January 04, 2017

私の10大ニュース 2016


みなさま、

新年明けましておめでとうございます。


2017-22


2017年(平成29年)が始まりました。

メデタシ、メデタシ。


2017-24


今年も、日本全国各地に、

ジャミン・ワールドを華開かせましょう〜。


2017-8

町から町へ、ジャミンがゆく〜。

2017-9



さらに今年は、ジャミン・ゼブにとって、

CDデビュー10周年という、

記念すべき節目の年でもあります。


2017-31


いろんな楽しい企画を考えています。

まさに、お祭りムード満載の、

素晴らしい1年にしたいですね。


2017-30


というわけで、

輝かしき『10th Anniversary Year』

のはじまり、はじまり〜。


2017-25


なにとぞ本年も、

相変わらずのご支援、ご声援のほど、

よろしくお願い致します。


2017-3



では、今年もこれからスタートです。

これがないと1年が始まりませんからね。

(と勝手に決めてる…)



毎年恒例、

独断と偏見に満ちあふれた、

「私の10大ニュース」!!

2016年の私を振り返ってみることにしましょう。



2017-18



今回は10本に絞るのが大変でした。


そのくらい、いろんなことがありましたね、

2016年。。。


ううむ…。




『私の10大ニュース 2016』


1.週刊文春恐るべし(1月〜)

 昨年も大活躍でしたね。

 「週刊文春」さん。


 なにしろ、
 ここに狙われたら終わりです。
 
 舛添東京都知事も、甘利代議士も、
 清原選手も、ベッキーさんも、ASKAさんも、
 ショーン・マクアードル川上さんも、

 文春さんのスクープから、
 みな失脚しました。

 
 SMAPの解散劇も、
 元はと言えば「週刊文春」による、
 「メリー喜多川さんの単独インタビュー」が、
 事のはじまり。

 かつては、
 「ロス疑惑」も、
 「現代のベートーヴェン代作疑惑」も、
 みな、この雑誌の記事から世間が動いたのです。


2017-17


 有名人のみなさん、
 今年も気をつけてくださいね。

 (て、どっちの味方?)

 

2. 大物逝去相次ぐ(1月〜)

 昨年ほど、
 各界を代表する大物が、
 相次いでお亡くなりになるといった年も、
 珍しいのではないでしょうか…。


 私が最も敬愛する大指揮者、
 ピエール・ブーレーズ(1月)に始まり、

 ナタリー・コール、モーリス・ホワイト、
 レオン・ラッセル、トゥーツ・シールマンス、
 などの著名ミュージシャンたち。

 さらには、一世を風靡した、
 デヴィッド・ボウイ、キース・エマーソン、
 そしてプリンス、
 といったロック界の超大物。 

 日本でも、
 冨田勲、中村紘子、蜷川幸雄といった、
 偉大な音楽家、演出家を失う。

 大橋巨泉、永六輔といった、
 テレビ文化に貢献した大物たちも相次いで…。
 
 
 そして、史上最高のプロボクサー、
 モハメド・アリに、
 大横綱千代の富士などなど…。

 いやあ、寂しいですねえ…。

 合掌、合掌、合掌…。

 (敬称略)



3.ラジオ出演しました(2月)

 なんとラジオに出演しました!


 こう見えても、意外とシャイな私は、
 普段はこういう話はお断りするのですが、 

 一昨年秋の「半蔵門TFMホール」を見て、
 すっかりジャミンのファンになったという、
 パーソナリティーの峯卓人、沙木実里ご夫妻の、
 熱心なお誘いに心動かされ、

 恥ずかしながら出演させて頂きました。 
 

 調布インターネットFMの、
 「気分はいつもブルースカイ」
 という1時間番組で、

 私の音楽プロデューサー生活の半生を、
 私が手掛けたアーティストの曲をかけながら、
 面白、可笑しくしゃべるというもの。


 「カシオペア」「タモリ」「宮沢りえ」
 「TOKIO」そして「ジャミン・ゼブ」

 IMG_7290

 
 やってみて良かったですかねえ。

 たくさんのジャミンのファンのみなさんから、
 「楽しかった〜」のお声をいただきました。

 いい思い出にもなったし。。。



4. 古都巡り(4月、9月、10月)

 昨年もジャミン・ゼブに同行して、
 いろんな場所を訪れることが出来ました。


 特にラッキーだったのが、
 4月の倉敷、9月の京都、10月の角館。

 日程的に余裕があったので、
 名所旧跡をゆっくり見て回るという、
 歴史好きな私には、
 たまらない時間が作れたのでした。
 
 
 昔の街並がそのまま現存する、
 倉敷の美観地区。

IMG_7920

 京都では、
 渡月橋、大覚寺、金閣寺、清水寺などなど。

IMG_0222

 そして角館では、
 江戸時代の武家屋敷を、
 一つ一つ丁寧に見て回りました。

 命の洗濯が出来ましたね。

IMG_0342


 普段は移動→即会場入り→帰京
 というあわただしいスケジュールがほとんど。

 いやあラッキーでした。

 今年もこういうのあるといいな…。



5. すごいぞイチロー!(6月〜8月)

 昨年も大活躍のイチロー選手。

 6月には、日米通算とはいえ、
 ピート・ローズの4,256本という、
 MLB最多安打数を抜き、

 8月には、
 MLB通算3,000本安打という、
 130年の歴史を誇る大リーグでも、
 30人しかいない大記録を達成したのです。


 これで、「殿堂入り」
 間違いなしですね。

 
 42才という年齢ゆえ、
 さすがに出番は減って来ましたが、
 まだまだ現役でやってくれそう。

 こんな選手は、
 もう2度と出ないでしょうから。

 1年でも長く、
 その勇姿を魅せて欲しいものです。

 がんばれイチロー!


2017-10



 と、ここで、ちょっと休憩。

 うめえ〜。

 (ん…?)


2017-11



では、後半にまいりましょう。



6.リオ五輪、日本選手大活躍(8月)

 8月の「リオ・オリンピック」
 
 今回も日本選手がんばりました!

 毎晩睡眠不足になりながらも、
 手に汗にぎりながら、
 テレビの前で大興奮。
 

 水泳、体操、レスリング、柔道、
 卓球、バドミントン、テニスなどなど。

 素晴らしい活躍でしたね。

 パチパチパチ。


 なかでも私が、
 最も興奮、というよりビックリしたのが、
 男子陸上短距離、4×100mリレーの、
 銀メダル!

