状況ではありませんでした。

IMG_4043

 しかもこれ、
 5月くらいまで続いたのです。

 ふ〜。。。

 というわけで、
 いきなり寝不足の続く年明けでしたね。

 (て、寝てるし…)


2023 Nenga-40



2. 北京オリンピック(2月)

 2月になっても、
 オミクロンの嵐は収まらず、
 またしても予定されていたライブが、
 続々中止や延期に追い込まれました。

 さらにはロシアによる、
 「ウクライナ侵攻」も勃発しました。

 「まいったなあ…。」


 緊急事態宣言やマン防も発令され、
 容易に居酒屋に行って飲むことも許されず、
 (行ってましたが。笑)
 
 「何か発散するものはないかなあ…。」
 と思っていたら、
 いいものが始まりましたね。

 
 「北京冬季オリンピック」!!!

 高木美帆選手のスケート。

 平野選手のスケボー。

2023 Nenga-42

 小林選手のジャンプ。

2023 Nenga-43

 いやあ、現実を忘れて、
 大いに楽しませてもらいました。



3.謎の腹痛に悩まされる(3月〜5月)

 ブログにも書きましたが、
 私は、3月頃から、
 謎の腹痛に悩まされておりました。
 
 おそらく原因は、
 「飲み過ぎ」「脂っこいものの食べ過ぎ」
 ではないかと思うのですが、
 「もしかしたら怖〜い病気かも?」
 という恐怖も拭い去れず、
 
 仕方なく医者に行き、薬をもらって、
 食生活を正していたら、
 ま、なんとか5月くらいには収まりました。

 
 今、思い出しても、
 春の西日本ツアーは残念でした。

 「山ちゃんの手羽先」も我慢。
 「広島のお好み焼き」も我慢。


 人間、食べたい時に食べる、
 飲みたいときに飲む、
 これが一番幸せなんだなあと実感したのでした。


2023 Nenga-32



4.佐々木投手完全試合!(4月)

 4月に入っても、相変わらず世の中は、
 やれ「コロナ」だ、やれ「ウクライナ」だと、
 毎日大騒ぎ。。。

 ともすると憂鬱になりがちですが、
 なあに私には強い味方がいます。

 それは、野球!

 そう、野球観戦こそが、
 私の大切な現実逃避の相棒。(笑)


 そんな、
 待望のプロ野球が開幕して間もない4月6日、
 私は歴史的な試合を目撃することが出来ました。

 ロッテの佐々木朗希(ろうき)投手が、
 なんと完全試合を達成したのです!

 完全試合とは、
 ヒットはおろか、
 四球も死球もエラーによる出塁もダメ。

 27人のバッターをパーフェクトに抑えるという、
 長いプロ野球の歴史の中でも、
 15人しか達成していない大記録!!


 13人連続三振。(新記録。これまでは9人。)
 19奪三振(タイ記録)

 テレビの前で、手に汗握って見ておりましたが、
 この21才の初々しい若者は、
 涼しい顔をしてやってのけました。

 末恐ろしい…。


2023 Nenga-48



5. 半蔵門3度目の正直(4月)

 2022年4月14日〜16日。

 ようやく、ようやく、
 「半蔵門スプリング・セッション2020」が、
 開催されました。(4公演)

 2020年が中止。
 2021年も中止。

 コロナの感染拡大により、
 2度の中止を余儀なくされたコンサートが、
 ようやく3度目の正直で開催されたのです。


 丸2年に渡って、
 大切にチケットを保管してくださった皆様と、
 久しぶりの再会をすることが出来ました!

 思えば、コロナの感染が始まってから、
 なんとかライブ活動は続けていたものの、
 こんなにたくさんの人で盛り上がる光景は、
 久しぶりのこと…。

 IMG_5497


 感無量でしたね。

 その後も、
 延期になっていたたくさんのコンサートが、
 昨年は全て開催することが出来ました!
 

 かつての勢いを取り戻すには、
 まだまだ厳しい状況は続きますが、
 少しづつ前進していることは確かなようです。

 1日でも早く、
 全ての皆様が会場に戻られることを祈りつつ、
 我がジャミン・ゼブ軍団は今年も、
 最上、最高のエンターテインメントを準備して、
 お待ちしております。

 イエーイ!


