March 31, 2015

四日市 その8


桜満開ですね。

みなさんお変わりありませんか。


ニュー・アルバムのリリース、

「藤原洋記念ホール」のライブ、

と、ビッグなイベントが立て続けで、

なかなか更新できませんでした。


あいすみません…。


でもね、

おかげさまで、

それなりに充実した毎日を送っております。

心はすっかり春爛漫です。


というわけで、

このシリーズも、

そろそろ完結させないといけませんね。


今日の私が形成されたと言っても過言ではない、

四日市という開放的な街、

そして華やかな60’sの時代。。。


その中学校篇のつづき。


少し急ぎましょうか…。

……。



さて、この中学校1、2年の2年間は、
まさに私にとっての「春」でした。

人生で、
1番楽しかった時期かもしれません。


まず、前回書いたように、
私は、この時期に、
身長がぐっと伸びました。

そのせいか、
足がめっぽう速くなったのです。


小学校までの私は、
駆けっこが得意ではありませんでした。

まあ、学年でも真ん中くらいの速さでしたか…。

だから「運動会」なんて嫌いでした。


ところが、
中学に入学しての最初の体育の授業。

なんと私は、
クラスで1番になったのです。

そして、あろうことか、
「校内・陸上競技大会」でも、
男子100メートル1年生の部で、
優勝してしまったのです。

つまり学年でも1番(!?)

IMG_0499

これには、
同じ小学校から上がって来た仲間もビックリ。

「宮ちゃんて、あんなに足速かったっけ???」


当たり前です。

当の私が、
何が起こってるのか分からないくらい、
驚いてたんですから。

IMG_0501

IMG_0498

この大会の直後には、なんと、
「陸上部」の先生にスカウトされましたからね。

ビックリクリクリ(???)な、
中学校生活の始まりです。


しかし私は、
ブラスバンド部を選びました。

なによりも、
「音楽」に興味がありましたから…。


そして、その音楽好きは、
もはや中毒といってもいいくらいに、
私の生活を根っこから変えてしまいました。

学校から帰っても、
ろくに勉強もせず、
音楽ばかり聴いておりました。


クラシックの分野では、
カラヤン、バーンスタインという、
イケメンのかっこいい指揮者が大活躍の時代。

カラヤン&ベルリン・フィルハーモニーの、
来日公演は全部TVで見ました。

(かっこいいなあ、
 俺も指揮者になりたいなあ…。)


ラジオでは、
60'sポップスが大隆盛。

ビートルズ、シュプリームス、
ローリング・ストーンズ、フォー・シーズンズ、
ルイ・アームストロング、、、

毎週のようにビルボード・チャートをチェック。

(ピアノもいいけど、
 ギターもかっこいいなあ…。
 俺、ギターやろうかな…。)


テレビでは、
伊東ゆかりさんや中尾ミエさんら、
ナベプロのスターたちが、

コニー・フランシス、ニール・セダカ、
といったアメリカン・ポップスや、
ジリオラ・チンクエッティなどの、
カンツォーネを日本語カヴァー。

(ああ、みんないい曲だなあ…。
 俺にもあんな曲、作曲出来るかなあ…。)


そして、
ブラスバンド部の先輩に連れて行ってもらった、
映画「グレン・ミラー物語」では、
ジャズという音楽の面白さも知ってしまう。

この映画は、
その後7回も見てしまいました。

(なんで、即興であんなこと出来るんだろう?
 ジャズ・ミュージシャンもかっこいいなあ…。)


そして、世界のありとあらゆる音楽は、

「夢であいましょう」
「アンディ・ウィリアムス・ショー」
「ディーン・マーティン・ショー」

といったNHKの音楽バラエティーで、
さらに心に入りこんでいったのです。


そしてついに、

「なんでもいいから、
 音楽を職業にしてみたいもんだ…。」

私は大胆不敵にも、
こう決心するに至ってしまいました。


これには、

好奇心おう盛な、多感な少年時代が、
60’sであったことが大きかったと思います。


ポップスのみならず、
ジャズも、クラシックも、
カンツォーネも、シャンソンも、

世界中のありとあらゆる音楽が、
一気に華開いた、
いわば音楽の「文化大革命」のような時代が、

私を後押ししてくれたのではないか…。

そう思っています。


とにかく、

何を聴いても面白くて新鮮でしたから。


さらには、
四日市という街が、
開放的であったために、

「男子がピアノを習う」といった、
当時としては珍しい現象にも、
大らかに対応してくれた、

こんなことも、
無縁ではなかったように思います。


さあ、やがて2年生になると、

思春期という、
女子が眩しい季節も訪れ、
さらに学校に行くのも楽しくなり、

また家では、
レコード、ラジオ、テレビ、
そして映画と、

ありとあらゆる文化の洪水をいっぱい浴びて、
これまた刺激的で楽しい毎日は、
どんどん加速していく。

……。


いやあ、そんな夢のような時代でしたね。


あの時代に戻りたいな…。


あの娘、元気かなあ…。


(ん…?)