 「陸上短距離は黒人選手以外メダルは無理」
 という常識を見事に打ち破る快挙!

IMG_9712

 ボルトのいるジャマイカには及ばずとも、
 9秒台で走る選手をごっそり揃えた、
 アメリカやカナダに先着したのですから、

  “アッパレ” としか言いようがありませんね。

 オーストラリア出身のレンセイ君も、
 「ニッポン素晴らしい」を連発しておりました。



7. 広島カープ25年ぶりの優勝!(9月)

 今度は日本のプロ野球。

 私は職業柄、
 特定のチームを応援するということはしません。

 「不要な敵は作らず」

 ま、これを戒めとしております。


 が、昨年の広島カープの活躍には、
 思わず拍手を送っておりましたね。


 なにしろ、セ・リーグで、
 最も優勝から遠ざかってるチーム。

 豊富な資金を持たないゆえ、
 自前の選手を一生懸命育てながら、
 地元ファンと一体となって、
 旋風を巻き起こしていく姿は、
 高校野球にも似たすがすがしさ。


 優勝を決めた瞬間、
 「男」黒田と新井選手の涙の抱擁は、
 こちらももらい泣き。

IMG_9765


 残念ながら日本シリーズでは、
 大谷君のいる「日本ハム」に負けましたが、
 今年はどんな闘いを見せてくれるのでしょうか。

 すごい補強をした巨人に、
 どう挑んでいくのでしょうか。

 今年も楽しみです。



8. トランプ大統領誕生(11月)

 「世紀の大番狂わせ」

 暴言王トランプ氏が、
 アメリカ大統領選挙に勝利!


 これまた職業柄、
 政治の世界には無関心を決めつけてる私でも、
 これには驚きとともに、
 いささか心配になってしまいました。

 人種差別、宗教差別、女性蔑視、保護主義、
 さらには安全保障を揺さぶるような、
 おそろしい発言の数々…。


 EU離脱のイギリスをはじめ、
 ヨーロッパ各国でも、
 こうした過激な指導者がどんどん台頭。

 しかも、テレビをつければ、
 相変わらずテロのニュースばかり…。


 でも、、、
 当選してからのトランプさんは、
 少し変わって来ましたかね。

 あれが単なる「選挙戦術」
 だったらいいのですが…。

 期待しましょう。


 今年は例年以上に、
 ♪Peace On Earth♪
 歌ってもらおうかな。。。

 ね、ジャミン?


2017-4


 (ん…?)



9. iQOS登場(11月)

 私タバコをやめました。

 (え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!?)

 本当です。
 昨年の11月以来、
 タバコは全くといっていいほど吸ってません。

 (ウソ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!?)


 そう、私はコレで煙草をやめました。

 ジャーン!

 iQOS(アイコス)

IMG_2011


 通常タバコには、
 「タール」という有害物質が含まれています。

 しかしこの「iQOS」には、
 タールは含まれていません。

 したがってタバコ特有の臭いもないし、
 水蒸気を吸うだけなので、
 肺もきれいなはず。


 あ、吸った感は、
 タバコとそんなに変わりませんよ。

 なによりも「痰」が減りました。

 空気もきれいだから、
 みんなに喜ばれます。


 すごい発明ですね。

 これなら持続出来そうです。

 よかった、よかった。。。



10.アレンジとアルバム制作の日々

 昨年の私は、
 例年にも増して、
 創作に追われた1年だったように思います。


 なにしろ、
 1年間で2枚のフル・アルバムの制作。

 そのために、
 20曲以上のアレンジをし、
 2ヶ月以上はスタジオにこもる。

 さらには、
 たくさんの共演がありましたから、
 そのために何曲ものアレンジ。


 年明け早々、1月6日からは、
 3月1日発売予定のニュー・アルバム
 『Your Songs』の仕上げのため、
 またまた連日スタジオ務めの予定です。

 ふ〜…。


 でもね、
 今年は記念すべき年ですからね。

 まだまだ頑張りたいと思います。


2017-7


 では、今年もいい1年になりますよう、

 願いをこめて、

 あの「招福猫」を呼ぶことにしましょう。


 ほら出ておいで。


Oshogatsu 2


いい年に、

にゃ〜りま〜すようににゃ〜〜。。。


(これで大丈夫かな…)


……。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 14:24コメント(8)トラックバック(0) 
2017 エッセイ 

December 25, 2016

ピア〜ノ


メリー・クリスマス!

今年もあとわずかですね。


そんな2016年ですが、

私にとっては、時の経つのが、

例年よりも早かったような気がします。


なにしろ、
ジャミン・ゼブ結成以来初めて、
1年間に2枚のフル・アルバム制作という、
ハードなスケジュールに挑んだわけですから、

ま、当然といえば当然…。


6月に発売した『Parade』と、

来年3月発売予定の『Your Songs』という、
ファンの皆様からのリクエストだけで構成する、
10周年記念アルバム。


この2枚の為にたくさんの曲をアレンジしたり、
スタジオにこもって制作したりといった時間に、

おそらく、1年の3分の1くらいは、
費やしたのではないでしょうか…。


そして、それ以外は、
約100本にも及ぶジャミンのライブとリハーサル。

おかげで休みらしい休みは、
ほとんど無かったように思います。


そんな、あっという間の1年でしたね。

ふ〜…。



でも、65才を過ぎた今も、
こうしてプロの音楽家としてやっていけるのは、
本当に幸せなことだと、
あらためて思います。


それもこれも、

「ピアノ」という楽器があったからこそ。


発音的には「ピア〜ノ」というのが、
正しいようですが、、、

ま、そんなことはさておき(笑)、

アレンジをするにも、曲を書くにも、
アルバムを作るにも、
私にとっては、この「ピア〜ノ」がなければ、

どうにもなりません。


続けていて良かった、

と、しみじみ思いますね…。



現在制作中の『Your Songs』では、
さすがにスケジュール的にもきつく、
3曲ほど小林岳五郎君に手伝ってもらいましたが、
残りの9曲は私が弾きました。

さすがに、
若さあふれる華麗な、
小林君のようにはいきませんが、

なんとか老体にムチ打って、
がんばりました…。


これまた、

ふ〜…。

IMG_1228


さて、私がピア〜ノを習い始めたのは、

(もういい…?笑)

小学校2年生のとき。


そのいきさつは、
私のプロフィールに詳しく書いてありますので、
ここでは省略しますが、

ま、ひと言で言えば、
かなり適当な理由からです。(笑)


さらに、何ごとにも好奇心旺盛な私は、
他にも遊ぶことがいっぱいあって、
普段はロクに練習もせず、

レッスンの前の日になって、
あわてておさらいをする、
といったダメな生徒。

IMG_0518

したがって、
あるレベルまでいったときに、
技術的には限界に達してしまいました。

IMG_0517

そんなときに出会ったのが、
「ジャズ」という音楽。

これならば、
技術力の無さを、
フィーリングと個性でカバーできる。

1974concert2

というわけで、
大学の4年間はジャズ・ピアノの習得に没頭。

1974Concert1

サークルの仲間達と、
時間があればセッションして技を磨く毎日。

(写真右端はなぜか渡辺香津美さん?)