2023 Nenga-21



 (と、ここでちょっと休憩)


2023 Nenga-20



では、続きです。



6.A'TRAIN終了〜レザールへ(7月、11月)

 私が20年以上にも渡って、
 月1回開催して来た、
 学芸大学「A'TRAIN」でのジャズ・ライブが、
 お店の都合で終了となってしまいました。

IMG_6040

 するとたくさんの方から、
 「残念です」「またどこかで再開して下さい」
 とのお声がけを頂きました。

 嬉しかったですねえ。。。


 まあ、ジャミン・ゼブのCDでは、
 まだまだピアノを弾かなくてはいけませんし、
 そう長い間休むわけにもいきません。

 と、そんな時、
 代官山のジャズクラブ「レザール」のママが、
 「良かったらウチでやれば〜」
 と声をかけて下さいました。

 しかも、ここなら、
 ドラムを入れたピアノ・トリオで演奏出来る。。。
 
 
 というわけで、
 11月15日に最初のセッション。

 これは飲み過ぎてちょっと失敗。(笑)

 12月20日は見事にレベンジ。

 と、勝手に自己満足。(笑笑)

IMG_8209


 というわけで今年もやります。

 今年最初のライブは、

 2月15日(水)です!!!


 近日中に、正式にこのブログでご案内しますので、

 こまめなチェックをよろしくお願いします!!!


 今年はピアノも頑張ろうかな…。


2023 Nenga-51



7. 新幹線ビール大騒動!?(11月)

 11月の「岡崎ジャズ・ストリート」。

 美しい「能楽堂」でのコンサートを終えた私達は、
 ビールやつまみをごっそり買い込んで、
 意気揚々と新幹線に乗り込む。

 そう、いつしかジャミン・ファンの方にも定着した、
 「居酒屋新幹線」のはじまりです。(笑)

 
 その時、
 相棒のY浅ショージが買って来たのが、
 Aビールが発売して、
 若者を中心に大ヒットしているらしい新製品。

 従来の缶ビールと違って、
 ふたが全部パカっと開いて、
 ジョッキで飲むように泡がほわ〜っと立つらしい。


 ところが、、、

 嬉しそうにショーちゃんが、
 ふたをプシっと開けると、、、
 途端に泡とビールが、
 ブワ〜っとすごい勢いで吹き出し、
 私たちのテーブルはたちまちビール浸し。。。
 
 おまけに、その後私がその缶をひっかけ、
 通路にまでビールが流れ出て、
 後ろの席のお客さんたちも大迷惑。

 車掌さんにも来てもらって、
 「すみません」「すみません」と、
 平謝りしながら、
 床の掃除に追われた私たち。。。

 (かっこ悪!)

IMG_8123

 写真を覗くと、
 ビールはほとんど残ってませんが、
 これはショーちゃんが飲んだのではなく、
 ほとんど吹き出したからなのです。(笑)

 Aビールさんには申し訳ないのですが、
 この商品は旅には向きませんね。


 とは言え、
 「居酒屋新幹線」は本当に楽しいもの。

 こんなことも、
 今となってはいい思い出です。

 今年もたくさん出来るといいなあ。。。


2023 Nenga-53



8. 今年も野球に癒される(4月〜11月)

 正月明けから猛威をふるったオミクロン。
 春ごろには一旦収まったものの、
 6月頃からまたにぎやかになって来ました。

 プロ野球選手も感染者が続出。

 ヤクルトも、楽天も、阪神も、巨人も、広島も、
 それこそどの球団も、
 主力選手がごっそり抜けるという、
 異常事態が続きました。


 それでもプロ野球は続く…。
 
 その中にあって、
 特にスーパーな活躍を見せたのが、
 ヤクルトの村上選手。

 ともすると暗くなりがちな野球界を、
 大いに盛り上げてくれました。

 野球には興味のなかった息子の裕介君も、
 彼の大ファンになったようです。(笑)


 史上最年少の三冠王。
 王選手を抜く56本のホームラン。

 見事としか言いようがありませんね。

IMG_7394

 さらには、
 仙台育英が東北に初の優勝旗を持ち帰ったり、

 海の向こうでは、
 相変わらず大谷選手が大活躍と、

 昨年も大いに野球を楽しませてもらいました。


 この人の存在も、
 楽しかったですね。(笑)
 
2023 Nenga-49


 本当に…、
 オミクロン騒動に翻弄された2022年、
 野球がなかったらと思うとゾッとします。
 
 今年は、マスクを取っての観戦、
 大声上げての応援、
 そんなシーンが復活しますように!

 コンサートでも。。。



9. カタールW杯に興奮!(11〜12月)

 お次はサッカーの話題。

 ワールドカップ・カタール大会。

 ええ、日本人として、
 この話題を外すわけにはいきません。(笑)


 組み合わせが決まった時は、
 ほとんど絶望的な気分になりました。

 同じ組にドイツとスペインがいる!?

