November 29, 2007

ぱしふいっくびいなす号 2007航海記その5


ぶるるる。

今日は寒いですねえ。

みなさん、
お風邪など召しませぬように。

ジャミンのみなさんも、
お願いしますよ。


さてさて、
26日(月)のNHK「首都圏ネット・ワーク」

ご覧になりました?

Jammin'Zebが、
いい感じで紹介されてましたね。

おかげさまで、
彼らのブログの訪問者数も、
日に日にうなぎ上り。

テレビの力は凄い…。


この後も、
ジャミンのTV出演は続きます。

前回からの変更もありますので、
ここで改めて、

おさらい。


11/30(金) NHK BS-1「列島ニュース」
       (13:15〜14:00)
       <11/26放送「首都圏ネットワーク」
        の再放送。全国ネットです。>
12/02(日) テレビ東京「ブランニュー」
       (06:20〜06:30)
12/07(金) フジテレビ「ハピふる」
       (09:55〜11:25)
       <前回11/30放送と書きましたが、
        一週間ずれました。
        その分内容もパワーアップ?>


そして、きょうはこれから、
テレビ朝日「題名のない音楽会」収録です。

出かけるまで、
まだ時間があるので、

竜宮城の続きを更新しちゃいましょう。

急げ、急げ…。



「ぱしふいっくびいなす号 2007航海記」 その5


10月17日 航海4日目

午前7時

ブルブルブルブル!!
ガッガッガッガッガッ!!!

けたたましいエンジン音で、
ガバッと飛び起きる。

船は屋久島港に着岸しました。


眠い目をこすりながら、
「スモーキング・ルーム」で一服。
プカ〜〜〜〜。

そのまま「メイン・ダイニング」へ」行くと、
今日はみんな元気に揃っていましたね。

そしてみんなで朝飯。


ここの朝飯はいいですよー。
洋風バイキングと和定食の2本立て。

ま、洋上の「豪華ホテル」
ですからね。

このくらいは、あたりまえ。


それにしても恐るべしは、
ベースの佐藤有介の食欲。

朝、昼、夜、夜食と、
ここまで完全制覇。
おまけに酒も人一倍飲む。

若いんですねえ。


そしてみんなは、
元気に屋久島見物に出かけました。

私?

もちろん行きません。

疲れるから。

もっぱら昼寝です、昼寝。

なにせ船が停止している間が、
寝る絶好のチャンスですからね。


「もったいなくない?」

いいえ、全然。


ハワイに行ったって、
私はどこにも行きません。
ホテルのプール・サイドで、
一日まったり。

ウオッカ・トニックを飲み昼寝。
汗だくで目が覚めたら、
ドボーンとプールに飛び込み、
また酒を飲んで、また寝る。

これの繰り返し。

ちょうどサウナと水風呂の関係ですな。

観光だの、
アラモアナで買い物だの、

私にはまったく興味がない。


ただし、夜は元気です。

美味いものを食い、
よさそうなバーを探し、
心ゆくまで酒を飲んで、
リフレッシュ。

典型的、夜型人間。

でも、
ハワイもほとんど禁煙だそうですから、
もうあんまり行きたくないな…。


で、結局3時のリハーサルまでは、
部屋でグースカと、
「スモーキング・ルーム」でプカ〜〜
の繰り返しをやっておりました。


航海も4日目ともなりますとね、
この「スモーキング・ルーム」に集まる人たちと、
自然と交流が深まります。

なにせ来る人は限られてますからね。
男女半々くらいでしょうか。

自然とお友達になります。


「いや、どうも。」
「またお会いしましたな。」

「きょうもいいお天気ですな。」
「ほんといいお天気。」

「屋久島は初めてですか。」
「いや、前にも一回あるんですが、
 船からは降りませんでしたね。
 雨だったし。」
「そうそう、屋久島は雨が多いんですって。」

「私もきょうは船でノンビリしますよ。
 家内は出かけましたがね。」
「あらお寂しい。」

「それにしても、不便な時代になりましたなあ」
「喫煙者にとってはつらい時代ですよね」


なーんてな、
とりとめのない会話をしながら、
自然と出来上がって行く、

『喫煙者友の会』

またの名を、

『禁煙ブームを呪う会』


そうこうするうちに3時。

みんな元気に戻って来たので、
リハーサル開始。

きょうのメインは、
私がスイート・ボイスのために、
特別に書き下ろした、
ミシェル・ルグランの「町から町へ」
という曲。

スコアにして27枚。
リズム譜にして5ページ。
演奏時間7分を超える、
大作です。

しかもあちこちに仕掛けがいっぱいあって、
難易度ウルトラCのアレンジ。

かく言う私も、
ちゃんと演奏するのが大変。

リハーサルは、
ほとんどこれに費やされました。

そんなリハーサルをやってる間に、
船は名古屋に向けて、
最後の出港。

ぶお〜〜〜〜〜〜。


そして本番の8時半。

きょうはよく揺れます。

ピアノを弾いてる間も、
ユラ〜〜〜。

「おっとっと…。」


歌ってるスイート・ボイスも、

「おっとっと」

ぐらぐら〜〜。


でも、これが、
船の上での演奏の醍醐味、
かもしれません。


これって、
船酔いの激しいミュージシャンには、


お薦めできませんね…。



(つづく)



おっと、もう時間だ。

なんだかあわただしい航海記で、
すみません。

では、行って来ます。


急げ、急げ…。



SHUN MIYAZUMI



woodymiyazumi at 13:17コメント(14)トラックバック(0) 
2007 エッセイ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by asa   November 30, 2007 01:57
ミシェル・ルグランですか。何だか懐かしい。suite voiceで聴きたいです。