IMG_1889

で、このままプロのジャズ・ピアニスト?

と思いきや、
アルファという会社に就職して、
レコード・プロデューサーの道に進む。

(この辺のいきさつも、
 過去のブログに詳しく書いてあります。)


したがって、
今度はレコーディング・スタジオが、
私の主な職場となります。

IMG_1884

それでも、
時間があるといろんな所で演奏。

ダラダラと演奏活動もしておったわけです。

IMG_1885


次の写真は、
特に感慨深いものがあります…。

このときのベースは、
私が1年生のときの4年生、
新井真さん。

そしてドラムが、
そのまたさらに1年先輩で、70年の歴史を誇る、
「慶應ライト・ミュージック・ソサエティ」
歴代NO.1の呼び声高い名ドラマー、

橋本伸一さん。


その橋本さんですが、

今年の11月末、
急逝されました…。

本当に悲しい出来事でした。

どうぞ安らかにお休み下さい。

合掌…。

IMG_1886

そんな「慶應ライト」の、
OB選抜としても弾かせていただきましたね。

IMG_1887


ああ、なんだかんだで、

こうして50年余りが過ぎていきました。

(なんとなく髪の毛の変遷でもあるような…。笑)


そして、
スケジュール的にも、
体力的にも、

今私がピア〜ノの前に座るのは、

ジャミンのアルバムで弾くのと、
月に1回の学芸大「A'TRAIN」。


とまあ、これだけになってしまいましたが、

なんとか、これだけは、
がんばって続けていきたいもんですね。

IMG_1230

ジャミンのアルバムで弾くのは、
これが70曲めになるんでしょうか…。

(あと何曲出来るかな…。)

IMG_1227


というわけで、

今週の水曜日(12/28)。


ちょっと変則開催ではありますが、

学芸大「A'TRAIN」が、

今年の私のピア〜ノ、弾き納めとなります。


お時間のある方は、

ぜひいらして下さい。


忘年会も兼ねて、

大いに盛り上がりましょう!


と、これも、かなり体力勝負に、

なってまいりましたが…。


ふ〜…。


……。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 15:49コメント(13)トラックバック(0) 
2016 エッセイ 

November 24, 2016

角館(かくのだて)


最近、私とジャミン・ゼブの間では、

ちょっとした「侍(さむらい)ブーム」が、

起きております。


口を「ヘ」の字に曲げながら、

「うむ」と唸(うな)ってみたり、

「侍言葉」で会話してみたり。


あははは。



事の発端は、

10月のはじめに、
秋田県の「角館」を訪れた時に、
私が「侍」のポーズをしたことでしょうか…。

年甲斐もなく…。(笑)


IMG_0342


「角館」といえば、
江戸時代の武家屋敷が、
そのまま残っていることで有名ですね。

幸い、前乗りの仕事だったので、
こんなチャンスはめったにないし、
みんなで名高い武家屋敷に行ってみようじゃないか、
ということから始まりました。

この「侍ブーム」(笑)。


まずは家老職にあったという、
最上級武士の「石黒家」に向いました。

この家の門前では、
この方も完全に武士に成りきっておりました。

(なんか弱そうですね…。)

IMG_0345

この人たちも…。

(これはなかなか決まっておりますな。笑。)

IMG_0363

うむ、特におぬしは、なかなかサマになっておるぞ。

IMG_0372

「殿、本物の刀でござりますぞー。」

「であるか。」

IMG_0378

「コノカタナハ オモイデアルナー。」

「ん? おぬしどこから来た?」

IMG_0407


とまあ、

こうして江戸の昔に思いを馳せながら、
現存する武家屋敷を、
次から次へと訪れた私たち。

IMG_0397

「なんか普通の観光客にはないオーラがある」
とスタッフの方たちに言われ、

「それなら」と、
ア・カペラを歌って大喝采という一幕も。(笑)


ここ角館にも、
しっかり足跡を残して来たジャミン・ゼブ。

IMG_0389


それにしても、
昔の日本人は小さかったんですね。

我が軍団で最も小柄なこの人ですら、
この鎧(よろい)を身につけるのは難しそう…。

IMG_0418

この籠に収まるのもね。

IMG_0436

一番サマになってるのは犬でしょうか…?

IMG_0440

桜の季節は、
大勢の観光客で大にぎわいとか。

風情があっていいですねえ。

IMG_0441


こちらは下級武士の物寂しげなお家。

IMG_0479

上級武士のお宅との、あまりの違いに、
「哀れ」を感じてしまいました。

IMG_0481


そして最後に訪れた「岩橋家」。

(おや、そちは何になっておるのじゃ?)

IMG_0485

ここはなんと、
藤沢周平原作の映画『たそがれ清兵衛』の、
ロケに使われたお宅とか…。

IMG_0691

山田洋次監督の、
なんとも心暖まる時代劇映画の舞台。

(映画そのものの舞台は庄内ですがね。)

IMG_0693

宮沢りえちゃんも好演でした。

IMG_0694


というわけでおのおの方、
ちょっと縁側に座って、
たそがれてみようではないか。

(なるほど、たそがれておるの…。)

IMG_0489

(うむ、うむ、そなたもなかなかじゃ…。)

IMG_0487

でも、「たそがれ」の表情をさせたら…、、、

IMG_0453

やはりそなたに勝るものはおらんのう。

IMG_0452

あはは、

あはははははははは。

IMG_0493


こうして私たちは、

「石黒家」「青柳家」「河原田家」
「小田野家」「安藤家」「松本家」
そして「岩橋家」

と、観光案内に掲載されていた、
すべての武家屋敷を完全制覇!