 世界中のほとんどの人が、
 日本のグループ敗退を予想したはずです。


 しかし強豪ドイツを2-1で破り、

 スペインにも2-1で勝って、
 堂々のグループ1位で予選突破!!!

 いやあ興奮しましたね。

 今まで見たワールドカップで、
 最高の日本チームを見たような気がします。

2023 Nenga-44


 森保監督も留任するようだし、
 4年後がまた楽しみになって来ました。

 長生きしなくちゃ。。。

2023 Nenga-45



10.ジャミン・ゼブ15周年!(1〜12月)

 3年目を迎えたコロナ禍ではありますが、
 ジャミン・ゼブの活動も、
 少しづつ元に戻りつつある、
 そんな1年でした。

 夏頃から遠征も含め、
 コンサートやイベントも増え始め、
 コンサートの最後ではスタンディング、
 秋にはサイン会も復活!

 
 そして10月には、
 2年半ぶりのニューアルバム、
 『Seasons Best Autumn』をリリース!

 なんとか15周年記念イヤーに、
 漕ぎ着けることが出来ました。


 さあ、今年は久しぶりに、
 たくさんのコンサートが予定されています。

 本当に楽しみです。

IMG_7777


 ということで、
 希望に満ちた2023年の始まりです。

 2023年のジャミン・ゼブにも、
 どうぞご期待下さい。

 そして、ご一緒に、
 大いに楽しみましょう!!!


2023 Nenga-55


美味しいお酒も忘れずに。

ふふふ。。。

2023 Nenga-38


とその前に、まずは、、、

2023 Nenga-56

ですね。


皆様にとりましても、
 
素晴らしい年になりますように。


2023 Nenga-57



では、最後はいつものように、
 
招福猫「宮ちゃん」の登場です。

Oshogatsu 2


(よろしくにゃ〜)


今年もよろしくお願いいたします。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 15:08コメント(4) 
2023 エッセイ 

December 31, 2022

大みそか


大みそか。


あと数時間で、

2022年も終わろうとしています。


今年も大変お世話になりました。。。


3年目のコロナ禍も、

皆様のおかげで、

なんとか乗り切ることが出来そうです。


ありがとうございました。

IMG_8726


さあ、来たる2023年はウサギ年。

私も◯回目の年男となります。(笑)

IMG_8799

コロナも間違いなく収束するでしょうし、

再びジャミン・ゼブと共に、

大いに暴れてやろうと思っております。


やるぞ〜〜!!!

お〜〜〜〜!!!

(と先日、名古屋で、
 早々と忘年会を済ませて来ました。笑)

IMG_8527


というわけで、

来年も変わらぬご支援、ご声援のほど、

よろしくお願い申し上げます。


皆様におかれましても、

来たる2023年が素晴らしい年になりますように。


どうぞ良いお年をお迎え下さい。

……。



さ、正月だ〜。


飲むぞ、飲むぞ〜。


酒はどこだったかな〜、


え〜と、つまみは…?

IMG_8800


ん…?


……。。。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 13:53コメント(4) 
2022 エッセイ 

December 17, 2022

夢のアルバム企画始動!


みなさん、

いかがお過ごしでしょうか。


サッカーのワールド・カップも、
いよいよ大詰めですね。

フランスか、はたまたアルゼンチンか。。。

この決勝戦だけは見逃せませんね。

ワクワク。。。


さて、ジャミン・ゼブにとっての、
夢のアルバム企画が、
ようやく始動致しました。

ご支援をいただきました、
たくさんのファンの皆様に、
このご報告ができるのを本当に嬉しく思います。


何しろ、ビッグバンド・サウンドをバックに、
という壮大な企画ゆえ、
強力なメンバーを一堂に揃えるのもひと苦労。

忙しいエンジニア氏やスタジオ押さえもひと苦労。

そして先日、調整に調整を重ね、
ようやくスタート・ラインに立つことが出来ました。


人数が多いので、
こんな大きなスタジオでのレコーディングです。

IMG_8399

この日はトロンボーン・セクション。

緻密な作業を必要とするので、
パートごとにレコーディング。

いやあ素晴らしいです。

IMG_8400

ちなみに、
これがホーン・セクションの譜面の一部です。

上から5段がサックス。
真ん中の4段がトランペット。
その下の3段がトロンボーン。
(五線紙が足りないので、
 3、4番は同時に書きました、)


これらの音が、
一音一音、力強く、美しく、
録音されていくさまは、

絵画に例えると、
鉛筆で描かれたスケッチに、
丁寧に色を塗っていく作業にも似たものがありますね。

IMG_8679


そしてこの日は、
サックス・セクション。

これも素晴らしいメンバーが集まりました。

「Alright Ok You Win」
「Blue Moon」
「Begin The Beguine」

などなど、
どれもこれもぞくぞくするようなサウンドに、
変身を遂げていきます。

そして、
幸せな時間はあっという間に過ぎて、
この日のセッションも無事終了。

IMG_8573

サックス・セクションの強者(つわもの)諸君、
ありがとうー!