でも、今はjammin。

今夜は行きました、人見記念講堂へ。
緊張してましたね、4人は。ぽっと出でない人たちですから、あの場に立つ恐さがわかる。だから緊張していたのでしょうね。それが初々しくて良かったです。
2. Posted by ayu   November 30, 2007 02:46
いつか、聴きたいのが、Suite Voiceと、jammin’Zebの共演!!
勿論、ピアノは宮住さんでっ!!
この夢、かないますように。。。
3. Posted by kuromame   December 01, 2007 11:58
宮住さま、昨夜は素敵な夜をありがとうございました。テクニックとハートにあふれた宮住様のピアノにうっとりして、遊びにいらしたお客さんが次から次へとピアノを弾いたり歌ってくださったり、もう最高でした。素敵なお仲間がたくさんいらしゃるんですね。自宅が近ければ毎週のように通うことでしょう。お仲間の皆さんありがとうございました、またゆっくりお話したいとおもいます。マスター、始発までよろしくおねがいします。
asaさまありがとうございました。
4. Posted by asa   December 01, 2007 13:24
宮住さん
jammin'人気がまさに花開いた記念すべき日に、その興奮さめやらぬ宮住さんのピアノが聴けたのは、最高でした。ありがとうございました。
宮住さんのピアノは久しぶり。
朝までJAZZは久しぶり。
アットホームな、しかし、宮住さんや河野さんやアキモトさん初めお集まりの皆さんのハイレベルな演奏やパフォーマンス。眠ることを忘れて、一晩中リズムをとっていました。
皆さんが私とkuromameさんのこちらでのやりとりをお読みなのには、ちと驚き、気恥ずかしくもありましたが、初めてとは思えぬ親しさを感じて嬉しかったです。これからも、宮住さんライブに時々お邪魔させていただきます。マスター、皆さん、よろしくお願いします。
楽しい夜をありがとうございました
5. Posted by くろまめ   December 01, 2007 16:57
追伸
まず先に、お疲れのところ始発までお付き合いいただきありがとうございました、と言わなければいけませんでした。今日は体調はいかがでしたか、お仕事もかかえられていてお忙しいのに。
宮住さんより1歳したで慶大法学部卒の
原丈人〔じょうじ〕さんという起業家をご存知ですか、「21世紀の国富論」という著書がありますが私もまだ読んでませんが、ある人の書評によると怒りと希望に満ちた戦略とあったので、宮住さんを思い浮かべました。私は読んでみようとおもってます。
6. Posted by SHUN MIYAZUMI   December 01, 2007 19:24
いやあ、こちらこそ。
朝までおつきあい、
ありがとうございました。

久しぶりに地元ジャズ・ファンの人たちと、
楽しい夜を過ごす事ができましたわい。
またぜひ、いらしてください。

おかげで、今日の私は、
廃人です。(笑)
7. Posted by SHUN MIYAZUMI   December 01, 2007 23:31
そうそう、きのうのライブの模様を、
いつものように、
途夢♪待人さんが熱くコメントしてくれてます。
友人のところにリンクしてありますので、
ぜひご覧下さい。
彼のブログもとても素敵ですよー。
8. Posted by asa   December 02, 2007 12:33
途夢♪待人さんのブログを拝読しました。あの晩(と言っても一昨日?昨日?)の身体のリズムがまた甦りました。
ひとつ、追記していただきたかった事が。私、jammin'も熱烈応援していますが、宮住さんのファンですの。

あ、『さぬきや』の地図を書いていただくのを忘れました。30日に『さぬきや』を探して見つからず、『きゃべつ亭』もあちこち尋ねてようやく辿り着きました。もんじゃ、美味しかったです。(kuromameさん、歩き回らせてごめんなさい)
9. Posted by 途夢♪待人   December 02, 2007 15:55
しっかり追記しておきました(申し訳ありませんでした〜)。

プロデュース稼業でお忙しい中、ピアニスト宮住俊介のタッチは変わらず冴えていました。2ヶ月ぶりの「狂乱の夜」はまた格別でした。
狭い店が、本当にパンパン状態ですね。ミュージック・チャージがある日、突然跳ね上がらないことをファンとしては祈りたいと思います。

豪華客船の旅、楽しく拝読しています♪
10. Posted by ayu   December 02, 2007 21:06
途夢♪侍人さまのブログ、拝見させていただきました!!
ぜひとも、自分も近いうちに(ミュージックチャージがはねあがらないうちにっ?!)宮住さんのピアノに酔いしれに、一晩中、ジャズに狂いに行きたいものです。
11. Posted by くろまめ   December 02, 2007 22:28
途夢♪待人様、ブログ拝見しました。ライブハウスもいろいろあるんですね。自由が丘に「ファイブスポット」なんてありましたよね。もうないのかも。ジャミン大好き、宮住さん大好き、ジャズ大好きです。
12. Posted by asa   December 02, 2007 23:15
途夢♪待人さん、
追記をありがとうございました。

宮住さん、
色々感激続きです。これも宮住さんとK堀さんのお陰です。
13. Posted by SHUN MIYAZUMI   December 03, 2007 19:21
ミュージック・チャージなんて、
あがりませんとも。
半分趣味でやってるのに。(笑)
ま、これだけは、
お店がある限り続けたいですな。
私のふるさとのようなもんですから。
ayuちゃんも、そのうちどうぞ。
14. Posted by kuromame   December 07, 2007 21:56
航海記もついに終わりですね、いまやジャミン号の航海ですね。船旅はロマンチックなもので、胸の開いたドレスでディーナーにいけば誰かが声を、と映画のワンシーンを想像できそうです。
asaさんがいっていたように、ジャミンさんたちと夢のクルージングが実現となる?
これからも素敵なアレンジお願いします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星