歴史の好きな私たちにとって、
先日の京都に続いて、
大満足の一日になりました。

IMG_0506



この「侍ブーム」。

実はまだ続いております。


スティーヴにいたっては、

津川雅彦さん扮する「徳川家康」が完全に乗り移った、

そんな毎日を送っております。


おそらく年内いっぱいは続きそうですかね。


けっこう面倒くさくなって来ましたが…。


ううむ…。


……。



(おわり)




前回の「京都」の記事から、
1ヶ月半も経ってしまいました…。

この間、
本当に忙しい毎日を送っておりました。

(まだまだ続きますが…)


10月は、学芸大「A'TRAIN」も、
1回お休みをいただきましたし…。


でも、明日(11/25 )は、

やります!


どうぞたくさんのお越しを、
お待ちしております。

大いに盛り上がりましょう!


(て、体力保つのか?)


ううむ…。


……。。。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 18:57コメント(7)トラックバック(0) 
2016 エッセイ 

October 02, 2016

京都


久しぶりに京都に行って来ました。

もちろんジャミン・ゼブの仕事に同行です。

決して遊びではありません。


ええ、決して…。


ですが…、


が……、、、


前日前乗りという、
余裕のスケジュールだったので、

こんなチャンスは滅多にないということで、

私は、この男をけしかけて
朝早く乗り込んで、
二人で京都見物をすることにしました。

IMG_9846

仕事で京都は何度も行っておりますが、
今回は時間もたっぷりあるので、
まずは「嵐山」「嵯峨野」に行くことに…。

久しぶりの「渡月橋」は、
多くの観光客で賑わっておりましたね。

IMG_9864

そこから「嵯峨野」をぷらぷらと散策して、
お次は「大覚寺」。

IMG_9882

雄大な庭園。

IMG_9919

遠き平安の昔に想いを馳せる…。

IMG_9901

そこから今度は、夕暮れ時の「金閣寺」へ。

IMG_9953

いやあ足に豆が出来るほど、
くたくたになるほど歩きましたが、
思い切って来て良かったと思います。

「出不精」「面倒くさがり屋」の私にしては、
上出来の一日でしたね。

パチパチパチ。

IMG_9944

ということで、
この日の締めは、
もちろん「鴨川」っぺりで一杯。

「おい、喜びすぎだぞ!」

(ん…?)

IMG_9995


翌朝、
ジャミン・ゼブのメンバーと合流。

「おお、みんな元気そうだね。」


この日は、
「長楽館」という、
これまた由緒ある建物の中でのイベント。

IMG_0007


リハーサルが終わると、
3時間も時間が出来たので、
私とY浅ショージは再び外に出て、

まずは、近くにあった「八坂神社」にお参り。

IMG_0027

何をお願いしてるのでしょうか…?

来年の阪神タイガースの優勝祈願でしょうか…?

IMG_0033

M「ショーちゃん、お賽銭入れた?」

Y「あ、忘れた。」

(多分来年もダメだな…。)


Y「おおっ! あれはなんだ…!?」

IMG_0060

「知恩院」だ!!!

で、で、でか〜〜〜〜〜〜い!!!

IMG_0061

「わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!」

IMG_0077

そして、
延々と続く階段をせっせせっせと登る私たち。

普段なら駅の階段を登るのもしんどいのに、
なぜか頑張る私…。

そのうちに膝がガクガクして来ましたが、
「頑張るぞ〜」

IMG_0083

さらに山頂の「大鐘」目指して、
登る、登る…。

(ふ〜…。。。)

IMG_0094

「おお、これがあの有名な大鐘か…。」

IMG_0095

二人とも「知恩院」は初めてではありませんが、
ここまで登ったのは初めてでした。

NHK「ゆく年くる年」でもお馴染みの、
「知恩院の鐘」は、
70トンもの巨大な鐘でした。

ここまで運んだ昔の人たち、
さぞや大変な苦労だったことでしょうね。

IMG_0116


「おっと、そろそろ戻らないと…。」

ということで、
一回目のサロン・コンサート開始。

素敵なステージになりました。

IMG_0144


それが終わると、
2回目のステージまで、
またまた4時間も空くので、
みんな、それぞれの京都を楽しむことに。

「おや、君たちはどこに行くのかな?」

IMG_0153

私とこの方は、
今度は「清水寺」に行くことにしました。

IMG_0159

やっぱり凄いですね…。

IMG_0222

ここだけは「別格」のように思います。

IMG_0226

国宝の中の国宝。

IMG_0232

あらゆる寺院のホームラン王!

IMG_0235

そして感極まって、
「清水の舞台」から飛び降りるショーちゃん。

「わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!」


はい、着地は見事成功でした。

(なわけないだろ!)

IMG_0275


そしてそして、
2回目のステージも大盛況でした。

みなさん、ありがとうございました。

IMG_0286


はい、そんな京都2Daysでした。


仕事で行ったのに、
こんなに楽しませてもらって、
なんだか申し訳ないような気もしますが、

まあこれも、
年明けから休む間もなく働いてきた、
私たちへのご褒美ということで、

お許しいただければ幸いです。

ぺこり…。



ところで「嵯峨野」に話は戻って…、

ここを訪れるのは、たぶん47年前、
高校の修学旅行以来のような気がします。

「大覚寺」も行った覚えがあったので、
家に帰ってアルバムを見てみたら、

やはりありました!


(これが今)

IMG_9895

(47年前)

IMG_0310

(大沢池と今の私)

IMG_9915

(47年前の私)

IMG_0309

あはは。

まるで別人ですね。


それだけ47年という月日が、

いかに長かったかということですね。


♪あの頃の未来に
 僕らは立っているのかな〜♪

IMG_0313


SMAPの歌ではありませんが、


ずいぶんと未来に来てしまいましたね…。


月日の経つのは早いものです…。


ううむ…。


………。



(おわり)




金曜日(9/30)の学芸大「A'TRAIN」。
またまた楽しい夜になりました。

お越しいただいたみなさん、
ありがとうございました!


さて、今月(10月)は、
ジャミン・ゼブと共に、ツアーに出ておりまして、
やむなく1回お休みです。


次回開催は、
11月25日(金)となります。

みなさん、お間違えのなきように、
お願い申し上げます。


その代わり、
といっては何ですが、
10月以降は全国各地で、
ジャミン・ゼブのライブが満開!

どうぞ、どの会場も、
大盛況となりますように…。


まずは10/7、8、9の、
「半蔵門」ですね。

最高に楽しいセットリストになっておりますよ。

どうぞたくさんのご来場を、
心よりお待ちしております。


わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!