また1月もよろしくねー!

IMG_8575


いやあ、本当に楽しみです。

でもまだ、
マラソンに例えると、
5キロ地点通過という感じですかね〜。

これから長い長いプロセスが待っていますが、
きっと素晴らしいものになると確信致しました。

どうぞ、楽しみになさって下さい。。。


さあ、クリスマスももうすぐ。

ジャミン・ゼブの2022年も、
12/22の「THE GIFT 2022」(@渋谷さくらホール)
を残すのみとなりました。

当日券もございます。

たくさんの皆様と、
感動のひと時をご一緒したいものです。

IMG_8665

それでは、

一足お先に、

メリー・クリスマス!

IMG_8616

(さくらホールで待ってるワン!)


ん…?


……。。。



SHUN MIYAZUMI



woodymiyazumi at 16:24コメント(8) 
2022 エッセイ 

December 04, 2022

代官山再演!


12月に入って、

一気に真冬に突入しましたね。


しかし今、日本列島は熱い!


そう、サッカーのワールド・カップ!

森保ジャパンの快進撃は凄いですね!!!

IMG_8216


ドイツ戦は福岡で見ました。

ホテルの部屋に、
酒とつまみをごっそり買い込んで、
Y浅ショージさんと大騒ぎしながら。(笑)

IMG_8334

そして、なんと、
難敵ドイツに2-1で逆転勝利!

IMG_8335

こんなことが起きるなんて…。。。

IMG_8220

そして、まさか、
スペインまでも2-1で下してしまう。

IMG_8442

ドイツ、スペインという、
超強豪国を破って、
「死の組」と言われたグループを1位通過だなんて…。

凄い、凄い、凄すぎるーーーー!!!!!


いやあ、恐れ入りました。

組み合わせが決まった時、
こんな結果を誰が予想したでしょうね。。。

まるで夢を見ているかのようです。

……。


攻められても、
追い詰められても、
必死に守りながら、
絶対にあきらめず、

ここぞという時に、
すさまじい集中力で一気に逆転してしまう。


本当に勇気をもらいました…。

森保さん、あんたは偉い!


そう言えば、誰かが言ってました。

「人間失敗しても終わりじゃない。
 しかし、あきらめたら終わりだ。」

IMG_8429


というわけで、

前回飲み過ぎで失態を演じてしまった、
代官山「レザール」の私のライブ。

私もあきらめずに、性懲りもなく、
12月20日(火)に再演致します。(笑)

詳細は前回と同じです。

(駅からレザールまでの道順は、
10/19のブログに写真ともども詳しく紹介してあります。
↓こちらを参考になさって下さい。)
http://blog.livedoor.jp/woodymiyazumi/archives/52473451.html


代官山『Lezard(レザール)』
IMG_7474

1)日時:12月20日(火)

2)時間:19時オープン
     19時半〜22時半くらい(2ステージ)

3)料金:4000円ポッキリ
 (ワイン飲み放題。
  それ以外のアルコールやソフトドリンクもあります。
  フルーツやサンドイッチやお寿司など、
  テーブルに提供されたお料理も食べ放題。
  ミュージック・チャージ込み。)

4)出演:宮住俊介(ピアノ)
     エディ河野(ベース)
     金井塚秀洋(ドラム)

5)完全予約制


ということで、
今回も私の方で全てのご予約を承ります。

こちらの専用メールアドレスをタップ(クリック)して、
代表者名及びお申し込み人数をお知らせ下さい。

12月5日(月)18時より受付開始とさせて頂きます!


< ↓ お申し込み受付専用メールアドレス>

miyazumilive@shun-co.com


なお、先着順でお受け致しますが、
人数に限りがありますので、
もしも漏れてしまった時はご容赦下さいね。


なんとかリベンジしなくては…。

(できるかな…)

ん…?

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さあ、お次は、クロアチア戦か…。


これも強そうだな…。

しかも0時からか…。

翌日早いんだよなあ…。

でも見たいなあ…。

IMG_8490


(ちなみにこの子、
 テレビ大好きワンコなんだそうです。)


ん…?


