February 2019

February 05, 2019

本日の1曲(その4)


一昨日、

「マスタリング」という最後の工程を終え、

ジャミン・ゼブのニュー・アルバム、
『Your Songs Vol.3』
めでたく完成致しました。

パチパチパチパチパチ!

IMG_2119

出来上がったマスター音源を、
JBLという世界最高峰のスピーカーで、
爆音で聴かせてもらう♪

まさに至福の時です。

苦労が報われる瞬間です。

IMG_2120


やれやれ、

これでスタジオ作業から解放されました。


ということで、
新年のご挨拶以来滞っていたこのブログも、
久しぶりに更新です。

今日のお題は、

「本日の1曲」(その4)


これも、随分間が空いてしまいましたね。

今日は、アルバムに収録されている、
あの曲をご紹介したいと思います。

♪夜のストレンジャー♪


この曲を知ったのは、
確か私が高校生の時でしたね。

その頃の私は、
ラジオから流れてくる洋楽ポップスを、
それこそ貪(むさぼ)るように聴いていました。


糸井五郎さんや高崎一郎さんがDJの、
ニッポン放送「オールナイトニッポン」

その頃のビルボードのトップ100は、
それこそ華の60年代を代表する、
名曲のオン・パレードでしたね。


一方で、
文化放送の「S盤アワー」という番組も、
良く聴いておりました。

こちらは、どちらかというと、
大人向けのイージー・リスニングが中心。

通常のヒット・チャートでは聞けない、
ビッグ・バンドや大人のヴォーカルも、
背伸びしながら聴いたもんです。

かなりの「ませガキ」でしたね私。(笑)


その「S盤アワー」で、
毎週のようにかかっていたのが、
フランク・シナトラというおっさんが歌う、
「夜のストレンジャー」♪

堂々とした、風格のある歌いっぷりで、
子供の私には、よく理解できないものの、
「これが大人ってやつなんだろうなあ。」
などと、分かったようなふりをしながら、
聞いておりましたね。(笑)

51qInI6x5QL._SS500


「夜のストレンジャー」と言えばシナトラ。
シナトラと言えば「夜のストレンジャー」。

ここまで定着した作品に、
敢えて挑むなんて、
なんて身の程知らずなんでしょう、
私達ったら…。

実際、この曲のカヴァーは、
おそろしいほど少ないですからね。

シナトラさんを超えるなんて不可能と、
みんな諦めてしまったのでしょうか…。


と、そんな時、
漠然と見ていたBS「日テレ」の深夜の通販番組、
「音楽のある風景」で流れていた、
ポール・モーリア特集。

ポール・モーリアと言えば、
「恋はみずいろ」で一躍有名になった、
フランスのイージー・リスニング音楽の大御所。


それを漠然と観ている(聞いている)うちに、
様々なアレンジの中に、一つのスタイルを発見。

「そうか、こうやりゃあいいんだ。」
というアイディアが咄嗟に閃いたのです。

それは、
ピアノとストリングスが、
ユニゾンでただ同じメロディーを奏でる、
という単純な手法なのですが、
うまくやれば抜群の効果を生むんですね。


さらには、
大瀧(詠一)さんや達郎(山下)くんも崇拝する、
フィル・スペクターの「ウォール(壁)」サウンド。

歌のバックを、
ぶ厚いオケが音の壁のように覆い尽くす。

この要素もちょっぴり頂く。


うん、これなら、原曲とはまた違う、
味のあるものになるかも知れない。。。

「よ〜し、やってみよう!」

IMG_1756


はい、というわけで、
素敵な感じに仕上がりましたよ。

ジャミン・ゼブ版 ♪「夜のストレンジャー」♪


シナトラさんの迫力、大人っぷりには、
到底かなわないものの、

こちらにはみずみずしい若さがありますからね。

美しいハーモニーもありますからね。


いやあ、やって良かったです。



さあ、というわけで、

今回も美しいアルバムが出来上がりました。


「よし、ショーちゃん、打ち上げといこう!」

と、この日私たちが飛び込んだのは、
手打ち讃岐うどんのお店。

IMG_2124


私の「本日の夕食」は、

茄子と鳥と梅入りのあったかうどん。

IMG_2125


これまた至福の時でございました。


はい。


このシリーズ、あと数曲やりますかね。


そうこうするうちに、すぐに春が来る。


花粉が来る。


(ゲッ!)


……。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 13:53コメント(10) 
2019 エッセイ