May 16, 2006

宮住 俊介:PROFILE 2

060516forProfile2


略歴

●1970年3月

東京都立駒場高校卒業

●1974年3月

慶応大学法学部卒業

  在学中はライト・ミュージック・ソサエティーに所属、
  ピアノを担当。
  かたわらで、中本マリをはじめ、
  多くのミュージシャンとセッション。

●1974年4月

アルファ&アソシエイツ(後のアルファ・レコード)に入社
制作ディレクター、プロデューサーとなる

■担当した主なアーティスト■

深町純
ベナード・アイグナー
吉田美奈子
大村憲司
ニューヨーク・オールスターズ
横倉裕
タモリ
渡辺香津美 (W/ リー・リトナー & ジェントル・ソウツ)
イエロー・マジック・オーケストラ( Y M O )
シーナ&ロケッツ
ムーンダンサー
三好鉄生
カシオペア
橋本みゆき&44マグナム
etc.

●1984年3月

アルファ・レコードを退社、フリーランスとなる

●1986年4月

(株)シュン・コーポレーションを設立、現在に至る

■プロデュースした主なアーティスト■

カシオペア
伊東ゆかり
亜蘭知子
松原みき
野呂一生
日浦孝則
森下恵理
SPY
西村由紀江
FUNKY FOX
EVE
小森田実
神崎まき
宮沢りえ
福山憲三
セクシー・メイツ
ブカブカ
近藤真彦
TOKIO
シンシア(南 沙織)
伊能 静
Caramel
永井真人
女子十二楽坊
TATA YOUNG(タタ・ヤン)
WAX
gemi II with REVELS

■映画・アニメなど■

映画 :『火の鳥』
    『タンポポ』
    『座頭市物語』
    『子連れ狼』
    『野獣死すべし』(ディレクターとして参加)

アニメ:『飛べ!イサミ』 (NHK)
    『ガンバリスト!駿』(日本テレビ)
    『突撃!パッパラ隊』(テレビ東京)

その他:『芦屋大学・校歌』
    『NHK・中南米フェスティバル』
       (音楽監督 / 松岡直也グループ)
    『ダイエー・スポーツ振興会・応援歌』
    『日光と将軍』『有田焼三部作』(WOWOW)
    『ランペルール』(光栄・ゲームソフト)
etc.

woodymiyazumi at 19:30コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール 

宮住 俊介:PROFILE 1


for profile1

WHO IS

高校までクラシック・ピアノを
学び、
大学ではジャズに明け暮れた。

「アルファ」に入ると、
いち早くディレクターとして
頭角を現し、
ニュー・ミュージック、
フュージョン・シーンを彩る
数々の作品を制作。

時代を創ってきた、
“張本人”である。

彼の雑食性は、
ジャズ・フュージョンから
R&B、
ロック、クラシック、
J-POP、アイドル、
パロディーまで、
全く止まることを知らない。

独立後は
フリー・プロデューサー
として、
日本の草分けとなった。

現在は、そんな全ジャンルを
一周してきた彼が原点に戻り、
より良質な
エンターテイメントを
提供すべく、挑戦する日々。

キーワードは、

“脱ジャンル”
“純粋にグルーヴする”
“ポジティヴで楽しい”

そして“オトナ”。

woodymiyazumi at 17:59コメント(1)トラックバック(1) 
プロフィール 

WAX


WAX-Profile
昨年末、
「WAX」という女性シンガーに
ついて触れたことがあります。
覚えてらっしゃいますか?

この WAX 、
韓国ナンバーワン女性シンガー
として高い評価を受けており、


これまで出した5枚のアルバムの
セールスがなんと230万枚。

そんな彼女の日本デビューに際し、
光栄にもプロデュースをさせていただく
ことになりました。

そしてでき上がったシングル『赤い糸』が4/12に発売。
上々の評判らしく、
5/20(土)には「ミュージック・フェア」(フジTV)
にも出演します。
(w/ゴスペラーズ、尾崎亜美)
さらには、5/24にはアルバム(12曲入り)も
発売されます。

とにかく、素晴らしい歌唱力です。
ぜひみなさんも聴いてみて下さい!

日本語詞を担当した松本隆さんも、
「詞の最後の数行で、ぼくは自分の体重を失って、
 髪の先から宙に吊り上げられるような気がした。」
と、最大級の賛辞を寄せておられます。

そんな美しい彼女に、
私は変な日本語ばかりを教えており、
レコード会社からもひんしゅくを買っているのですが、
当のWAXが大喜びでこれを真似するばかりか、
自ら街でおかしな日本語を拾ってきては、
皆を笑わせまくってる。

これは持って生まれたものであり、
まさに私と相性がピッタリだったというわけでしょう。
(と、責任回避)
「ミュージック・フェア」の収録にも立ち会いましたが、
たどたどしい日本語が、やけにユーモラスで、
局のスタッフや、他の歌手、
タレントの人たちにも大受けでした。

ぜひ、ご覧下さい。


SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 14:32コメント(2)トラックバック(0) 
2006 エッセイ 

May 15, 2006

ブログはじめます。


しばらくのご無沙汰でした。
皆さまお元気でしょうか。

今年の3月下旬、
契約していたサーバーの不慮の事故により、
皆さまにあんなに愛されていたHPが、
突如あとかたもなく消滅してしまうという、
前代未聞の悲劇に襲われました。

幸い、
バック・アップ・データの救出には成功したものの、
あの、小田ちゃんのセンス溢れる名作HPの再現までには、
まだまだ幾多の困難な道を通らねばならず、
ここにひとまず、
私の個人ブログを立ち上げることにしました。

滞ってた私の不朽の名作(?)エッセイ

『知られざる、といってどうってことない私の秘密』

も、再開させていただきます。

また、ライブのご案内、最近のニュース等、
これはこれで楽しいものにしていきますので、
皆さまどうぞ一日1回は覗いてやってくださいね。


さ、気を取り直して、
がんばるぞ〜!



SHUN MIYAZUMI



woodymiyazumi at 17:35コメント(0)トラックバック(0) 
2006 エッセイ