……。。。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 15:40コメント(3) 
2022 エッセイ 

November 18, 2022

お礼&お詫び


11月15日の代官山「レザール」。

4ヶ月ぶりの私のライブ。

お越しくださった皆さまありがとうございました。

IMG_8209

楽しかったー。

楽しすぎましたー。


あんまり楽しくて、

飲みすぎましたーーー。。。

……。


翌朝起きて真っ青…。

記憶がかなり飛んでいました。

(あちゃ〜)


不安と、自己嫌悪と、二日酔いで、

翌日は1日落ち込んでました。


いい年してみっともないですね。

ご無礼がありましたら何卒ご容赦下さいませ。


(こら!)

IMG_8176


でも、やっぱり、

ピアノ・トリオはいいですね。

ドラムの金井塚君サイコーでした。


楽しんでいただけたら良いのですが…。

次はもっとしっかりやらなくては…。

……。


次回は12/20(火)を予定しております。

ツアーから帰って来たら、

このページでご案内します。


これに懲りずに、

またいらしていただけると嬉しいです。

IMG_8208


さあ、気を取り直して、

明日(11/19)から秋の西日本ツアーです。


またどんな出会いがあるのか楽しみです。

行く先々での美味しい物も…。

IMG_8134


では、大阪、岡山、熊本、福岡、大分、広島、

各地の皆さん、

遠征してくださる皆さん、

楽しいひと時をご一緒しましょう。


お天気はどうなのかな?


……。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 14:38コメント(3) 
2022 エッセイ 

November 02, 2022

祝・オリックス・バファローズ!


オリックス・ファンのみなさん、

おめでとうございます!!!


いやあ、今年の日本シリーズも、
熱戦に次ぐ熱戦の連続!

ヤクルトも本当に強かったですね。

どちらが勝ってもおかしくないような、
紙一重の戦いでしたが、
最後はオリックスの投手陣が踏ん張りましたね。

第五戦の吉田選手のサヨナラ・ホームランは、
鳥肌が立ちました。。。


去年はちょうど、
「Go West 」西日本ツアーと重なったため、
ほとんど見ることが出来なかったのですが、

今年はバッチリ観させていただきましたよ。

オリックスの日本一は、
なんと26年ぶりなんだそうです。


26年前か…。

エースの山本君は、
まだ生まれてませんね…。

……。。。

IMG_8060

胴上げされている中嶋監督が、
主戦キャッチャーで、
イチロー、田口といった選手が大活躍の年でしたね。

IMG_8066


かつてこのブログでも書きましたが、
その昔の私は熱烈な阪急ブレーブス・ファン。

大エースの山田久志投手とも、
仲良くさせてもらってました。

(2008年6月「山田投手と私」)


その阪急がオリックスに身売りしたときは、
立ち上がれないほどショックを受けましたが、

そのオリックスに、
イチローという稀代の名選手が登場!

そのまま、
オリックスの熱狂的なファンを持続。


そして仰木監督のもと、
「ガンバロー神戸」を合言葉に、
見事リーグ優勝を遂げたのが1995年。

翌1996年には、
巨人を4勝1敗で破り、
4度目の日本一に輝いたのでした。


「東京ドーム」での初戦は、
私も球場で応援しておりました。

延長10回、
イチローの打った決勝ホームランは、
まだ脳裏に鮮明に残っております。


あれから26年が経ったのか…。

当時は、東京に、
こんなにオリックス・ファンなんて、
いなかったなあ…。。。

いい時代になりました。

……。

IMG_8062

去年は悔しい思いをしたこのワンコも、
なんとなく嬉しそうですね。

(そうかなあ?)

ん……。

IMG_2414


そのイチローがメジャーに行ってからは、
私の野球観戦は、
主にイチローの所属するシアトル・マリナーズが中心。

彼の引退後、日本のプロ野球は、
特定のひいき球団を持たず、
ただひたすら「プロ野球そのもの」を、
楽しんでおります。


今年もいっぱい観ましたね〜。

300試合くらい、
観たんじゃないかな。

あははは。


私が加入している、
インターネットのスポーツ・チャンネル「DAZN」では、
こうして2試合並行して観ることも出来るので、
ホント便利。

これはクライマックス・シリーズ。

右が「ソフトバンクー西武」
左が「DeNAー阪神」

IMG_7740

パリーグの最終戦、
右が逆転優勝を決めたオリックス戦で、
左が無念の涙を飲んだソフトバンク。

ドラマチックな戦いを、
手に汗握って見ておりました。

IMG_7667


選手の皆さん、
今年も感動をありがとう!