(もういいって?)


ううむ……。


SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 19:23コメント(12)トラックバック(0) 
2016 エッセイ 

September 05, 2016

トゥーツ・シールマンス


みなさん、

残暑お見舞い申し上げます。


て、今年の残暑は、
ちょっと凄いですね〜。

東京はここんとこ、
季節外れとも言うべき、
猛暑、猛暑に見舞われております。


例年、甲子園の高校野球が終わると、
なんとなく秋の気配が訪れるのですが、
今年は逆ですね。

どちらかというと、
7月、8月がさほどでもなく、
甲子園が終わってからの今がまさに、
「夏本番」といった感じですか…。

どうなってんの〜?

ふ〜…。。。



と、そんな中、今日は、

気分だけでも、一足先に、

秋を先取り。


そう、これを聴いたら、
いっぺんに秋のムード。

都会的で、お洒落で、大人で、
美味しいワインなんか飲みたくなる。


そんな素敵なアルバムを、

ご紹介したいと思います。


Quincy Jones『You've Got It Bad,Girl』

41EBbEVmrlL


クインシー・ジョーンズと言えば、
後にマイケル・ジャクソン全盛時に、
そのプロデューサーとして名を馳せましたが、

実は50年代から、
ジャズの世界では超有名な存在。


そして、1970年代を中心に、
数々のリーダー・アルバムの名盤を、
次から次に発表して世界中から絶賛を浴びた、

偉大なコンポーザー、アレンジャー、
そしてプロデューサー。


1969年『Walking In Space』
1971年『Smackwater Jack』
1974年『Body Heat』
1975年『Mellow Madness』
1978年『Sounds…And Stuff Like That !!』

などなど、

ジャズ&フュージョンの先駆者として、
歴史的快挙(最近この言葉連発…。笑)
ともいえる素晴らしくクォリティの高い、
これらのアルバム群は、

同時期における、
スティービー・ワンダー、スティーリー・ダン
の数々の作品と共に、

『ジャズ&フュージョンの殿堂入り』
間違いなしの名盤揃いです。

ま、そんなもんがあればの話ですが…。

(ん…?)


いやあ、私も学生の頃から、
それこそレコードの針が擦り切れるくらい、
聴いたもんです。

IMG_9751

なかでもとりわけお気に入りだったのが、
1973年に発売された、この、

『You've Got It Bad,Girl』


そして、

このアルバムを初めて聴いたとき、
私は一人のハーモニカ・プレイヤーの演奏に、
心打たれたのと同時に、
大変な衝撃を受けたのでした。


それが、

つい先日、8月22日に他界した、

トゥーツ・シールマンス(Toots Thielemans)氏。


それまで、
学校の音楽の時間でしか接することのなかった、
「ハーモニカ」という小さな小さな楽器が、

こんなにも切ない音色で、
こんなにも、
レベルの高い音楽を奏でることが可能な、
素晴らしい楽器であることを、

衝撃と共に教えられたのでした。


94才。

見事なまでの音楽人生でしたね。


大拍手を贈りたいと思います。

ぱちぱちぱちぱち。


そんな彼の代表作は、
あの『Bluesette(ブルーゼット)』
なのでしょうが、

私はこのクインシーのアルバムに収められた、
彼の珠玉のようなハーモニカ演奏もまた、
永遠に語り継がれるべき名演の数々と、

心から推奨したいと思うのです。


どうでしょう。

秋の夜長に。

お酒が美味しくなること請け合いですよ。


えっ?

もう聴いた?

他にお薦めはないの?

ですって?


では、もう1枚。

これまた、
知的でロマンティックなピアニストとして、
今だに世界中で愛され続けている、
今は亡き、ビル・エヴァンスと共演した、

『AFFINITY』というアルバム。


これぞまさしくインタープレイ。

2人の名人のすさまじいまでの内面の葛藤が、
みごとにぶつかり合った大傑作。

417P60P7EZL


というわけで私もこの秋は、

ジャズを通して、
ハーモニカという楽器を、
芸術の域にまで高めた、

この偉大なトゥーツ・シールマンス氏のプレイに、
再び耳を傾けてみようかな、

などと思っております。


みなさんもぜひ。


さて、最後になりますが、

そんな偉大なトゥーツ氏にお褒めをいただき、
氏の生涯で2度も雑誌で対談したのが、

ジャミン・ゼブのライブやCDでもお馴染み、

西脇辰弥くん。

IMG_9714

やはり彼も本物だったようですね。

まさにトゥーツ氏の後継者。


彼のブログには、
そのときの対談の内容も、
詳しく掲載されてるようなので、

これもよろしかったらご覧になって下さい。

IMG_9715

(西脇、若いな〜。笑)


というわけで、

この10月7、8、9に予定されている、
ジャミン・ゼブ『半蔵門オータム・セッション』

久しぶりに、
『Bluesette(ブルーゼット)』やってみようかな、
なんて思っております。


偉大なトゥーツ氏を偲んで…。


な〜んて、ちょっとおこがましいかな…。


本当はワルツなのにボサにしちゃったけど…。



お許しくださいませ、


トゥーツさま。


合掌…。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 17:08コメント(16)トラックバック(0) 
2016 エッセイ 

August 24, 2016

オリンピック


終わっちゃいましたね。

リオ・オリンピック。


いやあ、熱い2週間でした。。。


最後の方は、
睡眠不足でボロボロになりながらも、
毎晩、テレビにかじりついて観ておりました。

あの男(Y浅ショージ)も、
そうみたいですよ。(笑)


明け方近く、
オリンピック中継を見ながらの、
2人のメールのやりとりも数知れず。

7月じゃなくて良かった…。

あははは。


ま、それだけ、
日本人選手の頑張りは素晴らしかった、

ということです。


なかでも、
最もビックリしたのが、
陸上男子4×100mリレーの銀メダル!

IMG_9712

ジャマイカには及ばなかったものの、
世界的に有名な黒人選手をズラリと並べた、
アメリカやカナダに先着したんですから、

これはまさに「国民栄誉賞」もんです。

すごい!

歴史的快挙です!!!


そしてこの人にもビックリ!

女子平泳ぎの金藤選手。


開幕前はあまり騒がれてなかったので、
正直あまり期待してなかったのですが、
(ごめんなさい…)

あれよあれよいう間に、
堂々、ぶっちぎりの金メダル。

これも興奮しましたねえ〜。

IMG_9476

それから女子バドミントンの高橋・松友ペア。

16-19から怒濤の5連続ポイントで、
大逆転の金メダル。

よくやったー!