……。



(つづく)




改めまして、

3/28(土)、29(日)の両日、
慶応日吉キャンパス「藤原洋記念ホール」
にお越しのみなさん、

ありがとうございました。


まさに「春爛漫の宴」でしたね。

私も楽しゅうございました。


そして、
ニュー・リリースのライブ盤も、
たくさんお買い上げいただきました。

こちらも、感謝、感謝でございます。


さらには、
前夜祭(?)の「A'TRAIN」も、
楽しかったですねえ。

こちらもありがとうございました。

(ん…?)

次回は、4月24日(金)の開催です。


さ、プロ野球も始まったし、
来週はアメリカ大リーグも始まるし、

いい季節になりましたね。


では、さっそく花見に。。。

IMG_2155


それ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ、


っと…。


……。



SHUN MIYAZUMI

woodymiyazumi at 17:17コメント(6)トラックバック(0) 
2015 エッセイ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by mariko   April 01, 2015 10:21
おはようございます。

先日の日吉ではあの思い出深いSTBライヴを甦らせてくれる感動的なライヴを楽しませていただきました。

すばらしい音源のCDも二度と帰らないあの日の記憶と共に大切にします。

さて、「四日市その8」は宮住少年の青春時代の始まりですね。
なんと脚の長いイケメン少年ではありませんか!
そして走るのが得意、音楽の才能もあるなら女子たちが放っておかなかったことでしょう。

次回はそんなお話も。。。?
2. Posted by 粋酒酔音   April 01, 2015 16:25

ライヴアルバムリリースも藤原洋記念ホールライヴも思い出巡らす桜(音楽)のトンネルの様で、まさに「春爛漫」
思い出の春から新しい春へ...そんな今のjamminn'Zeb を堪能させて戴きました。

昨日は孫と浜スタへ〜やぁあ、長い試合で...おまけに負けました。
jammin'Liveの興奮と野球観戦の興奮を冷ましに(笑)けさ、家の近所の桜並木を散歩して来ました。
曇り空ですが、桜の樹の下はほんのり明るく...安上がりな独りお花見
なぜだか?「I got Rhythm」が頭の中で鳴ってました。

宮住少年の青春時代も幕開け....
やあ〜っ、本当! 脚長な美形少年、もてたでしょうね。
昔は好かった!(笑)そんな声が聴こえて来そうですよ。ん?...今も。

当時の音楽にのめり込んでましたね、私も。英文タイプの練習に洋盤の歌詞を殆ど打ってましたから(笑)
懐かしいレミントンで...

そんな音楽べースの宮住プロデューサーの、jammin'Zebに参らないはずがございません!! です、はい。

お花見、いつものあのお方と? うふふ
目に浮かびます。。。


 
3. Posted by 26.5   April 01, 2015 19:12
「藤原洋」って誰だ???
ポリドール所属の演歌歌手、藤原ヒロシ? それとも選曲家の藤原ヒロシ? と迷いましたが、「株式会社インターネット総合研究所代表取締役の藤原洋さん」で、慶応大学に多大なる賛助を頂いている、との事でした。
疑問解決!
4. Posted by Tpmomi   April 03, 2015 00:04
宮住先生

イケメン登場のブログ更新ありがとうございます
(ジャニーズに入れそう💛)

カラヤン、バーンスタインのクラッシックからロック、ポップスまで。。。中学生での音楽体験でなんて幅の広い。。。

私の中学生の頃の男子は、文化祭で若手の先生とバンドを結成して、ディープパープルのコピーを演奏していたぐらいです。(でも今思い返すとそのバンドは結構うまかったような。。。)(笑)
スモーク・オンザ・ウォーターを初めて聴いたのもこの時で、ロックって音が大きくてイントロがカッコイイんだな〜・。。ってちょっと感動。

あっ、合唱部の男子は頭の良い子が多く、その後東大に入った人もいましたね〜。

私は先生とは逆で、部活(ナント陸上部・短距離)が忙しくなるとともに、練習時間が少なくなったピアノのレッスンをやめたのがこの頃でした。。校内合唱コンクールで伴奏はさせられていましたが。。。(笑)

懐かしいですね〜

次回は初恋?のお話なのでしょうか??キャー
(←ちょっと期待してます。。(笑))

....
5. Posted by のん   April 04, 2015 08:09
初めまして、宮住様。
何回かjammin'zebのライブを聴かせて頂き、私好みの美しいメロディーの数々に酔いしれております💕
いったいどなたがこの曲を選んでいらっしゃるのかと思い、このブログにたどり着きました😃
アンディーウイリアムショー、私も好きでした、今でもYouTubeにて昔を懐かしみたまに拝見しております。
今回の日吉のライブのセットリストもトニーベネットからJAZZや日本のポップスまで、バラエティーに富んでいて、楽しめました🌟
いつか、宮住さんのピアノを聴きに伺いたいです。
追伸 学生時代のお写真、とても素敵ですね💕

6. Posted by SHUN MIYAZUMI   April 07, 2015 12:51
みなさん>

こんにちは。

コメントありがとうございます。

のん様もようこそです!

さて、昨日は初夏のような陽気、
今日は一転真冬のような寒さですね。

こういう日はアレンジに限ります。
例年この時期は仕事が少ないので、
創作に燃える時期でもあります。

去年も「レ・ミゼラブル・メドレー」に、
果敢に挑戦しておりましたかね。
今年はどんな曲が出来ますやら。

メジャーも開幕したし、
誘惑との戦いの時期でもありますね。

わははは。

さ、がんばろ。。。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星