今年も夢叶わなかったこの阪神ワンコも、
また来年頑張ってね〜。

IMG_1347


というわけで、

終わってしまいました。


なんか拍子抜けです。(笑)

シーズン・オフの楽しみを見つけないと…。


待てよ、

もうすぐサッカー「ワールド・カップ」か…。


えっ、

野球の世界大会「WBC」もあるの?


ううむ、これはまた楽しみだ。

むふふ。。。


(仕事しろ!)


ん…?


……。。。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 15:34コメント(3) 
2022 エッセイ 

October 19, 2022

マイ・ライブ再開のお知らせ


みなさん、こんにちは。

IMG_6815


さて、10月15日(土)は、

ジャミン・ゼブ、
出来立てホヤホヤのニューアルバム
『Seasons Best Autumn』の発売記念と、、

IMG_7911

彼らのデビュー15周年を祝うコンサートが、、、

IMG_7922

関内ホール(大ホール) で開催されました。

IMG_7910

伊東ゆかりさんも、
ゲストでお祝いに駆けつけて下さいました。

IMG_7902

特に昼の部は、
久しぶりにたくさんのお客さんで、
大いに盛り上がりましたね。

IMG_7903

そして、この日からサイン会も復活。

少しずつかつての賑わいが戻りつつあるようで、
とても幸せな1日となりました。

みなさん、ありがとうございました。

……。



では、本日の本題。


先日もこのブログでご紹介したように、
学芸大「A'TRAIN」終了にともない、
新たにこんな場所で、

私のライブが再スタートすることになりました!


代官山『Lezard(レザール)』
IMG_7474

その詳細が決まりましたので、
ご報告です。

1)日時:11月15日(火)

2)時間:19時オープン
     19時半〜22時くらい(2ステージ)

3)料金:4000円ポッキリ
 (ワイン飲み放題。
  それ以外のアルコールやソフトドリンクもあります。
  フルーツやサンドイッチやお寿司など、
  テーブルに提供されたお料理も食べ放題。
  ミュージック・チャージ込み。
  つまり貸し切りパーティーのような感じ。
  これは安い!)

4)出演:宮住俊介(ピアノ)
     エディ河野(ベース)
     金井塚秀洋(ドラム)

5)完全予約制


ということで、
今回は私の方で全てのご予約を承ります。

そのための専用メールアドレスを作りましたので、
こちらをタップ(クリック)して、
代表者名及びお申し込み人数をお知らせ下さい。

本日(10/19)18時より受付開始とさせて頂きます。


< ↓ お申し込み受付専用メールアドレス>

miyazumilive@shun-co.com


なお、先着順でお受け致しますが、
人数に限りがありますので、
もしも漏れてしまった時はご容赦下さいね。

これに懲りずにまた次回。
(次回、その次も、きっとあると思いますから。笑)

ということで、
どうぞ、よろしくお願い致します。


【 10/21 追記 】
おかげさまで満席となりました。
現在キャンセル待ちとなっております。
ありがとうございました!!


♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、先日、
さらに場所が詳しくわかるように、
そのロケーションを写真撮影して来ました。

よろしかったら、
参考にしてみて下さい。


まずは東急東横線代官山を降りて、
北改札を左に。

IMG_7825

直ぐに歩道橋に直結しますのでそれを右に。

IMG_7826

渡り終えると広場に出ます。

IMG_7827

そこを左の方に行き、

IMG_7828

アーケードをくぐると、

IMG_7829

目の前を八幡(はちまん)通りが走っています。

そこを右、すなわち並木橋の方へ向う。

IMG_7830

お洒落な街並みを楽しみながらひたすら真っ直ぐ。

IMG_7831

どこかで通りを渡って、
反対側(左側)の歩道を歩くと、
「ナチュラル・ローソン」がありますね。

IMG_7834

さらに行くと、
右側に「ガソリンスタンド」が見えます。

もうすぐです。

IMG_7835

はい、並木橋の手前に到着。
鉢山中学校東という交差点です。

その左側の路地の車が見えるあたりが目的地です。

IMG_7837

青い屋根に白く「LEZARD」の文字が見えますね。

IMG_7839

しかし入口は左。(お間違えのなきように)

白い看板のある階段を登ると(2F)、

IMG_7840

到着です。

お、エディ河野君がいましたよ〜。

IMG_7683

ちょっと休憩。(笑)

まあ、でも、
せいぜい6、7分というところでしょうか。

IMG_6820


では、今度は渋谷まで歩いてみましょう。

お店を出て左に行き、

IMG_7841

突き当たりの手前、
車がいる道ををまた左。

IMG_7842

直ぐにこんな二股に出るので、
ラーメン屋の角を右に曲がる。

IMG_7843

JRの線路に沿って真っ直ぐ歩くと、
以前は直ぐに渋谷南口に行けたのですが、、、

IMG_7846

ここから先は、やたら工事中で、
こんな歩行者用通路を歩くことに。

IMG_7847

久しぶりに来てみたのですが、、、

IMG_7848

渋谷はどこもかしこも工事、工事、
工事ラッシュ!