IMG_9713

そして体操の内村航平選手。

IMG_9473

この人にも「国民栄誉賞」あげて下さい、

安倍さん。


他にも、

卓球、テニス、柔道、レスリング、競泳、競歩、
などなど、感動のドラマは数知れず。

選手のみなさんは大変だったでしょうが、
本当に楽しませてもらいました。

ありがとう〜〜〜〜。


そして…、、、

やっぱり今大会も、

この人だけは “特別の存在” でしたね。

IMG_9571

3大会続けて、

100m、200m、4×100mリレーで金メダル!


ウサイン・ボルト。

もうこんな人は出ないでしょうね。


イチローもそうですが、
こんな人と同時代に生きられたことは、
本当にラッキー!

IMG_9567

ゆっくり休んでねボルトちゃん。

(ん…?)


さあ、お次は、

4年後の「東京オリンピック」ですね。


そういえば、

我が家の近くには、
こんな寿司屋があって…、

IMG_9716

で、向こうの方の、通りに面したところに、
なにやら案内板が…、、

IMG_9718

なるほど、これは、
震災のときはここへ避難しなさい、
という目印のようです。

そう、ここを左に5分くらい歩くと、
私の愛する駒沢公園があるのです。


今を去ること半世紀前、
1964年の「東京オリンピック」の際、
様々な競技場が造られた駒沢公園の正式名称は、

『駒沢オリンピック公園』

て言うんですね。

IMG_9720

でも、なんかスペルが違うような気も…。

IMG_9723

Olimpic…???


Olympicじゃないの?


ううむ…。


大丈夫か…。


東京…。


……。



(おわり)




高校野球も熱かったですねえ。

スリリングな好ゲームの連続で、
こちらも大いに楽しませてもらいました。


ということで、
楽しかった夏もそろそろ終わり。

秋、冬の陣に備えて、
そろそろ仕事モードに、
戻るとしますか…。


おっと、その前に、

今週の金曜日は学芸大「A'TRAIN」ですね。


こちらも熱く、
盛り上がりたいと思います。

お時間の許す方はぜひ!


あ〜あ、

祭りの後の寂寥感…。


毎年この時期は、

ちょっぴり寂しいですね。


特に今年は…。


チンチロリ〜ン♪


……。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 17:33コメント(12)トラックバック(0) 
2016 エッセイ 

July 18, 2016

7月14日


みなさん、

暑中お見舞い申し上げます。


さてさて、
あちら(ZEBLOG)にもありますように、

7月14日(木)の「よみうり大手町ホール」
『WE GET REQUESTS!LIVE』は、
ある種の異様な雰囲気に包まれておりました。

おそらく、駆けつけて下さった、
ジャミン・ゼブ・ファンのみなさんには、
“今まで体験したことのない” 驚きに満ちた、
コンサートになったのではないかと思います。

IMG_9210

IMG_9238

なにしろ、
全20曲すべてが新曲、ニュー・アレンジ、初披露!

IMG_9244

誰だ〜、こんな忙しい時期に、
こんな無謀な企画を考えたヤツは〜〜〜!?

と言いたいところですが、
「やりましょう!」「やりましょう!」
と、イの一番に乗っかった張本人は、
この私なのですから、

致し方ありませんね。(笑)


おかげで、
自らが撒いた種とはいえ、
この半年は大変な毎日でした。

ニュー・アルバム『Parade』の制作や、
そのリリース記念ライブだけでも大変なのに、

この「リクエスト・ライブ」のために、
新たに16曲も書くことに…。


プライヴェートも、曜日の感覚も何もない、
仕事オンリーの日々がず〜っと続いておりました。

ふ〜…。


ジャミンのメンバーも大変だったと思います。

すべてがニュー・アレンジの上に、
半分くらいは、
知らない曲だったでしょうし…。

しかもその間に、
いわき、大阪といった遠征をこなし、
7月に入ってからは、
金沢を中心とした、
石川県の高校文化教室と題したコンサートが8本。

この「リクエスト・ライブ」を挟んで、
新幹線「かがやき」で東京ー金沢を2往復。

IMG_9270

そんな合間をぬって、
少しでも集まる時間があれば、
一生懸命練習しておりましたね。

IMG_9069

おかげさまで、
「心に残るすごいコンサート」「伝説のライブ」
といった絶賛の声をたくさん頂戴致しました。

メンバーも、
幸せな達成感に浸っているのではないでしょうか。

IMG_9269

いやあ、やって良かったです。


スティーブも言っておりましたが、
これだけの新曲を一気に披露するというのは、
まさにデビュー以来のこと。

そこに向かって、
一丸となってチャレンジしていった体験は、

『Parade』から始まる、
「ジャミン・ゼブ・セカンド・ステージ」に向けて、
(私はそう位置づけております)

大きな何かを得たような気がします。


そういう意味では、
短期間で、老体にムチ打って書いた、
この膨大なスコアの大群も、
今までにはない重みを持っているような気が…。

IMG_9296

みなさ〜ん、

ありがとうございました〜〜。

IMG_9236


というわけで私、

約半年ぶりに、

ようやく普通の生活に戻れます。


え〜と、

プロ野球や相撲はどうなってるのかな…?

おお、イチローはあと6本で3,000本か!

夏の甲子園も楽しみだな〜。

えっ、この夏はオリンピックもあるの?


わーい。

わーい、わーい。

わーい、わーい、わーい、わーい、わーい。


(……)



と、その前に部屋の掃除だな…。


こっちも半年ぶりかな…。


(汚な〜〜〜〜〜〜〜い!)



ん…?


SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 14:23コメント(8)トラックバック(0) 
2016 エッセイ | jammin' Zeb インフォメーション

June 30, 2016

浅野屋


私が愛する学芸大学。

その中でも、
とびきり愛してやまない、
老舗大衆居酒屋が、

この『浅野屋』さん。

IMG_8709


ある日のこと、
仕事を終えてぷらりと暖簾をくぐると、
なんとテレビ画面に、
今私がいる『浅野屋』が映っていました。

IMG_1744

気さくな大将。

IMG_1731

愛嬌満点の明るい女将(おかみ)さん。

IMG_1736

あらまあ仲のよろしいご夫婦だこと。

IMG_1739


なにしろ安いんです!