IMG_7850

しばらく行くと、
ようやく抜けて、馴染みのある風景が。。。

IMG_7851

さらに真っ直ぐ行くと渋谷南口に。

IMG_7855

しかし、ここもいたるところで工事。。。

渋谷の街は何を目指しているのでしょうか!?

IMG_7856

歩道橋を渡り終えると渋谷駅に到着しました。

ま、これも6、7分といったところでしょうか。

IMG_7857


渋谷からお越しの方は、
ヒカリエのある方の出口に出て、
明治通りを右に真っ直ぐ恵比寿方面に向かい、

並木橋の交差点を右に、
椅を渡り終えたところ。

といった方法が今は簡単かもしれません。


もちろんタクシーでもあっという間ですが。(笑)

Googleナビを使えばさらに簡単。

ま、わかりやすい便利な場所にあります。

IMG_7939


というわけで、

また、楽しいホームが復活しそうですね。


お時間のある方はぜひ!


久しぶりのピアノ・トリオ♪


ワクワク…。


……。



SHUN MIYAZUMI



woodymiyazumi at 15:14コメント(6) 
2022 エッセイ 

October 07, 2022

Autumn よもやま話


もうすぐですね。

ジャミン・ゼブのニュー・アルバム
『Seasons Best Autumn』のリリース!

IMG_7724


あちら(ジャミンのLine Blog)にも書きましたが、

この「Seasons Best」シリーズを発案した時、
一番心配だったのは、
この「秋」のアルバムでした。


「秋」といえば、

夏の開放的な楽しさが終わり、
急に涼しくなり、日も短くなり、
なんとなく物悲しい、寂しい、
そんなイメージを持たれる方も多いと思います。

私とY浅ショージ君で選曲をした時も、
やはり「別れ」「失恋」をテーマにした曲が多く、
「これは地味なアルバムになりそうだなあ…」
「売れるかなあ…」
と、ますます心配が募(つの)っていったのですが、、、

結果は見事に裏切られました。


1曲ずつが、実にドラマティックで、
聴きごたえのあるものばかりだったのです。

メロディも全てが美しく、
ひょっとすると、
「これこそがジャミン・ゼブ!」
と言っても過言ではないほどのアルバムになりました。


いやあ、ここまでの作品になるとは、
全く予想していなかっただけに、
私が一番驚いています。

作った本人が一番驚いているのですから、
間違いはありません。(笑)


さて、このアルバムの成功には、
マスタリング・エンジニアの原田光晴さんの、
素晴らしい仕事も欠かすことは出来ません。

IMG_7163

レコード会社がユニヴァーサルに移ってからの、
すなわち『Garden』以降のアルバムは、
全て原田さんにお願いして来たのですが、

毎回、自分たちが最高だと思って持ち込んだ、
ミックスダウン終了後のマスター音源が、
彼の腕によって、さらに素晴らしい物になるのを、
私たちは何度も目撃して来ました。


その中でも、
今回の彼の仕事は目を見張るものがありました。

例えば2曲目の、
「The Winner Takes It All」の、
冒頭のピアノのイントロの音からして、
もう圧倒的です。

豊かな中低音の深みのあるサウンドは、
オリジナルの『Your Songs Vol.3』収録時より、
はるかに素晴らしいものになっています。

自分で言うのもなんですが、
「俺、こんなに上手かったかなあ?」
と、まずはピアノの音にご満悦な私。(笑)


続く、「シューベルトのセレナーデ」も、
スティーブの太くて甘い声に、
「いい声してるなあ。」と今更感心してみたり(笑)、

「お、このパート、みんな上手に歌えてるなあ。」
とか、
「このハーモニー・パート、こんなんだったんだ。」
とか、
「意外と、このアレンジ、よく書けてるじゃないか。」
とか、
「これがジャミンだよなあ〜。」

などなど、もうもう自己満足、
自画自賛が止まりません。(笑)


IMG_6393

もちろん、
『Your Songs Vol.3』や『Seasons』発表の時は、
あれがベストでした。

しかし、今回、
原田さんはまたしても最新機材を導入し、
最近の世界の傾向を研究し尽くしておりましたね。

私とさほど年は違わないのに、
なんと言う探究心、向上心!?

(見習わなければ…)


と言うことで、
全部が新曲では無いのか?
とすら錯覚を覚えるほどの力感と新鮮さ!

そして、女性にはぴったりの楽曲がズラリ!

私がここまで言うのは珍しいです。(笑)

ぜひ、楽しみにしていて下さい。


できれば、
大きな音で聴いて欲しいなあ。。。

めくるめくジャミン・ワールドに圧倒されて、
抜け出すことが出来なくなりますから。(笑)


コンサートのCD売り場で、
「初めてなんですが、何から聴いたらいいですか?」
と言うお客さんによく接するのですが、

私は自信を持ってこのアルバムを推薦することでしょう。

「お友達にプレゼントしたいのですが、
 どのアルバムがいいでしょう?」
と言うお客さんにも、
もちろん、この『Seasons Best Autumn』!


それほど気に入っています。

IMG_7725


さあ、明日からは、

プロ野球「クライマックス・シリーズ」が開幕。


村上君の豪快なホームランが、

また見られるのでしょうか!?

IMG_7394


そして、『Seasons Best Autumn』の発売は10月12日!

関内ホール(大)『15th アニバーサリー・セッション』
コンサートは10月15日!

この日からサイン会も再開します!


コロナも日に日に収束ムードだし、

こんな楽しい、ワクワクするような「秋」は、

本当に久しぶりですね。


いいですわね〜。

IMG_7697


ん…?


……。。。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 14:10コメント(12) 
2022 エッセイ 

September 16, 2022

お試しライブ


こんにちは。

9月とは言え、日中はまだまだ暑いですね。


さて前回、

「学芸大学「A'TRAIN」の私のライブが、
 突然終了となりました。」
という記事を載せたところ、

本当にたくさんの方から、
「残念です」
「またどこかで再開して下さい」
というメッセージやお声がけを頂きました。


私にとってはもちろん、
みなさんにとっても、
とても大切な時間、空間だったんですね。

……。


いやあ、これは早々に、
また何か始めなくては…。

IMG_4514


そんな思いに駆られ、
ベースのエディ河野君にも相談したところ、

急遽、11月15日(火)に、
こんな素敵なお店で、
お試しライブを開催することになりました。


代官山『Lezard(レザール)』
IMG_7474
(渋谷駅からも東横線代官山駅からも、
 徒歩6〜7分の便利な場所にあります。)


日頃は主に、
アマチュア・ミュージシャンが大勢集い、
ジャム・セッションで大いに賑わっているのですが、

時折り名のある著名なミュージシャンも、
演奏したりしています。


まるで、ニューヨークのジャズ・クラブのような、
素敵なライブハウスで、
私もかつてピアノ・トリオで、
一度演奏したことがあります。

IMG_7367

キャパは30〜40人くらいでしょうか。

「A'TRAIN」の倍くらいの広さですから、
ゆったりとジャズやお酒を楽しむことが出来ますね。

IMG_7366

そして何よりも、
待望のドラムを入れた、
ピアノ・トリオで演奏することが出来ます。

ということで、
ドラムは、金井塚秀洋君にお願いしました。

彼とも昔は何度も演奏したことがあります。

IMG_7477

ベースはもちろんエディ河野君。

どんなサウンドになるんでしょうね。

いやあ、楽しみ楽しみ。

IMG_6605


おそらくその日は、
完全予約制の半ば貸切状態になるかと思います。

お値段もとってもリーズナブル!

予約方法とか、詳しいことは、
また追ってこのブログでご案内します。

(注:おそらくは、私が新しいアカウントを作って、
 取りまとめることになろうかと思いますので、
 お店への直接の連絡はまだご遠慮下さい!)


まずはスケジュールだけでも、
早めにお知らせしておきますね。

11月15日(火)です。


いやあ、なんだか、燃えて来ました。(笑)

IMG_2982


さあ、ということで、

仕事に戻ります。


先週は、
10月15日の「15周年記念コンサート」のために、
伊東ゆかりさんとジャミンの共演曲を、
新たに3曲もアレンジしました。

きっと素敵なコラボになると思います。


いろんな意味で、

充実の秋になりそうですね。


わくわく。。。


……。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 14:56コメント(12) 
2022 エッセイ