そしてテレビ画面にはいつも、
野球、相撲、サッカーなどが流れているため、
ご隠居の老人やら、仕事を終えたサラリーマン、
若者などで、いつも混雑。

そう、ここはさながら、
オヤジたちのスポーツ・バーのよう。


今は亡き、いかりや長介さんや、
ブラザー・トムさん、
「いいんです!」の川平さんなども常連の、

学大の飲んべえで知らない人はいない程の、
有名な大衆酒場。


その中でも、
一番人気がこの「牛モツ煮込み」。

IMG_8713


その『浅野屋』さんが、

50年の歴史にピリオドをうち、
6月30日をもって、
閉店することになりました。


いやあ仕方のないこととはいえ、

本当に残念です。


すっかり馴染みとなった常連の人たちと、
相撲の勝負に沸き、
野球の一投一打にかたずをのみ、
サッカーの得点シーンに大騒ぎ、

ああ、もうそんなこと、
出来なくなってしまうんですね。

寂しいです…。


というわけで今週は、

別れを惜しむ常連客たちで、
連日大盛況だったようです。

私も一昨日、
最後のお別れに行ってまいりましたが、
席を確保出来たのが10時半を過ぎておりました。

人気があったんですねえ。

IMG_8711

昭和の良き時代を感じさせる大きなカウンター。

またひとつ老舗が姿を消すんですね。

IMG_8717


でも本当にご苦労さまでした。

長い間ありがとうございました。

と心から言いたいですねえ。


今度ご夫婦で、

私の「A'TRAIN」ライブにでも来て下さい。

IMG_8716


それにしても、

これによって「居酒屋難民」となった、

常連客は、

次はどこを目指すのでしょうか…。


この私を含め…。



ううむ…、


大問題だぞ…、


これは……。


……。。。



(おわり)



ところで先週、

世間を震撼とさせた「碑文谷公園」は、
この『浅野屋』さんから、
歩いて2、3分のところにあります。


そして、
被害に遭われた88才のおばあちゃんは、
なんと私の大親友である小原さんと、
同じマンションの住人でした。

ひえ〜〜〜〜〜〜〜ッ!



そんな騒ぎの中、

先週の金曜日(6/24)は、
私の「A'TRAIN」ライブ。

お越し下さったみなさん、
ありがとうございました。


朝からヘリコプターの音で、
睡眠を著しく妨害されましたが、

なんとか無事に終えることができました。

次回は7月29日(金)です。


その頃には犯人も捕まって、

落ち着いてるといいですね。


いや、そうでなくては困ります。


難民としては…。


(ん…?)


……。。。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 15:09コメント(10)トラックバック(0) 
2016 エッセイ 

May 23, 2016

アレンジ三昧の日々


こんないい天気なのに…、

IMG_8183

こんな爽やかな季節なのに…、、、

IMG_8184

私は、毎日毎日家にこもって、
アレンジ三昧の日々です。

アルバム制作が終わっても、
まったく休むことが許されません。

あ〜〜〜あ。

(写真はずいぶん前のもの)


7月14日に行われる、
「リクエスト・ライブ」なるコンサート。

私の相棒のY浅ショージが、
私になんの相談もなく、
「このライブはすべて新曲でーす!」
などと早々と発表したために、

私は膨大な数のアレンジを、
短期間ですることを余儀なくされてしまいました。

IMG_8323

そう、古風な私は、
いまだに手書きの譜面。

「このご時勢に」
と笑わば笑え。

わっはっは。

(自分で笑ってどうする)


でもね、

このアレンジ、

けっこう楽しんでおります。


今までのジャミンの曲は、
“原曲とはガラリと変わったアレンジ”
と、これが「売り」でした。

バラードをノリノリのファンクにしたり、
ワルツをボサノバにしたり、
ビートルズの曲にバリバリのジャズ・ハーモニー、

などなど…。


だから、その新しいコンセプトを考えるのが、
ひと苦労。

でも今回は、
ファンのみなさんのリクエストですから、
原曲のイメージを壊さずに、
というスタイルでやっております。

コードも、構成も、テンポも、
かなり原曲に近い。


では、どこがジャミンなのか?


ハモリなんですねえ。

そう、原曲にはない「ハモリ」!

これが加わると、
やっぱり「ジャミンの世界」になってしまうんです。


そして、
個性的な、4人4様のヴォーカルの魅力。

ま、この4人がいれば、
どんな曲でも可能なわけです。


「これはコージローのソロから始まって、
 後半はレンセイにソロを移して、
 ここでこうハモって、
 最後は4声でバ〜ッと盛り上げよう」

とか、

「これはスティーブのソロ、
 そして一人ずつハモっていって、
 後半はスペイン語の歌詞を使って、
 シモン中心にラテンにしてしまおう」

とか、

そんなことを考えながら書いていくのが、
すこぶる楽しいのです。


しかも有名な曲ばかりですからね。

私も少年時代、青年時代に、
胸キュンした名曲もたくさんあって、
あれこれ思い出しながら書くのも、

ある意味至福の時でもあるわけです。


というわけで、
こんなオモチャのようなキーボードで、
リズムやテンポを決めて、
メロディーやコードを探りながら、

1日1曲のペースで、
せっせせっせと書いております。

IMG_8327

ちなみにこの子。

もう25年くらいのおつきあいです。


たしか3万円くらいで買った、
それこそ「おもちゃ」のような代物ですが、
けっこう役にたつんですよ。

この「おもちゃ」の助けを得て、
もう200曲以上は書いたんじゃないかな。


経済効果計り知れない、
私にとっては愛着この上ない、
貴重な相棒ですね。

そろそろ壊れかけてきておりますが…。

(がんばれ!)



というわけで、

この1ヶ月で、

すでに12曲書きました。


あとまだ5、6曲書く予定。

ふ〜…。


おかげで、

肩こりがひどいです。


なにしろ、
レコーディングから、
すっと続いていますからね、

こんな生活。


一度マッサージに行ったのですが、

肩も首もパンパンで、
鉄板が入っているようだ、
一度や二度ではほぐれない、

と言われました。


でも、マッサージ代もバカになりませんからね。


ハイ、そんな時はコレ。

IMG_8324

これを肩や首にぬって、
がんばっております。

スースースーとごまかしながら。

(笑)


でも、このコンサート楽しみですね。

あれこれ想像しながら、
ニヤニヤしております。


もしうまくいったら、
第二回、第三回と、
続けていきたいもんです。

東京以外でもやりたいな。

「リクエスト・ライブ・イン札幌」
「リクエスト・ライブ・イン福岡」

とかね。


なにしろ540曲もいただきましたから。

リクエスト。

これ全部やるとしたら、
1年に1回、20曲ペースとして、
27年かかってしまいますね。


え〜と、

私もうすぐ65だから、

それに27足すと、

全部完成する頃私は、

…、


92才…。


ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!



(おわり)




早いもので、

今週の金曜日(5/27)は、

学芸大「A'TRAIN」ライブ、

ではありませんか。


年が明けてから、
アルバム制作と、このアレンジ三昧で、
時間や曜日の感覚がまったくありません。

気がついてみたら、
もうすぐ1個、
年をとるわけですねえ。

……。


ということで、
まあこれは私のバースデイ・ライブかな。

自分で自分を大いに盛り上げてやりましょう。

お時間のある方はぜひいらして下さい。


65才か…。


ということは、

そろそろ年金もらえるのかな…。


嬉しいような…、


寂しいような…、


……。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 11:21コメント(25)トラックバック(0) 
2016 エッセイ | jammin' Zeb インフォメーション

April 25, 2016

くらしき


よくよく考えてみたら、

ここ2、3ヶ月、

ろくに休んでおりません。

ふ〜…。


ただ今、ジャミン・ゼブのニュー・アルバムを、
せっせ、せっせ、と制作中なのですが、
レコーディングというのは、
おそろしく時間がかかるんですね。

根気のいる仕事なんです。

ま、それも私の生業(なりわい)の一部ですから、
どこに文句を言うわけにもいかないのですが…。

あはは。

(自虐的笑い)


さらには、
このアルバムのために3曲をニュー・アレンジ。

いろんなコンサートのリハーサル。

4月の市川コンサートのために、
2曲アレンジ。

いろんなライブのリハーサル。

さらに、さらに、
少しでも時間が出来たら、
7月14日の「リクエスト・ライブ」のために、
とりあえず4曲ほどアレンジ。


そして今日から、
アルバムの仕上げのため、
あと10日ほどスタジオ・イン。

GWもヘったくれもありません。

それが終わったら、
「リクエスト・ライブ」のために、
さらに、あと12曲のアレンジ。

の予定…。


その間に、決算資料の作成。

(弊社はもうすぐ決算なんです)

その他にもやることがドッチャリ。


あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、、、


私はいつになったら休めるの〜〜〜。。。



とまあ、
「忙しいことは幸せなことだ」
とわかっていながらも、

そんな、愚痴っぽい今日この頃なのですが(笑)、


そんな日常から一時解き放たれて、

4月の10日から4日間、
ジャミンとともに西日本遠征してきました。

あちら(ZEBLOG)にもあるように、
『JUMP WEST 2016』ツアーです。


今回は、
「松山〜倉敷〜大阪〜名古屋」
という行程なのですが、

今思うと、これが一服の清涼剤でしたね。


なにしろツアーに出てしまうと、
ノート・パソコンを持たない私は、
ほとんど仕事がありません。

Y浅ショージと違って。(笑)


ライブのリハーサル時のサウンド・チェック。

メンバーへのチェック・ポイントの指示。

あとは、ライブ時の写真撮影。

ま、こんなもんです。


あとは街を探索したり、
ショーちゃんやメンバーと美味しいものを食べたり、
夜遅くまで飲み明かしたり、

とまあ、ちょっとした旅行気分。

まあ、このくらいの役得もないとね。

むふふ。



そんな今回のツアーの中で、
唯一初めて訪れたとも言える、

倉敷の町並みは本当に印象に残りましたね。


リハーサル終了から本番までの間を利用して、
メンバー、ショーちゃんと一緒に、
有名な「美観地区」というところを散策。

IMG_7899

いやあ驚きました!

まるで江戸時代にタイム・スリップ!?

そんな錯覚すら覚えるような、
古い町並が延々と続いているんですねえ。


なにしろ私は歴史が大好き。

京都も奈良も大好き。

古い写真や映画を観るのも大好きー。


だから、こんな所が現存していたなんて、
もうもう大感激なのです。

IMG_7885

同じく歴史好きのスティーブやレンセイも、
いたく感動のご様子。

IMG_7891

レ「イヤー クラシキハ ビックリシマスネ」

IMG_7896

おっと、あの男も、
忘れてはいけませんね。

IMG_7902

そうショーちゃん。

この人もひたすらカメラをパチパチ。

IMG_7906

「だったら僕らも」

と、メンバーもパチパチパチ。

IMG_7907

ミ「さ、ショーちゃんの見合い写真撮ろう!」

ユ「そうですか、じゃあ、ぜひ。」

IMG_7922

ミ「せっかくだからオレも1枚撮ってよ。」

(しまった、お腹へっこめるの忘れた!)

……。

IMG_7920

さらには、一軒の「うどん屋」に入り、
入麺(にゅうめん)やぶっかけうどん。

これもけっこうなお味でした。

IMG_7925


そうこうするうちに、

「おっと、いかん、もう本番の時間だ!」

と、大慌てで会場に戻ってみると、、、

IMG_7856

うわっ、近っ!!!

IMG_7934

なんともアット・ホームな、
普段では考えられないようなシチュエーション。

でも、私同様リフレッシュしたメンバーも、
いつになくくつろいだ感じの、
本当に楽しいライブをやっておりました。

IMG_7955


こうして楽しい時間をすごした後、
ホテルの部屋に入ってみると、

なんと、

今どき「アナログ」のテレビ!

IMG_7983

まさか、こんなとこまで、

「レトロ」を意識したわけではないでしょうが、

ホテルで、これは、

ちょっと、、

ね…???


あはは、

あははははははははは。

IMG_7984


というわけで、

「まだ」の方もぜひ一度いかがですか。

IMG_7900


また行ってみたいな…。


くらしき…。


(おわり)




そんな私の、

もう一服の清涼剤は、

学芸大「A'TRAIN」ライブですかね。


今月は28日(木)の変則開催です。

そう、今週の木曜日!


ぜひ、そんな哀れな(うそ)私に、

会いに来て下さい。(笑)


GW前のひとときを、

大いに盛り上がりましょう!



さ、今日も「PARADE」だ。

「パレード」だ。


今日も元気にスタジオだ。


スタジオだ…。


スタ…。


ふ〜…。


……。。。



SHUN MIYAZUMI


woodymiyazumi at 12:25コメント(11)トラックバック(0) 
2016 エッセイ | jammin' Zeb インフォメーション